【2024年】「ビジネス」のおすすめ 本 127選!人気ランキング

この記事では、「ビジネス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. 改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
  3. 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  4. 生き方
  5. チーズはどこへ消えた?
  6. 人を動かす 文庫版
  7. ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
  8. 1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
  9. エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
  10. 天才! 成功する人々の法則
他117件
No.1
100
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.2
99

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.3
91
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.4
85
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.5
85
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.9
74
みんなのレビュー
普段の仕事や生活で自分の時間がなくて常に何かに追われている感覚があるのであれば是非読んで欲しい!本質的でないことは全て捨てて自分のやりたいことにフォーカスしよう!一度きりの人生、悩んでいる時間は無駄。社会人になりたてで四苦八苦している人がいたら是非読んで欲しい。
No.10
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
74
みんなのレビュー
落合陽一氏と堀江氏が語るこれからの時代と我々の生き方。ブロックチェーンやAIで大きく変わるこの世の中で我々はどう立ち回ればよいかを考える指針になる。
No.13
73
みんなのレビュー
古くから読みつがれる名著です。ただ正直冗長な部分も多いので、全部読みきる意味はあまりないかと思います。この本はナポレオンヒルという人が多くの成功者にインタビューする中で見えてきた成功者に共通する行動様式をまとめたものです。古い本ですが、今でも使える普遍的な内容になっています。正直書籍のタイトルにこの本が言いたいことのエッセンスは詰まっているのですが、目標を決めてそれを強烈に意識することが大事です。そして目標を決めるだけではなくそれを実際にどう実現するかのプロセスを考えて日々のアクションに落とし込んで愚直に実行し続けることが大事なのです。この本では取り上げられていませんが、目標の粒度としては自分がどうなっていたいか?どういう状態でいたいか?という観点で決めるのが望ましいです。例えば、お金をいくら稼げるようになりたい、資産をいくら持っていたいというのも目標になりえますが、お金はあくまで手段です。それよりもそれを達成した先に自分がどういう生活をしていたいか?どうなっていたいか?と考えることが大事。お金を目標にするのもいいですがあまり幸せな未来は待っていないでしょう。それよりも、自分になりたい姿を強烈に想像し、そこにめがけて日々行動することで必ずそれを実現することができるはず。イーロン・マスクのように多くの資産そして世界を救う大きなビジョンを持ちながら、毎日周りからの批判を浴びながら死ぬほど働く人生がいいのか?ある程度の資産を持ち、ある程度稼ぎ、時間と場所にとらわれず自由に働く人生がいいのか?なりたい姿をイメージしましょう!そしてこの本では、浪費と投資と消費の話も取り上げられています。浪費とは無駄なことにお金や時間を使うこと、投資は未来に消費は現在にお金や時間を使うこと。お金だけじゃなくて時間の概念も念頭においておくことが大事です。浪費は極力避け、目標達成するための投資もしくは今を楽しむための消費にお金や時間を使うことが大事。浪費と消費の違いは難しいですが、目的達成のモチベーションを上げるために週末に友達と遊ぶのは消費と考えてよいと思います。暇だからとりあえずパチンコに行ったり、1人でダラダラYoutubeを見るのは浪費です。浪費をしている限り、あなたはいつまで経っても目標を達成することはできません。また、この本ではとりあえず行動に移すことも大事と言っています。なりたい姿が決まったら、それを実際に体現している人に話を聞きに行くなどすぐに行動に移せることはどんどん行動に移しましょう!
No.17
69

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.19
69
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.20
68
みんなのレビュー
お金の成り立ちからはじまり、昨今のブロックチェーン周りの話まで学べる。これからの時代の価値観をアップデートしてどう生きていくべきか考えていく指針になる良書。著者は天才起業家の佐藤航陽氏。メタップスを創業し現在は3DCGと宇宙を絡めた事業をやっている。最先端のテクノロジーに明るくて巨額の富を得てもなお自分の興味に駆動されて自分自身で手を動かしながら最新のテクノロジーを触っている姿は脱帽モノ。
No.21
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
68
みんなのレビュー
学生時代にフェルミ推定の練習のために読んだ本。非常に分かりやすくロジカルシンキングについて学べるが練習問題などは豊富ではないので、練習用の書籍としては物足りないかもしれない。
No.25
68
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.26
68
みんなのレビュー
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
No.27
68
みんなのレビュー
Dカーネギーの名著で自分の人生を切り拓いていくためにはどうすればよいかが具体的に学べる書籍。当たり前と感じる内容も多いが一読して損はしない。
No.30
67
みんなのレビュー
有名マーケター神田昌典の成功法則についてまとめられた書籍。ありきたりの成功法則が書かれている書籍とは一線を画す内容で本当に成功するためにはどうすればよいか分かりやすく学べる。
No.31
67
みんなのレビュー
AmazonをECだけの会社だと思っては大間違い。Amazonのビジネスモデルについて元マイクロソフト日本代表の成毛氏が徹底解説した書籍。キャッシュフローの上手い仕組みからテクノロジーを使った様々な新しいビジネスを学べる。
No.36
67

SHOE DOG(シュードッグ)

フィル・ナイト
東洋経済新報社
みんなのレビュー
ナイキの創業者フィル・ナイトの成功秘話。今でこそ圧倒的なブランド力と売上を誇るシューズメーカーの王様ナイキだが、その成長には多くの苦悩が隠されていた。ナイキの誕生と成長を知ることができる面白い書籍。ビジネス観点での学びはそれほどなかった。
No.37
65
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.38
64
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.45
63

良い戦略、悪い戦略

リチャード P.ルメルト
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
63
みんなのレビュー
北野唯我氏の著書で全てのビジネスパーソンに読んで欲しい名著!転職の思考法というタイトルから転職を控えている人の対策本かと思いきやそうではない。常に自分の市場価値はどのくらいなのか?意識して仕事をする、上司だけを見て仕事をするのではなく自分の市場価値を考えて仕事をする。これらの思考法が非常に大事。今は転職を考えていない人でもぜひ読んでみることをオススメする。
No.49
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
63
みんなのレビュー
ある程度教養のある人にとっては目新しい内容は少ないが、お金に対して不安を持っている人は目を通しておくとよいと思う。資産形成の観点だけでなく生活における必要経費の出費をどれだけ抑えられるかについても学べる。
No.53
63
みんなのレビュー
瀧本哲史氏の書籍はどれも非常に良い。この書籍は交渉に焦点を当てた本でビジネスシーンだけでなく日常生活でも役立つ内容がつまっている
No.58
62
みんなのレビュー
ホリエモンの行動力に驚く。結局本書で言っているのはグダグダ考えてないでとりあえず行動しろ!動けってこと。読むだけでモチベーションが上がるが、これを読んで満足してしまって何も行動しないのであれば元とも子もない。これを読んでしっかり行動に移すべき。
No.60
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
66

リスク 上: 神々への反逆

ピーター バーンスタイン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
62
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.66
62
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.67
62
みんなのレビュー
ピーター・ティールの01にフォーカスした書籍ということで期待して手に取ったがあまり身になる内容がなかった。和訳が読みづらいのもあるかもしれない。
No.71
62
みんなのレビュー
この本を読んで山口周さんのファンになった。なぜ今の時代にロジック一辺倒では駄目なのかが非常に分かりやすく学べる。これまで課題が多くある時代において答えを見つける能力が求められていて、それを追い求めてコンサルが様々なフレームワークを開発してきたが多くの人がその武器を手に入れた今もはや課題そのものはほとんど解決し尽くされてしまった。今は課題を見つける力自体が求められている。
No.74
62
みんなのレビュー
クロネコヤマトの社長が宅急便にカジを切って大成功した時のことが書いてある。周りからは反対されて黒字になるわけないと言われていた個人宅配を見事に軌道にのせた先見の明には脱帽。ネットワーク効果を見越して必ず黒字転換点があるはずと見込んでの一手。経営者がぜひ読むべきオススメの1冊。
No.81
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
61

LIFE SHIFT2: 100年時代の行動戦略

アンドリュー・スコット
東洋経済新報社

100年時代の行動戦略

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
61
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.85
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
61

世界初!創造性を定量化するデザイン思考テスト事業責任者が、プロたちの思考を可視化・公開。 世界初!創造性を定量化するデザイン思考テスト事業責任者が、プロたちの思考を可視化・公開。イノベーション技法の全体像を見通す枠組み、創造力を高める時代に最高の教科書!(発行=BOW&PARTNERS) 【目次】 はじめに 序章 「1つのフレームワーク」と「3つの思考法」の全体像 第1章 たった1つのフレームワーク 第2章 3つの思考法➊統合思考 第3章 3つの思考法➋アナロジー思考 第4章 3つの思考法➌転換思考 第5章 創造的に考える技術のまとめ おわりに    はじめに 序章 「1つのフレームワーク」と「3つの思考法」の全体像 第1章 たった1つのフレームワーク 第2章 3つの思考法➊統合思考 第3章 3つの思考法➋アナロジー思考 第4章 3つの思考法➌転換思考 第5章 創造的に考える技術のまとめ おわりに   

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
60

ビジネス書ベストセラー100冊を徹底的に分析し、共通するポイントを一挙公開。YouTubeで話題沸騰の労作、ついに刊行! YouTube、SNSで話題沸騰!!! 発売前から大反響!!! 【たちまち重版!!】 【Amazon売れ筋ランキング 第1位】 (本>ビジネス実用、ビジネス企画) この1冊があれば他はいらない! 全ビジネスパーソン必携、働き方バイブル!? ●情報処理 ●効率化 ●会話術 ●マインドセット ●SNS ●体調管理 ビジネス書100冊のポイントを徹底抽出 成功者たちがしている「厳選27の教え」 【目次】 教え1 早起きする 教え2 雑談で話すべき内容は? 教え3 嫌な人とはちゃんと戦う 教え4 怒ってはいけない 教え5 「運が良い」と言う 教え6 理想の自分をイメージする 教え7 会議には出ない 教え8 会議で取るべき行動 教え9 食事をする時の大原則 教え10 お酒を上手に利用する 教え11 スケジュール管理のコツ 教え12 メモを取る 教え13 世界を変えようとしない 教え14 SNSは見ない 教え15 SNSを活用する 教え16 成功者のマネをする 教え17 情報を構造化する 教え18 フレームワークは捨てる 教え19 「今ちょっといい?」を使う 教え20 インプットとアウトプットの黄金比は3:7 教え21 人を動かす話し方のテクニック 教え22 嫌な頼みは断る 教え23 ひとつのことをやり続ける 教え24 ひとつのことをやり続けない 教え25 無知(または知)を武器にする 教え26 努力はしなくてもいい 教え27 自分の頭で考える ビジネス書といえば、「こうやれば成功できるぞ!」という、成功するための教えが並べられているものだ。その中には、似たようなものもあれば正反対のものもある。たとえば、「血を吐くほど努力しろ」と「結果を出すまでは1日も休むな」はほとんど同じ教えだが、「ムリは絶対しちゃダメ」や「自分の心をじっくり休めよう」とは矛盾する。 でも、こういうものを全部並べて、整理して、比較してみたら、何か素晴らしい発見にたどり着けるんじゃないだろうか? だから、僕は今回、ベストセラーになったビジネス書を100冊読んでみることにした。100冊読んで、すべての教えをスプレッドシートにまとめて、一覧を作った。 これらの教えの共通点や相違点を考えることで、「本当に良い教え」、いわば「成功の黄金律」だけを抽出できるんじゃないだろうか? そんな探求を本の形にまとめたのが、本書『ビジネス書ベストセラーを100冊読んで分かった成功の黄金律』である。 (「まえがき」より)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
61

Arthashastra (Penguin Classics)

Kautilya, A.
India Penguin Classics
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
60
みんなのレビュー
魔法のコンパスに続く西野さんビジネス書2冊目。今まで企業がおこなってきた画一的な広告戦略から逸脱した新しい広告の考え方が学べる。ビジネス書として非常に優秀。
No.98
61

人生と財産―私の財産告白

本多静六
日本経営合理化協会出版局
みんなのレビュー
節制に励み多くの財産を築いた本多静六の生き方や教訓がまとめられている書籍。不安定で先の見えない世の中を生きぬく上で参考になる部分は多い。
No.101
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
61
みんなのレビュー
Amazonを脅かすまで成長したザッポスとそのCEOであるトニー・シェイの考え方を学べる書籍。当時読んだ時は非常に感銘を受けたが、トニー・シェイは自殺してしまい、ザッポスの組織作りが成功といえるか微妙になっているので、今振り返ると疑問が残る書籍。
No.103
60

フレームワーク図鑑

永田 豊志
KADOKAWA/メディアファクトリー

発想、戦略、組織… すぐに役立つ思考ツールを網羅! ビジネスの現場で本当に使えるフレームワークを厳選。問題解決に導くフレームワークをカテゴリ別に紹介する。手帳サイズでいつでも持ち歩け、ロジカルな思考法とビジネス知識を身につけられる一冊。 ビジネスの現場で本当に使えるフレームワークを厳選。問題解決に導くフレームワークをカテゴリ別に紹介する。手帳サイズでいつでも持ち歩け、ロジカルな思考法とビジネス知識を身につけられる一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
61
みんなのレビュー
本多静六は、教授をやりながら節約に励み投資をして多額の財産を手にした人物。彼の人生は決して派手なものではなくて収入の一部を必ず貯金して触らないようにするというもの。その徹底した姿勢で巨額の富を築いた。そして「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」などの名言を残し、今でも通用する仕事・お金に対する価値観を作り上げている。誰でもできる愚直な行動が述べられているので、お金に困っている人・不安な人はぜひこれを読んで本多静六氏の行動をマネして実践してほしい。
No.110
60

死ぬこと以外かすり傷

箕輪 厚介
マガジンハウス
みんなのレビュー
狂った人生を歩む天才編集者箕輪氏の生き方を綴った書籍。狂った仕事論が書かれているので何者かになりたい若い人は読むとよいかも。ただ、この書籍のアンサー本として「かすり傷も痛かった」を最近になって出版されたのでそちらも併せて読んで、こんな生き方だけが正解ではないということも頭に入れておくとよい。
No.111
58

ベゾスの影として動いてきた大物が、これまで謎に包まれてきた「アマゾンの働き方」を詳細に明かした、究極の仕事の教科書! ベゾスの影として動いてきた大物が、これまで謎に包まれてきた「アマゾンの働き方」を詳細に明かした、究極の仕事の教科書!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
59

フレームワーク使いこなしブック

吉澤 準特
日本能率協会マネジメントセンター

とりあえず「わかる」レベルから「使える」「自分流にカスタマイズする」レベルまで!企画の中身がぐっと濃くなる、業務改善のしどころがスッキリ見えて、ばっちり決まる。 序章 フレームワークを学ぶ前に 第1章 ビジネスをざっくりつかむ基本のフレームワーク 第2章 問題発見のフレームワーク 第3章 課題分析のフレームワーク 第4章 評価・解決のフレームワーク 第5章 フレームワークをもっと上手に使いこなす

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
59

外資系、国内大手で活躍するプロジェクトマネージャーの火消しノウハウ! 数々の炎上プロジェクトを解決、ゴールに導いてきた著者が、プロジェクトのトラブルを解決(防止)する方法を事細かに伝授する。 著者自身がこの本に書いた手法でIBM史上最大級のトラブルプロジェクトを解決したこともある「実践の書」だ。 準備→状況把握→原因特定とリカバリプラン策定→リスタートを切る→リカバリ遂行→クロージング という流れに沿って、プロジェクト上で起きるあらゆる落とし穴をカバーする。 加えて、メンバーモチベーションの管理および、リーダー自身のためになるリーダーシップとメンタリティについても解説。 「ずっと使える100の質問」の作り方、1人決断タイム、犯人活用法、正しいバッファーの置き方、チームのルール作り、オフィス改善のコツなど、超具体的な手法が満載! プロジェクトマネジャー初心者、何かとトラブルが起きがちなチームリーダー、既に何度も炎上プロジェクトを任されたことのある人まで、学びのある1冊。 プロジェクトあるところに炎上あり。本書には日本IBM、パナソニックシステムソリューションズジャパンにて数々のプロジェクトを担当してきた著者の「炎上したプロジェクト対応法」をすべて詰め込んだ。 第1章 最初の準備――9割の人がスタートでつまずく 第2章 状況把握――効率的な現場検証と聴取の方法 第3章 原因特定とリカバリプラン策定――真因特定、優先順位、体制見直しの手順 第4章 リスタートを切る――人心掌握、ルール変えのポイント 第5章 リカバリ遂行――炎上中のプロジェクト管理は「3つだけ」 第6章 メンバーモチベーション管理――モチベーションは「上げる」のではなく「戻す」 第7章 リーダーシップとメンタリティ――新たな信頼を築けるリーダーとは 第8章 クロージング――次につなげる「振り返り」から盛大な「打ち上げ」まで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
59
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.119
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
58
みんなのレビュー
相手に気持ちよく話してもらうコツや自分の主張を伝えるコツなどビジネスやコミュニケーションを円滑に進めるためのノウハウがギュッと詰まっている。今までのコンサル本とは違う観点で分かりやすく体系的にまとめられていて目からウロコの内容。
No.122
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
58

トヨタ経営大全3 問題解決 上

ジェフリー・K・ライカー
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search