【2024年】「新規事業」のおすすめ 本 114選!人気ランキング

この記事では、「新規事業」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)
  2. 起業1年目の教科書
  3. 起業の科学 スタートアップサイエンス
  4. 新装版 こんな僕でも社長になれた
  5. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  6. 改訂版 金持ち父さんの起業する前に読む本: ビッグビジネスで成功するための10のレッスン (単行本)
  7. シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは
  8. イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」
  9. アイデアのつくり方
  10. マンガでやさしくわかる事業計画書 ダウンロードサービス付
他104件
No.1
100
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.2
98
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
94
みんなのレビュー
起業をするためのノウハウがギュッと詰まっている。かなり分厚くてボリュームのある書籍なので一通り大枠を理解した後は重要な部分をピックアップして読むのがオススメ。
No.4
94
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.6
82

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
80
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.11
79
みんなのレビュー
スタートアップを立ち上げるために必要なリーンスタートアップという考え方を学ぶために読んだ。今の時代、スタートアップでも大企業でもどんな組織でもリーンスタートアップの考え方は重要で、小さいことをクイックに行い小さい成功をおさめてそこから雪だるま式に大きくしていくことが大事。小さい状態で失敗しても大きな痛手ではないので、とりあえず作ってみて検証する!ただ小さくはじめると小さくおさまってしまうという考え方も提唱している人がいて面白いと思った。イーロン・マスクなどはスペースXを起業する際に小さくなんか始めていない。出来るだけクイックに動いていたが最初から巨額の投資をしていた。イーロンはPaypalの売却益で巨額の富を得ていたからという人もいるが、それでも足りないくらいの額を突っ込んでいる。巨額の富を得ると、そこから小さく色んなところに投資してどれか当たればよいという考えてしまうケースが多い気がするが、本当に偉大なことを成し遂げたいのであれば小さく始めるという思考を取り払って大きく勝負に出ることも必要かもしれない。
No.12
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
79
みんなのレビュー
実務レベルでマーケティングについて深く学べる書籍。当たり障りのない抽象論でもなく、小手先のテクニックでもなく、マーケティングの本質がしっかり学べる。デジタルマーケティング職に配属された新卒はとりあえずこれを読んでおけば大丈夫といっても過言ではないくらい良い書籍。何度も読み直したい。
No.18
77
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.23
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
76
みんなのレビュー
起業家・起業したい人全員に読んで欲しい起業家のためのバイブル。成功者の光の部分に焦点を当てた書籍は数しれずあるが、逆に闇の部分に焦点を当てているのがこの本。超有名マーケターの神田昌典氏が成功をおさめてから起きた様々な闇の部分について赤裸々に語られている。涙なしには読めないし、この本を読むことで自分にもあてはめて同じ轍を踏まないように意識することができる。
No.27
75
みんなのレビュー
起業というとどうしてもリスクを背負って大きな挑戦をするイメージがあるが、そのイメージに疑問をなげかけるのが本書。キャッシュエンジンとは手堅い事業をまず作りそのキャッシュを元手に挑戦をしてスケールしていく経営手法。地味なイメージがあるがインターネットバブル期を代表するサイバーエージェントやライブドアも最初は広告代理店業や受託事業で手堅くキャッシュを稼いでそこから派手な挑戦をするに至っている。つまりこのキャッシュエンジン経営こそ起業を成功させ安定軌道に乗せるのに重要な手法なのだ。起業家必見の書籍。
No.28
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
74
みんなのレビュー
学生時代にフェルミ推定の練習のために読んだ本。非常に分かりやすくロジカルシンキングについて学べるが練習問題などは豊富ではないので、練習用の書籍としては物足りないかもしれない。
No.34
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
74
みんなのレビュー
起業するならまず読みたい書籍。多くのスタートアップ経営者へのインタビューが収録されている。
No.37
68

新規事業の実践論

麻生要一
NewsPicksパブリッシング
みんなのレビュー
新規事業をどうやって立ち上げて、どういうところに注意しなくてはいけないかが網羅的に学べる書籍。
No.38
68
みんなのレビュー
中国の急成長スタートアップがまとめられていて参考になった。同じビジネスが日本で通用するとは思わないがヒントにはなる。
No.42
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
66

リバース・イノベーション

ビジャイ・ゴビンダラジャン
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
65

ザ・ローンチ

ジェフ・ウォーカー
ダイレクト出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
65
みんなのレビュー
数学的にマーケティングを学ぶのであれば絶対にこれ。というかこれくらいしか数学的観点でここまで詳しくマーケティングについて学べる書籍はない。森岡さんがどうやってUSJを立て直したのかが数学的な観点から学べる。「USJを変えたたった1つのこと」と合わせて読むことでマーケティングのいろはが身につくはず。
No.53
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
65

サードドア: 精神的資産のふやし方

バナヤン,アレックス
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
65

競争優位の終焉: 市場の変化に合わせて、戦略を動かし続ける

リタ マグレイス
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
65
みんなのレビュー
起業家は全員読むべきである起業におけるファイナンスの部分にフォーカスした書籍。ファイナンスは面倒であまり気が乗らないが非常に重要。そんなファイナンスに関して分かりやすく学べる。
No.65
64
みんなのレビュー
コンサルを目指している人やロジカルシンキングを身に着けたいビジネスパーソンに圧倒的におすすめな書籍。コンサルのフレームワークは抽象論ばかりで具体的な実務につなげるのが難しい場合が多いが、この書籍を読めば実務につなげるイメージが間違いなく湧く。ストーリー形式で話が進み、スラスラ読める。物語としても面白い。
No.66
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
64
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.72
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
64
みんなのレビュー
様々な企業のビジネスモデルが非常に分かりやすく学べる。起業したい人は一読しておくとよい。
No.75
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
64
みんなのレビュー
推論の方法を分かりやすく解説してくれる。ビジネスにすぐに活かせる内容が詰まっている
No.81
64
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.82
65
みんなのレビュー
超有名マーケターの森岡さんのリーダーシップ論。周りを巻き込んでリーダーシップを発揮して物事を進めるためにはどうすればよいかが学べる。
No.83
64
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.84
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
65
みんなのレビュー
期待度が高かっただけあって、それほど学びがなく残念だった。顧客一人にフォーカスしたN1分析は確かにデータ分析の初期シーンでよく使うので考え方としては分かるが、そこからマーケティングに転化していくイメージがあまり湧かなかった。
No.88
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
65

「現代マーケティングの第一人者」として知られる経営学者フィリップ・コトラーのマーケティング理論が“見るだけ”で頭に入る入門書。マーケティングの基本からプロダクト戦略、顧客戦略、SNS時代のマーケティング4.0、そして必読著書まで、コトラーのマーケティングを多角的にひもときます。今なお進化するコトラーのマーケティング理論をイラストでサクッと学べて、すぐに仕事にも活かせる内容が満載の一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
63

ふるさと納税は地方の味方か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。 地方の味方は誰か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。ふるさと納税にふるさとへの思いはあるか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。 地方の味方は誰か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。ふるさと納税にふるさとへの思いはあるか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
63

「理論を通した考察」と「実証的な分析を通したエビデンス」をもとに直感的にわかりやすく解説する新しい入門テキスト。 誰がアントレプレナーとなるのか? 創業時に直面する課題は何か? どのような企業が生き残るのか? 政府に求められる支援は何か? 「理論を通した考察」と「実証分析に基づいたエビデンス」をもとに直感的にわかりやすく解説する新しいスタンダード・テキスト。 第1章 スタートアップ:新しい企業について学ぶ意義は何か 第2章 スタートアップの経済効果:「企業の誕生」はいかなる恩恵をもたらすのか 第3章 スタートアップの個人要因:誰が「アントレプレナー」になるのか 第4章 スタートアップの環境要因:アントレプレナーを輩出する背景は何か 第5章 創業時に直面する課題:必要な資金を誰からどのように調達するのか 第6章 組織と戦略のデザイン:誰とチームを組み,いかなる策をとるのか 第7章 イノベーション戦略:なぜ「果実」を得るのが容易でないのか 第8章 企業の生存:退出は常にバッド・ニュースなのか 第9章 企業の成長:高成長のための特効薬はあるのか 第10章 スタートアップの公的支援:創業に対する「介入」はなぜ必要なのか 付録 「スタートアップの経済学」のための学習ガイド

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
64

スタートアップの立ち上げから経営の各ステージでの法務戦略について、第一線で活躍する弁護士2名が様々な実例を交えながら解説。 スタートアップの立ち上げから経営の各ステージにおいて必要となる法務戦略について、第一線で活躍する弁護士2名が様々な実例を交えながら分かりやすく解説。スタートアップ法務に携わるプレイヤー必読の一冊。 ・ベンチャー企業の中でも特に「スタートアップ」に焦点を当て、経営に必要となる法規制事項や資金調達、労務戦略から将来的なイグジット戦略に至るまで、企業のステージに沿った項目別に分かりやすく解説。 ・今回の改訂では、スタートアップ企業を取り巻く新たな規制事項(NFTと著作権、クラウド型電子署名サービスによる契約締結等)についても新たに解説を加え、大幅にバージョンアップ。その他、ベンチャー・スタートアップの最新の動向や事例等を多数登載する等、全面的な見直しを実施。ベンチャー企業・スタートアップ企業の法務に携わる担当者が「いま」知りたい情報が満載。 はじめに 第1章 スタートアップと法務総論 第1節 本書のターゲットとスタートアップの定義 第2節 スタートアップへの社会的注目と法務 1 スタートアップへの注目の高まり 2 スタートアップのエコシステム 3 スタートアップの成長ステージに応じた法務戦略 第2章 設立初期段階で講じる法務戦略 第1節 スタートアップ誕生の瞬間 1 株式会社とそれ以外の設立モデルの比較 コラム 会社名は、どのように決めるのか 2 株式会社の設立方法 第2節 スタートアップ企業の機関設計と運営 1 スタートアップの機関設計 2 取締役会の設置の適否 3 その他の機関 コラム 委員会制度とは 第3節 日常的に生じる法務手続きの基本 1 日常的な法務の重要性 2 株主総会・取締役会(取締役による決定)手続き 3 新株の発行手続き 4 紛争処理 コラム スタートアップ法務を支える専門家 第4節 共同創業者と創業者株主間契約 1 共同創業者との株式配分をどうすべきか 2 株主間契約の重要性 第5節 資本政策の重要性 1 資本政策とは 2 資本政策の重要性とその考え方 コラム 創業者が経営者を続けるメリット 3 株式の希薄化予測 第3章 ベンチャーファイナンス 第1節 ベンチャーファイナンスとは 1 スタートアップ企業の資金調達方法 コラム スタートアップ企業を支える創業融資制度 2 エクイティファイナンスの重要性 3 エクイティファイナンスの仕組み 第2節 エンジェル投資家 1 エンジェル投資家 コラム 伝説的な投資家 ピーター・ティールとは 第3節 ベンチャーキャピタルとその役割 1 ベンチャーキャピタルとその種類 2 ベンチャーキャピタルの仕組み 3 ベンチャーキャピタルによる投資までの道のり コラム 段階的投資・マイルストーン投資 4 ベンチャーキャピタルの利益構造 5 シードアクセラレーター コラム Y Combinatorとは 第4節 優先株式を用いた資金調達 1 優先株式とは 2 なぜ優先株式を用いたファイナンスが増えているのか 3 投資契約書の設計方法 第5節  コンバーティブルデット・コンバーティブルエクイティによるファイナンス 1 シードステージのスタートアップ企業のファイナンス 2 コンバーティブルデット 3 コンバーティブルエクイティ 第4章 最新のベンチャービジネスと法規制の概要 第1節 スタートアップ企業のビジネス領域の拡大 第2節 NFT(Non-Fungible Token) 1 NFTとは 2 NFTと法律 3 NFTゲームと法律 第3節 Fin-Tech 1 Fin-Techとは 2 Fin-Techサービスと法規制 3 送金サービス 4 決済サービス 5 投資サービス 第4節 IoT 1 IoTとは 2 パーソナルデータに関する法的問題 3 情報セキュリティ 第5節 AI 1 AIとは 2 AIビジネスに関する法規制 第6節 法規制への対応 1 法規制の検討 2 グレーゾーン解消制度 3 新事業特例制度 4 新技術等実証制度 5 ロビイング 第5章 スタートアップ企業を支える労務戦略 第1節 スタートアップ企業がとるべき労務戦略とは 1 スタートアップ企業における労務戦略の重要性 第2節 スタートアップ企業の採用方法と法律上の注意点 1 スタートアップ企業の採用方法 2 インターンシップを通した採用活動の高まりとその法的設計 3 他社人材の引抜き時・他社への人材流出防止の設計 第3節 正社員以外のリソースと法的設計 1 正社員以外のリソース 2 契約社員の法的設計 3 業務委託の法的設計 4 派遣社員の法的設計 5 アルバイトの法的設計 第4節 就業規則と社内規程の有効活用 1 就業規則とその役割 2 就業規則の記載内容 3 就業規則作成・変更に関する手続き 第5節 ストックオプションの導入とその設計 1 ストックオプションとは 2 ストックオプションと税制適格 3 ストックオプションの設計 4 有償ストックオプション 第6節 スタートアップ企業による労働時間管理 1 労働時間と残業代の発生根拠 2 労働時間管理に関する諸制度 第7節 従業員とのミスマッチが生じた場合 1 従業員とのミスマッチ 2 日本における解雇規制のルール コラム スタートアップ企業における試用期間の設計 3 退職事由 第6章 スタートアップ企業の知的財産戦略の最大化 第1節 イノベーションを生み出すスタートアップ企業の知的財産戦略 1 スタートアップ企業と知的財産権との関わり 2 知的財産権の概要 第2節 スタートアップ企業と著作権 1 著作権 2 他人のコンテンツの利用 3 著作権の契約実務上の留意点 第3節 スタートアップ企業と商標権 1 商標権とは 2 スタートアップ企業による商標権の活用判断 3 音や色の商標出願 第4節 スタートアップ企業と特許権 1 特許権 2 スタートアップ企業による特許戦略 3 従業員の発明と職務発明制度 第5節 ビッグデータと知的財産権 1 ビッグデータの重要性 2 知的財産権による保護の可能性 3 ビッグデータの保護の可能性 第7章 契約実務 第1節 ビジネスと契約 第2節 契約書の形式 1 契約書の基本形式 2 クラウド型電子署名サービスによる契約締結 3 定型約款 第3節 契約書の内容 1 契約書の一般条件 2 国際取引に関する契約 第8章 スタートアップ企業のイグジット戦略 第1節 IPOとバイアウトと日本のエコシステムの連動 1 イグジットの種類 2 IPOとバイアウトのメリット・デメリットの分析 第2節 IPOを取り巻くプレイヤーとその機能 1 会社の機関 2 監査法人 3 証券会社 4 株式事務代行機関 5 証券取引所  コラム スタートアップ企業を育成するグロース市場 第3節 IPO準備のスケジュールの概要 1 IPOスケジュールの全体像 2 IPO準備に係る業務内容 第4節 バイアウト時の法務問題 1 バイアウト時の法務総論 2 デューデリジェンス 3 バイアウト時の契約交渉のポイント おわりに 事項索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search