【2024年】「生きる意味」のおすすめ 本 114選!人気ランキング

この記事では、「生きる意味」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 生き方
  2. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  3. 星の王子さま (新潮文庫)
  4. 正義の教室 善く生きるための哲学入門
  5. 小説 すずめの戸締まり (角川文庫)
  6. 14歳からの哲学 考えるための教科書
  7. ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
  8. 明日 一九四五年八月八日・長崎 (集英社文庫)
  9. 魔女と過ごした七日間
  10. 生きる意味を知らずに大人になったあなたへ
他104件
No.1
100
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.2
90
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.3
77
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.4
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
76

14歳からの「考える」のための教科書。「自分とは何か」「死」「家族」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」など30のテーマ。 今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」の為の教科書。「言葉」「自分とは何か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマ。  人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。  言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。 Ⅰ 14歳からの哲学[A] 1 考える[1] 2 考える[2] 3 考える[3] 4 言葉[1] 5 言葉[2] 6 自分とは誰か 7 死をどう考えるか 8 体の見方 9 心はどこにある 10 他人とは何か Ⅱ 14歳からの哲学[B] 11 家族 12 社会 13 規則 14 理想と現実 15 友情と愛情 16 恋愛と性 17 仕事と生活 18 品格と名誉 19 本物と偽物 20 メディアと書物 Ⅲ 17歳からの哲学 21 宇宙と科学 22 歴史と人類 23 善悪[1] 24 善悪[2] 25 自由 26 宗教 27 人生の意味[1] 28 人生の意味[2] 29 存在の謎[1] 30 存在の謎[2]

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
76
みんなのレビュー
東野圭吾の書籍はそれほど読まないのだが、これはふと読んでみて感動した一冊。東野圭吾はサスペンス系のイメージがあったがこの書籍でイメージが変わった!
No.8
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
69

人工知能のための哲学塾

三宅 陽一郎
ビー・エヌ・エヌ新社

「人工知能は、いつ主観的世界を持ち始めるのか?」 本書はこの問いを巡って、人工知能を成り立たせるための哲学・思想的背景(工学やコンピュータサイエンスではなく)について、ゲームAI 開発者として数多くの実績のある三宅陽一郎氏が解説する一冊です。人工知能は「私」というものを持ちうるのか? そうならばそれはいかにして か? 「世界」とは何か? そして「身体」とは何か? 人間の世界認識/自己認識の軌跡を濃密に辿りながら人工知能に迫ります。 Facebook で1,500 人が参加するコミュニティ「人工知能のための哲学塾」にて開催されてきた連続夜話が待望の書籍化! 他の人工知能本とは一線を画する内容です。ぜひご注文ください!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
67

その青年は、神か悪魔か? 無垢な祈りは世界を覆う呪いになる――。 病院に忽然と現われ、子どもたちの願いを叶える謎めいた黒服の青年。難病も嘘のように完治するが、子どもたちの態度が豹変し異様な言動をするという。心霊案件を扱う佐々木事務所に相次いで同様の相談が舞い込んだ。原因を探るるみは、土地にまつわる月と観音信仰が鍵だと掴むが、怪異は治まらない。孤独な闘いの中、彼女はある恐ろしい疑惑に捕らわれる――願いは代償を要求し、祈りは呪いに変貌する。底なしの悪夢に引きずりこむ民俗学カルトホラー! 子どもの前にだけ現われ、その願いを叶えて回る神様。だが、その後子どもたちは意味不明の言葉で祈り、おかしくなるという――。青山が不在の佐々木事務所に依頼が持ち込まれ、るみは調査に乗り出すが……。 第一章 晦 第二章 三日月 第三章 半月 第四章 十三夜 第五章 待宵 終章 満月

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
67

「人工知能は欲望を持てるのか?」 人工知能の足場となる西洋哲学を解説した『人工知能のための哲学塾』に続く、待望の第二弾! ゲームAI開発の第一人者・三宅陽一郎氏が、荘子や道元、龍樹、井筒俊彦らの思想から人工知能を探求する一冊です。 今の人工知能に足りないものは何か? 人工知能に欲望を与えるには何が必要なのか? そもそも知能の実体とは何か? 本書はさまざまな角度から、問いを投げかけます。西洋哲学では語られることのない部分、階層構造で示される知能モデルの"果て"に何があるのかをあぶり出し、すべてが存在する世界から”知能が拠って立つ場”を形成しようという試み。人工知能の次なるステージに迫ります。 今の人工知能はいわば解脱した状態なのだ。 その人工知能に、この世界への興味や欲求を持たせたい。 生への執着を築き、この世界で生きる苦しみと喜びを与えたい。 (三宅 陽一郎) 人工知能のための哲学塾の遊び方(犬飼 博士) はじめに 本書の全体像 第零夜 概観 1 はじめに 2 西洋の構成主義、東洋の混沌 3 混沌と知 4 阿頼耶識と人工知能 5 唯識論と世界の立ち上がり方 6 人工知能の歴史と東洋哲学との交面 第一夜 荘子と人工知能の解体 1 荘子の「道」 2 荘子と知の解体 3 知能と身体とイマージュ 4 荘子の知に対する批判の根底 5 道理に則る知性 コラム:荘子の時代、近代、夏目漱石と森鴎外 第二夜 井筒俊彦と内面の人工知能 1 キャラクターAIの知能モデル 2 東洋と西洋をつなぐ井筒の理論 3 井筒俊彦の意識の構造モデル 4 イブン・アラビーの存在論 コラム:井筒ハイウェイと人工知能の未来―井筒俊彦の知的体系― 第三夜 仏教と人工知能 1 時と存在 2 人工知能にとって時間とは 3 エージェントアーキテクチャに流れる時間 4 二つのアーキテクチャ 第四夜 龍樹とインド哲学と人工知能 1 ホメオスタシス(存在)とアポトーシス(行為) 2 龍樹の空の理論 3 持続と身体と精神 4 中観思想と人工知能のアーキテクチャ 第五夜 禅と人工知能 1 禅とは何か 2 人工知能の体験を作る 3 人工知能の禅 コラム:道元、時、ベルクソン 総論 人工知能の夜明け前 解説 言葉が尽き、世界が現れる(大山 匠)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
66
みんなのレビュー
人生において重要なことを教えてくれる書籍。漫画なので非常に読みやすくサクサク読める。子供に読んで欲しい。
No.31
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
66

論理と言語

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
65

双子の星.よだかの星.カイロ団長.黄いろのトマト.ひのきとひなげし.シグナルとシグナレス.マリヴロンと少女.オツベルと象.猫の事務所.北守将軍と三人兄弟の医者.銀河鉄道の夜.セロ弾きのゴーシュ.饑餓陣営.ビジテリアン大祭. 年譜:p351~357

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
65

君と会えたから・・・ (喜多川 泰シリーズ)

喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
65

中国・日本・英米〈分析哲学〉編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
64

「どうして勉強しなければいけないの?」「どうしていじめはなくならないの?」「生きている意味はあるの?」 学校の… 「どうして勉強しなければいけないの?」 「どうしていじめはなくならないの?」 「生きている意味はあるの?」 学校の先生や親がなかなか答えられない、子どもが抱えるリアルな悩みや疑問を、哲学者の言葉をヒントに解決。 哲学を通して子どもの考える力を育てる、必読の一冊。 古代ギリシャから近代、現代の有名な哲学者の解説も。 ■第1章 自分について考える Q 運動が苦手 Q 勉強ができない Q 自分の言葉で上手く話せない Q 綺麗になりたい Q 自分のいいところがわからない Q 「自分らしさ」って何? ■第2章 友達について考える Q 友達ができない Q 友達が他の子と仲よくしているとムカムカしてしまう Q 友達グループの中で仲間外れにする子がいる Q ケンカをした友達に「ごめんなさい」が言えない Q 人を好きになるってどういうこと? ■第3章 悪について考える Q どうしてルールを守らなくちゃいけないの? Q 人にやさしくしなきゃいけないのはなぜ? Q どうしていじめはなくならないの? Q 悪いことをしている人には注意した方がいい? ■第4章 生き方について考える Q どうして勉強しなければいけないの? Q 苦手なことはあきらめちゃダメ? Q 「本をたくさん読みなさい」って言われたけどなぜ? Q 自分の夢を反対される Q 生きている意味はあるの? Q 幸せって何? ■第5章 命について考える Q 心はどこにあるの? Q 花や木に命はある? Q 死ぬのが怖い Q 人は死んだあとどうなるの? Q 人はどうして人を殺すの? ■岩村先生の哲学講座 人間の祖先「ホモ・サピエンス」が生き残れたわけ 物事の原因はすべて「目に見えない」 「ふたつの時間」を生きる 愛は「心を受ける」こと

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
64

福岡伸一、西田哲学を読む ピュシスの側からみた動的平衡

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
64
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.51
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
64
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.61
64
みんなのレビュー
山口周さんの書籍の中でもトップレベルに好きな書籍。哲学という取っつきにくい分野をビジネスと絡めて分かりやすく教えてくれる。何度も読み返したい。
No.62
64
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.68
64

《いしいしんじさん 推薦》 夏休みのスイカ割り、9回裏のサヨナラ勝ち、ひと目ぼれの瞬間にこそ、「哲学」はひらく。 「わからない」豊かさにかこまれて、ぼくは、あなたは、ひとつきりの生を生きてゆく。 ---------------------- 人間、時間、「わたし」体と心、死って、いったい何?  哲学の大切な問いを深める旅へ出かけよう。 ソクラテスから、デカルト、ニーチェ、フッサール、メルロ=ポンティ、そしてハイデガーまで。 「わからない」を切り口に、西洋哲学を一緒に歩く。 問いを立てるための思考のレッスン。 ---------------------- あなたは、わたしは、世界は、 なぜ、かけがえがないのか? わからない。──それでも、世界は美しい。 ■はじめに ■序……わからなさのはじまり──「人間とは何なのか」という問い Ⅰ 人間とは何なのかよくわからない ■第1話……人間とは何か、その答えはどこにある?──デカルトからニーチェへ ■第2話……ちっぽけな理性と大いなる理性──ニーチェからデカルトへ Ⅱ 人間と動物や機械はどうちがうのかよくわからない ■第3話……考えている私は存在するのか──デカルト ■第4話……人間のする計算とは何なのか──フッサール ■第5話……人間はどこから人間になったのか──ケーラーからメルロ=ポンティへ Ⅲ 身体は私のものなのかどうかよくわからない ■第6話……身体こそがここにいる?──デカルトの向こうへ ■第7話……身体である私はどこにいるのか──メルロ=ポンティ Ⅳ 時は流れるのかどうかよくわからない ■第8話……時計の時間は時間ではない?──アリストテレスからアウグスティヌスへ ■第9話……時は重なり、空間に広がる──フッサールからメルロ=ポンティへ Ⅴ 人はどう死ぬのかよくわからない ■第10話……死とはどういう出来事なのか──ソクラテスからショーペンハウアーまで ■第11話……失われることに人は何を思うのか──エピクロスからハイデガーへ ■第12話……人は死ぬことができるのか──ハイデガー 結び 哲学のはじまり──わからなさをわかること ■あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
64

シリーズ「ベリーショートイントロダクション」(オックスフォード大学出版局)から「知の巨人」イーグルトンの隠れた名著本邦初訳! 「人生の意味とは何か?」と問うこと自体、哲学的に妥当なのだろうか?チェーホフやシェイクスピアなどを例にとり内容濃く掘り下げる!手際よくまとめられた原書200頁をこなれた訳で本邦初訳刊行!! 圧倒的「知の巨人」 イーグルトンの隠れた名著の本邦初訳です! 「人生の意味とは何か?」と問うこと自体、哲学的に妥当なのだろうか? オックスフォード大学出版局から出ているシリーズ“A Very Short Introduction”の一冊。 原書は、200 頁も満たない薄い本であるが、イーグルトンらしく、 チェーホフやシェイクスピアなどを例にとりながら内容の濃いものとなっている。 このような手軽に手に取れる翻訳は、読者の裾野を広げます。 第一章:「問いと答え」(Questions and answers)、 第二章:「意味の問題」(The problem ofmeaning)、  第三章:「意味の翳り」(The eclipse of meaning)、 第四章:「人生は自分が作るものなのか」(Is life what you make it?)。 原註、訳註、索引つき。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
64
みんなのレビュー
罪とはなにか、人の思いとはなにかを第三者の目から読める本だった。
小6の時、友達の好きな本だったので読んで見た思い出の一冊です‼︎ちょっとだけ読むはずが一気に読んでしまいた。映自分の生き方にすごく悩まされました
No.76
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
64

時をかける少女 悪夢の真相 果てしなき多元宇宙

みんなのレビュー
これは、王道すぎる!!少女の思いを正確に描写していて、話に引き込まれます。
No.82
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
63

ヨンケイ!!

天沢 夏月
ポプラ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
63

青空のむこう

アレックス・シアラー
求龍堂
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
63

シンプルに考える

森川亮
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search