【2023年】「グローバル」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「グローバル」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ブランディングの教科書 ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる
  2. インプット・アウトプットが10倍になる読書の方程式
  3. 無駄な仕事が全部消える超効率ハック――最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ
  4. 問題解決力を高める「推論」の技術
  5. プロフェッショナルマネジャー
  6. ヒト・仕事・職場のマネジメント:人的資源管理の理論と展開
  7. グローバル経済史入門 (岩波新書)
  8. 心理的安全性のつくりかた
  9. 人事こそ最強の経営戦略
  10. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
他90件
No.6
86

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
86

心理的安全性のつくりかた

石井 遼介
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
86
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.16
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
74

新興国ビジネス業界地図(発行:TCG出版)

久野康成公認会計士事務所
出版文化社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
74
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.23
74

経済はなぜ成長するのか? いかに成長してきたのか? これらの問を入口に、人文社会科学の基本的概念を用いて俯瞰する歴史。 経済はなぜ成長するのか? 人類はいかにして生存してきたのか? 経済はいかに成長してきたのか? これらの問いを入口として,近代前から,分業,市場,貨幣といった経済学の用語のみならず,権力,文化,共同体等人文科学の基本的な概念も用いて俯瞰する歴史。 序章 経済史とは何か Ⅰ 導入──経済,社会,人間 1 経済成長と際限のない欲望/2 欲望充足の効率性と両義性 Ⅱ 前近代──欲望を制御する社会 3 総説:前近代と近現代/4 共同体と生産様式/5 前近代社会の持続可能性と停滞/6 前近代の市場,貨幣,資本 Ⅲ 近世──変容する社会と経済 7 総説:前近代から近代への移行/8 市場経済と資本主義/9 近世の市場と経済活動/10 近世の経済と国家/11 近世の経済規範/12 経済発展の型 Ⅳ 近代──欲望の充足を求める社会・経済 13 産業革命/14 資本主義の経済制度/15 国家と経済/16 自然と経済/17 家と経済/18 資本主義の世界体制 Ⅴ 現代──欲望の人為的維持 19 近代と現代/20 第一のグローバル経済と第一次大戦/21 第一次大戦後の経済/22 第二次世界大戦とその後の経済/23 第二のグローバル化の時代 終章 「現在」「未来」をどう生きるか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
73

最新の成果により、欧米・アジアなど世界各地域の発展過程をバランスよく解説した好評の入門書、大幅改訂による決定版。 欧米・アジアなど世界の発展プロセスをバランスよく解説、通史編とテーマ編の二部構成で学ぶ好評の経済史入門、大幅改訂による決定版。 世界の経済はどのような軌跡をたどってきたのか。グローバル・ヒストリーなど最新の成果をもとに、欧米・アジアや世界各地域の発展プロセスをバランスよく解説、通史編とテーマ編の二部構成で学ぶ好評の経済史入門、大幅改訂による決定版。 プロローグ なぜ経済史を学ぶのか I 通史編 第1章 東西文明の興隆 ——ローカル・ヒストリーの時代 1. 古代文明の農耕水準 2. 古代地域国家の経済制度 3. 民族移動と経済制度の変質  解説I-1 カール・ポランニーと経済人類学 第2章 東西世界の対決と交流 ——ローカル・ヒストリーからインターリージョナル・ヒストリーへ 1. 隋唐王朝の「世界帝国」化 2. イスラームの誕生と拡大 3. ゲルマン人国家とキリスト教社会 4. 東アジア・西アジア・ヨーロッパ諸勢力の対決と交流  解説I-2 マルク・ブロックと社会史  解説I-3 アジア交易圏論 第3章 東西世界の融合 ——インターリージョナル・ヒストリーの時代 1. 東の世界の商業発達 2. 西の世界の商業発達 3. アジア近世帝国の時代 4. ヨーロッパ近世王国の時代  解説I-4 フランクのアジアに対する眼差し  解説I-5 フェルナン・ブローデルと全体史 第4章 資本主義の生成と「近代」社会の登場 ——ナショナル・ヒストリーの勃興 1. 前近代の市場経済と近代の市場経済 2. 近代国家と資本主義の歴史的前提の東西比較 3. 封建制の崩壊と資本主義の生成 4. 産業革命と「近代」社会の登場  解説I-6 ドッブ-スウィージー論争とプロト工業化論  解説I-7 マックス・ウェーバーと大塚史学 第5章 資本主義による世界の再編成 ——ナショナル・ヒストリーからインターナショナル・ヒストリーへ 1. 海を基軸とした経済圏 2. ヨーロッパ・大西洋経済圏 3. 西アジア・インド洋経済圏 4. 東アジア・太平洋経済圏 5. 生産・流通面から見た近代資本主義  解説I-8 ロストウ/クズネッツの経済発展論  解説I-9 ガーシェンクロンとアジアの工業化  解説I-10 カール・マルクスと日本資本主義論争 第6章 資本主義世界経済体制の転回 ——インターナショナル・ヒストリーの時代 1. 19世紀末ヨーロッパ大不況とアジアの産業化 2. 世界経済の不均衡と帝国主義 3. 第一次世界大戦後の世界経済 4. 資本主義世界の恐慌とソ連経済の推移  解説I-11 古典的帝国主義論と自由貿易帝国主義論  解説I-12 社会主義計画経済システムの諸特徴 第7章 第二次世界大戦後の経済社会の展開 ——インターナショナル・ヒストリーからトランスナショナル・ヒストリーへ 1. 戦後経済体制の確立 2. 高度成長時代の展開と南北・南南格差の拡大 3. 低成長時代の到来と環境問題の表出 4. 21世紀への転換期の世界経済の実相  解説I-13 南北問題  解説I-14 ヨーロッパ統合 II テーマ編 第8章 市場経済の拡張とその限界 ——経済・経営活動の世界化 はじめに 1. ヒトの移動と経済圏の拡大 2. モノの移動と交易圏の拡大 3. カネの移動と世界化の限界 おわりに  解説II-1 ジェントルマン資本主義とアジアの資本主義 第9章 信用システムの生成と展開 ——経済活動と金融 はじめに 1. 信用貨幣の発展——貨幣取扱業者から銀行へ 2. 中央銀行の生成と金融政策の形成 3. 手形交換制度の生成——預金通貨と信用創造 4. 国際通貨制度の展開 おわりに——変動相場制下の金融肥大化  解説II-2 スーザン・ストレンジのカジノ資本主義論 第10章 市場の発達とその応用 ——経営活動の組織化 はじめに 1. 上下関係の強い経営組織 2. 比較的平等な経営組織 3. 経営組織間のネットワーク おわりに  解説II-3 チャンドラーとシュンペーター 第11章 市場の失敗とその克服 ——経済活動の秩序化 はじめに 1. 生産面での経済活動の制約 2. 流通面での経済活動の制約 3. 大量消費と現代社会の環境問題 おわりに  解説II-4 ノースとウィリアムソン 第12章 近現代市場経済の諸問題と国家介入 ——経済活動と国家 はじめに 1. 自由主義経済秩序と国家 2. 市場の調整(コーディネーション)と国家 おわりに——規制と規制緩和  解説II-5 ケインズとハイエク 第13章 福祉のコーディネーションと社会経済 ——経済活動と福祉社会 はじめに 1. 社会保障の諸領域と諸原則 2. 近代的経済社会の生成と社会福祉——自由主義的経済秩序観と社会福祉 おわりに——社会的共同性と福祉社会の展望  解説II-6 イギリス福祉史研究の諸潮流  解説II-7 アジア社会福祉研究の諸潮流 第14章 経済史認識の展開と現代 はじめに 1. 経済学の歴史への応用と経営史学の誕生 2. アナール派社会経済史から世界システム論へ 3. 現代の社会経済史学界の諸潮流 おわりに——21世紀に入ってからの論点  解説II-8 世界システム論からグローバル・ヒストリーへ 主要参考文献リスト あとがき 索 引 金井雄一/中西聡/福澤直樹編;0302;04;欧米・アジアなど世界の発展プロセスをバランスよく解説、通史編とテーマ編の二部構成で学ぶ好評の経済史入門、大幅改訂による決定版。;20200802

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
73

広告は社会のために何ができるか。ソーシャルプロジェクトの経験をもとに「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。 広告は社会のために何ができるか。ソーシャルプロジェクトの経験と、12人のクリエーターとの対話から、ヒト・モノ・コトをつなげる仕組みをうみだす「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。 広告は社会のために何ができるか。 ソーシャルプロジェクトの経験と、 広告の最前線で活躍する12名のクリエイターとの対話から、 ヒト・モノ・コトをつなげる仕組みをうみだす「広告とコミュニケーションの未来」を切り拓く。 澤本嘉光・永井一史・箭内道彦・佐藤尚之・今村直樹・丸原孝紀 松倉早星・鈴木菜央・石川淳哉・東畑幸多・嶋浩一郎・中村洋基 (登場順) はじめに 第1章 原点――現状の広告に対するいくつかの疑問  広告づくりは、いったい誰のものか  なぜ広告賞という単一の価値観しかないのか  広告の世界には、なぜ自己批判がないのか  広告は、大量消費をうながすことしかできないのか  広告は、そもそも社会をよくするためのものではないのか 第2章 模索する日々――広告は社会のために何ができるか  これからの広告のありかた 1 企業を出発点に  「ほんとうにいいことをする」  「ともに行動する」マーケティングへ  効率の悪いコミュニケーションへ  広告づくりを「みんなのもの」に  企業のありかたのデザインへ  「一個人として」発想する  広告が信じてもらえるためには 2 NPO・個人・コミュニティを出発点に  「伝える」という技術  大量生産、大量消費のひずみ  広告のスキルで「通訳」する  個人の想いを伝えていく「仕組み」 3 社会課題を出発点に  広告が主体となる  「人の命を救う」マーケティングへ  未来の広告会社  未来の広告のありかた  これからの広告は何をすべきか? 第3章 広告のポテンシャル――広告づくりの発想や技術  「無自覚」から「自覚」へ  「いや、こういう別の見方をすれば」  異なる意見の橋渡しをする  広告人の強み  閉塞し停滞したものを活性化させる  「ポテンシャルバリュー」を見通す  個人の心の中に「潜在的にあるもの」  広告的思想の可能性  広告の未来への提言 第4章 ヒト・モノ・コトはこれから“どう”つながっていくのか  3.11を越えて  もうひとつの「つながりのレイヤー」を持つ  さまざまな価値と価値を交換する「クラウドトレード」  人は、壁を越えたい生き物だ。 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
72

人類史の転換期における国家戦略 超高齢社会の課題と可能性 30年後の人と国土 2050年へ向けた2030年の電源 ロボットは東大に入れるか 日本の海洋政策と国境の未来 「極点社会」の到来 公益資本主義と成長戦略 超高齢社会における社会保障と財政のあり方 2030年、産業界はこうなる 掘り起こせ"日本の底力" 2030年への視座~全体知を求めて 2030年宇宙の旅~日本の宇宙開発の展望 中東と中国、そして日本~エネルギーとシーレーン 2030年の人間と社会と情報 三つの大逆転と里山資本主義 iPS細胞研究の進展と再生医療・創薬のイノベーション 科学技術はどこへ向かうのか 気候変動とその影響を予測する 四つの大変化と国際秩序の変動 〈寄稿〉2030年の日本~政治家の真摯な思い

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
72

バランスシートで読みとく世界経済史

ジェーン・グリーソン・ホワイト(Jane Gleeson-White)
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
71

総論-経営と人事はベストパートナー 実務家による育成論 トップ企業の「採用」 組織開発論から経営を支える HRテクノロジー入門以前 HRツール、ベンダー、コミュニティの今後の展望

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
71

事業ポートフォリオの組換えと企業価値向上

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
71

家族、災害、健康、教育や娯楽、さらに森林やエネルギーなど、身近な生活環境を手がかりにして、経済社会の成り立ちをやさしく解説、消費や自然環境などの新たなテーマから、私たちの生活と経済の歴史の深いつながりを実感とともに学べる入門テキスト。 序 章 身近な生活から地域の環境を考えよう 第I部 地域社会と生活 第1章 家族・地域社会と経済活動 はじめに 1 家族と経済活動 2 「村」の役割 3 商店街とエスニック・グループ おわりに  解説1 無尽講と金融 第2章 災害と飢饉 はじめに 1 災害と飢饉 2 経済社会化と飢饉 3 江戸時代の災害・飢饉への対応 4 災害・飢饉への耐久性 おわりに  解説2 風評とデマ テーマI 社会史の方法 第II部 自然環境と生活 第3章 森林資源と土地所有 はじめに――地球環境問題と資源利用 1 森林資源利用の歴史 2 資源利用と土地所有 3 近現代日本の森林資源と過少利用問題 おわりに  解説3 温泉と開発 第4章 エネルギーと経済成長 はじめに――人新世の時代 1 石炭とイギリス産業革命 2 石炭・水力と日本の工業化 3 エネルギー革命と「東アジアの奇跡」 おわりに  解説4 日本の公害対策 テーマII 進歩と環境 第III部 近代化と生活 第5章 人口で測る経済力 はじめに――現代社会の人口と経済 1 人口に関する理論 2 日本の人口変遷 3 経済成長と人口 おわりに――人口の歴史は私たちに何を教えてくれるか  解説5 人口をめぐる思想と政策 第6章 健康と医薬 はじめに 1 健康と病い 2 生活と家計に見る健康と医薬 3 現代の健康と医薬 おわりに  解説6 感染症流行と経済発展 第7章 娯楽と消費 はじめに――「金」は天下の廻りもち 1 娯楽の産業化と消費社会 2 近代日本における娯楽の諸相 3 日記に見る人々の娯楽 おわりに――楽しみなしに人々は生きられるか  解説7 大衆消費社会論 テーマIII 共同体と近代 第IV部 社会環境と生活 第8章 教育と労働 はじめに――「学び」と「働き」の制度化 1 「学び」から「教育」へ 2 産業社会・労働の誕生と教育 3 子どもと女性から見た「教育」と「労働」 おわりに――戦後教育政策と新学歴社会の到来  解説8 集団就職 第9章 法と福祉 はじめに 1 慈善事業の時代 2 社会事業の時代 3 社会福祉の時代――第二次世界大戦後における生活をめぐる法整備 おわりに  解説9 育児と経済 第10章 帝国と植民地経済 はじめに――日本「帝国」史として考える 1 戦争と日本帝国の拡張 2 日本貿易の特徴 3 帝国内貿易の構造と植民地の生活 おわりに――「戦後/現代」と「帝国/植民地」  解説10A 植民地の近代をどう見るか  解説10B 経済競争と国際紛争 テーマIV システムという発想 終 章 競争と共存から未来を思い描こう 入門ガイド 文献史料と統計資料 参考文献 あとがき 索 引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
71

世界経済史概観 紀元1年~2030年

アンガス・マディソン
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
71
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.57
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
70
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.61
70
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.62
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
70
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.67
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
70
みんなのレビュー
組織のトップとしてのあるべき姿を説く書籍。この本に書いてある内容は自分の想像するリーダー像と違いすぎて驚いた。確かに組織を大きくして社会にインパクトを与えるためにはこの本の中で書かれているリーダーの仮面が必要なのかもしれないが、私はそんなことまでしてリーダーで居続けて何が楽しいのかなと思ってしまう。旧式の企業にはハマるがこれからの時代にはハマらない考え方な気がする。自分自身も会社を経営する身として参考にしつつもこの本の中で語られているリーダーとは違う姿を模索したい
No.72
70

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
70
みんなのレビュー
ジェフ・ベゾスが全社員にまず読ませる書籍ということで読んでみたが、内容はありきたりのものでそれほど目新しさがなかった。とりあえず適切なKPIを設定してそれをトラッキングできるようにせよ!ということ。
No.80
70

超実践! 楽しく儲かる社風経営

山地 章夫
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
69

Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル

ジェイソン・ドーシー アンド デニス・ヴィラ
ハーパーコリンズ・ジャパン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
69

経営学入門 上 第2版

榊原 清則
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
69
みんなのレビュー
デジタルマーケティングのベースとなる考え方が学べる書籍。ECにおいてどのように顧客を捉えて売上を伸ばしていくかが学べる。
search