【2023年】「50代」のおすすめ 本 98選!人気ランキング

この記事では、「50代」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 58歳から 日々を大切に小さく暮らす
  2. 50代でうまくいく人の無意識の習慣
  3. ドラえもん名言集「のび太くん、もう少しだけがんばって」
  4. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  5. 神時間力
  6. 君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
  7. 異人たちとの夏 (新潮文庫)
  8. 50歳から必ずやっておくべき10のこと
  9. 秘密 (文春文庫)
  10. チーズはどこへ消えた?
他88件
No.2
100

50代で仕事も人生も好転する人と、行き詰まってしまう人の差は何か。50代の成功者が無意識にやっている習慣大公開 50代で仕事も人生も好転する人と、行き詰まってしまう人の差は何か。 机にしがみつく人より、フットワークがいい人は成功する。ブレーキ言葉を口グセにしない。「やりたいこと」より「役に立つこと」をする…。 異動や転職、再就職など、将来に不安を抱えているビジネスパーソン必読!自己啓発書で定評のある著者による、新しい50代からの働き方、生き方論。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
100
みんなのレビュー
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
No.7
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
81

帰郷

浅田 次郎
集英社

歸鄕 鉄の沈黙 夜の遊園地 不寝番 金鵄のもとに 無言歌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
80

阪急電車

有川 浩
幻冬舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
79
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.26
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
78
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.28
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
78

ミス・サンシャイン

吉田 修一
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
77

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
77

ズッコケ中年三人組

那須 正幹
ポプラ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
76

きみに読む物語 (ソフトバンク文庫)

ニコラス・スパークス
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
76
みんなのレビュー
心理学的観点からビジネスやマーケティング、日常生活に非常に役立つアプローチが知れる。ボリュームたっぷりだけど事例がふんだんに使われているのでサクサク読める。
No.51
76

囚われの心で 勇者の帰還 晩鐘 白い花 光の雨 遺影画家 天国にいちばん近い村 さかのぼる民 饒舌な傭兵 英雄 「殻」の中の住人 さらば、相棒 グレオ爺さんの話 七十五年目の蝉時雨 母、帰る 殺戮将軍の悲劇 挽歌の島 嘘つきの少女 コトばあさんのパン 命の順位 天のつぶて 忘れないでね 弱き者からの手紙 待ち人、来りて はずれくじ 道しるべ 老兵士の遺言 語り部サミィ ハンナの旅立ち 壁の向こうに 永遠の孤独

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
76
みんなのレビュー
尾原和啓氏のこれからの働き方に言及した書籍。会社にぶらさがるのではなくて1人の人間として市場価値の高い人間を目指しこれからの世界を生き抜く指針となる書籍
No.56
76

ほむら てがた ゆびわ やけど うろこ ねいろ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
76

くまちゃん アイドル 勝負恋愛 こうもり 浮き草 光の子 乙女相談室 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
76

手紙 (文春文庫)

東野 圭吾
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
76
みんなのレビュー
自分の世界に対する認識が大きくずれていることを知れる。ただ内容としては冗長なので最初の数ページ読めば良い気がする。メディアが切り取った偏ったイメージに翻弄されないようになろう。
No.62
76

袋小路の男

絲山 秋子
講談社

袋小路の男 小田切孝の言い分 アーリオオーリオ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
76
みんなのレビュー
ある程度お金について教養のある人にとっては当たり前の内容なので読まなくてもいいが、お金について知らないことが多くて将来心配な人にとってはまず最初に読むといいかもしれない書籍。
No.65
76
みんなのレビュー
心理学的観点から人間のモチベーションややる気を上げるためのアドバイスが得られる。面白い事例を元に学べる。
No.66
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
76

なんくるない (新潮文庫)

よしもと ばなな
新潮社

ちんぬくじゅうしい 足てびち なんくるない リッスン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
76

袋小路の男 小田切孝の言い分 アーリオオーリオ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
76

智恵子抄 (新潮文庫)

高村 光太郎
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
75

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.92
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
75

虚無感について -心理学と哲学への挑戦-

ヴィクトール・E・フランクル
青土社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search