【2023年】「経営学」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「経営学」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 経営者になるためのノート ([テキスト])
  2. 世界標準の経営理論
  3. 今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)
  4. FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  5. プロフェッショナルマネジャー
  6. 両利きの経営
  7. ど素人でもわかる経営学の本
  8. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  9. 今と未来の利益を増やす社長のための経営戦略の本
  10. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
他90件
No.2
85
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
74
みんなのレビュー
自分の世界に対する認識が大きくずれていることを知れる。ただ内容としては冗長なので最初の数ページ読めば良い気がする。メディアが切り取った偏ったイメージに翻弄されないようになろう。
No.6
69

両利きの経営

オライリー,チャールズ・A.
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
64
みんなのレビュー
偉大な企業をどうやって作るかについて実在する企業へのヒアリングを経てまとめた書籍。サイバーエージェント藤田氏のバイブルであり、起業家を目指す人は一読しておくとよいかもしれない。起業家の自伝みたいな感じではないので少々読みにくい部分もあり。
No.11
64
みんなのレビュー
かなり分厚い本だが、全てのビジネスパーソン必読の本。一連のストーリーが戦略の根幹にあるという話を具体的な事例とともに学べる。特にガリバーのストーリーは惹き込まれた。パーツパーツで見ると一見非合理だけどストーリーとして繋げてみると合理的な戦略を形作ることで競争優位性を得ることができる。
No.12
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
63
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.15
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
63
みんなのレビュー
いかに利益をあげる意識が大事かということを経営者視点で学べる。こちらの書籍を経営者として読んでおくことで健全な経営ができるはず。ただ、実務レベルで万人受けするのはおそらく著者のファンダメンタルズマーケティングの方だと思う。
No.17
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
62

板前税理士が教える 「最強」の飲食店経営

鈴木 優輔
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62
みんなのレビュー
天才経営者の永守氏がどのように会社を立ち上げて成長させてきたかが語られる。かなりの割合が財務・資金繰りについて語られており、偉大な企業を作るためには資金繰りが重要なのだということを考えさせられる。一方で有形商材とは違い、今はソフトウェアやコンテンツなどがお金になりネット時代。永守氏の経営スタイルとは違うスタイルで多くの成長する企業が出てきているのも事実。永守氏の経営スタイルを参考にしながら今の時代にあったスタイルを探していきたい。
No.22
62
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.24
62

この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本

(株)日本総合研究所 経営戦略研究会
日本実業出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
62
みんなのレビュー
クロネコヤマトの社長が宅急便にカジを切って大成功した時のことが書いてある。周りからは反対されて黒字になるわけないと言われていた個人宅配を見事に軌道にのせた先見の明には脱帽。ネットワーク効果を見越して必ず黒字転換点があるはずと見込んでの一手。経営者がぜひ読むべきオススメの1冊。
No.28
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
61
みんなのレビュー
本多静六は、教授をやりながら節約に励み投資をして多額の財産を手にした人物。彼の人生は決して派手なものではなくて収入の一部を必ず貯金して触らないようにするというもの。その徹底した姿勢で巨額の富を築いた。そして「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」などの名言を残し、今でも通用する仕事・お金に対する価値観を作り上げている。誰でもできる愚直な行動が述べられているので、お金に困っている人・不安な人はぜひこれを読んで本多静六氏の行動をマネして実践してほしい。
No.34
61

危機のときに必ず業績が飛躍的に伸びるのはなぜか? 「15の選択」で会社は根本から変わる 危機のときに必ず業績が飛躍的に伸びるのはなぜか? 「15の選択」で会社は根本から変わる ■新製品の売り上げ比率は50%以上 ■設備稼働率は70%以下にとどめる ■「選択と集中」「選択と分散」をバランス 危機のときに必ず業績が飛躍的に伸びるのはなぜか? 「15の選択」で会社は根本から変わる 序章 効率偏重経営の終わり CHOICE 1 「環境変化に対応する」か「環境を自ら変革する」か 1章 製品開発力 売れる製品を最速で大量に生む仕組み CHOICE 2 フォーカスするのは「買う人」か「使う人」か CHOICE 3 KPIの目的は「業績向上」か「新陳代謝」か CHOICE 4 開発は「リレー型」か「伴走型」か 2章 市場創造力 流通を主導し、顧客と結びつく仕組み CHOICE 5 「自社の強みに絞る」か「自社の強みを絞らない」か CHOICE 6 強みは「固有の技術」か「固有の仕組み」か 3章 瞬発対応力 急な外的変化を成長に取り込む仕組み CHOICE 7 上げたいのは「稼働率」か「瞬発力」か CHOICE 8 瞬発力があるのは「身軽な外注」か「柔軟な内製」か CHOICE 9 「選択と集中」か「選択と分散」か CHOICE 10 「短期の効率」か「中期の効率」か 4章 組織活性力 仕事の属人化を徹底的に排する仕組み CHOICE 11 社長にとって「いい会社」か社員にとって「いい会社」か CHOICE 12 経営情報を「独占する」か「共有する」か CHOICE 13 組織内に「ヌシがいる」か「ヌシがいない」か 5章 利益管理力 高速のPDCAで赤字製品を潰す仕組み CHOICE 14 PDCAの要所は「PLAN」か「ACTION」か 6章 仕組みの横展開 7章 ニューノーマル時代の経営 CHOICE15 業界は「守るべきもの」か「壊すべきもの」か

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
59

★国内最大級のYouTuber事務所「VAZ」創業者の初の著書! ★25歳で年商14億企業をつくった起業家は「元ひきこもり大学生」だった ★頑張っているのに成果が出ないと悩む「ダメな人」のための才能活用術! かつてヒカル、ラファエル、スカイピースなど、錚々たるYouTuberが所属し、創業からわずか4年で年商14億企業に急成長したYouTuber事務所「VAZ」。 その創業者・森泰輝(現在は退任)は、元ひきこもりの大学生でした。社会との接点を求めて始めたコンビニバイトも1か月でクビに。「他人には普通にできることが、僕にはできない…」と、自分に絶望したそうです。 しかし彼はその数年後にはVAZを創業し、「SNS時代の寵児」「YouTuber黎明期の立役者」と呼ばれる存在にまで上り詰めました――なぜか。 その裏にあったのは、「苦手なことばかり」というダメな自分を認めたうえで、「わずかに残された自分が『得意なこと』を最大限に活かす」という、人生戦略でした。 「誰にだって『苦手なこと』と『得意なこと』があります。それは両方ともあなたへのギフトです。しかし、みんな『苦手なこと』ばかりに目がいきます。けれど、得意なことに集中すれば、自己肯定感が高い状態で前向きに取り組めるから成長速度がどんどん早まるのです」 「そして、僕にとって“得意なこと”とは、特別なスキルや才能ではありません。『ムリなく続けられて、やりながら自分が成長できること』です。つまり、現時点ではたいして結果が出ていないことでもいいのです」(本書の要約・抜粋) 本書では、森さんの実体験や彼が見てきた有名YouTuberたちの話をベースに、個人がもともと持っている「持ち味」を、どうすれば活かせるのか?を解き明かしていきます。 「あなたが得意なことを見つける発想法」や、その得意なことを活かすために「自分が活躍できる場所(ポジション)を探す方法」を解説しています。 今の仕事や人付き合いで「頑張っているのに空回りしてしまう…」と悩んでいるのなら、少しだけ“努力の仕方”や“努力する場所”を変えてみませんか? どんなに「ダメな自分」に絶望している人でも、「あなたなりの人生の戦い方は、きっとある」と、背中を押してくれる一冊です。

みんなのレビュー
今の環境で苦労していても絶対に自分の才能を活かせる場所があるんだと前向きになれる書籍。人生に迷ったり選択に困ったりした時に読みたい本。
No.37
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
58

水道、飲食、アパレルとまったくの他業種をすべてブレイクさせた発想法・仕事術を公開! 各界が注目する「令和のヒットメーカー」の初の著書! 水道、飲食、アパレルとまったくの他業種をすべてブレイクさせた発想法・仕事術を公開! 不可能だった「春水堂」の日本上陸を実現、コロナ禍のアパレルで「スーツに見える作業着」が売上400%!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
58

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
57

職場の協働や自律性を復活させるためにはどうすべきなのか。現場目線の経営学を実践的に提示。 職場の協働や自律性が減少している現状を乗り越えるためにどうすればよいのか。現場でミドルマネージャーとして奮闘しながらMBAで学んだ執筆陣が実践的かつ理論的に提示。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
57

ドラッカー 365の金言

P.F.ドラッカー
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
57

マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営

京セラコミュニケーションシステム株式会社
マイナビ出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
57

図表数式は全く使わず,経済学は物事を考えるための強力なフレームワークとしての側面から,多くの事例を理論で考えることの面白さ… 経済学の抽象的な印象に苦しんだり戸惑ったりしたことはありませんか? 経済学は物事を考えるための強力なフレームワークとしての側面もあります。この本はたくさんの現実と理論のキャッチボールを紹介します。図表や数式は全く使いません。まずは気軽に本書『読むエコ』を読んでみて下さい。 第1章 経済学を知っていますか? 第2章 「スマート」に決める原則:ひとりの意思決定 第3章 駆け引きのなかで決める原則:ゲーム理論超入門 第4章 多数の意図が交差する場所:市場の成功と失敗 第5章 現実世界は霧のなか!?:不確実性と情報 第6章 サボりの誘惑に打ち勝つ:モラルハザードとインセンティブ設計 第7章 真実を引き出す:逆淘汰とインセンティブ設計 第8章 見えざる手は創れるか?:マーケット・デザイン 第9章 思惑の衝突を超えて:組織デザイン まとめとオマケとあとがきと

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
57

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.58
57
みんなのレビュー
ソニーを復活に導いた平井さんの経営ストーリーが学べる。
No.59
57

企業の競争力と進化に関するパラドクスを解明したベストセラー『模倣の経営学』が、 実践的な解説を大幅に増補して新登場! 偉大な企業の「パクリ伝説」をもとに、 ビジネスモデルとテクノロジーを革新する、 「模倣による新結合」の手法を体系化。 ゼロイチという言葉を、よく耳にするようになった。 これは、何も無いところから何かを生み出すということで、無から有を創造することを象徴した表現である。 ちなみに、今あるものを、何十倍、何百倍の価値にすることは、イチから百を生み出すことに喩えられる。 さて、この「ゼロイチ」、そもそも、本当に何も無いところから発想が生まれるのだろうか。 傍からみていてゼロイチに見えるようなことでも、その実はゼロイチでないということは多い。 (中略) 増補した理由は、冒頭で述べたような「ゼロイチ神話」を実際に超えていくための手法や 考え方を解説すべきだと考えたからである。近年、シリコンバレーで培われたノウハウが、 イノベーションプログラムとして体系化されてきている。その中には、まだ国内で知られていないもの、 あるいは模倣に関連性の高いものも含まれる。日経BP社にいただいたこの機会に、ぜひ紹介したいと考えた。 (「はじめに」より) はじめに:ゼロイチ神話を超えて 初版まえがき:模倣のパラドクス 基本 01[なぞかけ]メタファーと新結合 02[共通性]本質をモデリングする 03[分類]似た者同士を探せ 04[パターン]良い模倣と悪い模倣 05[手順]創造的模倣の5ステップ 探索 06[観察]ありのままに見る 07[探索]遠い世界を見に行く 08[教師]誰をどう真似る? 分析 09[設計]整合すべき4つの要素 10[推論]仮説を導く比較分析法 11[実験]低コストで試す3つの方法 実行 12[創造]再現から独創へ 13[守破離]ギャップを越える複眼モデリング 14[反転]良いお手本を反面教師にする 15[わな]模倣できそうで模倣できない仕組み 16[順序]まず山があって森がある 17[作法]模倣の力を引き出す3つの肝

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
57

人間主義的経営

ブルネロ・クチネリ
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
57

今までの常識が常識ではなくなる時代がやってきた。数々の困難を乗り越えてきた著者の経営継続の秘訣。 今までの常識が常識ではなくなる時代がやってきた。多様化、スモール化、スピード化、NO密&濃密化、無敵化・協調化、無類化・普遍化――数々の困難を乗り越えてきた著者の経営継続の秘訣。 今までの常識が常識ではなくなる時代がやってきた。多様化、スモール化、スピード化、NO密&濃密化、無敵化・協調化、無類化・普遍化――数々の困難を乗り越えてきた著者の経営継続の秘訣。 序章 先の読めない時代 1章 多様化 ~店舗の形はひとつである必要はない~ 2章 スモール化 ~大は小を兼ねない~ 3章 スピード化 ~小さな店舗だけが持っている武器~ 4章 NO密&濃密化 ~やっぱり密は必要なもの~ 5章 無敵化・協調化 ~ステキな店がムテキになる~ 6章 無類化・普遍化 ~時代に流されない店になる~ 7章 それでも危機はやってくる 8章 これからの時代の心の在り方 9章 今日が始まり あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
57

論理的に考える基本はそのままに、経営戦略論の変化にあわせたゲーム論的な知見も盛り込み、協調的チャレンジャーにも言及する。 論理的にじっくり考えることの大切さを学ぶことができる好評テキストの基本はそのままに,改訂では一部のケースやデータを新しくし,初版刊行後の経営戦略論の変化を盛り込んだ。成熟市場における共生のあり方も考える。(2色刷) 序 章 イントロダクション 第Ⅰ部 マーケティング戦略  第1章 マーケティング・ミックス──4つのP  第2章 ターゲット市場の選定──セグメンテーション  第3章 製品ライフサイクル  第4章 市場地位別のマーケティング戦略 第Ⅱ部 より広い戦略的視点を求めて  第5章 業界の構造分析  第6章 全社戦略  第7章 事業とドメインの定義  終 章 戦略的思考に向かって

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
56
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.73
56
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.74
56

経営学の基礎知識

水野 由香里
中央経済グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
56

経営者に贈る5つの質問[第2版]

P.F.ドラッカー
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
56
みんなのレビュー
大好きな漫画。ビジネス書としても多くの経営者に読まれている。合戦の戦略や考え方、そしていかに周りを巻き込み成り上がっていくか、部下を束ねて強い組織を作っていくかなどが学べる。
No.79
56

コロナ禍を生き抜くのに必要なのはがんばらないこと。会社のムリ、ムダをなくして収益を伸ばす経営の成功法則。 社員がラクできれば会社はうまくいく! 「戦略」「財務」「組織」3つのポイントを見直し、 社員に「時間」と「心」の余裕を持たせて、 顧客の変化に敏感なシステムをつくれば、 いつのまにか〈高収益体質〉になる! キャリア約30年のスゴ腕経営戦略コンサルタントが教える、 社長も社員も顧客も幸せになる逆転の経営メソッド! 2020年から続くコロナ禍で世界経済が大打撃を受ける中、 不安な思いから目先の利益を追い求めてがむしゃらに働き、 疲労困憊の末に力尽きていく中小企業が後を絶ちません。 大多数の企業では「忙しいだけで儲からない」と言うのが口癖になっています。 一方で時代の先を読み生産性を高めている企業は、 短時間労働でありながら収益性を伸ばしています。 経営能力がその違いを生み出しています。 本書は経営の三要素である、「戦略」「財務」「組織」を徹底的に見直して、 現場の「ムリ」「ムラ」「ムダ」をなくし、 高収益体質に転換するノウハウを具体例に則して解説する、 悩める経営者の方々に救いの一手となる一冊です。 カギは「社員を頑張らせないこと」、これに尽きます。 社員に危機感を持たせて頑張らせるよりも、 彼らに「時間」と「心」の余裕を持たせて、 お客さんの変化に常に敏感になれる組織を作ることが重要です。 本書では現場の負担を減らしながら企業の生産性を向上する 逆転発想のビジネスモデルを示します。 著者は経営戦略コンサルタントとして約30年に渡り、 500社以上の企業を支援し、大きな成果を上げてきた実績の持ち主です。 苦しい現場から企業が立ち直っていく姿を何度も見てきた経験者ならではの 実戦に則したアドバイスを受けることができるでしょう。 社員が頑張らないことは、顧客満足度の向上につながります。 社員が頑張らないことは、会社の生産性を向上させます。 社員が頑張らないことは、経営者を真の幸福へと導きます。 ぜひ本書から永続経営の道しるべを得てください。 第1章 できる社長になるか、できない社長でいるか 01 できる社長が知っておくべき三大潮流 02 できない社長が引き起こす4つの弊害 03 だからこそ、頑張らせない 第2章 頑張らせない経営 その1「戦略づくり」 01 「優良顧客」は会社のブランド力を向上させる 02 「ペルソナの選択」で社員のモチベーションを高める 03 「価格設定と商品構成の改善」で生産性を飛躍的に上げる 04 「適切な基準づくり」が社員を救う 第3章 頑張らせない経営 その2「財務」 01 「投資判断」のミスが問題を生み出す 02 「戦略投資」で勝ちパターンをつくる 03 「システム投資」で安定成長の基盤をつくる 04 「人材投資」で社員の育成を最速化する 第4章 頑張らせない経営 その3「組織デザイン」 01 「幹部の混乱」が社員の負担を増やす 02 「組織デザイン」で激動の時代に対応する 03 「3つの階層」で社員をストレスから解放する 04 「仕組みで人を動かす」全員参加型経営に転換する 第5章 社員を頑張らせずに成功した企業の事例 01 社員を頑張らせない社長の3つの仕事 仕事(1) 強みを発揮できるマーケットの選択=戦略づくり 仕事(2) 理想の顧客のための「商品・サービス」=勝ちパターン構築への投資 仕事(3) 激動の時代を乗り切る組織デザイン 02 事例1 A社のケース(カーライフトータルサポート業) 03 事例2 B社のケース(エステサロン経営) 04 事例3 C社のケース(接骨院経営) 第6章 社員を頑張らせない社長に届ける3つの贈り物 01 (1)社員が頑張らないことは、顧客満足度の向上につながる 02 (2)社員が頑張らないことは、会社の生産性を向上させる 03 (3)社員が頑張らないことは、経営者を真の幸福へと導く

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
56

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.85
56
みんなのレビュー
Amazonを脅かすまで成長したザッポスとそのCEOであるトニー・シェイの考え方を学べる書籍。当時読んだ時は非常に感銘を受けたが、トニー・シェイは自殺してしまい、ザッポスの組織作りが成功といえるか微妙になっているので、今振り返ると疑問が残る書籍。
No.86
56

身近で魅力的なケースを用いて、楽しく経営学を学ぶ初版以来好評を博してきたテキスト。ケースを大幅に入れ替えた待望の第3版。 ケースと理論や概念の両方を楽しく学ぶ,初版以来好評を博してきたテキスト。従来の魅力はそのままに,メルカリ,サムスン,リクルート,アップル,良品計画ほか現代の若者に身近なケースを用いるなど,大幅な改訂を行った。はじめて経営学や企業にふれる人に。 序 章 この本の内容と利用の仕方 第Ⅰ部 企業とは何か 第1章 企業の誕生:メルカリの設立と成長/第2章 会社とは誰のものか:カゴメのファン株主拡大戦略 第Ⅱ部 企業のストラテジー 第3章 環境・組織・戦略:フォードとGM/第4章 競争戦略の基本型:日本マクドナルドとモスバーガー/第5章 事業のリストラクチャリングと組織改革:GEの企業革新/第6章 ビジネス・システムの革新とIoT:コマツのビジネス・システム/第7章 破壊的技術への対応と新規事業創造:富士フイルムの企業変貌/第8章 プラットフォーム・ビジネス:アップルのApp Store/第9章 グローバル戦略:サムスン電子の統合と適応のジレンマ 第Ⅲ部 企業のマネジメント 第10章 経営理念と組織文化:リクルート社の起業家精神と組織文化/第11章 人材のマネジメント:総合商社双日の人材マネジメント/第12章 日本的生産システム:トヨタ生産方式/第13章 成熟市場における商品開発:サントリーのハイボール・ストロングゼロの開発/第14章 環境変化のマーケティング活動の変革:良品計画における危機とその克服 第Ⅳ部 企業の社会性 第15章 ビジネスの倫理:JR西日本の新幹線台車亀裂トラブル/第16章 ソーシャル・ビジネス:アスヘノキボウによる協働のまちづくり 第Ⅴ部 学びのステップ 第17章 キーワードの理解からレポート作成・発表まで:T教授のオフィスアワー日誌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
56
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.90
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
56

危機を超える経営: 不測の事態、激変する市場にどう対応するか

伊藤 邦雄
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
56

NO RULES: 世界一「自由」な会社、NETFLIX NETFLIX and the Cultu

リード ヘイスティングス
日経BP日本経済新聞出版本部

普通じゃない経営手法で世界一成功している革新的・創造的企業、Netflixの自由と責任の企業文化を共同創業者が初めて明かす ●Netflixはどうやって190カ国で2億人を獲得できたのか? ●共同創業者が初めて明かすNetflixビジネスとカルチャーの真髄。 ■Netflixの「脱ルール」カルチャー  *ルールが必要になる人材を雇わない  *社員の意思決定を尊重する  *不要な社内規定を全部捨てよ  *承認プロセスは全廃していい  *引き留めたくない社員は辞めさせる  *社員の休暇日数は指定しない  *上司を喜ばせようとするな  *とことん率直に意見を言い合う ――新常態の働き方とマネジメントが凝縮 【内容紹介】  DVD郵送レンタルからスタートしたNetflixは、動画配信サービス、コンテンツ自社制作、スタジオの内製化・グローバル化と、創業から20年以上のあいだにめまぐるしく「ビジネスモデルの破壊」を繰り返し、世界のエンタテインメント業界とテクノロジー業界両方を牽引する稀有な存在に成長を遂げた。  この急成長を支えたのはNetflixの独創的なカルチャーである。ヘイスティングが掲げる独創的なカルチャーは、物事を根本からとらえ直し、従来の慣習や常識を覆す。本書では、数百名に及ぶ世界中の現役・元Netflix社員のインタビューや、これまで語られることのなかったヘイスティングス自身の試行錯誤の過程を収録。 「普通じゃない経営手法」で世界一成功している企業の「自由と責任の企業文化」を、共同創業者自身の言葉で初めて明かす。 * * *  Netflixは特別な会社だ。そこには「脱ルール」のカルチャーがある。  社員の「能力密度」を高めて最高のパフォーマンスを達成すること、そして社員にコントロール(規則)ではなくコンテキスト(条件)を伝えることを最優先している。そのおかげで着実に成長し、世界と社員のニーズ変化に機敏に対応できている。  だが、本書共著者で、企業文化の研究で名高い経営学者エリン・メイヤーの目には、Netflixカルチャーはマッチョで、対立を煽り、攻撃的なものに思えた。いかにも人間の本質を機械的かつ合理的にとらえる技術者が創った会社、というイメージだ。 * * *  だが、Netflixは大成功している。本書がその謎を解き明かす。  Section1 「自由と責任」のカルチャーへの第一歩 第1章 最高の職場=最高の同僚   第2章 本音を語る(前向きな意図をもって) 第3a章 休暇規定を撤廃する 第3b章 出張旅費と経費の承認プロセスを廃止する  Section2 「自由と責任」のカルチャーへの次の一歩 第4章 個人における最高水準の報酬を払う 第5章 情報はオープンに共有 第6章 意思決定にかかわる承認を一切不要にする  Section3 「自由と責任」のカルチャーの強化 第7章 キーパーテスト 第8章 フィードバック・サークル 第9章 コントロールではなくコンテキストを  Section4 グローバル企業への道 第10章 すべてのサービスを世界へ!

みんなのレビュー
ネットフリックスの会社の制度について学べる。いかに素晴らしいタレントを集めているのか?優秀な人々にとって優秀な制度とはどんな制度なのか?について学べる。多くの企業がネットフリックスのようにふるまって上手くいくとは思えないが一つの制度設計の参考にはなる。
No.96
56

個人の地域密着型アウトドアショップがデジタルマーケティングで業績を飛躍的にアップさせていくストーリーに乗せて、DMの基礎を… 個人の地域密着型アウトドアショップがデジタルマーケティングで業績を飛躍的にアップさせていくストーリーに乗せて、DMの基礎を学ぶ

みんなのレビュー
デジタルマーケティングとデータ分析について漫画で分かりやすく学べる。基本的な内容が網羅的に学べるのでデジタルマーケティング職についたばかりのビジネスパーソンや個人事業や中小企業でこれからデジタルに力を入れようとしている経営者にオススメ!
No.97
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
56

ユニクロ、アップル、P&G、楽天、アサヒビール、グーグル…成功企業の事例に学ぶ「理論の使いこなし方」。 第1章 なぜ、経営理論を使いこなせないのか?-机上の空論でやり過ごされる11の理由 第2章 クリティカル・シンキング-本質に迫る問題解決の考え方「ユニクロ」 第3章 経営戦略-企業理念を形にする事業計画の作り方「アップル」 第4章 マーケティング-市場を制す売れる仕組みの作り方「P&G」 第5章 アカウンティング-限られた経営資源で成果を生むお金の回し方「楽天」 第6章 ファイナンス-チャンスを活かす将来への投資の決め方「アサヒビール」 第7章 人材マネジメント-個人の力を最大化する組織の作り方「グーグル」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search