【2023年】「癌」のおすすめ 本 11選!人気ランキング

この記事では、「癌」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 民間療法のウソとホント (文春新書)
  2. がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと
  3. ガンに打ち勝つ患者学―末期ガンから生還した1万5000人の経験に学ぶ
  4. 乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
  5. 超高濃度ビタミンC点滴療法ハンドブック―ガン細胞が消える!QOLが上がる!
  6. 希望の抗がん剤点滴ビタミンC---600の症例が語る
  7. 日本一わかりやすいがんの教科書
  8. 免疫力でがんと闘う―副作用を抑えてがん細胞を攻撃する最新『がんワクチン』の力
  9. ビタミンCがガン細胞を殺す (角川SSC新書)
  10. 超高濃度ビタミンC点滴療法
他1件
No.1
100

紅茶キノコの仕掛け人だった医療ジャーナリストが自らの体験を基に明かす民間療法の真実。これさえ読めばもう騙されない!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100

自己治癒力をオンにする食べ物、治療法、生きる姿勢とは?余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと。 第1章 抜本的に食事を変える 第2章 治療法は自分で決める 第3章 直感に従う 第4章 ハーブとサプリメントの力を借りる 第5章 抑圧された感情を解き放つ 第6章 より前向きに生きる 第7章 周囲の人の支えを受け入れる 第8章 自分の魂と深くつながる 第9章 「どうしても生きたい理由」を持つ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
88

どんな状態にあっても、できる範囲で運動すると回復力が高まる。抗ガン剤による吐き気を抑えるには、食事の前後1時間だけ水分を控える。毎日グラスに8杯の純度の高い水を飲むと、免疫力がアップする。ご存じでしたか?からだ・こころ・いのちを守る知恵。ガンからの回復をめざす「旅」の、最良のガイドブック。 第1部 ガンと闘う基本的な戦略を理解しよう(いったい、からだになにがおきたのだろうか ガンから回復する八つの戦略) 第2部 五〇の大切なステップ(自分の治療プログラムを決めよう あなたのライフスタイルを修復しよう 心の力を活用してガンを治そう 全体的な健康という新しい生活の展望 献身的に打ちこむ人たちのために)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88

世界で400万部も売れた大ベストセラーの邦訳。転移4回の進行性乳がんに侵された英国の女性科学者が、乳がんの原因を突き止めた。 世界で400万部も売れている大ベストセラーの邦訳。転移4回の進行性乳がんに侵された英国の女性科学者。余命6か月と告げられた彼女は、ついに乳がんの真犯人を発見する。それから15年、彼女の乳がんは一度も再発してい… ●世界15か国で翻訳された、400万部のベストセラー。 ●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。 ……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。 ●プラント教授は、最初に乳がんになったあと、ブリストル・ダイエットという有名ながんの食事療法を取り入れた。これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。 ●プラント教授が本書でその研究を発表したとき、多くの科学者がこれを批判した。だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となる。そしてもちろん、いまも元気で活躍を続けている。 ──私が乳がんになる2年前に、このような本が出ていたら、私が乳がんになることはなかったであろう。──ジェイン・プラント。 謝辞 原著者日本語版序文 はじめに 第1章 帽子と大蛇と科学者      物語はいかに始まったか      乳がんになった!      チャリング・クロス病院へ      科学はなぜときに人間の幸福につながらないのか      私の物語の続き      自分のことは自分で決める      もう被害者になるのはご免だ      乳がんの自己検診      治療の前に精密検査を受けた      乳房全摘を選んでしまった!      人工乳房をつけた      中間評価      乳がん再発      リンパ節転移で放射線による卵巣摘除を受けた      抗がん剤治療を受けた!      よりよいがん治療を受けるために 第2章 悪さをする細胞      よい細胞が悪い細胞になる      間違った型紙でセーターを編む      すべてが遺伝子で決まるのか? 第3章 3番目のイチゴを探す      科学的探究心      私はなにが原因で乳がんになったのか      獲物は近くにいる      東洋に学ぶ      天啓の鐘が鳴る      獲物を捕まえた!      どうしたらよいのか      自然食品のミルクが健康に悪い? 第4章 金持ち女の病気      ホルモンと乳房      牛乳のどこが問題なのか      乳製品が乳がんの原因となる確実な証拠      私の勧め 第5章 プラント・プログラム───食事編      プラント・プログラムの概略      科学的根拠をもつ      食事に関する原則 その1 豆類を増やす      食事に関する原則 その2 野菜を増やす        有機農産物と農薬      食事に関する原則 その3 タンパク質について      食事に関する原則 その4 油脂について      食事に関する原則 その5 調味料と香辛料について      食事に関する原則 その6 間食について      食事に関する原則 その7 飲み物について      一目でわかる「プラント・プログラム」の食事に関するまとめ 第6章 プラント・プログラム───生活スタイル編      生活スタイル その1 ビタミン・ミネラルのサプリメントをどうするか      生活スタイル その2 食品の包装      生活スタイル その3 調理      生活スタイル その4 ストレス対処の方法        乳がんのストレスに対処する        家族のあれこれ        手を差しのべてくれた人たち        「すべきこと」と「してはいけないこと」      生活スタイル その5 環境中の有害物質を避ける      それではどうしたらよいのか      海外に出たら 第7章 東洋の目で西洋を眺める      どこが間違っているのか      被告席の乳製品      自分の生命は自分でまもる      私が提案する黄金の十カ条 訳者後記 文献 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
83

ビタミンCがガン細胞を殺す!超高濃度ビタミンC点滴療法。全国220か所の治療が受けられるクリニック一挙公開、ガンの三大療法との併用で効果アップ!最先端のガン治療を公開。 第1章 超高濃度ビタミンC点滴療法最前線(超高濃度ビタミンC点滴療法の現状 ある医師のケース ほか) 第2章 ビタミンC点滴療法の症例(余命1か月のデザイナーが天職に復帰 化学療法との併用ですべての病変が消失 ほか) 第3章 治療を望む方に(どんなガンに有効か? 3大療法との併用 ほか) 第4章 ビタミンCの力(ガンの予防 アンチエイジング ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
81

副作用なし。体にやさしい栄養素の不思議な活力。こんな「薬」を待っていた!超高濃度ビタミンC点滴療法。 第1章 進行がんに効く!超高濃度ビタミンC点滴療法の実績症例集(進行がん患者さんがみるみる元気になる 大事なことは、元気で自信がわき、生命力が高まること ほか) 第2章 ビタミンCには、がん細胞を殺す不思議な働きがある(ビタミンC点滴療法の歴史 画期的な論文「アスコルビン酸(ビタミンC)は選択的にがん細胞を殺す」 ほか) 第3章 なぜ、がんは治りにくいのか(正常細胞の突然変異からがんは始まる がんは自己細胞だから、免疫系が攻撃しない ほか) 第4章 新たな発見!ビタミンC点滴は美容と生活習慣病に即効(点滴で肌が美しくなった! ビタミンC点滴療法の思わぬ即効性 ほか) 第5章 栄養系サプリメント「飲むビタミンC」の驚くべき実力(ビタミンCの歴史はまだ100年 日本人の推奨量、1日0・1グラムは少ない ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80

がん治療は情報の闘いです。病院では教えてくれない大事なこと。 がん細胞は、誰の体の中にもある わが国のがん医療の「非常識」 よい病院とよい医師の見分け方 がんと診断されたとき-担当医との話し方 これだけは知っておきたいがんの種類とタイプ、進行度 検査と画像診断は、がん治療の基本 がんの三大療法(1)外科的治療-手術は早期のがんを治す がんの三大療法(2)化学療法-抗がん剤などでがんを殺す がんの三大療法(3)放射線療法-がん治療の最前線に躍り出た いま注目の最先端がん医療 補完・代替医療はがんに効く がん予防法を治療に応用する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
79

ビタミンCがガン細胞を殺す (角川SSC新書)

柳澤 厚生
角川SSコミュニケーションズ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
78

消化器専門医でありながら、潰瘍性大腸炎によって大腸を全摘した著者が自らを見つめなおし、新しい腸内フローラ移植を提唱。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search