【2024年】「人間関係」のおすすめ 本 124選!人気ランキング

この記事では、「人間関係」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. 人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)
  3. 頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法
  4. 人を動かす 文庫版
  5. 人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論
  6. 「職場のやっかいな人間関係」に負けない法: 「あの人」の言葉のクセに解決の糸口がある (単行本)
  7. 自分の小さな「箱」から脱出する方法
  8. もう人間関係で悩まない!コミュニケーション大全
  9. 超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける (五百田達成の話し方シリーズ)
  10. 人は話し方が9割
他114件
No.1
100
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.17
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
62
みんなのレビュー
心理学的観点から人間のモチベーションややる気を上げるためのアドバイスが得られる。面白い事例を元に学べる。
No.29
62

ルールを破る「職場の厄介者」のほうが仕事も人生も楽しい! 悪習慣を捨て、自分らしく働きながら成功を手に入れる8原則を解説! 慣習を打ち砕け! 破壊的に生きろ! 反逆心こそ成功の原動力だ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 仕事がつまらないのは、 誰かの敷いたレールの上を 歩いているからだ。 周囲から疎まれてもいい。 イヤなやつだと思われてもいい。 ルールを破って創造的に生きろ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ビジネスはルールを守ることで成り立っている。 手順、社内規定、指揮命令系統、制服など、 組織は規則だらけだ。 会社のなかでルールを破る「反逆者」は 渋々黙認されるか、 厄介者としてクビになるか、 どちらかになる場合が多い。 もしスティーブ・ジョブズが普通の職場にいたら、 単なる「イヤなやつ」で終わっていたかもしれない。 だがそんな「職場のイヤなやつ」は、 現状に異議を唱え、物事を創造的に捉え、 思い込みや信念に疑問を抱き、 効率的で建設的で斬新な方法を見つけるために 学習を続けることができる 稀有な能力を持つ人たちでもある。 新しいビジネスを興した強力なリーダーは、 足かせとなるルールを臆せずに破り、 大胆に枠からはみ出すことで成功した。 どうしたら、あなたのなかに潜む反逆の才能を伸ばし、 仕事と人生で成功することができるのだろうか。 ハーバード・ビジネス・スクールの人気教授が、 自分らしく働きながら 成功を手に入れる8原則を解説する。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 自分らしく働きながら 成功を手に入れる8原則 1 新奇性を求めよ 2 建設的な異論を促せ 3 対話を閉ざすな、開け 4 自分をさらけだせ――そして内省せよ 5 すべてを学べ――そしてすべてを忘れよ 6 制約のなかに自由を探せ 7 現場から指揮せよ 8 しあわせな偶然を促せ はじめに 反逆者の5つの特質 第1章 非同調と権力と地位 第2章 反逆者の特質① 新奇性 第3章 反逆者の特質② 好奇心 第4章 反逆者の特質③ 客観視 第5章 反逆者の特質④ 多様性 第6章 反逆者の特質⑤ 偽りのなさ 第7章 意欲には人を変える力がある 第8章 反逆のリーダーシップの8原則 結論  結び 反逆のアクション 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
62

春情蛸の足 慕情きつねうどん 人情すきやき譚 お好み焼き無情 薄情くじら たこやき多情 当世てっちり事情 味噌と同情 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
62

●好かれると思い込むと本当に好かれる?●一人よりグループになると人は残虐になる?●SNSの時間を減らすと孤独感や不安感が減る?  世界の第一線で活躍している研究者の論文の中から人間関係に関する研究を厳選しました。楽しく生きる上で人間関係は必ずおさえておかなければいけません。本書で紹介する研究は「人間関係学」という比較的新しい学問のネタです。とびっきり面白いネタと実際の生活や仕事に役立ちそうなものばかりです。ページをめくるにつれ、「人間関係学」の世界へどんどんのめりこんでいくでしょう。ぜひ、本書を通して、人間の面白さに触れてみてください。 第1章: すぐに使える人間関係 第2章: 面白く眠れなくなる人間関係 第3章: 「男」と「女」の人間関係 第4章: 子どもの人間関係 第5章: ちょっと意外な人間関係 第6章: 誰かに話したくなる人間関係

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
59

ランチの店選びから投票まで、日々のあらゆる決断を左右する影響力のメカニズムに迫る。全米ベストセラーのマーケティング学者最新刊 Google, Facebook, Microsoft, GM, コカコーラ……世界中の企業から講演依頼殺到! 意思決定の秘密を暴く全米ベストセラー その決断にはワケ(インフルエンス)がある 知らず知らず影響される意思決定のメカニズムに迫る お昼のレストラン選びから選挙の投票まで、人生とは小さな選択の連続だ。だがその選択のほとんどが、実は周囲からの社会的影響力によるとしたら? 実はあなた自身も気づかぬまま影響(インビジブル・インフルエンス) を受けているのだとしたら? 意識しないうちに、人と人とのかかわりは、私たちの人となりと行動をたえず方向づけている。 とはいえ、社会的影響力とは、ただ単に他人と同じ行動をとるように、私たちを導くだけではない。人は人を磁石のように惹きつけることはあるけれど、逆にはねつけることもある。 本書はこれらの研究の成果に、さらに数多くの知見を加えて、行動を方向づける隠れた要因をあきらかにする。いわば決断のメカニズムに精通することがねらいである。よい人間関係づくり、部下のモチベーション向上、マーケティング戦略など、あらゆる問題解決に生かせるアイデアが詰まっている。 [本書で紹介する主な例] ○相手の真似をすると「イエス」を引き出しやすい ○値段が上がるほどブランドのロゴは小さくなる ○「ちょっとだけ違うもの」を買おうとする消費者意識 ○見られてパフォーマンスが上がる時、下がるとき ○ハリケーン・カトリーナが子どもの名前を決めた 【著者】ジョーナ・バーガー(Jonah Berger)  ペンシルベニア大学ウォートン・スクールマーケティング准教授。 一流学術誌に数多くの論文を発表するほか、ニューヨークタイムズ、タイム、サイエンス、ハーバード・ビジネス・レビューなどに寄稿し好評を得る。また、Google, Facebook, Microsoft, GM、コカコーラなど、フォーチュン500からスタートアップまで、数多くの企業で講演・コンサルタントを行う。全米ベストセラーContagious(『なぜ「あれ」は流行るのか?』日本経済新聞出版社)で世界的に知られる。 【訳者】吉井智津(Chidu Yoshii)   翻訳者。神戸市外国語大学英米学科卒業。訳書に『大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』(小学館文庫)などがある。 はじめに:目には見えない「社会的影響力」の科学  見れば見るほど好きになる  見えない方向づけ  見えない影響力 第1章 まねが生みだす同調の力  サルだってまねをする  なぜ人は同調するのか  まねで交渉を成功させる  同調が大ヒットをつくりだす  社会的影響力を味方にしよう 第2章 その違いが決定的  人とは違っていたいもの  「初期の作品はよかったんだけどね」  違いをアピールする理由  人との違いが「私」を決める  ほとんど同じでも、大きな違い  違いを好む層、気にしない層  社会的影響力を味方にしよう 第3章 あいつらがやっているならやめとこう  アマチュアのシャーロック・ホームズ  意図しないメッセージ  ギーク(おたく)がリストバンドをしていたら  白人のまねをしやがって  人々が違いを意識するとき  時を告げない三〇万ドルの時計  安いものと高いものが同じに見えるとき  なぜ、ルイ・ヴィトンはニセモノを奨励すべきなのか 社会的影響力を味方にしよう 第4章 似ていたいけれど違っていたい  ヒット商品を予測できるか  目新しさはスパイス  ゴルディロックス効果  みんなとほどよく違っていること  社会的影響力を味方にしよう 第5章 やる気に火をつけるもの  電気料金のお知らせ2・0  不利だからこそやる気が出る  負けが負けを呼び寄せるとき  社会的影響力を味方にしよう おわりに:社会的影響力を味方にしよう 謝辞 訳者あとがき 原注

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
58
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.46
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
58

恋愛芸術家

岡本 敏子
マガジンハウス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
57
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.57
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
57

現代社会で仕事を成功させようと思えば、人を説得しなければならないという場面に常に出くわすものだ。しかし、人は何か得るものがなければ、他人が望むとおりに動くことはない。 たとえ上司という命令ができる立場であっても、部下を思いどおりに動かすことは容易ではない。多くの人が「他人を動かすのは難しい」と嘆き、「対人関係に最もストレスを感じる」と言うのである。 ところが、数千万の人々を集団催眠にかけ、自分の意のままに操った人物がいる。それが、アドルフ・ヒトラーだ。 一般的にヒトラーは、第二次世界大戦を起こしてユダヤ人を虐殺した人物だとしか知られていないが、詳しく調べてみると、政治扇動術を今のような形に完成させた人物だったことが分かる。 本書は、ヒトラーの使った心理操作テクニックの全てを分析し、その技法を正しい目的のために応用することを目指している。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
57

日本にアサーションを広めた著者による、原点にして決定版の一冊が、11年ぶりの改訂。心理学の新しい理論による大幅な加筆修正。 日本にアサーション・トレーニングを広めた著者による、原点にして決定版の一冊が、11年ぶり2度目の改訂です。心理学の新しい理論を取り入れ、大幅な加筆修正を行いました。はじめて、アサーション・トレーニングに触れる方から、旧版の書籍を読んだことのある人まで、ぜひ手に取ってほしい一冊です。 「〈アサーティブ〉とは、自分も相手も大切にした自己表現です。アサーティブな発言では、自分の気持ち、考え、信念などが正直に、率直に、その場にふさわしい方法で表現され、そして、相手が同じように発言することを奨励しようとします。つまり、アサーティブな自己表現では、自分の自己の表現の権利を活用して自ら自分を表現し、同時に相手の自己表現の権利と自由を尊重しようとします。その結果として、互いの意見が葛藤を起こすこともあり得ると考えます。つまり、互いに率直に話をすれば、自分の意見に相手が同意しないこともあるし、また、相手の意見に自分が賛同できるとは限らないこともあるでしょう。むしろ、率直に話した結果、意見や考えが一致すれば、それはラッキーなことです。一致しないときは葛藤が起こります。そんなとき、アサーティブなやり取りでは、すぐさま意見を変えて相手に譲ったり、相手を自分に同意させようとするのではなく、面倒がらずに互いの意見を出し合って、譲ったり、譲られたりしながら、双方にとって納得のいく結論を出そうとします。」(本文より) 三訂版の序 第Ⅰ部 コミュニケーションの基礎 第1章 アサーションとは 第2章 ものの見方・考え方とアサーション 第3章 人権としてのアサーション 第Ⅱ部 アサーティブな自己表現の方法 第4章 アサーティブな言語表現 第5章 言語以外のアサーション 第6章 アサーション・トレーニングの実際 第7章 むすびに代えて ~21世紀のアサーション~

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
57

この人といると何だか居心地がいい-。「もっと話したい」「また会いたい」。そう思わせるのは、話し上手よりも聞き上手。自分の話を上手く引き出し、よく聞いてくれる人に、人は好意と信頼感を抱く。それが人間関係を良くする基礎になる。相手に好印象を与える「聞き上手」になるには、どうすればいいか?臨床心理カウンセラーの著者が、実例を交えながら、分かりやすく解説する。 相手の「得意なフィールド」を尊重する 自分の「承認欲求」と「防衛反応」を知る 話し手が使ったキーワードを共有する 無能になって聞き、無知になって教わる 相づちは「話し手のトーン」に合わせる 「同調効果」の実用的な使い方 相手の意見を「受容」してから「共感」する 言葉の意味よりも「気持ち」に耳を傾ける 求められていないアドバイスをしない 話し手の存在価値を大きく感じさせる 前向きさを取り戻させる技術「リフレーム」 「見えない言葉」で相手の気持ちを支える 話し手のキャラクターを尊重する 相手が「評価してほしい部分」を評価する 「聞き方のクセ」と「心のクセ」を知る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
57

メディアとプロパガンダ

ノーム・チョムスキー
青土社

戦争を正当化する暗黙のシステム 産軍複合体を背景として政府に都合のよい国民的コンセンサスを捏造する――それが主流メディアの役割だ。暗黙のうちに張りめぐらされた「教化システム」を暴き、メディア・大企業・政府による専制支配を読み破る、チョムスキーの真骨頂。現代社会への鋭利かつ根本的な分析と批判。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
57

捨て本

堀江貴文
徳間書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
57

職場での人間関係や仕事の悩みを、ママ界のカリスマが、マンガを交えてあっという間に解決する、これまでにない切り口のビジネス本 他人との付き合い方で悩むなんてもったいない ちょっとした気づきで、人とのかかわりはぐっとラクになる 今日から実践できる簡単なメソッドが満載 「職場で合わない人がいて疲れる」「上司に理不尽な怒りをぶつけられる」「デキの悪い部下にキツくあたってしまう」「チームワークが悪くて作業がはかどらない」「クレーム処理がつらくてたまらない」・・・・・・ この本では、誰もが一度は感じたことのある職場での人間関係の悩みを、口コミだけで5万人を集めた実績を持つカリスマコミュニケーションコーチが一挙に解決します。 「そうそう!」とクスッと笑えるマンガや書き込み式のワークシート、実践リポートなどを交えながらコミュニケーションのポイントをやさしく解説。すぐに実践できて人とのかかわりがラクになるメソッドを紹介していきます。 会社でも、家庭でも、友人関係でも、コミュニケーションの本質は同じ。「自分と人とのパターンは違う」「安心感が人を動かす」など実は、とってもシンプルななセオリーに基づいているのです。 難しく考えずに、まずページを開いてみてください。納得のいく気づきがたくさんあるはずです。 そして、コミュニケーションの本質を理解したら「声のかけ方」「振る舞い方」など、ひとつだけでも本書で紹介しているメソッドを実践してみてください。自分も周りも、おもしろいように変わり始めます。 はじめに 第1章 みんな違うパターンを持っている 第2章 安心感が人を動かす 第3章 強みを生かしチーム力を発揮する 第4章 人とかかわることで可能性が広がる 第5章 感情と上手に付き合う 第6章 今の自分とうまく付き合う あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
57

しくじり家族

五十嵐 大
CCCメディアハウス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
57
みんなのレビュー
タイムマネジメントの書籍は世の中にありふれているが、この書籍はそれらの書籍と一線を画すもの。そもそも時間の正体とは何か?という考え方から、様々な特性の人にとってのタイムマネジメントの方法を教えてくれる。そもそも誰にしも通用する画一的なタイムマネジメントの方法はなく、それぞれに特性に合った方法が重要という前提に立っている。タイムマネジメント系の本でどれかオススメは?と聞かれたら真っ先にこの本をオススメしたい。
No.84
56
みんなのレビュー
要は頭をよくしたければとりあえず運動しろよってことが書いてある!全部読む必要性はあまり感じられない。
No.85
57

身近な生活事例から、プロが教える基本とコツ。本書は、ただ読んでいくだけでなく、10のテーマに関して読者自身が人間関係の"体験"をしていく工夫のされた、著者が30年来取り組んでいる研究成果を具体化した「体験学習」の決定版です。人間関係づくりに悩む方々はもちろん、さまざまな職場で人間関係づくりをめざす方々の待望の書といえます。 1 つきあい-人が持っている「枠組み」 2 好き、嫌い-価値観とは 3 思い込み-日常生活は「思い込み」でいっぱい 4 わかちあう、こたえる-コミュニケーションって何だろう 5 話す、きく-コミュニケーションの実際 6 みる-サインとしてのからだ 7 感じる-感情表出のさまざまな形 8 わかる-人が人を理解すること 9 トラブル-葛藤とのつきあい方 10 ひらく-自己開示とフィードバック

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
56

世界中の民族がもつ独自の神話体系には共通の主題や題材も多く、私たちの社会の見えない基盤となっている。神話はなんのために生まれ、私たちに何を語ろうというのか?ジョン・レノン暗殺からスター・ウォーズまでを例に現代人の精神の奥底に潜む神話の影響を明らかにし、綿々たる精神の旅の果てに私たちがどのように生きるべきか、という問いにも答えていく。神話学の巨匠の遺作となった驚異と感動の名著。 第1章 神話と現代の世界 第2章 内面への旅 第3章 最初のストーリーテラーたち 第4章 犠牲と至福 第5章 英雄の冒険 第6章 女神からの贈り物 第7章 愛と結婚の物語 第8章 永遠性の仮面

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
56

古今東西の神話・民話に登場する英雄たちの冒険を比較・分析し、その基本構造と共通性から人間の心の深層に迫る神話論の決定版 古今東西の神話・民話に登場する英雄たちの冒険を比較・分析し、その基本構造と共通性から人間の心の深層に迫る神話論の決定版

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
57
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.104
56

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
56

古今東西の神話・民話に登場する英雄たちの冒険を比較・分析し、その基本構造と共通性から人間の心の深層に迫る神話論の決定版

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
57

1 プロパガンダの時代  第1章 日常生活のなかの説得 2 神秘的な影響力  3 思慮のないプロパガンダ、思慮深い説得  4 合理化に努める動物  第2章 説得のお膳立て―効果的な説得を行うために 5 言葉の魔術  6 頭のなかの絵  7 サダム・フセイン―現代のヒトラー  8 的確な質問をすること  9 「おとり」の力  10 事実もどき  第3章 伝達者の信憑性―本物とまがい物 11 信憑性の高い伝達者  12 チャンピオンが口にするものを食べる  13 信頼されていない場合の説得  14 信憑性を演出する  15 プロボクサーの姿が一一人を殺す―マスメディアに登場するモデルの影響 第4章 メッセージ―それはどのように伝達されるのか  16 パッケージ  17 自分を納得させる  18 すきまだらけの屋根裏と身近な勇士―鮮明なメッセージの効果  19 同じ広告が何度も繰り返される理由は?  20 何も言うことがないなら、気を逸らせよう  21 一センチ獲得したいなら、ときには一キロ要求するのです! 22 プロタゴラスの理想―一面的な称賛と二面的な討論  第5章 感情にアピールする説得 23 恐怖アピール  24 グランファルーン・テクニック  25 罪悪感で説得する  26 花一輪をプレゼントすることの効果  27 これくらいなら・・・・・・  28 希少性の心理と幻の神秘  第6章 説得の戦略を打ち破るために  29 サブリミナル(識閾下)の魔術―誰が誰をたぶらかすのか  30 プロパガンダに抵抗する法―実際どのように宣伝に抵抗するのか  31 教育か、それとも宣伝か  第7章 情報戦略が失敗するとき―プロパガンダと社会 32 情報戦略の無効性  33 ニュースとは何か  34 ダイレクトメールによる説得  35 カルトの教祖になる方法  36 第三帝国の宣伝―不確実性のケース   37 ペイソの子孫たち 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
57

プロパガンダ[新版]

エドワード・バーネイズ
成甲書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
56

人を動かす 完全版

D・カーネギー
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
56

女子の人間関係

水島広子
サンクチュアリ出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
57
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.124
57

「神経症的な意味づけをやめれば、世界は信じがたいほどシンプルになる。人生が複雑なのではなく、私が人生を複雑にしているのである」(「第3章 幸福とライフスタイル シンプルなこの世界」より)。 本書は、ギリシア哲学を専攻すると同時に、アドラー心理学をベースとしたカウンセリングを積極的に行ってる著者の記す「幸福論」である。 幸福になることを望まない人はいない。しかし、何をもって幸福かということになると、人によって考え方はさまざまである。「どうしたら幸福になれるのか」「人は何のために生きているのか」という問いには、自動販売機からでてくる飲み物のように簡単には答えることはできない。ただ、人は自分が意味づけした世界に生きていて、過去をも固有の意味づけによって構成している。そのため、不幸なものと思っていた過去が変わるということもありうることである。本書の目的は、これまであまり考えたことのなかった「幸福」について、もう一度ねばり強く考えてもらう契機となることである。 第1章 なぜ幸福になれないのか  苦悩や不幸について  原因論と目的論  神経症について 第2章 幸福な対人関係を築く  私を超える  支配したがる人について  感情のコントロールについて  対人関係をよくする相互尊敬  対人関係をよくする相互信頼  対人関係をよくする協力作業  対人関係をよくする目標の一致  近すぎず、遠すぎず 第3章 幸福とライフスタイル  ライフスタイルが人の幸福、不幸にかかわる  自己受容  他者信頼  貢献感 第4章 幸福の位置  抽象的思考と具体的思考  消えた幸福 第5章 善く生きるとは  自己像とは?  自由に生きる・運命を変える  運命や理不尽にどう立ち向かうのか  今ここで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search