【2024年】「雑談力」のおすすめ 本 119選!人気ランキング

この記事では、「雑談力」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける (五百田達成の話し方シリーズ)
  2. 人は話し方が9割
  3. <イラスト&図解>コミュニケーション大百科
  4. コミュニケーション・リーダーシップ: 考える技術・伝える技術
  5. 伝え方が9割
  6. 雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール
  7. 1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
  8. マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方
  9. 劇的にコミュニケーション力が上がる 大人の雑談力
  10. 大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる
他109件
No.5
81
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.9
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
66

人は話し方が9割 ()

永松 茂久
でじじ発行/パンローリング発売
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
60

話すより10倍ラク! 聞く会話術

西任暁子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
60

グローバル社会で必要なビジネス基礎力と運用能力の向上のためのテキスト。大学生、新入社員研修用向きテキストです。 グローバル社会で必要なビジネス基礎力と運用能力の向上のためのテキスト。大学生、新入社員研修用向きテキストです。 グローバル社会で必要なビジネス基礎力と運用能力により良好なコミュニケーションをとるために、単なる形式知としての知識だけではなく、職場での体験を経た実践知(暗黙知)の知識として内在(indwell)するようになることが本書の目標です。社会では、大勢の人が共に協力し合い目標に向かって仕事をしています。年齢、価値観、仕事の仕方、役職なども異なります。様々な人々と良好な人間関係を築き、コミュニケーションをとるには、相手を思いやり、周囲への気配りが求められます。大学生、新入社員研修用向きテキストです。 〈主要目次〉 第1章 社会人の基本 第2章 身だしなみの基本 第3章 挨拶・言葉遣いの基本 第4章 来客応対の基本 第5章 電話応対の基本 第6章 社内でのコミュニケーション 第7章 プレゼンテーション 第8章 訪問と接待のマナー 第9章 プロトコール(国際儀礼)・テーブルマナー 第10章 ビジネスメール・ビジネス文書の基本と遠隔会議・テレワークの心得 第11章 冠婚葬祭のマナー                    

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
59

メンタルのプロである精神科医が実践しているコミュニケーション術を、やさしく、わかりやすく大公開。これで人づき合いが楽になる! ■元準ミス日本の精神科医が実践している人づき合いを楽にするためのコミュニケーション術を大公開! ストレスの原因として真っ先にあがる人間関係。学校でも、仕事でも、プライベートでも、多くの人が人間関係に悩みます。 そんな悩みの解消に役立つ新しいコミュニケーションの教科書が誕生しました! 著者はかつて準ミス日本に輝いたこともある精神科医。「みんなが心地良く、笑顔でいる時間を作りたい」をテーマに、日々メンタルクリニックで患者さんと向き合いながら、いくつもの企業で産業医を務め、スポーツメンタルの分野でも大活躍しているメンタルのプロフェッショナルです。 精神科医の診察室における最初の仕事について、著者は「患者さんに“この人なら話しても良いな”と思わせる場を作ること」と言います。そして、それは「とても難しいこと」とも。 精神科には、話すことに抵抗がある患者さんがたくさん訪れます。そうした方たちに、“話しやすい”と感じてもらうことは治療の第一歩。そのためには高いコミュニケーション力が欠かせません。 この本は、そんな著者が磨き上げたコミュニケーション術を余すことなく書きあげた一冊です。多年に渡り、膨大な数の患者さんと接しながら、産業医としてたくさんのオフィスワーカーのカウンセリングを行いつつ、スポーツメンタルアドバイザーとして様々なチームやアスリートのメンタルサポートをしてきた著者ならではの実践的なコミュニケーション術がギュッと詰まっています。 それも決して難しいことではありません。「言われてみれば納得」「これなら簡単にできそう」「早速やってみよう」――そんなふうに思えることばかり。精神医学の専門家として、時に心理学の知識を交えながらも、語り掛けるようにやさしく、○×方式でわかりやすく、誰でも簡単に取り組めることを伝えてくれます。 本書を読めば、伝え方や聞き方、考え方や受け止め方を少し変えるだけで、改善できることがたくさんあることがわかります。コミュニケーションが苦手な方から、より良い人間関係を築きたい方まで、人づき合いを楽にするヒントをきっと見つけることができるでしょう。 序章 コミュ力アップの大前提 ●“性格”がまったく同じ人はいない ●性格の他に重要となる“価値観” ●性格も価値観も違いがあることを認識し、押し付けない ●聞くときに大切な“傾聴”の技術 ●レベルに応じて3種類の傾聴がある ●コミュニケーションの取り方はいろいろ 第1章 コミュニケーションの基本的心得 ●対話の中で重要なのは? ●人の印象は? ●どうしても苦手な人でも接しないといけないとき ●空気を読むのが苦手と思う人は? ●悩みを伝えてくれた相手にかける言葉は? ●人と話すのがどうしても苦手 あなたならどうする? ●嫌なことがあった そんなとき、どうする? ●相手のことを思って何か行動をしたときは? COLUMN 天の邪鬼は損! 第2章 コミュ力アップの工夫とコツ ●人と話すときミラーリングするべきは? ●専門性を高める話をして相手を信頼させたい場合は? ●難しい内容を伝えたいとき ●相手の考えていることを知りたいとき ●相手が失敗エピソードを話してきたら ●会話に困ったとき ●褒め上手さんの特徴は? ●褒められたときの反応は? ●目上の人と話すときタメ語を入れるのは? ●人にもっとやる気を出してほしいと思っているとき COLUMN みんなで他己紹介をするとチームワークup 第3章 こんなときどうしますか? ●相手が嬉しそうに報告をしてくれたとき ●相手の好きなことの知識が全然ないとき ●相手の誘いを断るとき ●相手がなんとなく不服そう そんなとき ●相手が自分と違う意見だったとき ●「これ、どう思いますか?」と尋ねられたときの回答は? ●上司に訊きたいことがある そんなとき ●上司の機嫌が悪いときどう行動する? ●できるかできないか微妙なライン……そんなとき ●何かを質問されたとき ●助けてくれた友達にかける一言は? COLUMN バウンダリーを意識してみる 第4章 身につけておきたい考え方 ●見える部分に持つプライドは? ●プライドを持つべきところは? ●ライバルに対しては? ●ほとんど話したことがないのに私のこと絶対嫌いというオーラ ●失礼なことをされたら ●スルースキルは? ●自分なんて……と思う人は、その考えを ●私なんて……という人が目の前に現れたときは? COLUMN 素直になるための練習 第5章 今の時代に気をつけたいこと ●人とのご飯や商談 ケータイはどこにある? ●一緒に食事をしていて相手がスマホを使っているときあなたの反応は? ●オンラインでのチャットでは言葉が文字で示されるのでマイナスの印象を…… ●自分は絶対違うと思った道を相手が選んだとき ●自分がフォローした相手が自分をフォローしてくれるのは COLUMN すぐ、“でも”や“だって”を使っていませんか? COLUMN 意見を言うこと=相手の否定になってない? ●「また会いたい」と思ってもらうには?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
59

ひとりだちするためのビジネスマナー&コミュニケーション

子どもたちの自立を支援する会
日本教育研究出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
59

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション

山崎 啓支
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
58

婚活,DV・虐待,ワーク・ライフ・バランス,生殖医療,モンスター・ペアレンツ,引きこもり,熟年離婚,孤立死……近年の家族をめぐる状況には,どのような社会的背景が潜み,どのように心のゆれに影響しているのか.臨床と研究の第一人者が語り合い,変化の糸口を提供する. 1章 結婚の前に 結婚しない理由/結婚相手に求めるもの/本当の意味での「婚活」——キャリア・プランニング/うまくいく結婚、うまくいかない結婚/結婚前のコミュニケーションの重要性 2章 コミュニケーション不足が招く夫婦の危機 夫は満足、妻は不満/ズレを認め、コミュニケーションは柔軟に/黙っていてはわからない/アサーション・トレーニングとは/浮気・セックスレスと親密性/親密な関係と暴力 3章 ワーク・ライフ・バランスの重要性 生活時間調査から/キャリア発達の重要性/多重役割と夫婦間の対等性/ライフを担わない男性/ライフを課題化しないために 4章 少子化社会の親子育ち つくられる子どもたち/生殖補助医療の進歩の影で/増えるできちゃった婚/親のよかれが子どものストレス/ モンスター・ペアレンツはなぜ生まれたか/孤立化する母親たち/育休を取る父親たち/子育ての社会化を/親子の育ち合い/児童虐待とコミュニケーションの問題 5章 自立と葛藤を避ける若者たち パラサイトし続ける子どもたち/性別役割分業と母子連合/自立の必要性/ニート、引きこもり/豊かな社会と若者のコミュニケーション能力の低下 6章 高齢化社会とケア 少子高齢化のもたらすもの/「長寿」とは?/結婚の賞味期限/ケアのジェンダー化/在宅介護の難しさ/ケアをめぐる不公平感 終章 新しい家族のかたち 増える「おひとりさま」/いろいろな家族のかたち/血縁をめぐって/家族の「再生」へ向けて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
58

人生を豊かなものにするために 知性が滲み出る話し方を修得するための道 声は人なり 現代社会に求められるプレゼンテーション能力 ディベートは「知」を創造する能力開発の方法論 人生の進路を決める就職・面接を勝ち抜く 変わりゆく就職戦線への取り組み パブリック・スピーキング、自己紹介、スピーチ上手になるために 思いやる心を伝える敬語をあなたは使えますか ロジカルシンキングを身につけよう 情報に振り回されないためのインテリジェンス 話し上手は聞き上手・気づく力を養う 読書は自分らしく生きるための羅針盤 日本語表現の豊かさを示す「格言」「慣用句」を覚え、人生の機微を知ろう 現代ことば事情と変わりゆく日本語

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
58

本書は、ペンシルベニア州立大学のスピーチコミュニケーション学科と 日本大学国際関係学部の間で行われた共同研究の結果を収録している。 ここには,アメリカのコミュニケーション研究の中で, 対人,グループ,パブリック,組織,異文化という 5つのコミュニケーション研究領域の主要命題について, 歴史を追って行われたレビューが報告されている。 第Ⅰ部 アメリカのコミュニケーション研究 第1章 対人コミュニケーション 第2章 グループコミュニケーション 第3章 パブリックコミュニケーション 第4章 組織コミュニケーション 第5章 異文化コミュニケーション 第Ⅱ部 言語・文化・コミュニケーションの研究 第6章 文化差の尺度 第7章 コミュニケーション行動 第8章 コミュニケーション行動の予期 第9章 異文化間コミュニケーション能力の測定 第10章 言語とイメージ――一般意味論の立場から

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
58

コミュニケーションは正直が9割

田原総一朗
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search