【2024年】「人を動かす」のおすすめ 本 113選!人気ランキング

この記事では、「人を動かす」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 人を動かす 文庫版
  2. 人を動かす 新装版
  3. 影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
  4. マンガで読み解く 人を動かす
  5. 米軍式人を動かすマネジメント: 「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営
  6. 大学4年間の経営学見るだけノート
  7. 限りある時間の使い方 人生は「4000週間」あなたはどう使うか?
  8. 今日から使える行動心理学 (スッキリわかるシリーズ)
  9. 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
  10. 頭のいい人が話す前に考えていること
他103件
No.3
82
みんなのレビュー
ページ数が多く読み切るには根気がいるが、中身は目から鱗の内容ばかり。知っておくだけど対人関係が有利に働く法則などが多く学べる。
No.4
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
68
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.10
63
みんなのレビュー
相手に気持ちよく話してもらうコツや自分の主張を伝えるコツなどビジネスやコミュニケーションを円滑に進めるためのノウハウがギュッと詰まっている。今までのコンサル本とは違う観点で分かりやすく体系的にまとめられていて目からウロコの内容。
No.14
62
みんなのレビュー
Dカーネギーの名著で自分の人生を切り拓いていくためにはどうすればよいかが具体的に学べる書籍。当たり前と感じる内容も多いが一読して損はしない。
No.15
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
61

70万部を超えるベストセラーとなっている『ジェイソン流お金の増やし方』の待望の続編!前作は、投資というと怖い・危ないというイメージがあるものの、ジェイソンさんならではのとてもわかりやすく、リスクの低い方法でお金を増やす方法を伝授し、また生きる上でのヒントがつまったものでした。しかし、そもそも投資をするためのお金がない人はどうしたらよいのかに対してこたえる内容になっております。本書で紹介されているジェイソンさんの経験に基づいて導き出された、お金を稼ぐ力をつける方法“稼ぎ方”のヒントがつまった一冊です。今仕事をしている人は勿論、これから社会に入っていく大学生やどのような将来を目指そうか考え始めた高校生などにも役立つ一冊になっています。今回も人生の選択肢を増やし、幸せになるために、今読んで、始めてください。 はじめに ・CHAPTER1 「稼げる人」と「稼げない人」その差はなんだか知ってる? ・CHAPTER2 僕が稼げるようになるまでの道のり ・CHAPTER3 ジェイソン流お金を稼ぐ力をつける8の方法 ・CHAPTER4 「稼ぐこと」と「幸せ」はイコールではない おわりに コラム ・人間関係と稼ぐ力は関係ない ・ブラック企業だけを責められるか? ・「コツコツやりぬく力」=「GRIT」がない人はどうする?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
61

ポジティブ・チェンジ

メンタリスト DaiGo
日本文芸社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
61
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.23
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
60

災害・危機発生時の職員の役割と行動 組織と法制度上の課題 被災自治体職員が抱える課題 災害時の応援自治体職員の課題と展望 危機管理における官民の連携 試案 大規模災害時における被災市町村への人的支援 「組織と人」に関する防災・復興法制の現状と課題 自治体職員の惨事ストレス 災害時のパニックと心理的ショック

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
60

多様性の科学

マシュー・サイド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
60
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.34
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
60

世界的ベストセラー『人を動かす』を原文で読んでみよう! コミュニケーション能力を身につけ、英語力を磨く〈一石二鳥の本〉 80年以上読み継がれてきた D.カーネギーによる 世界的ベストセラー『人を動かす』。 世界恐慌後、 不安に陥っている多くの人々を救った この名著の初版(原文)を読んで、 新しい生き方を身につけましょう! 職場や学校で あなたの味方を増やし、 周囲に影響を与える方法とは? 幸せな家庭を築くための法則とは? さっそく明日から実践できる「38の法則」を収録! ・・・・・・・・・・ ■■■世界的名著の原書を読もう!■■■ ■■■英語の辞書がなくても大丈夫!■■■ 全訳と語句の意味がつき、 解説が充実しているから、 英語の原文がスラスラ読めます! ■■■「一石二鳥」の本!■■■ ■■■あなたの人生を変えうる1冊!■■■ 1冊で、あなたのコミュニケーション能力と 英語力を磨くことを目指した構成になっています! ・・・・・・・・・・ 人間の言動について、極めて重要な法則がある。 その法則に従えば、決して問題に巻き込まれることはない。 実際、この法則に従うと数えきれないほどの友人ができ、 いつも幸せになれる。 しかし、この法則を破った途端、なかなか解決しがたい 問題に巻き込まれてしまう。 その法則とは、 「常に、相手に重要だと感じてもらうようにする」 ということだ。 だから、この「黄金の法則」に従おう。 自分がしてもらいたいことを相手にしてみよう。 この「黄金の法則」は、 ほぼ毎日のように、魔法のような効果を発揮する。(本文より) ・・・・・・・・・・ 【本書のおもな内容】 第1章 相手をほめて、重要だと感じてもらうための法則 第2章 相手を理解するための法則 第3章 相手をやる気にさせるための法則 第4章 相手に納得してもらうための法則 第5章 相手に良い印象を与えるための法則 第6章 幸せな家庭を築くための法則 ・・・・・・・・・・

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
60
みんなのレビュー
いわゆる成功哲学的なよくある書籍ではなくて、宵越しの銭は持たず人生を最高に生き抜く価値観を植え付けてくれる書籍。人を選ぶ書籍ではあると思うが、自分自身の理想の生き方に思いっきりあてはまる内容で何度も読み返したい書籍。現代人にはこの生き方が合うと思っているので何かに縛られて辛そうにしていたり、思考停止でお金を稼いで日々四苦八苦したりしている人達に読んで欲しい。
No.39
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
60
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.51
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
66
みんなのレビュー
日本軍がなぜ戦争に負けてしまったのかを分析し、それを元に日本の組織における問題点を浮き彫りにしている書籍。責任の所在の曖昧さと、臨機応変に対応できない官僚主義が蔓延した日本組織は危機的状況において力を発揮できない。少々歴史の話は冗長だが一読する価値のある書籍。
No.71
59

1万人のアスリートを「結果を出す体質」に変えたメンタルコーチのメソッド Q.「ディズニーランド」と聞いて何を思い浮かべる? Q.人の話を聞くとき、メモをとるかとらないか? Q.「これをやったらあなたは成長できるよ」と「これをやったら仲間に貢献できるよ」では、どちらがやる気になる? …どれも自分にとっては「当たり前」の答えがある問いばかりだが、チームで答えを出し合ってみると、驚くほど様々な結果が出てくるはずだ。 「人の話を聞くとき、メモをとらないなんてありえない!」と思ったリーダーは、要注意。 なぜなら人間には、「目で見た情報を優先する視覚優位タイプ」もいれば、「耳で聞いた情報を優先する聴覚優位タイプ」もいるからだ。メモをとらない部下はいい加減なのではなく、あなたの話をしっかり受け止め聞き漏らすまいとしている「聴覚優位タイプ」かもしれない。 自分と人は、違って当たり前。そんなことはわかっていると多くの人がいうものの、リーダーがメンバーと接するシーンでは、この「当たり前」がすっかり抜け落ちていることが多い。 優れたリーダーが「やれ」と言わずに人を動かせるのは、「自分と相手の違い」を徹底的に利用しているからだ。 マイルールを押し付けるのではなく、相手のマイルールを知ろうとする。そして、相手への働きかけを変えていく。 5つのギャップを知ることで、命令なしでどんな部下でも伸ばせるメソッドを説く。 第1章  感覚のギャップに注目→相手との距離が一気に縮まる 第2章  言葉のギャップに注目→メンバーを伸ばす「伝え方」がわかる 第3章  意識のギャップに注目→コミュニケーションの「すれ違い」を防ぐ 第4章  期待のギャップに注目→メンバーのパフォーマンスが劇的に上がる 第5章  目標のギャップに注目→「正しい」目標設定でモチベーションを引き上げる 優れたリーダーは、相性が悪いメンバーも、自分とタイプが違うメンバーも、成長させる。その秘密は、自分と相手の「違い」を知ること。違いを知るだけで、「命令なし」で人を動かすことができるメソッドを公開。 第1章  感覚のギャップに注目→相手との距離が一気に縮まる 第2章  言葉のギャップに注目→メンバーを伸ばす「伝え方」がわかる 第3章  意識のギャップに注目→コミュニケーションの「すれ違い」を防ぐ 第4章  期待のギャップに注目→メンバーのパフォーマンスが劇的に上がる 第5章  目標のギャップに注目→「正しい」目標設定でモチベーションを引き上げる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
59

理論と実践の双方向から「行動分析学」を体系的に解説。幅広い内容をコンパクトに収めた決定版。各種ツールも充実。 「行動分析学」を初めて学ぶ方に向けた概説テキスト。行動の分析を一つの軸に,基礎理論と臨床・日常場面への応用をリンクさせる一冊です。演習問題や事例紹介など,充実のツールで学びをサポート。医療福祉の現場に立つ方にもおすすめ。 第1章 心とは何か──行動分析学から接近する 第2章 観察法と実験法──行動を科学するために 第3章 生得性行動──経験によらない個体の行動とは 第4章 レスポンデント──環境の機能を変える方法を知る 第5章 オペラント──行動やその出現機会を作り出す方法を知る 第6章 強化随伴性──行動変容のための諸変数と規則 第7章 刺激性制御──はじめての環境に個体が出会うとき 第8章 反応遮断化理論と選択行動──強化と価値を考える 第9章 言語行動と文化随伴性──行動分析学から展望する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
59

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59

人を生かすマネジメント

山田滋敏
ホリプロ×ザメディアジョン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
59
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
search