【2024年】「分厚い」のおすすめ 本 152選!人気ランキング

この記事では、「分厚い」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 星の王子さま (新潮文庫)
  2. かがみの孤城
  3. 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫 き 39-1)
  4. 文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫 き 39-2)
  5. 永遠の0 (講談社文庫 ひ 43-1)
  6. 屍鬼(一) (新潮文庫)
  7. オレたちバブル入行組 (文春文庫)
  8. マスカレード・ホテル (集英社文庫)
  9. 新世界より(上) (講談社文庫 き 60-1)
  10. 白夜行 (集英社文庫)
他142件
No.1
100
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.2
97
みんなのレビュー
深みがあってハマる!感動と鍵をみつけるミステリーが面白い!!
なんらかの理由で不登校になってしまった子達が集まり助け合うストーリーです。最後の真実がわかった時はひゃぁぁぁっとなりました。
No.3
95
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
89
みんなのレビュー
この本は、主人公の祖母が亡くなった時に祖父からある事実を知らせれます。自分は主人公たちの本当の祖父ではないということを・・・。彼は終戦間近の神風特攻隊で戦死したということを・・・。彼は、とても優秀な戦闘機乗りであったが、とても臆病だったという事実が出てくる。だが、なぜそのように臆病な人が神風特攻隊として、戦死したのか。「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。」そう言い続けた男は、なぜ、自ら零戦に乗り込み、命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが、臆病者。想像と違う人物に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくるーーー。記憶の片方が揃うとき、明らかになる事実とは。涙なしには読めない、永遠の名作。
No.7
87
みんなのレビュー
「池井戸潤」の半沢直樹シリーズ。大ヒットしたドラマの原作であり本も非常に面白い。物語としても面白いながら、普通に銀行ビジネスや大組織での立ち回りなど勉強になる部分も多い。
No.13
82
みんなのレビュー
ドラマにもなった下町ロケット。ドラマでも書籍でもいいから下町ロケットはぜひ見て欲しい。町工場の戦いがリアルに描かれていて震える。
No.14
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
81

アイドルの心得 長男の心得 親友の心得 待ち人の心得 使者の心得

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
80

とんび (角川文庫 し 29-7)

重松 清
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
69

端末という鎖に繋がれた少女たちは自由を求め、連続殺人鬼と闘う。百鬼夜行シリーズに連なる近未来を生きる少女たちの冒険譚。 牧野葉月にとって携帯端末(モニタ)こそが世界の総てだった。何もかもが管理された無味無臭なはずの世界で、血生臭い連続殺人が少女たちを脅かす。行方不明の同級生・祐子に忍び寄る“狼”の影──。百鬼夜行シリーズにも連なる驚愕の結末。 近未来。牧野葉月は閉じた世界に生きていた。端末という鎖に繋がれ監視された内部に、不純物が入り込む余地はなく、安全なはずだった。そこに現れた一片の狂気は、少女たちを狙う殺人鬼だった。リアルコンタクトで初めて知った友達の存在。自由を求め、鎖を引きちぎった少女たちを待ち受ける驚愕の結末とは?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
80

塩の街 塩の街、その後

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
80
みんなのレビュー
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
KokUHAKU
No.30
79

びっくりプレゼント 月の草 飛ぶ少年 十四歳の情事 大華火の夜に ぼくたちがセックスについて話すこと 空色の自転車 十五歳への旅

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
69

血飛沫。焔に包まれる宿場町。土方歳三は少年時代より死に魅入られていた。長じて浪士組の一員として上洛する。佐幕、攘夷、そんなことに関心はない。刀を存分に振るえる身分が欲しいだけだ。歳三は人外、人殺しなのだから。近藤勇、土方歳三、沖田総司。京都を争闘の巷に変えた新選組隊士たち。彼らはなぜ芹沢鴨を殺害したのか──。心に深き翳を宿す剣鬼の生を鮮烈に描く、傑作時代長篇。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
79

僕の人生、「あいつには敵わない」の連続だった。この世の中はすべて才能。しかし、努力の仕方さえ知ればトップに立つことができる-。勝つための方程式 「努力の方法」を教えます まずは「自分だけの教科書」をつくる 「ボケカス!お前らが間違ってる!」 結果さえ出せれば「生意気」でいられる 「本当の客」を見極める 「X+Y」の公式の確立 「技術派」と「感情派」 同じことをやっても絶対勝てない 「島田洋七」というシステムをパクる 直球がダメなら変化球で〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
68

旧談 (角川文庫)

京極 夏彦
KADOKAWA/角川書店

江戸の随筆集『耳袋』から選り抜いた怪談・奇談を、京極夏彦がリメイク! 雨が降りしきる夜道でうずくまる女に遭遇した、実直な武士のUさん。20年便所から出てこなかった商家のIさん。酒好きのMさんと一人娘を心配して狐に相談した女房の幽霊。猫になったYさんの母親。さらには、「稲生物怪禄」や、「播州皿屋敷」にまつわる裏話など、江戸時代の旗本・根岸鎮衛が聞き集めた随筆集『耳袋』から怪しい話や奇妙な話を選び、京極夏彦が現代の怪談実話スタイルに書き改める。新しく書かれた“旧い”怪談集。 『旧怪談 耳袋より』を改題して文庫化。 夜道にうずくまる者、便所から二十年出てこない男、狐に相談した幽霊、猫になった母親など、江戸時代の旗本・根岸鎮衛が聞き集めた随筆集『耳袋』から、怪しい話、奇妙な話を京極夏彦が現代風に書き改める。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
79
みんなのレビュー
ちょっとまだ、2年生の妹には、「字がちっちゃくて難しーー」って言って読み聞かせまでしちゃいました。1週間以上も読んだので声が、がらがらになってしまいました。でも妹も、次の巻次の巻って言ってとっても気に入ってしまったようです。もっとシリーズを出してください。
めちゃくちゃ、はまりました。
No.40
72

天地明察

冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
68

京極史上最長!計1900枚の超大作が一冊に。京極版"妖怪大戦争"! 「妖怪や目に見えないモノが、ニッポンから消えている!」 水木しげるの叫びとは逆に、日本各地に妖怪が現れ始める。 背後には、古今東西の魔術を極めた魔人・加藤保憲の影が……。 妖怪撲滅に動き出す政府。“妖怪狩り”を始める民衆。 虚構と現実が入り混じり、荒んだ空気が蔓延する中、榎木津平太郎、荒俣宏、京極夏彦らは原因究明に乗り出した。 多数の小説家、研究者などが実名で登場し、物語は驚異の結末を迎える! ※本書は『虚実妖怪百物語 序』『虚実妖怪百物語 破』『虚実妖怪百物語 急』の3冊を1冊にまとめた合巻版です。 「目に見えないモノが、ニッポンから消えている!」妖怪専門誌『怪』のアルバイト榎木津平太郎は、水木しげる氏の叫びを聞いた。だが逆に日本中で妖怪が目撃され始める。魔人・加藤保憲らしき男も現れ……。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
68

お盆の豆腐に気をつけながら、自らの存在理由を求めてさまよう珍道中! 豆腐を載せた盆を持ち、ただ立ちつくすだけの妖怪「豆腐小僧」。豆腐を落としたとき、ただの小僧になるのか、はたまた消えてしまうのか。「消えたくない」――強い思いを胸に旅に出た小僧が出会ったのは!? 豆腐を載せた盆を持ち、ただ立ちつくすだけの妖怪「豆腐小僧」。豆腐を落としたとき、ただの小僧になるのか、はたまた消えてしまうのか。「消えたくない」――強い思いを胸に旅に出た小僧が出会ったのは!?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
72

エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)

山白 朝子
メディアファクトリー

和泉蝋庵の旅に出ては必ず道に迷う奇妙な道中記。旅本作者と仲間たち湯煙の向こうに現れるのは極楽の温泉かこの世の地獄か。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
68

無礼な男が突然現われ、死んだ女のことを尋ねる。その言葉に、晒け出される業、剥き出しになる真実……。京極夏彦が紡ぐ究極の謎! 死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏(くら)がり。極上のベストセラー。(講談社文庫) 嘘を重ねるほどに、真実に近づいていく。京極夏彦が紡ぐ究極の謎(ミステリー) 「王様のブランチ」「ダ・ヴィンチ」などで絶賛! 極上のベストセラー!! 死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏(くら)がり。極上のベストセラー。<解説・辻村深月> ※本作品は2010年5月に単行本として刊行されたものです。文庫版として出版するにあたり、本文レイアウトに合わせて、加筆訂正がなされていますが、ストーリーなどは変わっておりません。 一人目。 二人目。 三人目。 四人目。 五人目。 六人目。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
68

親父臭く嘘吐きな健吾を語り手に、味のある面白さが取り柄の誉、変人だが弁の立つ京野の三人による、輝いてもいなければ大事件も起こらない小学生生活。京極夏彦が贈る〈非・青春小説〉。(解説/松尾貴史)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
68

ユリシーズ 1 (集英社文庫)

ジェイムズ・ジョイス
集英社

ダブリン、1904年6月16日。私立学校の臨時教師スティーヴンは、22歳、作家を志している。浜辺を散策した後、新聞社へ。同じ頃、新聞の広告を取る外交員ブルームの一日も始まる。38歳、ユダヤ人。妻モリーの朝食を準備した後、知人の葬儀に参列し、新聞社へ。二人はまだ出会わない。スティーヴンは酒場へ繰り出し、ブルームは広告の資料を調べるため国立図書館へ向かう。時刻は午後1時。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
68
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.60
68

男が自宅で毒殺されたとき、動機のある妻には鉄壁のアリバイがあった。湯川学が導き出した結論は虚数解。驚くべき事件の真相とは?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
67

地響きがする-と思って戴きたい…相撲取りの討ち入りを描く「四十七人の力士」、肥満ミトコンドリアが暴れる「パラサイト・デブ」などなど数々の名作を下敷きに、パロディの極北を目指したお笑い連作巨編がついに文庫化。炸烈する京極ギャグの奔流に、いつしかあなたは肉の虜となる。しりあがり寿先生の4コマは最新作だし、解説には大盛肉子ちゃんがゲスト出演。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
67
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.65
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
67

「厭だ。厭だ。厭だ-」同期深谷の呪詛のような繰り言。パワハラ部長亀井に対する愚痴を聞かされ、うんざりして帰宅した"私"を出迎えたのは、見知らぬ子供だった。巨大な顔。山羊のような瞳。左右に離れた眼。見るからに不気味な子供がなぜ?しかし、妻は自分たち以外に家には誰もいないと言う。幻覚か?だが、それが悪夢の日々の始まりだった。一読、後悔必至の怪作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
68

匣の中の失楽 匳の中の失楽

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
68

グリム童話集―Grimm’s fairy tales 【講談社英語文庫】

W. グリム、J. グリム
講談社インターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
67

未定稿・割愛部分を含む、400枚以上加筆の決定版!京極堂、夢を解く。 夫を4度殺した女、朱美(あけみ)。極度の強迫観念に脅える元精神科医、降旗(ふるはた)。神を信じ得ぬ牧師、白丘。夢と現実(うつつ)の縺(もつ)れに悩む3人の前に怪事件が続発する。海に漂う金色の髑髏(どくろ)、山中での集団自決。遊民、伊佐間、文士、関口、刑事・木場らも見守るなか、京極堂は憑物を落とせるのか?著者会心のシリーズ第3弾。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
67

砂漠 (新潮文庫)

幸太郎, 伊坂
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
67

自己の生涯を極限までに作品に昇華させた太宰文学の代表作 無頼の生活に明け暮れた太宰自身の苦悩を描く内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」と、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の由来にもなった「桜桃」を収録。 無頼の生活に明け暮れた太宰自身の苦悩を描く内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」と、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の由来にもなった「桜桃」を収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
67

「あの子に訊きたい。生まれてきてよかった?」 悩む妻に夫が語る、過去からの伝言 不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、20年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
67
みんなのレビュー
夏目漱石の代表作。学生のころに読んで坊っちゃんの自由奔放な生き方に強い憧れを抱いた記憶がある。
No.86
67

9回裏2死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた!すべてはこの1球に込められていた……捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
67

新発明のマクラ 試作品 薬のききめ 悪魔 災難 九官鳥作戦 きまぐれロボット 博士とロボット 便利な草花 夜の事件 地球のみなさん ラッパの音 おみやげ 夢のお告げ 失敗 目薬 リオン ボウシ 金色の海草 盗んだ書類 薬と夢 なぞのロボット へんな薬 サーカスの秘密 鳥の歌 火の用心 スピード時代 キツツキ計画 ユキコちゃんのしかえし ふしぎな放送 ネコ 花とひみつ とりひき へんな怪獣 鏡のなかの犬 あーん。あーん

みんなのレビュー
星新一のショートショートはどれも外さない。星新一の物語を読むことは自分のクリエイティビティを育むことにつながると思っているので若い子たちに是非読んで欲しい!
No.90
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
67

聖なる怠け者の冒険

森見 登美彦
朝日新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
67

火花 芥川龍之介への手紙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
67

南極(廉)

京極 夏彦
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
67

沈黙のパレード

東野 圭吾
文藝春秋

秋祭りのパレードで、ある殺人が起きる。容疑者は街の人々全て! 哀しき復讐者たちが、湯川や草薙、内海薫の前に立ちはだかる。 『ガリレオ、再始動!』シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!容疑者は彼女を愛したふつうの人々。哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
67

夏への扉[新訳版]

ロバート・A・ハインライン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
67

福岡伸一、西田哲学を読む ピュシスの側からみた動的平衡

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
67

ゲンコツ はずれくじ パンドラ セッちゃん なぎさホテルにて かさぶたまぶた 母帰る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
67

老人と海 (新潮文庫)

ヘミングウェイ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
67

あいあい傘 ねじれの位置 ふらふら ぐりこ にゃんこの目 別れの曲 千羽鶴 かげふみ 花いちもんめ きみの友だち

みんなのレビュー
主人公が変わる(人)本は嫌いですがこの本は面白かったです。一番好きなのが千羽鶴です
まつばつえ!?
No.116
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
67

堕 貧 妄 獰 奔 覚 毒 瘡 罰 鬼 還

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
67

5 (角川文庫)

佐藤 正午
KADOKAWA
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
66
みんなのレビュー
初学者向けのマーケティングの書籍として非常にオススメ。顧客が欲しいのはドリルではなくて穴。マーケティングにおいて重要な顧客の課題にフォーカスした考え方を学べる。マーケティングを学び始めたばかりの人はこの書籍をぜひ手にとって欲しい。
No.128
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.136
66
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.138
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.139
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
66

細雪 (中公文庫 た 30-13)

谷崎 潤一郎
中央公論新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.144
66

山田洋次 沢木耕太郎 杉本博司 倉本聰 秋元康 宮崎駿 糸井重里 篠山紀信 谷川俊太郎 鈴木敏夫 横尾忠則 坂本龍一

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.145
67

殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫 あ 45-5)

綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.147
67

哀切と奇想のあやかし絵巻――直木賞受賞作へ続く「巷説」シリーズ第二弾。 不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。 不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.148
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.151
67

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
MLMで変なふうに使われているのが謎。普通に良い本なのに
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
search