【2024年】「ポジティブ思考」のおすすめ 本 140選!人気ランキング

この記事では、「ポジティブ思考」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. 自分の小さな「箱」から脱出する方法
  3. きっと明日はいい日になる
  4. 世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生
  5. ポジティブ・チェンジ
  6. チーズはどこへ消えた?
  7. 最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方 (サンクチュアリ出版)
  8. 「自己肯定感低めの人」のための本
  9. 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
  10. 人を動かす 文庫版
他130件
No.1
100
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.3
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
64
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.12
60
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.14
64
みんなのレビュー
名著「7つの習慣」について漫画で分かりやすく学べる!7つの習慣は名著だけどボリューム多く読破するのつらいのでまずこの漫画版読んで面白ければオリジナルを読むのもあり。
No.16
59
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.21
58
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.24
58

ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ

マーティン・セリグマン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
56

ポジティブ・ワード

メンタリストDaiGo
日本文芸社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
58
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.34
56

私は自分の仕事が大好き

嘉人, 鴨頭
サンクチュアリ出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
56

三日坊主は、あなたのせいじゃない。良い習慣を身につけ、悪い習慣をきっぱりやめるステップを55に増補。世界累計部数20万部突破。解説 pha 三日坊主は、あなたのせいじゃない。良い習慣を身につけ、悪い習慣をきっぱりやめるステップを55に増補。世界累計部数20万部突破。解説 pha

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
55
みんなのレビュー
元々有名ブロガーだった八木仁平氏のやりたいことメソッドをまとめた書籍。非常に分かりやすくやりたいことを探す方法についてまとめられているので、やりたいことがなくて日々鬱屈した人生を歩んでいる人は読んでみるとよいと思う。
No.44
58
みんなのレビュー
タイムマネジメントの書籍は世の中にありふれているが、この書籍はそれらの書籍と一線を画すもの。そもそも時間の正体とは何か?という考え方から、様々な特性の人にとってのタイムマネジメントの方法を教えてくれる。そもそも誰にしも通用する画一的なタイムマネジメントの方法はなく、それぞれに特性に合った方法が重要という前提に立っている。タイムマネジメント系の本でどれかオススメは?と聞かれたら真っ先にこの本をオススメしたい。
No.46
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
55
みんなのレビュー
アウトプット大全で有名な樺沢氏の本業である精神科医の経験をベースにした気持ちを切り替える方法。実際にアクションベースで学べるので、不安を抱えている人はぜひこの書籍を読んで気持ちを切り替えよう!
No.56
57
みんなのレビュー
要は頭をよくしたければとりあえず運動しろよってことが書いてある!全部読む必要性はあまり感じられない。
No.59
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
55
みんなのレビュー
西野亮廣のビジネス書。西野亮廣氏はアンチから批判されることも多いが、やっていることは至極真っ当でビジネスの才能が圧倒的、目指している世界観も共感する。そんな西野亮廣氏は元々芸人ということもあり伝える能力がずば抜けていて、書籍の中でも西野亮廣氏の取り組んできたことを抽象化して言語化して読み手に伝えてくれる。ビジネスパーソンは一読の価値あり!
No.66
55

からだを温める。深く呼吸する。自分と打ち合わせをする。体や心をたいせつにするワークで、自分の気持ちに気づいて心地よく変わる。 からだを温める。深く呼吸する。自分と打ち合わせをする。自分の年表を作る。体や心をたいせつにするワークで、自分の気持ちに気づいて心地よく変わる。 からだを温める。深く呼吸する。自分と打ち合わせをする。自分の年表を作る。体や心をたいせつにするワークで、自分の気持ちに気づいて心地よく変わる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
55
みんなのレビュー
いわゆる成功哲学的なよくある書籍ではなくて、宵越しの銭は持たず人生を最高に生き抜く価値観を植え付けてくれる書籍。人を選ぶ書籍ではあると思うが、自分自身の理想の生き方に思いっきりあてはまる内容で何度も読み返したい書籍。現代人にはこの生き方が合うと思っているので何かに縛られて辛そうにしていたり、思考停止でお金を稼いで日々四苦八苦したりしている人達に読んで欲しい。
No.81
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
57

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

スティーブ・シーボルド
かんき出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
55
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.85
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
55
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.90
57

生きるのが苦しいのは、他者から植え付けられた「自己嫌悪」が原因だった!気鋭の東大教授が見えない暴力を解き明かす、魂解放の一冊

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
55
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.100
57

「何かしなくてもやめるだけでうまくいく」 日々つづる言葉に共感する人多数! Instagramフォロワー50万人超の著者が贈る 心と体が軽くなる「もうやめよう」のメッセージ 無理して自分を追い込みすぎたり、他人と比べてしまったり、 いい人に見られたいと自分を装ったり…。 今、少しでも生きづらさを感じていたり、頑張りすぎていると感じたら、 それは本当に必要なことなのか、本当にやるべきことなのか、 抱え込んでいるものを見直すサインかもしれません。 本書は、今まで「こうあるべき」「こうするべき」と思ってきた 考え方や行動を「やめる」ためのヒントになる言葉を紹介しています。 思い切ってやめることで、心が軽やかになったり、 本当に大事なものは何か、その本質が見えてくるはずです。 また、心とともに体を癒せるように 体をほぐすための簡単なポーズも紹介しています。 ポーズはイライラした日、緊張した日、がんばりすぎた日、落ち込んだ日とシチュエーションごとに分かれています。 心や体の状態に合わせて、気になるもの、これならできそう、というものからやってみてください。 これから一生付き合っていく自分の心と体をいたわって、いつまでも大切にできるよう、 そっと背中を押してくれる一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
55
みんなのレビュー
ホリエモンの行動力に驚く。結局本書で言っているのはグダグダ考えてないでとりあえず行動しろ!動けってこと。読むだけでモチベーションが上がるが、これを読んで満足してしまって何も行動しないのであれば元とも子もない。これを読んでしっかり行動に移すべき。
No.104
55

シリーズ累計7万6000部超! 『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』が待望のマンガ化! 周りの顔色を常にうかがってビクビクしている、他人の評価がきになってしょうがない…。そんな敏感すぎる人に向けて、たった7日間で自己肯定感をあげる方法をマンガとコラムで解説します。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
57

序章 自分のごきげんは自分でとろう(不きげんな"よし子"さんの物語 ごきげんな"はな子"さんの物語 ほか) 第1章 人はどうして不きげんになるのか(まずは心の仕組みを知る ごきげんは集中力を上げる ほか) 第2章 自分のためにごきげんでいよう(結果を出す人は、「心」を大事にしている 「ごきげん道」は"考える"だけでOK ほか) 第3章 ごきげんでいると、ほんとうの自分が見えてくる(エネルギーの源泉は自分の中にある 「あり方」は手放してはいけない ほか) 第4章 ごきげんがつくる、ごきげんな人生(脳の「習得」の仕組み 感情は、私たちに与えられたごほうびである ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
57
みんなのレビュー
冗長であまりハマらなかった。
No.110
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
55

自分に正直に生きることが、人生を幸せに過ごせる秘訣です。人は人、自分は自分。くよくよせず笑って毎日を楽しく生きる。「できない」を受け入れて小さな工夫の暮らし。先々の不安を思うより今を元気に。101歳で大往生した吉沢さんの欲張らない人生の知恵。ご機嫌に生きるためのエッセイが満載! 解説/谷川俊太郎

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
55

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
57

分身ロボット・OriHime(オリヒメ)を生み出し、いまや世界から注目されるロボット開発者・吉藤オリィ氏が、次世代に向け「これからの時代に知っておくべき考え方」を伝えた大人気講義を書籍化。 “やりたいこと”よりも、“それを実現するテクノロジー”の方が多い。 そんな時代を自分らしく生きるには、いまの大人たちにはなかなか想像できない「新しい人生のつくり方」がある。 長い不登校生活からはじまり“自己肯定感ゼロ”だった自分の過去をベースに、みんなが「夢中になれることを見つけ、楽しく生きていく方法」をやさしく解説していきます。

みんなのレビュー
恥ずかしながらこの書籍を読むまで著者のことを存じ上げていなかったが、この書籍を読み著者のオリィ氏の生き方や信念に共感した。著者の活動を応援すると共に自分もこのような何か人生を通してやり遂げたいと思えるものを見つけたいと思った。
No.127
55

毎日、もっとよくなっていく! ポジティブな私になる365日

シンディ・スピ―ゲル
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
57

すべての自己啓発本は10パターンに分類できる!自己啓発本の全系譜が、この1冊でだいたいわかる。 すべての自己啓発本は10パターンに分類できる! 世界のビジネスリーダーが読んでいる自己啓発本の全系譜が、この1冊でだいたいわかる。 今日、自己啓発は数十億ドル規模の世界的な産業となった。だが、自己啓発は今に始まった現象ではなく、長い歴史の積み重ねがある。何千年もの間、哲学者や賢者、神学者たちが、良い人生とは何かを考え、それを実現するための戦略を練っていた。 著者アナ・カタリーナ・シャフナーは、自己啓発の核となる考え方を10パターンに整理し、それらが文化や時代を超えてどのように進化してきたのか、そしてなぜ今も私たちの心に響き続けているのかを明らかにする。 すべての自己啓発本は10パターンに分類できる!世界のビジネスリーダーが読んでいる自己啓発本の全系譜が、この1冊でだいたいわかる。 はじめに 自分を向上させたいという欲求 第1章 自分を知る 第2章 心をコントロールする 第3章 手放す 第4章 善良になる 第5章 謙虚になる 第6章 シンプルに生きる 第7章 想像力を働かせる 第8章 やり抜く 第9章 共感する 第10章 今を生きる あとがき 謝辞/注釈/索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.136
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search