【2023年】「大学面接」のおすすめ 本 39選!人気ランキング

この記事では、「大学面接」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 伝え方が9割
  2. 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365
  3. 公務員試験 現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本 2022年度
  4. 受かる! 面接力養成シート
  5. 公務員試験 面接完全攻略ブック 3年度(2021年度) (受験ジャーナル特別企画4))
  6. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  7. 公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2022年度
  8. 新世界
  9. Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】
  10. ロジカル面接術 2023年度版
他29件
No.1
100
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
88
みんなのレビュー
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
No.7
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
83
みんなのレビュー
西野亮廣のビジネス書。西野亮廣氏はアンチから批判されることも多いが、やっていることは至極真っ当でビジネスの才能が圧倒的、目指している世界観も共感する。そんな西野亮廣氏は元々芸人ということもあり伝える能力がずば抜けていて、書籍の中でも西野亮廣氏の取り組んできたことを抽象化して言語化して読み手に伝えてくれる。ビジネスパーソンは一読の価値あり!
No.9
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
83

オンライン就活に絶大な威力

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
80
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.16
79
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.17
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
79
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.20
78
みんなのレビュー
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
No.22
78

三千円の使いかた 七十三歳のハローワーク 目指せ!貯金一千万! 費用対効果 熟年離婚の経済学 節約家の人々

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
77

ランチのアッコちゃん 夜食のアッコちゃん 夜の大捜査先生 ゆとりのビアガーデン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
77

『木曜日にはココアを』で第1回宮崎本大賞を受賞し、『お探し物は図書室まで』で本屋大賞にノミネートされた人気作家・青山美智子氏の最新文庫です。主婦向け雑誌の編集部で働く早坂瞬は、取材で訪れた鎌倉で、ふしぎな案内所「鎌倉うずまき案内所」に迷いこんでしまう。そこには双子のおじいさんとなぜかアンモナイトがいて……。YouTuberを目指す息子を改心させたい母親。結婚に悩む女性司書。クラスで孤立したくない中学生。気づけば40歳を過ぎてしまった売れない劇団の脚本家。ひっそりと暮らす古書店の店主。平成の始まりから終わりまでの30年を舞台に、6人の悩める人々を通して語られる、心がほぐれる6つのやさしい物語。最後まで読むと、必ず最初に戻りたくなります。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search