【2024年】「触診」のおすすめ 本 74選!人気ランキング

この記事では、「触診」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. リハビリの先生が教える「健康寿命が10年延びるからだのつくり方」
  2. 運動療法のための 機能解剖学的触診技術 上肢
  3. 運動療法のための 機能解剖学的触診技術 下肢・体幹
  4. 骨格筋の形と触察法 改訂第2版
  5. プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 第3版
  6. スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション 改訂第3版
  7. 理学療法 臨床実習サポートブック レポート作成に役立つ素材データ付
  8. 療法士のための体表解剖学
  9. クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士 国家試験問題解説 2022
  10. 4スタンス理論 チェック法DVD付き―正しい身体の動かし方は4つある。
他64件
No.2
98
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
98
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
79

療法士のための体表解剖学

ベルンハルト・ライヒャルト
ガイアブックス

体表から観察し体内を予測することで人体の内部が見えているかのように治療を進めることが可能になり患者のケアの改善に貢献できる 800枚以上のカラー写真に、3次元的に優れたグラフィックを体表へ描き、まるで骨や筋肉、血管等の内部が見えているかのように再現されている本書は、臨床家が「全身」の筋骨格系の体表解剖学的アプローチを開発する一助に… 正確な実施に特化した教科書といえる本書は、触診による位置確認の方法をわかりやすく伝える。 構造と機能の解剖学に欠かせない知識を補ってくれる。 臨床家が「全身」の筋骨格系の体表解剖学的アプローチを開発する一助になり、さまざまな領域における構造のパターン、類似性、差異を特定できるようになる。 基礎科学、臨床的な知識、実践的なスキルなどを理解し、徒手療法の専門家として成長、発展するためのサポートとなる臨床家が蔵書すべき一冊。 ◎多くの知識やスキルに加え、長期にわたって解剖学と徒手療法にかかわったなかで得られた提案やヒント、知識を数多く取り入れている。 ◎理学療法、オステオパシー、徒手療法分野の学生や臨床家が患者をよりよくケアできるようにする。医学生や医師の役に立つことができる。 ◎800枚以上のカラー写真に、3次元的に優れたグラフィックを正確に体表へ描き、まるで骨や筋肉、血管等の内部が見えているかのように再現されている。 ◎人体解剖学の理解をより深め、知識を得ることができる。 1 基本原理 臨床家が体表解剖学を必要とする理由 本書の体表解剖学で理解できること 体表解剖学の活用範囲 関節や脊椎分節の評価の構成要素 特殊な評価や治療テクニックを行う前の定位 腱や滑液包などの局所治療の基礎 臨床的な関連性 触診の特徴 体表解剖学を活用するとき 前提条件 解剖学/局所解剖学の背景 プロセスとしての正確な触診 経験 触診テクニックと抵抗 手順の中心面 触診でかける圧 触診テクニック 骨縁の触診 骨の隆起の触診 筋腹の触診 筋の縁の触診 腱の触診 靭帯の触診 関節包の触診 滑液包の触診 末梢神経の触診 血管(動脈)の触診 触診の補助 導く構造 ラインをつなぐ 触診の確認に役立つ手法 構造に印をつける 練習用の最初のポジション(練習用SP) 練習問題 2 肩甲帯 肩領域の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 全体の定位─後面 局所の触診─後面 局所の触診─側面 全体の定位─前面 局所の触診─前内側 局所の触診─前外側 練習問題 3 肘関節 肘関節の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 全体の定位─前面 局所の触診─前面 局所の触診─内側 局所の触診─外側 全体の定位─上腕後面 練習問題 4 手 手の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 全体の定位─背面 背面の軟部組織の局所の触診 手根骨背面の局所の触診 全体の定位─掌側 手掌の軟部組織の局所の触診 手根骨手掌面の局所の触診 練習問題 5 股関節と鼡径部 股関節と鼡径部の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 局所の触診─外側 局所の触診─背面 局所の触診─前面 練習問題 6 膝関節 膝関節の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 体温上昇の触診 浮腫の触診 局所の触診─前面 局所の触診─内側 前内側の軟部組織の局所の触診 局所の触診─外側 局所の触診─後面 練習問題 7 足 足の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 足の内側縁の局所の触診 足の外側縁の局所の触診 足背部の局所の触診 脚の遠位後面の局所の触診 練習問題 8 軟部組織 軟部組織の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 触診プロセスのまとめ 最初のポジション 難しい最初のポジション 触診テクニック 評価と治療のヒント 治療例 練習問題 9 骨盤後面 骨盤領域の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 触診プロセスのまとめ 骨を簡易的に定位する触診テクニック 筋を簡易的に定位する触診テクニック 局所の触診テクニック 定位のための投影 骨盤─大転子領域の局所の触診 評価と治療のヒント 練習問題 10 腰椎 腰椎の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 触診プロセスのまとめ 最初のポジション 難しい最初のポジション 触診テクニック 評価と治療のヒント 練習問題 11 胸椎と胸郭 胸部の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 触診プロセスのまとめ 最初のポジション 難しい最初のポジション 後面の触診テクニック 前面の触診テクニック 練習問題 12 頸椎 頸椎の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 触診プロセスのまとめ 最初のポジション 難しい最初のポジション 後面の触診テクニック 外側の触診テクニック 前面の触診テクニック 練習問題 13 頭部と顎 はじめに 顎関節の重要性と機能 この領域の治療でよく使う方法 必要とされる解剖学と生体力学の基礎知識 頭蓋骨の解剖学 頭蓋骨の触診 顎・顎関節 顎関節の触診 顎の筋の触診診察 練習問題 参考文献 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
69

目標達成する技術

マイケル・ボルダック
フォレスト出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
68

病気がみえるvol.2循環器

医療情報科学研究所
メディックメディア

循環器

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68

・解剖生理学1〈植物性機能〉・解剖生理学2〈動物性機能〉・運動学・人間発達学

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
67

・病理学・内部障害・骨関節障害・中枢神経・末梢神経・筋の障害・精神障害・臨床心理学・小児・老年期の障害と臨床医学およびリハビリテーション医学・リハビリテーション概論

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
67

病気がみえる vol.4 呼吸器

医療情報科学研究所
メディックメディア

呼吸器

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
67

・基礎理学療法学・理学療法評価学・理学療法治療学〈基本介入手段〉・地域理学療法学

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
67

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科

医療情報科学研究所
メディックメディア

待望のシリーズ最新巻が登場。丁寧なビジュアライズにより、運動器の構造も、骨折、変形性関節症など様々な整形外科疾患も、1冊でしっかり「みえる」。整形外科テキストの新定番! 運動器の概観と生理 ・運動器の概観 ・運動器の生理 運動器の構造・整形外科 ・診察 ・症候 ・検査 ・治療 ・上肢の疾患 ・下肢の疾患 ・体幹の疾患 ・末梢神経損傷 ・外傷 ・骨・軟部腫瘍/脊髄腫瘍 ・リウマチ性疾患/慢性関節疾患 ・骨系統疾患 ・代謝性骨疾患 ・感染性疾患 ・リハビリテーション ・関節可動域測定

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
66

フィジカルアセスメント

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
66

最新の知見に基づいた内容にバージョンアップ! 第5版からQRコード読み取り対応に!場所を選ばずに手技を学べる! 呼吸リハビリテーションに必要な知識と手技が習得できる入門書。患者指導や手技のコツ、急性期から安定期における病態・疾患別の呼吸リハビリテーションの進め方など、リハビリテーションの実際がよくわかるよう臨床の視点を重視してまとめた.新型コロナウイルス感染症などの最新のトピックスや知識の整理に役立つコラムも充実。動画(約60分)は場所を選ばずにいつでも手技を確認できるようDVDからQRコード対応に! 第1章 呼吸リハビリテーションとは 第2章 呼吸リハビリテーションに必要な呼吸器の知識 第3章 呼吸リハビリテーションの進め方 第4章 呼吸リハビリテーションに必要な評価 第5章 呼吸リハビリテーションのプログラム 第6章 呼吸リハビリテーションの実際 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
66

カンデル神経科学

金澤一郎
メディカルサイエンスインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
66

1 理学療法から見る筋緊張(理学療法における筋緊張の再考 運動・生理学からみた筋緊張) 2 筋緊張の測定・評価(一般的評価や検査手技について 動作レベルでの筋緊張評価の診かた 歩行分析における筋緊張の診かた セルフケアにおける筋緊張の診かた 頚部・体幹および顎・口腔の筋緊張の診かた 筋緊張に影響する要因) 3 疾患別の筋緊張の特性と治療(脳卒中における筋緊張の特性と治療 脊髄損傷における筋緊張の特性と治療 痙直型脳性麻痺における筋緊張の特性と治療 二分脊椎における筋緊張の特性と治療 低酸素脳症における筋緊張の特性と治療(脳損傷・意識障害含む) パーキンソン病における筋緊張の特性と治療 筋強直性ジストロフィーにおける筋緊張の特性と治療 呼吸器疾患における筋緊張の特性と治療 運動器疾患における筋緊張の特性と疾患 慢性疼痛症における筋緊張の特性と治療)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
65

PT評価ポケット手帳 第2版

美﨑定也
ヒューマン・プレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
65

近代ボバース概念 理論と実践 (GAIA BOOKS)

ベンテ・バッソ・ジェルスビック
ガイアブックス

ボバース概念の理論と実践を理解する手引書。240もの図版を収録し、わかりやすさを追求。理学療法士へ臨床における指針を示す。 ボバース概念の理論と実践を理解する手引書。治療場面の写真など、240にもおよぶ図版を用い、わかりやすさを追求。理学療法士、作業療法士、学生、ボバースインストラクターなどへ臨床における具体的な指針を示す。 国際ボバース講習会講師会議認定アドバンス・インストラクターの著者による、中枢神経系に障害を呈した患者に対する評価と治療を、根拠に基づく治療を基に方向付けした手引書。ボバース理論のみならず、理論的情報と臨床関連とのバランスをうまく保つために臨床例を数多く挙げることを本質として編纂。実際の臨床現場における治療場面の写真など、240にも及ぶ図版を用い、わかりやすさとあらゆる現場で活用できることを目指した。理学療法士、作業療法士、成人の神経疾患に携わる熟練者、学生、ボバースインストラクター、身体領域で働くトレーナーなどへ、臨床における具体的な指針の手助けをしてくれる貴重な一冊。 ●中枢神経系に障害を呈した患者に対する根拠に基づく治療法を紹介。 ●多数の臨床例により理論的情報と臨床現場とのバランスをとった解説。 ●神経筋骨格系、運動制御、神経と筋の可塑性をとらえる。 ●人間の相対的な生命体の機能と構造までを展開。 はじめに  ボバース夫妻:歴史的概要/国際ボバースインストラクタートレーニング会議(IBITA)/IBITAの理論的仮説と臨床実践 1 神経生理学の適応  1.1 システムコントロール(システムと構造における感覚運動統合の関連について)   神経筋システム/体性感覚システム、視覚、バランス/脳と脊髄  1.2 可塑性   神経可塑性  1.3 中枢神経系障害後の再編成と結果   上位運動ニューロン障害/上位運動ニューロン症候群の複雑な問題 2 理学療法  2.1 バランスと運動/ヒトの運動コントロール/バランス/正常運動と正常バランスコントロールからの逸脱  2.2 介入-考察と選択   姿勢セット/基本姿勢と姿勢セットの分析/キーエリア/選択運動と機能的活動/自律運動と随意運動との間の関連性/ハンドリング/能動運動、不使用学習、無視、他動運動/連合反応のコントロール/フィードバック/効果の継続  2.3 他の介入:いくらかの要点   筋力トレーニング/トレッドミルトレーニング/多職種とのチーム医療/補装具/痙性に対する内科的治療 3 評価  3.1 国際生活機能分類(ICF)  3.2 理学療法評価   現病歴/機能的活動/身体機能と構造/感覚、知覚、不使用学習/疼痛/臨床推論/評価の意義  3.3 効果測定   身体構造と機能測定/活動測定/自己報告測定/客観的な目標設定/評価図表/評価と記述/まとめ 4 症例報告  4.1 症例報告   既往歴、社会歴、活動と参加/現病歴/評価/臨床推論と仮説/理学療法と臨床推論/理学療法評価と治療の連続的過程/退院時評  4.2症例報告   社会歴、活動、参加/病歴/以前の訓練歴と治療歴/現在の問題点/リサの目標/評価/臨床推論と仮説/理学療法/評価/その後 参考文献/索引 ボバースコンセプトがよくわかる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
65

道は開ける 新装版

カーネギー, デール
創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65

1 序論 2 姿勢制御のバイオメカニクス 3 寝返り動作の分析 4 起き上がり動作の分析 5 起立・着座動作の分析 6 歩行の分析

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
65

運動器〈下肢〉編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
65

解剖学、生理学、臨床症状および関連する療法から最近開発された研究技術まで、広範囲の領域を提示。基礎科学研究にかかわる科学者はもちろん、身体の結合組織マトリックス(膜)の治療的な処置にかかわる専門家のためにも、関連した情報を系統化することを目的としている。身体中に広がるコミュニケーションシステムとしての膜の役割を探究。筋膜の力伝達に関する最新の情報を提供し、感覚器官の構成における筋膜の重要性を探究している。たとえば、腰痛と機能障害の発生に関連をもつ、その重要な固有受容および侵害受容の機能。器官と組織の連結性を確認する新しい画像診断の方法を記述している。 第1部 科学的基盤(筋膜体の解剖 コミュニケーション器官としての筋膜 筋膜の力伝達 筋膜組織の生理学) 第2部 臨床応用(筋膜関連の障害 筋膜の弾性に関する診断方法 筋膜指向性療法) 第3部 研究の方向性(筋膜研究:方法論的な挑戦と新しい方向性)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
65

微差力

斎藤 一人
サンマーク出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
65

運動器〈上肢・体幹〉・高齢者編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
65

神経系・内部障害編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
65
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.56
65

最新の研究知見を踏まえた「殿筋」をめぐる冒険 治療家、アスレティックトレーナー必携の一冊 著者のJohn Gibbonsは、英国などで高い評価を得ているリハビリテーション、ボディワークの専門家。本書は「身体のなかで最も無視されている」部位の一つである殿筋に注目。臨床経験のなかで「局所ではなく実は殿筋が引き起こしている痛みと機能不全がある」と気づいた著者が、最新の研究知見をもとに、豊富な図版を用いてそのメカニズムや障害のパターンを解説する。さらに、障害を修正するテクニック、回復を促すエクササイズも施術写真を使って分かりやすく紹介する。 監訳は「KOBA式体幹バランストレーニング」を考案し、サッカー日本代表・長友佑都選手らトップアスリートを支える木場克己氏が務めた。治療家必携の一冊! 第1章 身体各部とつながる大殿筋 第2章 筋不均衡と筋膜スリング 第3章 殿筋と歩行周期 第4章 脚長差と過外反―殿筋による影響 第5章 大殿筋の機能解剖学 第6章 中殿筋の機能解剖学 第7章 マッスルエナジーテクニック 第8章 原因としての拮抗筋 ―腸腰筋、大腿直筋、内転筋群の重要性 第9章 膝や足首の痛みを引き起こす大転筋や中殿筋の問題 第10章 腰痛を引き起こす大殿筋や中殿筋の問題 第11章 殿筋群の抑制効果による筋力低下の鑑別 第12章 大殿筋と中殿筋のい安定性向上エクササイズ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
65

目醒める! 大腰筋 コアを鍛えて内面から身心を改善

ジョアン・スタウガード ジョーンズ
医道の日本社

エネルギーあふれる「大腰筋」を探求する旅へナビゲート 脊椎と下肢をつなぐ人体で唯一の筋肉である「大腰筋」(腰筋)。その重要性について書き尽くしたのが、本書である。 身体の重心近くに位置する大腰筋は、生体力学の観点からも、解剖学的に重要な場所に位置している。また、中枢・末梢神経系に影響を与えているため、大腰筋リリースを行えば、恐怖や不安からの開放へと導けるという。さらに、筆者はヨガにおける7つのチャクラのうち3つが大腰筋にあることに着目。スピリチュアルエネルギーを引き出すためにも、大腰筋の活性化は必要不可欠だと、本書では述べられている。 そんな重要な大腰筋を活性化させるためにはどうすればよいのか。「コアを強化するエクササイズ」や「ストレッチエクササイズ」、さらにピラティスやヨガなど、多彩な方法についてイラストで解説。身体にかかわるすべての施術者にとって、新たな気づきにつながる一冊となるだろう。 ●第1部 解剖学的プレリュード 第1章 腰筋周囲の解剖学とバイオメカニクス 第2章 健常な腰筋を維持する 第3章 腰痛の負荷 第4章 腰痛とピラティス ●第2部 腰筋と感情 第5章 つながり ―身体記憶:脳腸相関― 第6章 腰筋の逆襲 ●第3部 腰筋とスピリチュアリティ ―エネルギーの解剖― 第7章 私達は何を知っているか? 第8章 腰筋と第1のチャクラ ―筋感覚のバランス― 第9章 腰筋と第2のチャクラ ―水のように流れる― 第10章 腰筋と第3のチャクラ ―機能を呼吸に合わせる―

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
65
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.62
65

総論(骨折後の運動療法 骨に関する基礎知識 骨折に関する基礎知識) 各論 上肢の骨折(鎖骨骨折 肩甲骨骨折 上腕骨近位部骨折 上腕骨骨幹部骨折 上腕骨遠位部骨折 肘頭骨折 橈骨頭骨折、橈骨頚部骨折 前腕骨骨幹部骨折 前腕骨遠位部骨折 舟状骨骨折)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
65

各論 体幹の骨折(胸腰椎の脊椎損傷(骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法を中心に) 骨盤骨折 股関節の脱臼骨折、寛骨臼骨折) 各論 下肢の骨折(大腿骨近位部骨折 大腿骨骨幹部骨折 大腿骨遠位部骨折、大腿骨顆上骨折、大腿骨顆部骨折 膝蓋骨骨折 下腿近位端骨折、脛骨近位端骨折 下腿骨骨折幹部骨折 下腿骨遠位部骨折(果部骨折と脛骨天蓋骨折を中心に) 距骨骨折 踵骨骨折)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
65

理学療法士が拘縮治療を行う際,有用と思われる運動器超音波機能解剖を解説しつつ,それらの所見を踏まえた技術的なクリニカルヒントについて,豊富な超音波画像,解りやすい解剖イラスト,そして動きをリアルタイムでとらえることの出来る実際の動画(WEB動画)を観ながら理解することが出来る.運動器を扱う全てのセラピストにとって必読の内容がぎっしり詰まった一冊. ☆図版16点,カラー写真92点,モノクロ写真144点

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
65

記憶と運動との関わりを活用した臨床評価技術を提案! 「転んじゃったら困るし…」「でも、何もしないといいわけないし…」。 患者さんにいつ、どんな根拠で自立歩行練習を勧めればよいのか、これは長年の現場の悩みでした。 本書は、実用的な歩行能力は運動機能と認知機能の絶妙なコラボレーションの結果であることに着目し、バランス評価スケールと二重課題を併用した実用的な臨床判断の方法を提案します。 ■はじめに:「モヤモヤ感」解決できるか「ながら力」 ■[BOOK 1]片麻痺の患者さんの歩行能力をどのように評価していますか ■[BOOK 2]F&Sを使ってみませんか ■[BOOK 3]F&Sはこうして生まれました ■「ながら力」「モヤモヤ感」を吹き飛ばせ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search