【2024年】「起業」のおすすめ 本 113選!人気ランキング

この記事では、「起業」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)
  2. 起業の科学 スタートアップサイエンス
  3. 起業1年目の教科書
  4. 起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)
  5. はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
  6. 新装版 こんな僕でも社長になれた
  7. マンガでやさしくわかる事業計画書 ダウンロードサービス付
  8. 法律・お金・経営のプロが教える 女性のための「起業の教科書」
  9. 読んで、考え、書き記す 起業「成功」ノート
  10. 経営者になるためのノート ([テキスト])
他103件
No.1
100
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.2
94
みんなのレビュー
起業をするためのノウハウがギュッと詰まっている。かなり分厚くてボリュームのある書籍なので一通り大枠を理解した後は重要な部分をピックアップして読むのがオススメ。
No.6
78
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.11
75
みんなのレビュー
起業家は全員読むべきである起業におけるファイナンスの部分にフォーカスした書籍。ファイナンスは面倒であまり気が乗らないが非常に重要。そんなファイナンスに関して分かりやすく学べる。
No.12
75

マンガでやさしくわかる起業

中野 裕哲
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
70

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
69
みんなのレビュー
起業するならまず読みたい書籍。多くのスタートアップ経営者へのインタビューが収録されている。
No.18
69

SHOE DOG(シュードッグ)

フィル・ナイト
東洋経済新報社

全米を熱狂させたナイキ創業者の自伝、ついに刊行! クリエイター自らが語り尽くす、世界最強ブランドの誕生と成長の物語。 ●世界最強のブランドはいかにして生まれたか? ●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話! ●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?  日本とナイキの意外な深いつながり! ●全米熱狂! 絶賛の声続々! ●待望の翻訳、ついに刊行! 父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える 売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る! 1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。 彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、 ナイキの創業経営者だ。 オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、 神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。 自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。 スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか? しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。 「日本のシューズをアメリカで売る」。 馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の 人生を賭けた挑戦が、このとき始まった! ●著名人も絶賛! ビル・ゲイツ称賛! 2016年おすすめの5冊に選出! 成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。 それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。 ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。 フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、 読者はすばらしい学びを得るはずだ。 彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。 (マイクロソフト創業者) 2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。 ――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家) 率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、 そして伝記を愛するすべての人のための本だ。 ――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者) ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。 ――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者) アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。 ――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト) 夜明け アスリート人生 1962 オニツカとブルーリボン 1963 会計士として 1964 レジェンド・バウワーマン 1965 巨漢ヘイズ 1966 手紙魔ジョンソン 1967 ウッデルの参加 1968 ペニーとの結婚 1969 フジモト 1970 8000ドルの借金 1971 ナイキ・ブランド誕生 1972 シカゴの展示会 1973 偶像を破壊する 1974 専属弁護士ストラッサー 1975 日商岩井 1975 プリとの別れ 1976 バットフェイス 1977 ゴールラインは存在しない 1978 2500万ドルの請求 1979 中国進出 1980 株式公開 夜 死ぬまでにしたいこと

みんなのレビュー
ナイキの創業者フィル・ナイトの成功秘話。今でこそ圧倒的なブランド力と売上を誇るシューズメーカーの王様ナイキだが、その成長には多くの苦悩が隠されていた。ナイキの誕生と成長を知ることができる面白い書籍。ビジネス観点での学びはそれほどなかった。
No.20
68
みんなのレビュー
天才経営者の永守氏がどのように会社を立ち上げて成長させてきたかが語られる。かなりの割合が財務・資金繰りについて語られており、偉大な企業を作るためには資金繰りが重要なのだということを考えさせられる。一方で有形商材とは違い、今はソフトウェアやコンテンツなどがお金になりネット時代。永守氏の経営スタイルとは違うスタイルで多くの成長する企業が出てきているのも事実。永守氏の経営スタイルを参考にしながら今の時代にあったスタイルを探していきたい。
No.21
68

失敗を恐れてはいけない。失敗にこそ成功の芽は潜んでいる。豪胆な父を持つ内気な一人息子・柳井正が、家業の紳士服店を継ぎ、カジュアルウエアのトップ企業へと育て上げるには、数え切れぬ失敗の歴史があった。しかし、そこから学び切り拓いた方法が、大きな成功へとつながった。海外で高品質の衣料を製造する秘訣、広告代理店任せにしない宣伝戦略、透明性の高い人事考課…etc。業績低迷や海外進出の失敗にも率直に触れながら、独自の経営哲学とその手法を惜しみなく公開する。 1 家業からの脱皮(会社とは? ユニクロの急成長とは? ほか) 2 挑戦と試行錯誤(商売人から経営者へ 経営計画を作る ほか) 3 急成長からの転換(ブランド確立の夢を果たすため原宿出店 フリースを手がける ほか) 4 働く人のための組織(マニュアル人間の限界 店長は会社の主役だ ほか) 5 失敗から育てる次の芽(フリースのインターネット販売 フリースの成功につながる「失敗に学んだこと」 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
66
みんなのレビュー
起業家・起業したい人全員に読んで欲しい起業家のためのバイブル。成功者の光の部分に焦点を当てた書籍は数しれずあるが、逆に闇の部分に焦点を当てているのがこの本。超有名マーケターの神田昌典氏が成功をおさめてから起きた様々な闇の部分について赤裸々に語られている。涙なしには読めないし、この本を読むことで自分にもあてはめて同じ轍を踏まないように意識することができる。
No.35
66
みんなのレビュー
リクルート創業者の江副氏の半生を綴った書籍。めちゃくちゃ面白く一気に読めた。とにかく江副氏の行動力や先見の明、周りを巻き込む力に感銘を受けた。それとともにこういう素晴らしい人を潰してしまう日本の既得権益にまみれた人達や組織に失望した。江副氏が逮捕されずに生きていればリクルートは今よりもっと大きくアメリカのGAFAに対抗できる日本企業に成長していたかもしれない。AWSやGCPに対抗するクラウドサーバービジネスをリクルートが持っていたかもしれない。起業家や起業したい人は絶対読んでおくべき書籍。
No.39
66
みんなのレビュー
起業というとどうしてもリスクを背負って大きな挑戦をするイメージがあるが、そのイメージに疑問をなげかけるのが本書。キャッシュエンジンとは手堅い事業をまず作りそのキャッシュを元手に挑戦をしてスケールしていく経営手法。地味なイメージがあるがインターネットバブル期を代表するサイバーエージェントやライブドアも最初は広告代理店業や受託事業で手堅くキャッシュを稼いでそこから派手な挑戦をするに至っている。つまりこのキャッシュエンジン経営こそ起業を成功させ安定軌道に乗せるのに重要な手法なのだ。起業家必見の書籍。
No.43
65

Founders at Work 33のスタートアップストーリー

Jessica Livingston
アスキー・メディアワークス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65

不格好経営: チームDeNAの挑戦

南場 智子
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
DeNAを創業した南場さんの創業秘話。どの企業も多くのハードシングスにぶち当たっていて、それを乗り越えて今があると思うと震える。起業家におすすめの1冊。
No.45
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
61

IT世界に一大帝国を築き上げ、慈善活動のカリスマへと転身したビル・ゲイツに学ぶリーダー像とは。その成功の秘訣は何か?やさしい英語で読むビリオネアのサクセス・ストーリー。 1 A Gifted Child 2 Birth of a Startup 3 World No.1 4 Bill Gates 2.0:The Philanthropist

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
60

ユーザー数が5億人を超え、会社の時価総額が2兆円を超え、グーグルを驚かす存在となった巨人、フェイスブック。同社を率いるマスコミ嫌いのCEO、マーク・ザッカーバーグからの信頼を勝ち得た元フォーチューン誌のベテラン記者が、徹底取材からフェイスブックの真実を初めて明かす。 すべての始まり パロアルト フェイスブック以前 2004年、秋 投資家 本物の企業へ 2005年、秋 CEOの試練 2006年 プライバシー プラットフォーム 150億ドル 金を稼ぐ フェイスブックと世界 世界の仕組みを変える フェイスブックの進化 未来へ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
60

サルたちの狂宴 下 ――フェイスブック乱闘篇

アントニオ ガルシア マルティネス
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
59

"伝説の外資トップ"と呼ばれる著者が、20年以上に及ぶ経営職経験で得た知見を初めて体系化した「社長の仕事」実論。 会社をつぶしてはならない 第1章 厳しい環境だからこそ、語れる夢があるか 第2章 その夢は、社会にとって役立つものか 第3章 夢を語れるだけでなく、目標にして示せているか 第4章 目標を実行に移せているか 第5章 目標に向かってともに進める社員がいるか 第6章 心の通うコミュニケーションはとれているか 第7章 バトンを受け継ぐ者を育てているか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
59

ザ・ローンチ

ジェフ・ウォーカー
ダイレクト出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
59

イーロン・マスク 未来を創る男

アシュリー・バンス
講談社
みんなのレビュー
イーロン・マスクの人生についてまとめられた書籍。数ある起業家本の中でもトップクラスにふるえるし視座の高さに驚く。今でこそイーロン・マスクは多くの人に知られる存在になったが、まだまだ日本ではそこまで知名度の高くなくテスラもスペースXもこれほど影響力がない時に読んだのでこんな男がいるのかと非常に感銘を受けた。
No.58
59

マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営

京セラコミュニケーションシステム株式会社
マイナビ出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
59
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.60
59

HARD THINGS

ベン・ホロウィッツ
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
59

両利きの経営

オライリー,チャールズ・A.
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
59

サルたちの狂宴 上 ーーシリコンバレー修業篇

アントニオ ガルシア マルティネス
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
59

起業したらまっさきに読む経理の本 新装版

笠原 清明
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
59
みんなのレビュー
小説仕立てで非常に読みやすい。起業家というと世界を巻き込む大きなビジネスというイメージを持つが、小さなローカルビジネスも同じ起業であり、実際にそっちのほうが数は多い。多くの人が自分のやりたいことを志し小さな規模でも起業する世の中になれば幸せな世の中になると思う。
No.65
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
59

青汁王子が20代で年商130億円の会社経営から得た「お金の成功哲学」。 <実業家×250万フォロワーのインフルエンサーがはじめて明かす> 【最短で300億企業に成長させた、青汁王子こと三崎優太は いかにしてビジネスを巨大化し、成功したのか。 貯金やスキル不要!ゼロからマネできる 三崎流「お金の哲学」と「モチベーションの作り方」】 『死ぬか、稼ぐか。』 劣等感、コンプレックス、適応障害、社員が次々と退社、 借金、裏切り…そんな逆境をすべてエネルギーに変えてきた、 三崎優太だからこそ語れる、「ピンチをチャンス」に変え、 成功に導く思考と戦略法。 ▼自分と向き合い、未来をつかむ力 ▼死ぬか、稼ぐか ▼失敗を成功に変える技術 ▼未来(運命)を切り開く生き方、稼ぎ方 ▼18歳で月商400万円 ▼ピンチをチャンスに変える技術 ▼自分だけの武器の作り方・磨き方 ▼三崎流「競争優位性」マーケティングとは? ▼マイナスエネルギーで運の調整をする方法 世間では成功者と呼ばれるようになった青汁王子こと、三崎氏は、いかにして成功してきたのか。貯金やスキルがなくても、誰でも真似できる、三崎流「お金の哲学」と「モチベーション」の作り方を徹底的に解説

みんなのレビュー
人生の頂点からどん底まで味わっている青汁王子の人生。今どきの起業家でありインフルエンサーである青汁王子の生き方は真似はできないが、参考にできることが多い。
No.71
59

人間主義的経営

ブルネロ・クチネリ
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
59

40代で起業し、57歳の現在まで順調にスモールビジネスを続ける著者が「小さくはじめて長続きさせる起業」のノウハウを開示する。 ■小さな資金でリスクを低く! 好きなときに、好きな場所で、好きな仕事をして、お客様に喜ばれて、自在に稼ぎ、人間関係のストレスゼロで働く生き方、これがひとり起業家です。  28歳で独立したものの初めての起業で失敗してからというもの、さまざまな職業を経験した末に40代で再起業した著者が、自らの失敗から学んだ起業の成功ノウハウを詳細に解き明かします。 数々の失敗を経てきた著者ですが、ひとりで再起業後にいきなり1億円突破の売り上げを実現し、50代後半の現在まで年収1200万円〜2000万円を維持しています。 今では自らの経験をもとに、起業を目指す人たちを対象に起業支援を行うまでになり、その指導内容をもとに書き上げたのが、本書です。  社員を雇わず小さな規模で、自宅など好きな場所で、これまでのビジネスの経験をもとに、自分なりの働き方で息長く稼ぎ続ける「ひとり起業家」になるために必要なことを経営の知識がなくても、わかりやすく理解できる内容です。 40代で起業し、57歳の現在まで順調にスモールビジネスを続ける著者が「小さくはじめて長続きさせる起業」のノウハウを開示する。 第1章 まずはじめに、陥りやすい起業のワナを知っておこう! 1 陥りやすい起業のワナ① 元手が多ければ、成功が早い 2 陥りやすい起業のワナ② がむしゃらに働けば、早く成功する 3 陥りやすい起業のワナ③ フランチャイズは、信用できる 4 陥りやすい起業のワナ④ 良い商品さえあれば、ゼッタイ成功する 5 陥りやすい起業のワナ⑤ 資格があれば、カンタンに起業できる 6 陥りやすい起業のワナ⑥ 大手と取引すれば、安心 7 陥りやすい起業のワナ⑦ 知り合いは、頼りにできる 8 陥りやすい起業のワナ⑧ 広告を多く打つほど、お客は集まる 第2章 起業に必要な8つのこと 9 ひとり起業を考える基本 経営の8大要因を押さえる 10 経営の8大要因① 商品 重点商品は10のポイントから決める 11 経営の8大要因② 地域 戦いに有利な立地を吟味する 12 経営の8大要因③ 業界と客層 誰を相手にビジネスするかを吟味する 13 経営の8大要因④ 営業 営業セオリーを理解する 14 経営の8大要因⑤ 顧客維持 お客様との接点を常に維持する 15 経営の8大要因⑥ 組織   外部の力を活用する 16 経営の8大要因⑦ 資金    自己資金を基本に考える 17 経営の8大要因⑧ 時間 商談時間を優先的に考える 第3章 起業の不安を打ち消す準備と心構え 18 起業準備のスケジュール   1年前から準備をはじめる 19 起業へのマインドセット   開業当初から成功すると過度に期待しない 20 事業の決め方   自分の性格に合うことを基本に考える 21 収支予測のシミュレーション   経営に必要な決算書の読み方は知っておく 22 売り上げ目標の決め方   事業規模の追求か、生活の維持かで変わる 23 商品・サービスのプロトタイピング   試作しながら完成品を売り出す 24 経験の活かし方   これまで経験からビジネスを考える 25 会社在籍中にすべきこと   起業の視点で会社の業務を見直してみる 26 確実に実行していくためのアイデア出しとPDCA   経営の基本は振り返りと改善にある 27 起業経験者へのヒアリング   起業経験者をメンターにする  Coffee Break 自分の適正・適職を知る方法 第4章 ひとり起業で勝ち抜くための戦略と戦術 28 差別化のシンプルなセオリー ナンバーワンであることをアピールする 29 顧客を起点に考えるビジネス戦略 LTV視点で、継続的な利益向上を図る 30 顧客の脳内シェアを高める方法 顧客との接触頻度を維持する 31 商品・サービスをまずは試してもらう方法 購入決断の心理的抵抗感を下げる 32 新規開拓の裏ワザ ターゲット顧客に早期にアプローチする 33 1つのネタを効率的に使いまわす方法 セミナーを動画などにして配信する 34 弱者が勝者になるためのランチェスター戦略① 商品力と兵力を考慮し、第1法則を選択する 35 弱者が勝者になるためのランチェスター戦略② 弱者なりの戦い方を徹底して行う 36 弱者が勝者になるためのランチェスター戦略③ 有力な競合が手薄なスキマ狙いを徹底する 37 弱者が勝者になるためのランチェスター戦略④ 特長が打ち出せることに一点集中する 38 弱者が勝者になるためのランチェスター戦略⑤ 競合が手を出せない価値=差別化を見出す 39 弱者が勝者になるためのランチェスター戦略⑥ 「特定の地域」「マニアックな商品」で差をつける  Coffee Break 一芸八年 第5章 早く成果を出すためのマーケティングと営業 40 営業活動のセオリー ひとりの縁を大切にして、チャンスを広げる 41 営業ツールの準備 営業資料を自分の分身にする 42 販促活動のセオリー 「お客様が喜ぶこと」を起点にする 43 商品価値を高めるキャッチコピー 商品・サービスの良さをシンプルに伝える 44 早く認知度を上げる方法① クチコミを広げる仕組みを作る 45 早く認知度を上げる方法② テレビや新聞にアプローチする 46 店舗営業のセオリー 店舗と接客サービスで好印象を生む 47 顧客関係性強化お技術① 人は共通項がある人に好意を抱きやすい 48 顧客関係性強化の技術② 定期的な顧客訪問の習慣を作る 49 顧客関係性強化の技術③ フィア・アピール・トークを使う  Coffee Break 縁のタネを蒔く 第6章 成功のためのWebマーケティング 50 ホームページは最大の武器 ホームページを自分で作ってみる 51 Webマーケティングの教訓 差別化がないと他のサイトに顧客は移る 52 顧客のアクセスを増やす裏ワザ マルチ・エントランス戦略で入り口を増やす 53 集客を効率的に行う基本 SEO対策対策からはじめる 54 SEO対策の基本① キーワードのリストアップ 想定顧客が反応する言葉を吟味する 55 SEO対策の基本② コンテンツを作る キーワードは見込み客の質問と考える 56 SEO対策の基本③ ワードプレスを使う ワードプレスでSEO効果を早くする 57 SEO対策基本④ ユーチューブを使う 1~2分程度のものからはじめる 58 SEO対策の基本⑤ ブログを使う ブログに4つのSEO対策を盛り込む 59 SEO対策の基本⑥ ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、LINE ブログの情報拡散ツールを増やす  Coffee Break 松下幸之助「商売戦術三十ケ條」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
59
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.76
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
59
みんなのレビュー
いかに利益をあげる意識が大事かということを経営者視点で学べる。こちらの書籍を経営者として読んでおくことで健全な経営ができるはず。ただ、実務レベルで万人受けするのはおそらく著者のファンダメンタルズマーケティングの方だと思う。
No.84
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
59
みんなのレビュー
スタートアップを立ち上げるために必要なリーンスタートアップという考え方を学ぶために読んだ。今の時代、スタートアップでも大企業でもどんな組織でもリーンスタートアップの考え方は重要で、小さいことをクイックに行い小さい成功をおさめてそこから雪だるま式に大きくしていくことが大事。小さい状態で失敗しても大きな痛手ではないので、とりあえず作ってみて検証する!ただ小さくはじめると小さくおさまってしまうという考え方も提唱している人がいて面白いと思った。イーロン・マスクなどはスペースXを起業する際に小さくなんか始めていない。出来るだけクイックに動いていたが最初から巨額の投資をしていた。イーロンはPaypalの売却益で巨額の富を得ていたからという人もいるが、それでも足りないくらいの額を突っ込んでいる。巨額の富を得ると、そこから小さく色んなところに投資してどれか当たればよいという考えてしまうケースが多い気がするが、本当に偉大なことを成し遂げたいのであれば小さく始めるという思考を取り払って大きく勝負に出ることも必要かもしれない。
No.90
58

知ってるつもり――無知の科学

スティーブン スローマン
早川書房

水洗トイレや自転車の仕組みを説明できると思いこむ、政治に対して極端な意見を持っている人ほど政策の中身を理解していない……私たちがこうした「知識の錯覚」に陥りがちな理由と解決策を認知科学者コンビが語る。ハラリ、サンスティーン、ピンカーが激賞。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
58

はじめて経営学を学ぶ社会人の方が、全体像と重要ポイントをざっくりと掴める入門書です。経営学は専門用語も多くハードルが高そうに感じますが、まずは必要なところをツマミ食いするだけでも、十分役に立ちます。本書では、専門用語はできるだけ使わず、豊富な図解で解説。「経営学を学ぶことで見えるキャリアパス」などの実用的な情報や、「働き方改革」「IoT」「RPA」など最新の話題も取り上げています。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
58

しょぼい起業で生きていく

えらいてんちょう
イースト・プレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
56

ユニークで楽しい96の仕事。ひとりで・自宅でできるから、副業にももってこい! 楽しい仕事のガイドブック。 ユニークで楽しい97の仕事。ひとりで・自宅でできるから、副業にももってこい! 楽しい仕事のガイドブック。 滝岡幸子 著;0303;03;ユニークで楽しい97の仕事。ひとりで・自宅でできるから、副業にももってこい! 楽しい仕事のガイドブック。;20180802 Part1 自宅でひとり起業の基礎知識 Part2 もの作りの仕事 Part3 ネット通販の仕事 Part4 パソコンを使う仕事 Part5 自宅を教室に Part6 自宅をサロンに Part7 自宅をお店に Part8 自宅を事務所に出張仕事

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
58

20か国で翻訳されて100万部超のベストセラー。最強の起業バイブル初のコミック化。起業で成功する心得をやさしく理解できます。 会社を辞めて起業したい! 子育てが一段落したから起業したい! 会社員になるより起業を選ぶ! 終身雇用も難しい時代、起業して成功を望む人が増えています。25,000社以上のスモールビジネス向けのコンサルティング経験に基づく長年のノウハウを初公開した本書は、世界20か国で翻訳され、100万部を超える隠れたベストセラーです。その最強の起業バイブルを初めてコミック化しました。マイケルの適切なアドバイスをコミックを通じて楽しく読め、起業で成功する心得をやさしく理解できます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
58
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.101
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
58

板前税理士が教える 「最強」の飲食店経営

鈴木 優輔
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
58

シリコンバレーの「エアビーアンドビー」に迫る初のノンフィクション! あかの他人を自宅に泊めるためのプラットフォーム――。 こんな厚かましくて奇妙なアイデアを思いついた3人の共同創業者は、 美大出身のデザイナー2人とエンジニア。 カリスマでもなく、天才でもなかったが、ありったけの力を注いだ。 彼らはビジネス経験がほとんどないところから、 世界3万4000都市を超え、会社評価額9兆円の会社をつくりあげる。 投資家には断られ続け、宿泊者の暴行や器物損壊などで相次ぎ炎上。巨大ホテルや規制との闘いにも苦悩する。 それでも彼らはゴキブリみたいに死なずに生き延びて、成功を続けている。 新しい時代に世界を変えるビジネスをゼロから生んだ「エアビーアンドビー」のとんでもない物語。 <本書に登場するエアビーアンドビーを支えた言葉たち> 「雑音に惑わされるな」――ウォレン・バフェット(投資家) 「なんとなく好きになってくれる100万人より、熱烈に愛してくれる100人のファン」――ポール・グレアム(Yコンビネーター共同創業者) 「文化を壊すな」――ピーター・ティール(ベンチャー投資家) 「(うまくいかないなら)何度でもローンチしろ」――ブライアン・チェスキー(エアビーアンドビー共同創業者兼CEO) 「80%でいい」―ジョー・ゲビア(エアビーアンドビー共同創業者兼CPO) 「3人だから困難を乗り切れた」――ネイサン・ブレジャージク(エアビーアンドビー共同創業者兼CTO) <エアビーアンドビーを襲った困難と乗り切る力> ・サービスを開始したが利用が止まって借金が残る:大統領選にちなんだデザインのシリアルをつくって借金を返す ・起業家養成スクール「Yコンビネーター」に応募するも低評価:シリアルをアピールして合格する ・ユーザーが100人から増えない:ユーザーの家を1軒ずつ訪ねて話を聞き、サービスの改善を重ねる ・エアビーで貸した部屋がゲストに荒らされて炎上:カリスマ投資家マーク・アンドリーセンのアドバイスで補償額を1ケタ増やして問題が収拾 主な登場人物 イントロダクション 1章 大ばくち 2章 会社をつくり上げる 3章 エアビーアンドビー共和国 4章 わるいヤツら 5章 アンチとの闘い 6章 ホテル業界を破壊する 7章 リーダーになる 8章 3人が次に出すものは? エピローグ 謝辞 訳者あとがき 脚注

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
56

新版 ひとり社長の経理の基本

井ノ上 陽一
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search