【2024年】「宗教」のおすすめ 本 41選!人気ランキング

この記事では、「宗教」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 図解 世界5大宗教全史
  2. 世界がわかる宗教社会学入門 (ちくま文庫 は 34-1)
  3. よくわかる宗教学 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)
  4. 100のインフォグラフィックで世界を知る 〈世にも美しい教養講義〉超図解・宗教
  5. 哲学と宗教全史
  6. ブッダのことば: スッタニパータ (岩波文庫 青 301-1)
  7. ユダヤ人とユダヤ教 (岩波新書 新赤版 1755)
  8. 日本の新宗教50 完全パワーランキング
  9. 教養としての宗教入門 - 基礎から学べる信仰と文化 (中公新書)
  10. 「女性目線」のマーケティング入門
他31件
No.1
100

図解 世界5大宗教全史

中村 圭志
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
67

参考文献:p447~453

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
65

「最強の教団」はどこか?信者数を伸ばす「真如苑」の秘密、「幸福の科学」出版ビジネスの驚愕、安定の「創価学会」桁違いの集票力。50教団を徹底比較! 第1章 日本の新宗教 実力ナンバーワン決定戦1-「信者数」「資金力」「集票力」編 第2章 日本を動かす ザ・新宗教ベスト10 第3章 私が見た「カリスマ」の素顔 第4章 知られざる実力派 進撃の新宗教ベスト15 第5章 日本の新宗教 実力ナンバーワン決定戦2-「有名人」「海外布教」「学校」編 第6章 日本をザワつかせる過激な新宗教ベスト10 第7章 独自の存在感を放つ「個性派」新宗教ベスト15

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
65

宗教とは何か-。信仰、戒律、儀礼に基づく生き方は、私たち日本人にはなじみが薄い。しかし、食事の前後に手を合わせ、知人と会えばお辞儀する仕草は、外国人の目には宗教的なふるまいに見える。宗教的儀式と文化的慣習の違いは、線引き次第なのである。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から、仏教、ヒンドゥー教、そして儒教、道教、神道まで。世界の八つの宗教をテーマで切り分ける、新しい宗教ガイド。 なぜ「神」と「仏」が区別されるのか 薄い宗教(世界の大伝統 神の物語と悟りの物語) 濃い宗教(信仰 奇跡と呪術) 宗教の仕掛け(戒律 儀礼) 宗教の多様性と現代社会 資料編 世界の主な宗教概説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
65

「女性目線」のマーケティング入門

『プレジデント ウーマン』編集部
プレジデント社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
61

多くの日本人は新宗教をずっと脅威と好奇の眼差しで見てきた。しかし、そもそも新宗教とはいかなる存在なのか。「宗教」の概念が初めてできた明治以後それがいつどう成立したか案外、知られていない。超巨大組織・創価学会に次ぐ教団はどこか、新宗教は高校野球をどう利用してきたか、などの疑問に答えつつ、代表的教団の教祖誕生から死と組織分裂、社会問題化した事件と弾圧までの物語をひもときながら、日本人の精神と宗教観を浮かび上がらせた画期的な書。 はじめに 天理教 大本 生長の家 天照皇大神宮教と璽宇 立正佼成会と霊友会 創価学会 世界救世教、神慈秀明会と真光系教団 PL教団 真如苑 GLA(ジー・エル・エー総合本部) おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
59

民衆は何を信じてきたのか。近代社会を揺るがした新宗教の全貌に迫る。 幕末・明治維新期、国の形が大きく変わるなか、それまでの伝統宗教とは違う天理教、大本など新宗教が誕生した。以降も、戦争や高度経済成長の過程で、個人の悩みと寄り添うことの希薄な既存宗教のすき間を埋めるように、神道系・仏教系ともに多くの教団が生まれた。民衆は何を信じてきたのか。戦前の新宗教に大きな影響を与えた国家神道から戦後のカルト的な教団まで、近代社会を揺るがした日本の新宗教の全貌に迫る。 第一章 新宗教としての国家神道 第二章 神憑りから生まれた草創期の新宗教 第三章 天理教の誕生と拡大 第四章 大本、生長の家、ひとのみち教団 第五章 日蓮主義と弾圧された新宗教 第六章 創価学会と戦後の新宗教 第七章 新新宗教の終末論 第一章 新宗教としての国家神道 第二章 神憑りから生まれた草創期の新宗教 第三章 天理教の誕生と拡大 第四章 大本、生長の家、ひとのみち教団 第五章 日蓮主義と弾圧された新宗教 第六章 創価学会と戦後の新宗教 第七章 新新宗教の終末論

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
59

宗教の誕生 : 宗教の起源・古代の宗教 宗教の誕生 フェティシズム アニミズム トーテミズム シャマニズム 祖先崇拝 メソポタミアの宗教 エジプトの宗教 イスラエルの宗教 インド・イランの宗教 ギリシア・ローマの宗教

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
59

宗教史の発見 宗教学と近代 宗教学と近代

ハンス・G.キッペンベルク
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
59

宗教はAI社会で誰の心を救うのか 生命操作時代における「いのち」 遍在化する人工知能は宗教に何をもたらすのか 私たちは全体性を振り返ることができるのか パネルディスカッション 特別座談会

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
59

イスラーム基礎講座

渥美 堅持
東京堂出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
59

創価学会

田原 総一朗
毎日新聞出版

なぜ、これほどまでに強いのか? 草創期から現在まで、創価学会を50年以上追い続けた ジャーナリスト・田原総一朗による渾身の書き下ろし! 1930(昭和5)年の創立以来、日本では827万世帯、世界では192カ国・地域に会員を有する。幾度も窮地に立たされながらも、決して揺らぐことのなかった創価学会。その強靭さを支えたものとは何か。創価学会・公明党関係者にインタビューを敢行。3年にわたる取材を通して、田原総一朗が日本を代表する宗教団体の核心に迫る。創価学会論の決定版! 「度重なる試練に直面し、創価学会は間違いなく衰退するであろうという世論の推測を見事に裏切り、その都度、ピンチをチャンスに変えるという驚くべきエネルギーをもって、逆境を乗り越えてきたのである。どうやら、創価学会の強さは我々には想像も及ばないほど堅固なものらしい。池田会長と学会員たちの間には、単なるカリスマ論では語れない、尋常ならざる強靭な結びつきが存在していることもうかがえる」(「はじめに」より) 第1章 創価学会の誕生 第2章 創価学会の拡大と救済論 第3章 政治進出と池田大作の会長就任 第4章 「言論・出版問題」と創価学会の近代化 第5章 第一次宗門問題の真相 第6章 第二次宗門問題と「平成の宗教改革」 第7章 公明党の連立政権参加とその舞台裏 第8章 世界宗教への道程と挑戦 第9章 特別インタビュー 原田稔会長に聞く

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
59

はじめに──宗教の四段階構造論 第1部 祖先崇拝の論理 フュステル・ド・クーランジュ『古代都市』 加地伸行『儒教とは何か』 柳田國男『先祖の話』 第2部 宗教の基礎理論 ロバートソン・スミス『セム族の宗教』 ジェイムズ・G・フレイザー『金枝篇』 エミール・デュルケム『宗教生活の原初形態』 ジークムント・フロイト『トーテムとタブー』  コラム1 「フィクション」という概念 第3部 中世における政治と宗教 マルセル・パコー『テオクラシー』 エルンスト・H・カントーロヴィチ『王の二つの身体』 菊池良生『戦うハプスブルク家』 井筒俊彦『イスラーム文化』  コラム2 政治神学とは何か 第4部 近代の国家・社会・宗教 トマス・ホッブズ『リヴァイアサン』 マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 森孝一『宗教からよむ「アメリカ」』 村上重良『ほんみち不敬事件』 南原繁『国家と宗教』  コラム3 キリスト教を理解するには 第5部 個人心理と宗教 フリードリヒ・シュライアマハー『宗教について』 ウィリアム・ジェイムズ『宗教的経験の諸相』 アンリ・エレンベルガー『無意識の発見』 ラルフ・アリソン『「私」が,私でない人たち』 E・キュブラー・ロス『死ぬ瞬間』 第6部 シャーマニズムの水脈 ミルチア・エリアーデ『シャーマニズム』 I・M・ルイス『エクスタシーの人類学』 上田紀行『スリランカの悪魔祓い』  コラム4 心霊現象と多重人格 第7部 人格改造による全体主義的コミューンの形成 ハナ・アーレント『全体主義の起原』 チャールズ・リンドホルム『カリスマ』 米本和広『洗脳の楽園』  コラム5 現代における究極的イニシエーション 第8部 新興宗教・カルトの問題 横山茂雄『聖別された肉体』 小川忠『原理主義とは何か』 大田俊寛『オウム真理教の精神史』

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
58

「過激派」と「穏健派」はどこがが違うのか? テロに警鐘を鳴らすのでも、平和な宗教として擁護するのでもない、イスラームの対…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
58

ユダヤ人の歴史 (河出文庫)

レイモンド・P・シェインドリン
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
58

ヒンドゥー教 (講談社現代新書)

クシティ.モ-ハン・セ-ン
講談社

ジュニャーナ カル バクティ インド思想のすべて 知識、行為、信愛──これらが神にいたる3つの道。その道程において、生と死、魂の救済、環境との調和など根源的な問いかけを発し続けてきたヒンドゥー教の成果と実践の姿を解説。 ●理想的な一生──人間の理想的な一生は4つの段階(四住期)からなっているとされる。第1は学生期、すなわち訓練と教育の期間、第2は家住期、すなわち一家の主人となり社会で積極的に活動する期間、第3は林住期、すなわち俗世との縁を断って森に退く期間、第4は遊行期、すなわち隠者となる期間、の4つである。……ヒンドゥー教では出家が重視されているにもかかわらず、家住期はその後の2つの段階より軽視されているというわけではない。家住期は社会構造の全体に統一と結束をもたらし、他の3つの段階はすべてのこの期間に依存していることからも、ある意味では人生の4時期の中心でもあるとみなされる。……この段階において、ヒンドゥー教とは結婚し活動的な生活をおくることになっている。──本書より ●ヒンドゥー教の本質と発展 ●インド社会の理想 ●カースト制度 ●ヴェーダ文化と教育 ●「ウパニシャッド」と「バガヴァッド・ギーター」 ●「ラーナーヤナ」「マハーバーラタ」「プラーナ」 ●6派哲学 ●バクティの系譜 ●北インドの中世神秘主義 ●バウルの系譜

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search