【2023年】「パーパス」のおすすめ 本 42選!人気ランキング

この記事では、「パーパス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 投資としての読書
  2. パーパス経営: 30年先の視点から現在を捉える
  3. 図解 組織開発入門 組織づくりの基礎をイチから学びたい人のための「理論と実践」100のツボ
  4. 世界標準の経営理論
  5. 経営者になるためのノート ([テキスト])
  6. 今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)
  7. 入門 成功する中小企業の経営 (たちばなビジネス新書)
  8. 業務スーパーの競争しない経営
  9. 経営12カ条 経営者として貫くべきこと
  10. 世界一やさしい経営戦略立案講座 (経営者新書)
他32件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100

ミッション、ビジョンからパーパス(志)へ。日本を代表するコンサルタントが解き明かす新しい経営の思想とマネジメントの形。 資本主義における基本資産は、カネ(金融資本)とモノ(物的資本)だった。ヒト(人的資産)は、資産ではなく費用(コスト)として計上されるという欠点があった。本書で提唱する「パーパス経営」の源泉は、人の思いを中心とした「パーパス」という目に見えない資産である。これは自分は何のために存在するのか、そして他者にとって価値のあることをしたいという信念である。「パーパス」は、マネジメント用語としても、ミッション、ビジョン、バリューの上位概念として注目されている。こうした考え方は、日本の企業が昔から「志」といった言葉で、強く持っているものだ(著者はパーパス重視の経営を「志本主義」と呼ぶ)。これからは、志に基づく顧客資産、人的資産、組織資産などの無形資産をいかに蓄積していくかが経営の鍵となる。昨今、注目されているSDGsは、2030年までの目標にすぎない。そうではなく、30年先の視点から現在を捉える発想が不可欠だ。本書では、国内外の100社以上の名だたる企業の変革にかかわってきた著者が、志を追求し、成長を続けるための経営の思想と、具体的なマネジメントの方法を説き明かす。 第I部 志本経営とは何か 第1章 資本主義の終焉 第2章 資本主義を超えて 第3章 志本主義の系譜 第4章 日本流再考 第5章 志本経営の時代 第II部 志本経営企業の群像 第6章 世界の志本経営企業 第7章 日本の志本経営企業 第8章 世界と日本の共通点、相違点 第III部 志本経営の実践 第9章 サステイナビリティの実践 第10章 デジタル時代に求められる進化力 第11章 「グローバルズ」のフラクタル構造 第12章 鍵を握る無形資産 第13章 MX――経営のイノベーション 第IV部 日本企業への提言 第14章 失われた30年の蹉跌 第15章 志が拓く未来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
77

組織におけるアイデンティティのマネジメント 経営戦略論における知識の成長 非正社員の雇用形態の多様化と人材ポートフォリオ グローバル人材教育への貢献 次世代につなぐ法人〈コーポレート〉ガバナンス改革 日本の株式発行市場の現状 日本における「企業-社会関係」の課題 批判理論的方法論に基づく会計の学際的考察についての概説 監査制度の正統性の補修戦略における課題 簿記における縦割り教育 新製品の普及にみる消費者間ネットワークの影響 消費者ベースの「おもてなし」マーケティング戦略 不調和に基づいた広告におけるユーモア表現の方法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
76

シリーズ累計約100万部。多くのリーダーが学んだ不朽の名著が一新! ゼロから改革モデルを創造し、不振事業を再生する 危機の現場「死の谷」から独自の戦略を生み出した男。 その軌跡と「実戦」手法を初めて全公開する。 シリーズ累計約100万部、不朽の名著が一新! 独創的な戦略経営者は日本でいかに生まれたか? 経営者の仕事で最も難しいのは不振事業の再生である。約50年間、その難業に取り組み続けてきたのが著者だ。 常に現場で「戦略」と「論理に支えられた腕力」を磨き続け、日本企業の再生手法を編み出すことに尽くしてきた。しかし、その軌跡のすべては明らかにされていなかった。 シリーズ第1巻の本書では、まだ何ものでもない20代の若者が経営者を志して歩き始め、30代早々に「戦略経営者」の初陣に撃って出る。 そこで味わった成功と失敗を赤裸々に描いた唯一無二の経営戦略書+人生論である。 ――戦略プロフェッショナルを目指す、すべての人々に捧げる。 【目次】 プロローグ 第一章 経営者になりたい  第一節 自立の志  第二節 戦略コンサルタントへの挑戦 第二章 国際レベル人材を目指す  第一節 太陽がいっぱいの大学キャンパス  第二節 米国経営者の懐に入る 第三章 経営者への第一ステップ  第一節 人生の岐路に立つ  第二節 「全体俯瞰」で見る 第四章 決断と行動の時 第五章 飛躍への妙案 第六章 本陣を直撃せよ 第七章 戦いに勝つ 第八章 戦略経営者の初陣を終える エピローグ 世界の事業革新のメガトレンド 論考八~九 ※本書は、ダイヤモンド社より2013年6月に刊行された『戦略プロフェッショナル[増補改訂版]』を全面的にノンフィクションの書き下ろしに改め、さらに新章をはじめ大幅な加筆をした決定版です。 経営者の仕事で最も難しいのは不振事業の再生である。それに挑み続けた独創的な戦略経営者はいかに生まれたのか?危機の現場「死の谷」から新たな経営者像を確立した男がその軌跡と「実戦」手法を初めて全公開する。 プロローグ 第一章 経営者になりたい 第一節 自立の志 アマチュアからの旅立ち/出会い頭の衝突、運命的な出会い 三枝匡の経営ノート1 世界の事業革新のメガトレンド 論考一~三 第二節 戦略コンサルタントへの挑戦 戦略経営の黎明期/不意に来た転機/初めての米国、世界最高水準の頭脳たち/欧州出張と英語プレゼン/新たな葛藤を抱える etc. 第二章 国際レベル人材を目指す 第一節 太陽がいっぱいの大学キャンパス 結婚と妻の言葉/アベグレンに言い出せるのか/人生の恩/「戦略経営者」を目指すetc. 第二節 米国経営者の懐に入る トップダウンプロジェクト/米国南部の工場/母の死/米国企業は「意外に大ざっぱ」 三枝匡の経営ノート2 世界の事業革新のメガトレンド 論考四~七 第三章 経営者への第一ステップ 第一節 人生の岐路に立つ 日米合弁会社の経営不振/合弁会社は引退ローテーション人事/危険なポジション etc. 三枝匡の経営ノート3 競争戦略と内部組織の一元改革 第二節 「全体俯瞰」で見る パラシュート降下/社内の雰囲気をつかむ/トップへの昇進/米国側の勝手なご都合人事/プロテック事業部に乗り込む/プロテックの市場ポジション/ジュピターの技術優位 etc. 三枝匡の経営ノート4 事業の勝ち負け――ライフサイクルと事業の成長ルート 第四章 決断と行動の時 売れない理由の犯人捜し/「価格決定のロジック」を問う/営業体制の強み、弱み/競合相手の力を探る/アクションの時間軸を見定める etc. 三枝匡の経営ノート5 あなたの選択肢は何か 第五章 飛躍への妙案 しばしの沈黙/売れないはずがない/我々は何を売っているのか?/従来思考を壊す/考える集団へ/組織の葛藤 etc. 三枝匡の経営ノート6 戦略はシンプルか 第六章 本陣を直撃せよ 最後の一押し/攻撃目標はどこか/市場をセグメントする/セグメントの魅力度をつける/最終のセグメンテーション/行動進捗を追いかける/いよいよ戦闘開始 三枝匡の経営ノート7 絞りと集中 第七章 戦いに勝つ 勝ちどき/強敵の出現/マーケットシェアを逆転する/プロテック事業部の成長 etc. 第八章 戦略経営者の初陣を終える 全社改革への取り組み/米国親会社の新たな要求/合弁解消へのセットアップ/山は動いた/戦略系と人間系のバランス/ミッションの完了/挑戦は続く エピローグ 三枝匡の経営ノート8 世界の事業革新のメガトレンド 論考八~九

みんなのレビュー
全てのビジネスパーソンに読んで欲しい名著!戦略やロジカルシンキングを謳ったコンサル本は多いが、それを読んで学んでも結局実務に活かしづらい気がする。そんな中この書籍はストーリ形式でどうやってコンサルの考え方をビジネスに活かしていくか学べる良本。
No.17
76

中小企業の持続可能な経営 100年経営と日本企業 ファミリービジネスと持続可能な経営 中小企業の社会的経営の実践 中小企業とSDGs ESG投資の特質と意義 タイ国におけるSDGsと中小企業振興

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
76

本書は、プレミアムスイーツギフト業界のトップランナーとして成長し続けている寿スピリッツが、どのような「超現場主義」で突破口を切り拓いてきたのか――経営トップとして推し進めてきた河越誠剛社長が超現場主義の真髄を明らかにした。閉塞感漂う日本経済にあって、企業再生の根幹は、経営戦略やビジネスモデルではなく、まさに現場そのものの中にあり、現場の課題を乗り超え、創造力を発揮できる人材力にあるといっても過言ではない。多くの中小企業経営者、幹部、必読の書である。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
76

本書ではアントレプレナー(起業家)とは創業者等を指す。中小企業の経営者・幹部を対象にした経営ゼミナールの副読本を加筆再版。 本書ではアントレプレナー(起業家)とは創業者等を指す。中小企業の経営者・幹部を対象にした経営ゼミナールの副読本を加筆再版。 「経営は理屈ではない。実践であり、経験であり、限りなく経営者そのものだ」。大手コンサル会社を経てコンサルタント会社を設立し、今に至る著者が、アントレプレナー(起業家)シップについて考え方を直伝。ここでいうアントレプレナーは創業者や中興の祖と言われる経営者を指す。中小企業の経営者・幹部を対象にした経営ゼミナールの副読本を再版。 はじめに Ⅰ 起業型社長の考え方と行動基準  1 高い目標と気高い理想に燃える  2 起業型社長、六つの能力  3 経営理念で全社一丸の絆づくり  4 社風づくりは基本、基本の反復連打  5 社長の“脱皮”が会社の“躍進”  6 自分だけの、自社だけの目標づくり  7 後継者体制づくりは社長の責任  8 起業型社長は社員のモデル  9 悩むときはトコトン悩み、あとは決断  10 厭なこと、済んだことは忘れる努力、気持ちを前へ  11 健康とモラルで自己管理をする  12 六分の勇気と四分のビビりが安全走行  13 一事の徹底、現実重視が戦略目標達成への基盤  14 小成から大成への挑戦  15 身近でわかりやすいライバルをもつ Ⅱ 起業型社長が醸し出す本能  1 鋭い損得勘定感覚が価値判断基準  2 クールさとワームさのバランスを保つ  3 現場感覚を磨き抜く、リアリスト  4 本音でモノを言うに徹する  5 粘って、粘って諦めずに食らいつく習性  6 ギラギラした闘争心を全面に出す  7 好きなことに徹する  8 自らを追い込む勇気をエネルギーにする  9 事実と現実から絶対に目を背けない  10 「心から…」の感情を抑えない  11 問題部門へは直接介入する勇気をもつ  12 社長は孤独、だから人が好き  13 “求心力”であることの自覚  14 各論に強いトップ  15 中途半端は失敗のもと、やる時はヤリ切る  16 会社への愛着は強烈 Ⅲ 起業型社長のマネジメント  1 計画の骨子は社長の生命  2 計画づくりには、念には念を入れる  3 年度計画はスタートが肝心  4 G-P-D-CはCが生命線  5 会議の多さはコミュニケーションの悪さ  6 モノとカネの出入りは社長が制する  7 リスクのある仕事はトップ自らが手をつける  8 社長が経験してきたことをまかせていく  9 文鎮型組織が基本  10 中期経営計画は会社の体質改善をすることが目的  11 未知の分野に進出するときには慎重を期す  12 他社の成功している部分だけを見て、真似しない  13 (判)は二つまで  14 “的”をしぼって一点集中突破  15 下へいくほどやるべきことをシンプルにする  16 月次決算は、締後五日以内完成が生命  17 「これは」と思えば、社長が介入する  18 甘く、ケジメのないマネジメントには外圧を利用する  19 ルールは必要に応じて少しずつ明文化する  20 非生産的経費は徹底的に倹約する あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
76
みんなのレビュー
天才経営者の永守氏がどのように会社を立ち上げて成長させてきたかが語られる。かなりの割合が財務・資金繰りについて語られており、偉大な企業を作るためには資金繰りが重要なのだということを考えさせられる。一方で有形商材とは違い、今はソフトウェアやコンテンツなどがお金になりネット時代。永守氏の経営スタイルとは違うスタイルで多くの成長する企業が出てきているのも事実。永守氏の経営スタイルを参考にしながら今の時代にあったスタイルを探していきたい。
No.24
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
76

どのような指標についてデータを整理・活用するのか、また開示のポイントは何かを解説。 人的資本に関して、どのような指標についてデータを整理し、組織で活用するのか、また開示のポイントは何か。ISO30414をベースに重要指標を網羅し解説。事例も収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
76

倒産の危機も4度乗り越えて上場へーーマクニカ創業者の語る「王道の経営」 半導体の技術商社として1972年、パン屋の2階で創業したマクニカ。ベンチャーキャピタルの支援もあまりない時代、まさに個人商店からスタートしたマクニカは、その後50年で連結売上高7610億円、社員数約3900人の上場企業に成長しました。半導体産業そのものが伸びた時代だとはいえ、激しい競争の中、単に物流機能のみを担う商社ではなく、しっかりとした技術力に裏打ちされた技術サポートを磨き、半導体商社ナンバーワンの地位を築き上げることができました。創業期の4度の経営危機を乗り越え、ただの一度も営業赤字に転落しなかったマクニカ。人材育成から資金繰り、M&Aや事業撤退の判断など、多くの経営者が悩む局面を、創業者・神山治貴名誉会長はどう乗り越えてきたのか?その経営哲学を余すところなく語ってもらいました。 第一章 創業期の心得 第二章 マネジメントの鉄則 第三章 経営の要諦 第四章 自らを育てる

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
76
みんなのレビュー
いかに利益をあげる意識が大事かということを経営者視点で学べる。こちらの書籍を経営者として読んでおくことで健全な経営ができるはず。ただ、実務レベルで万人受けするのはおそらく著者のファンダメンタルズマーケティングの方だと思う。
No.32
76

コロナ禍により、今、経営者の真価が問われている。至高の経営者により発せられた信念のメッセージが、あなたの事業を成功へと導く! 闘うリーダーのリアルがここにある。 「ど真剣」な47の講話に、魂が震える! 至高の経営者により発せられた信念のメッセージが、 あなたの行く道を照らしてくれる。 近年、コロナ禍もあり、世界そして日本の企業をとり巻く社会環境の変化は速度を増すばかりです。 変えるべきか、変えざるべきか――。今、的確な決断が求められている経営者・経営幹部に、ぜひとも読んでもらいたい書です。 <収録されているメッセージの中から> ◆心の通う、心で結ばれた集団をつくる◆ 経営には、モノもカネも大事だが、いちばん強くて頼りになるのは「人の心」である。だからこそ、心で結ばれた強固な集団をつくることに焦点をしぼり、人の心をベースとした経営をしていくのである。 ◆部下をどこまで見ているか◆ 本当に心血を注いで従業員を見ているか。言動を見聞きするなかで、全部見抜いていって、最終的な評価をしているか。「ルールに従って」ではなく、「どこまで見ているか」が結局は、人を評価する決め手になる。 ◆知的なバーバリアンであり続ける◆ 海図も羅針盤もない未知の世界に踏み込む。そのときに、常に自分一人で、新しいことに挑戦して生きてきたという自信がないと、前に進めなくなってしまう。何かに頼ろうとする生き方では、創造的な仕事はできないのだ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
76

はじめて経営学を学ぶ社会人の方が、全体像と重要ポイントをざっくりと掴める入門書です。経営学は専門用語も多くハードルが高そうに感じますが、まずは必要なところをツマミ食いするだけでも、十分役に立ちます。本書では、専門用語はできるだけ使わず、豊富な図解で解説。「経営学を学ぶことで見えるキャリアパス」などの実用的な情報や、「働き方改革」「IoT」「RPA」など最新の話題も取り上げています。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
76

「働きがいのある会社」ランキング7年連続選出 経常利益10億を超える人材教育会社を創業から一代で実現! 理念経営を実践する鍵は、 経営者である前にひとりの個人としての『理念』にあった。 人を幸せにする経営は、 ひとりの個人の『理念』からはじまる。 経営者にまず必要なのは、自分自身との対話だ。 『理念』をお題目で終わらせない。 結果につながる『人生理念』を確立する方法とは? 日本の中小企業経営者に力を与える一冊。 ●渡邉美樹(ワタミ株式会社代表取締役会長兼社長)ほか推薦 第1章 なぜ経営するのか──経営者は自分との対話が必要だ 第2章 縁ある人を幸せにする「人軸経営」 第3章 ぶれない人軸経営の実践は、経営者の「人生理念」の確立から始まる 第4章 「人軸経営」の極意は会社と個人の理念を一致させること 第5章 人の心を知る経営者だけが成功する──「人軸」を確立するための選択理論心理学 第6章 縁ある人を幸せにし社会に必要とされる「クオリティ・カンパニー」への道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
76

事業ポートフォリオの組換えと企業価値向上

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
76
みんなのレビュー
クロネコヤマトの社長が宅急便にカジを切って大成功した時のことが書いてある。周りからは反対されて黒字になるわけないと言われていた個人宅配を見事に軌道にのせた先見の明には脱帽。ネットワーク効果を見越して必ず黒字転換点があるはずと見込んでの一手。経営者がぜひ読むべきオススメの1冊。
No.40
76

米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が世界最先端の経営学から得られるビジネスの見方を分かりやすく紹介 ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ。 「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」 米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、 世界最先端の経営学から得られるビジネスの見方を、 日本企業の事例も豊富にまじえながら圧倒的に分かりやすく紹介。 世界の最先端の「知」こそが、現代のビジネス課題を鮮やかに解き明かす! 【Part1】いま必要な世界最先端の経営学 第1章 なぜビジネススクールでは最先端の経営学が学べないのか 第2章 「経営学は役に立たない」についての二つの誤解 【Part2】競争戦略の誤解 第3章 あなたの会社の戦略がうまくいかない、最も根本的な理由 第4章 成功しやすいビジネスモデルの条件とは何か 【Part3】先端イノベーション理論と日本企業 第5章 イノベーションの絶対条件!「両利きの経営」を進めるには 第6章 なぜ大企業は革新的イノベーションについていけないのか 第7章 「チャラ男」と「根回しオヤジ」こそが、最強のコンビである 【Part4】最先端の組織学習論 第8章 組織の学習力を高めるには、「タバコ部屋」が欠かせない 第9章 「ブレスト」のアイデア出しは、実は効率が悪い! 第10章 「失敗は成功のもと」は、ビジネスでも言えるのか 【Part5】グローバルという幻想 第11章 真に「グローバル」な企業は、日本に3社しかない 第12章 「世界がグローバル化した」「フラット化した」を疑え 【Part6】働く女性の経営学 第13章 日本企業に、ダイバーシティー経営は本当に必要か 第14章 男性中心職場での「できる女」の条件 【Part7】科学的に見るリーダーシップ 第15章 これからのリーダーシップに向くのは、どのような人か 第16章 成功するリーダーに共通する「話法」とは 【Part8】同族企業とCSRの功罪 第17章 日本最強の後継社長は「婿養子」である 第18章 CSR活動の思わぬ副次効果とは 【Part9】起業活性化の経営理論 第19章 日本の起業活性化に必要なこと(1)簡単な「キャリア倒産」 第20章 日本の起業活性化に必要なこと(2)サラリーマンの「副業天国」 第21章 成功した起業家に共通する「精神」とは 【Part10】やはり不毛な経営学 第22章 「もうかる理由って結局なに?」を突き詰める学者たち 第23章 「リソース・ベースト・ビューが捉えきれないこと」とは何か 【Part11】海外経営大学院の知られざる実態 第24章 ハーバードを見て、米国のビジネススクールと思うなかれ 第25章 米国の大学の裏事情は、中国人が一番知っている 第26章 来たれ! 世界最先端の経営学を語る人材よ 【経営学ミニ解説】 (1) メタ・アナリシス (2) リアル・オプション理論 (3) 知の探索 (4) トランザクティブ・メモリー (5) AAA分析 (6) 組織の進化論 (7) 内発的な動機 (8) エージェンシー問題 (9) 四つの不確実性

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
76

仕事も人生もWin-Winに そんな方法を考えてみよう!“企業経営”と“人生設計”にはたくさんの共通点がある。 仕事も人生もWin-Winに そんな方法を考えてみよう!“企業経営”と“人生設計”にはたくさんの共通点がある。 仕事も人生もWin-Winに そんな方法を考えてみよう “企業経営”と“人生設計”にはたくさんの共通点がある。 業歴40年のベテラン経営コンサルタント、自動車関連会社の元社長、統計学者が、それぞれの立場から、学び方、仕事のやり方、人生設計の考え方、ビジョン実現の方法、そして失敗への対処まで教えます。 ★書き込みできるワークシートがたくさん用意されています★ 序 章 経営はアート、管理はサイエンス(岡崎) 第1章 学びのスタイルとファクトファインディング(藤江) 第2章 幸せと達成感(藤江) 第3章 自分の人生設計を考える(岡崎) 第4章 ビジネスプランを考える(岡崎) 第5章 確実にビジョンを実現するために(佐久間) 第6章 失敗を活かす(佐久間)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search