【2023年】「コンサルタント」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「コンサルタント」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」
  2. コンサル一年目が学ぶこと 新人・就活生からベテラン社員まで一生役立つ究極のベーシックスキル30選
  3. 新版 考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則
  4. ロジカル・シンキング (Best solution)
  5. 外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック
  6. 地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
  7. 戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ
  8. 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
  9. リバース・イノベーション
  10. 戦略「脳」を鍛える
他90件
No.1
100
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.6
73
みんなのレビュー
学生時代にフェルミ推定の練習のために読んだ本。非常に分かりやすくロジカルシンキングについて学べるが練習問題などは豊富ではないので、練習用の書籍としては物足りないかもしれない。
No.8
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
71

リバース・イノベーション

ビジャイ・ゴビンダラジャン
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
70

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法

名和 高司
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
コンサルのフレームワークとそれの具体的な活用方法が学べる
No.15
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
69
みんなのレビュー
ロジカルシンキングの定番本と言えばこれ!学生のころ読んで感動した。MECEに考えるということはどういうことかが分かりやすく書いてある。就活対策としても使えるので学生にも是非読んで欲しいし、全てのビジネスパーソン必読の本でもある。少し古めの本であるが色あせない良本。
No.19
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
68

何のためにコンサルは存在し、何をもたらしてきたのか?世界の企業・政府に影響を及ぼし続ける強大な力の正体とは?経営コンサル100年の歴史を一気読み! 第1章 経営コンサルティングの歴史(戦略系・会計事務所系・IT系 三種の経営コンサルティング-世界のビッグファーム 経営コンサルティングは、フレデリック・テイラーから始まった! ほか) 第2章 日本の経営コンサルティング業界(欧米発の経営コンサルティングはどのようにして日本に浸透していったのか?-外資系ファームの進出と国内系ファームの誕生 グローバル市場の縮図と化す国内市場 「戦略」市場を握る外資系ファーム-国内系ファームが育たない理由とは? ほか) 第3章 コンサルが動かした政府・企業の大型プロジェクト(「郵政民営化」-そこでコンサルタントの果たした役割とは?‐元マッキンゼー・宇田左近氏に聞く KIOP21プロジェクト-キヨスクの大変革をコンサルはどう支えたか?‐アーサー・D・リトル森洋之進氏に聞く ほか) 第4章 経営コンサルタントの実務-体験談で綴る、コンサルの知られざる現実(経営コンサルタントになるには(1)採用-論理的思考力を見る新卒採用の「ケース」 経営コンサルタントになるには(2)能力と適性-求められる二つの能力 ほか) 第5章 コンサルティング業界に求められる"変革"(日本はなぜ"コンサル後進国"なのか 企業とコンサルのミスマッチ(1)対象-会社ではなく、人を「対象」とするコンサルを選べ ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
62

ITコンサルティングのすべてを網羅したロングセラーが、AI、IoTなど最新情報を盛り込み新版化。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
62

第1章 ITコンサルティングとは何か 第2章 ITコンサルティングのテーマ 第3章 ITコンサルティングのツール 第4章 ITコンサルタントのスキル 第5章 ITコンサルタントのキャリア 第6章 ITコンサルタントになるための就職・転職ノウハウ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
62
みんなのレビュー
Webマーケティング、特にSEOやコンテンツマーケティングを学びたいのであれば、真っ先に読んで欲しい本。ストーリー形式で読みやすくエッセンスが詰まっている。
No.33
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
61
みんなのレビュー
スタートアップを立ち上げるために必要なリーンスタートアップという考え方を学ぶために読んだ。今の時代、スタートアップでも大企業でもどんな組織でもリーンスタートアップの考え方は重要で、小さいことをクイックに行い小さい成功をおさめてそこから雪だるま式に大きくしていくことが大事。小さい状態で失敗しても大きな痛手ではないので、とりあえず作ってみて検証する!ただ小さくはじめると小さくおさまってしまうという考え方も提唱している人がいて面白いと思った。イーロン・マスクなどはスペースXを起業する際に小さくなんか始めていない。出来るだけクイックに動いていたが最初から巨額の投資をしていた。イーロンはPaypalの売却益で巨額の富を得ていたからという人もいるが、それでも足りないくらいの額を突っ込んでいる。巨額の富を得ると、そこから小さく色んなところに投資してどれか当たればよいという考えてしまうケースが多い気がするが、本当に偉大なことを成し遂げたいのであれば小さく始めるという思考を取り払って大きく勝負に出ることも必要かもしれない。
No.35
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
61

著者コンサル歴30年「仕事論」の集大成!戦略コンサルが実践している「仕事の本質と全技法」を1冊に凝縮! 【ついに出た!累計30万部の大ベストセラー『現場力を鍛える』『見える化』の遠藤功氏、経営コンサルタント30年の「仕事論の集大成」が1冊に!】 【読めば、働き方の「スキル」も「マインド」も変わる!全く「新しい仕事論」が、「渾身の書き下ろし」でついに登場! 】 【こんな本が欲しかった!「戦略コンサルタントが実践している全エッセンス」が1冊に凝縮!】 【コンサル志望者は絶対に必読!実際のコンサル事例も多数紹介!】 【ビジネスパーソンなら誰が読んでも面白い!自分の仕事にも応用できる「究極の思考法」「人を動かす極意」「脳を活かすマインドと習慣」全部がわかる!プロ人材を目指す最強の1冊!】 【究極の思考法】 ★「クリエイティブ・シンキング」の秘訣 ★6つの発想法で「論理思考」を超える ★「筋のいいロジック」の組み立て方 ★「骨太のロジック」を生み出す「本質思考」のすすめ ★「動的なシナリオ」のつくり方 ★変化に対応できる「シナリオ・プラニング」の極意 【人を動かす極意】 ★「やってみよう!」と人を動かす秘訣 ★相手を「プロセス」に巻き込み、関係性を深める ★トップコンサルタントの「聞く力」「話し方」「動き方」 ★ 「耳で聞く」より「心で聴く」方法 ★熱意は行動で示す 【脳を活かすマインドと習慣】 ★プロとしての自覚・心構え ★「For the client」に徹し、「結果」にこだわる ★「刺さる」プレゼン・スライド作成術 ★「言葉の結晶化」で、「記録」よりも「記憶」に残す ★プロが実践している「新聞・読書術」+「時間術」 ★日経新聞を読むコツ、忙しくても月15冊読む方法 ★メモ・ノート術もすべて公開  ★ノートは2冊使い分け、メモで「思考の上書き」をする トップコンサルタント、30年の「仕事論」の集大成! この1冊で「頭の知性」「心の知性」「プロフェッショナル・マインド」を磨き、 どの組織でも一線で働ける「超一流のプロ人材」になろう! 【第I部 戦略コンサルタントの価値とは何か】 ★第1章 まずは戦略コンサルタントの歴史を振り返る ★第2章 私のコンサルティングキャリア(その1)――BCG、AC、BAHで私が学んだこと ★第3章 私のコンサルティングキャリア(その2)――ローランド・ベルガーで私が学んだこと ★第4章 戦略コンサルタントという「仕事の本質」は何か ★第5章 「一流の触媒」が常に意識する「5つのこだわり」 【第II部 どうすれば「一流の触媒」になれるのか】 ★第6章 「一流の触媒」になるための3つの条件 ★第7章 「頭の知性」を磨き、使いこなす技法 ★第8章 「心の知性」を磨き、使いこなす技法 ★第9章 「プロフェッショナル・マインド」とは何か? ★第10章「一流の触媒」になるために、私が続けている「7つの習慣」 ★第11章 プロフェッショナルのキャリア論――「プロ化」するビジネス社会での働き方、生き方 参考情報 一流の戦略コンサルタントを目指す人のための「必読の10冊」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
61

SDGsが問いかける経営の未来

モニター デロイト
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
60
みんなのレビュー
コンサルを目指している人やロジカルシンキングを身に着けたいビジネスパーソンに圧倒的におすすめな書籍。コンサルのフレームワークは抽象論ばかりで具体的な実務につなげるのが難しい場合が多いが、この書籍を読めば実務につなげるイメージが間違いなく湧く。ストーリー形式で話が進み、スラスラ読める。物語としても面白い。
No.43
60

カーボンZERO 気候変動経営

EYストラテジー・アンド・コンサルティング
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
60
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.49
60
みんなのレビュー
普段の仕事や生活で自分の時間がなくて常に何かに追われている感覚があるのであれば是非読んで欲しい!本質的でないことは全て捨てて自分のやりたいことにフォーカスしよう!一度きりの人生、悩んでいる時間は無駄。社会人になりたてで四苦八苦している人がいたら是非読んで欲しい。
No.50
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
60
みんなのレビュー
期待度が高かっただけあって、それほど学びがなく残念だった。顧客一人にフォーカスしたN1分析は確かにデータ分析の初期シーンでよく使うので考え方としては分かるが、そこからマーケティングに転化していくイメージがあまり湧かなかった。
No.54
60

ポスト会計時代の基本知識はコレだ。 第1章 会計とファイナンスはどう違う? 第2章 ファイナンス、基本のキ 第3章 明日の1万円より今日の1万円-お金の時間価値 第4章 会社の値段 第5章 投資の判断基準 第6章 お金の借り方・返し方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
60

ビジネスでも趣味でも、絶えず新しい知識や技術の習得が人生を豊かにする。そのために必要な上達術を認知心理学に基づいて紹介する。 仕事でも趣味でも、たえず新しい知識や技術の習得が、人生を豊かにする。英会話、パソコン、ゴルフ、さらに、あらゆる資格や稽古ごと等々。やる限りは上達したいものである。万年初心者ではつまらない。では、上達を極めた人と、そうではない人と、どこが違うのだろうか?▼本書は、記憶心理学、学習心理学、記憶心理学などをベースに、上達法を科学的に分析。まず、「できる人」の記憶の構造はどうなっているのだろうか。アイコニックメモリ(感覚記憶)、ワーキングメモリ(作動記憶)、長期記憶などについて説明する。そして、上達の力学が<スキーマ>や<コード化>という能力にあることを解明。その理論から独自の上達ノウハウを披露する。「得意なものにこだわる」「大量の暗記暗唱法」「マラソン的訓練法」等々。さらに上達のプロセスで必ず訪れる「スランプ」とは何か、その対策も論じている。▼努力が報われるために、本人だけでなく、親、教育者、コーチ必読の書。 ●第1章 能力主義と上達の法則 ●第2章 上達と記憶のしくみ ●第3章 上達した人はどこが違うのか ●第4章 上達の方法論――中級者から上級者になるステップ ●第5章 スランプの構造と対策 ●第6章 上級者になる特訓法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
60

「明日からメディアを立ち上げてくれ!」と言われたら、どうしますか? 良くも悪くも話題に事欠かないオウンドメディア。ウェブ上でメディアを立ち上げる技術的なハードルが下がったことで、様々なメディアが生まれる一方、正確性や倫理性の観点から多くの問題点も指摘されています。では、どうやったら、読者から愛されるメディアを、「自分たちで」つくり、続けていくことができるのでしょうか? 本書は、アイティメディア(誠Biz.ID)、Engadget日本版をはじめ、数々のメディアの立ち上げ・運営に携わってきた著者による、自社でコンテンツを生み出し、読者に喜ばれるメディアに育てていくための現場のノウハウをまとめたものです。 これからオウンドメディアを立ち上げようとしている方、既に運営しているけれどうまくいかないとお悩みを抱えている方、またウェブではないところでメディアに関わっている方にも、是非読んでいただきたい一冊です。読み手も、書き手も、運営元もハッピーになるメディアをつくるコツを、ぜひ本書でつかんでください。 はじめに 1 知る 1-1 なぜ、みんながメディアをやりたがるのか? メディアって何?  お母さんとお姉さんの間を取り持つ〝妹〞=メディア  受け手に何を想起させるか 根底にある「伝えたい」という欲求  コンテンツの力 1-2 変化する、企業とメディアの関係 従来の「企業とメディア」、インターネットが変えたもの  コンテンツと企業の「商品を広告する」行為  企業とメディアの関係 インターネット広告とマス広告 コンテンツの三要素 1-3 そもそもオウンドメディアってどんな役割でしたっけ? オウンドメディアが生み出すもの  「メディア」は、オウンド、アーンドで変わるのか?  オウンドメディアの立ち位置 B2CかB2Bか、ゴールに至るまでのスパンの違いを理解する 誰のために作るのか? 1-4 ケーススタディ 「サイボウズ式」の場合―サイボウズ式っぽい場をチームで作る 「東京大学 中原淳研究室-大人の学びを科学する」の場合―研究者が作るエコシステム 「コカ・コーラ ジャーニー」の場合― コーポレートサイトのメディア化 2 作る 2-1 目的を明確にする 何をベネフィットとするか?  目的は何か?  対象とするユーザー  ユーザーにどうなってほしいか? 指標となる部分を明確にする  数値で表せるものと数値で表せないもの  それでも数値に表してみる 始めやすさ、閉じやすさ  ボトムアップで始める場合  トップダウンで始める場合  お試しでやってみる  “終わり”を意識する コンテンツの種類とライフサイクル  コンテンツの種類  コンテンツのライフサイクル 2-2 チームを作る P/L表で予算配分を考える  メディアに必要な役割(機能)  「編集」仕事は予算化が難しい 記事制作のフローとチーム編成  全体がわかる人=編集長を置く  スタッフの配置、社内と社外の切り分け  内部スタッフの権限とモチベーション維持  外部に委託する  異なる業界をまたぐコミュニケーション  原稿(著作物)に対する著作権の取り扱い  外部ライターを守る著作権  どこまでが「引用」か  無断コピペを水際で防ぐ  取材写真と肖像権 2-3 インフラ側の準備 コーポレートサイトのドメインか別ドメインか  始めやすい「新ドメイン+CMS  オウンドメディアをやめるとき デザインの発注  コンテンツありきでパッケージを考える 2-4 コンテンツを作る 記事の種類と更新頻度の決定  どんな記事を作ればいいか?  「プロではない」見せ方  「やらないこと」を決める  さまざまな「読者目線」があっていい  企画のアイデア出し トーン&マナー設定  文体の決定  「用字用語」ルールを決める  新規立ち上げ時の公開までのタイムスケジュール 実際始まったあとのルーチン 3 育てる 3-1 運用が始まったら ルーチンの見直し  記事の反応はどうだったか?  外部スタッフを交えた振り返り  社内スタッフの振り返り 3-2 スタッフのモチベーションをどう維持するか まず、話を聞く 評価と目標管理 3-3 読者とのコミュニケーション ソーシャルなフィードバックをどう活かすか  炎上ってそんなに怖いもの? リアルイベントで読者とつながる 3-3 うまくいっていない場合 そもそも「失敗」なのか?  目的は何か?  オウンドメディアのオーナーは誰か? 問題の本質は何か?  「問題はこれだ」という共通認識 Appendix オウンドメディアの可能性―対談:鷹木創×佐藤ねじ氏

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
60

デジタル・トランスフォーメーション(DX)で伝統産業を変革し、岩盤市場を崩す。躍進スタートアップの事例から成功の秘訣を探る。 デジタルトランスフォーメーション(DX)をテコに起業する! 成功事例を、3つの軸で徹底分析! 琴坂将広氏(慶應義塾大学准教授)、田所雅之氏(ユニコーンファームCEO)らが変革を起こす戦略を説く デジタル技術によって人々の生活やビジネスに変容を起こすことを、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」と言います。DXとは単なるIT化を指すのではありません。組織やビジネスモデルのあり方を変革し、提供する顧客価値の質を抜本的に変えることです。 DXはすでに事例が存在する時期に入っています。その具体例として、本書ではDXで成功した20社のスタートアップの事例を紹介します。 これらを「伝統産業へのデジタル技術投入」(Part2)、「岩盤市場のデジタル変革」(Part3)、「コロナ禍を逆手に取ったイノベーション」(Part4)の3つのジャンルに分類しました。 最初の「伝統産業」は、デジタル技術を投入することで180度あり方が変わるポテンシャルを秘めた分野です。これまで何らかの正しかった理由が存在し、デジタル化が遅れていた分、たまりにたまっている余力があります。「変わらなければ」という強い問題意識を持った2代目、3代目経営者も多くいます。 次の「岩盤市場」は、国の規制などによって護衛され、テコでも動くことのなかった市場です。医療や教育、行政などが良い例です。今、その大陸が揺れ始めています。このチャンスを見逃さず、成功をものにした事例を紹介します。 3つ目が「コロナ禍を逆手に取ったイノベーション」です。「コロナ禍だからできない」ではなく、「コロナ禍だからこそ」実現できた成功事例です。逆境によって業態を変革し、顧客価値を創出した企業を紹介します。 ――本書冒頭「既成の価値観が覆る今こそ「新たな事業の力」で世の中を変えよう」より抜粋 注目企業・団体が多数登場! ・伝統産業へのデジタル技術投入 シタテル/ガラパゴス/Seibii/ヴァルトジャパン/CAVIN/キャディ ・岩盤市場のデジタル変革 CureApp/ドクターメイト/日本クラウドキャピタル/ミーミル/Public dots & Company+スカラ/品川女子学院/みんなのコード/滋賀県日野町/東京都北区/ONIGILLY ・コロナ禍を逆手に取ったイノベーション タイミー/リゾートワークス/助太刀/MOSH/asken/TTG 既成の価値観が覆る今こそ「新たな事業の力」で世の中を変えよう 守屋 実 Part1 DXによる起業の成功戦略 ・DXを歴史的なムーブメントとして捉え、伝統産業にイノベーションを起こす。 琴坂将広さん ・「岩盤」市場にこそ起業のチャンスがある。 加藤浩晃さん ・コロナ禍という逆境から価値を創出。人材開発業界が見せた新たな変容の姿。 加島禎二さん ・「3階建て組織」で、DXの攻守を最適化する。 田所雅之さん Part2 伝統産業へのデジタル技術投入 ・シタテル[アパレル業界のDX] ・ガラパゴス[デザイン業界のDX] ・Seibii[自動車整備業界のDX] ・ヴァルトジャパン[障がい者活躍支援のDX] ・CAVIN[フラワー業界のDX] ・キャディ[モノづくりのDX] ・COLUMN ジェネシア・ベンチャーズ[「型」としてのDX] Part3 岩盤市場のデジタル変革 ・CureApp[医療業界のDX] ・ドクターメイト[介護市場のDX] ・日本クラウドキャピタル[投資・資金調達のDX] ・ミーミル[コンサルティング市場のDX] ・Public dots & Company/スカラ[社会課題解決のDX] ・COLUMN みんなのコード/品川女子学院[教育現場のDX] ・COLUMN 滋賀県日野町/東京都北区[行政のDX] ・COLUMN ONIGILLY[米国飲食産業のDX] Part4 コロナ禍を逆手に取ったイノベーション ・タイミー[働き方のDX] ・リゾートワークス[ワーケーションのDX] ・助太刀[建設業界のDX] ・MOSH[サービス販売のDX] ・asken[栄養指導のDX] ・TOUCH TO GO[無人販売のDX] ・COLUMN 博報堂[オープンイノベーションのDX] 動いた人にだけ道は拓ける 守屋 実

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
60
みんなのレビュー
ページ数が多く読み切るには根気がいるが、中身は目から鱗の内容ばかり。知っておくだけど対人関係が有利に働く法則などが多く学べる。
No.63
60

理性的な若者をテロリストに変貌させる技術は、国家レベルで長く研究されてきた。アマゾンで部門1位のロングセラー、待望の新書化。 「本書は21世紀の必読書である。」――佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦! 問題は、カルト宗教やテロ集団だけではない。自己愛と孤独の現代、マインド・コントロールの罠に落ちる人は、ますます増えるだろう。 古くから暗示や催眠術として存在したマインド・コントロール。その後、心理療法として発展し、ソ連やアメリカにおいては、行動を直接コントロールする「洗脳」技術が国家レベルで研究された。現代ではあらゆる組織、家庭の中ですら、技術の応用が見られる。 心の崩壊と戦う現役の精神科医が、マインド・コントロールする側の特性、されやすい人のタイプ、その歴史、原理と応用など、「騙されたと気付かれずに騙す技術」のすべてを解説する。 2012年に刊行され、各界で話題になったロングセラー、待望の新書化! 第一章 なぜ彼らはテロリストになったのか 第二章 マインド・コントロールは、なぜ可能なのか 第三章 なぜ、あなたは騙されやすいのか 第四章 無意識を操作する技術 第五章 マインド・コントロールと行動心理学 第六章 マインド・コントロールの原理と応用 第七章 マインド・コントロールを解く技術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
60

MBAクリティカル・シンキング

グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社

MBAシリーズ第8弾!勝ち残るために「論理的思考力」を鍛える!論理展開、因果関係、構造的アプローチなど、実践的思考法を演習の繰り返しで習得。 クリティカル・シンキングを始める前に 第1部 論理を解き明かす(論理展開の基礎 因果関係を見極める) 第2部 構造を解き明かす(構造的アプローチ ケーススタディ)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
60

ボストン・コンサルティンググループの最強理論。世界のトップ企業がこぞって導入する戦略原理とは何か。 第1章 競争優位の6つの視点-21世紀における競争戦略 第2章 株主価値-バリュー・マネジメント 第3章 顧客価値-セグメント・ワン 第4章 バリューチェーン-デコンストラクション 第5章 事業構造-プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM) 第6章 コスト優位-エクスペリアンス・カーブ 第7章 時間優位-タイムベース競争

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
60

政府・官公庁・社会運動団体・マスコミが発表する社会調査の大半はゴミである。我々はいかにしたらデタラメ社会から脱却できるか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
59

課題解決のための情報収集 (21世紀スキル)

河村有希絵
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59

ゼミナール経営学入門 第3版

伊丹 敬之
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

事業構造改革、コーポレートガバナンス、場のマネジメントなど、最新のトピックスを交えて、躍動感に満ちた企業のメカニズムを解明する「生きた経営学」の決定版。大学生、ビジネスマン、MBA志望者、必読のスタンダードテキスト。 企業のマネジメントとは 第1部 環境のマネジメント(戦略とは何か 競争のための差別化 ほか) 第2部 組織のマネジメント(組織と個人、経営の働きかけ 組織構造 ほか) 第3部 矛盾と発展のマネジメント(矛盾、学習、心理的エネルギーのダイナミックス パラダイム転換のマネジメント ほか) 第4部 企業と経営者(企業という生き物、経営者の役割 コーポレートガバナンス)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
59
みんなのレビュー
クロネコヤマトの社長が宅急便にカジを切って大成功した時のことが書いてある。周りからは反対されて黒字になるわけないと言われていた個人宅配を見事に軌道にのせた先見の明には脱帽。ネットワーク効果を見越して必ず黒字転換点があるはずと見込んでの一手。経営者がぜひ読むべきオススメの1冊。
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
59

「日本の経営」を創る: 社員を熱くする戦略と組織

三枝 匡
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

逆風こそ、変革の好機。事業を元気にする組織概念、人の心を動かす戦略…アメリカ流の後追いではない、独自の経営スタイルを編み出せ。 第1章 アメリカ流経営、九つの弱み 第2章 「日本的経営」も威張れたものではない 第3章 論理化する力・具体化する力 第4章 日本における「経営の原理」 第5章 「創って、作って、売る」サイクルの原理 第6章 人の心を動かす戦略 第7章 事業の再生、大組織の改革 第8章 抵抗勢力との闘い 第9章 失われてきた経営者育成の場 第10章 今、求められる経営者人材

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
59
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.90
59

変革をリードする経営パワーを持つ人材が枯渇している。倒産寸前の会社に若き戦略型リーダーが舞い降りて、ついに成長企業に蘇らせる!実話に基づく迫真のケース。前著『戦略プロフェッショナル』より進んだ戦略手法の応用から抵抗勢力との闘い、リーダー育成法まで実践解説。 第1章 袋小路 第2章 白旗あがる 第3章 混沌の世界 第4章 零への回帰 第5章 成功への絞り 第6章 試練の谷 第7章 飛翔の時 第8章 最後の関門

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
59
みんなのレビュー
外資系コンサルがどのようにプレゼン資料を作りプレゼンをするかが体系立てて学べる良本
No.92
59
みんなのレビュー
三枝さんの書籍は戦略的思考がストーリ形式で学べるので読みやすくそれでいて学びが多い。ある男が会社をV字回復に導くまでの苦悩と戦略のストーリー。
No.93
59
みんなのレビュー
SaaS系のプロダクトをどうやってスケールさせていくかの緻密な営業戦略が学べる。このスキームに沿ってほとんどのSaaS企業が営業組織を作っている。SaaS系を目指す経営者やSaaS系で働く会社員は全員読んでおいて損しない1冊。
No.94
59

経営戦略の巨人たち: 企業経営を革新した知の攻防

ウォルター キーチェル三世
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

現代ビジネス界に「戦略」を持ち込み、企業経営に革命をもたらした新しい知識人たちの苦闘の現代史。マッキンゼーやボストン・コンサルティング、ハーバード・ビジネス・スクールなどの攻防を描く。 解明すべき謎としての戦略 戦略を定義したブルース・ヘンダーソン 経験曲線の衝撃 マトリックスという武器 ビル・ベインが望んだこと マッキンゼーの目覚め マイケル・ポーター、奇想天外な世界に出会う 人間の重要性 生まれなかった新しいパラダイム 戦略を実現するための闘い〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
59

物流業の若手、新人、製造業・流通業の物流担当必読。輸配送、荷役、保管、流通加工、梱包・包装、情報管理-物流6大機能が図解ですっきりわかる! 1章 物流機能の基本 2章 調達・生産・販売物流の基本 3章 輸送業務の基本 4章 倉庫業務の基本 5章 物流情報システムの基本 6章 物流コストの基本 7章 ロジスティクス業務の基本 8章 次世代ソリューションの基本

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59
みんなのレビュー
仕事をする上でのエッセンスが詰まっている書籍。どのビジネス書を読んでも失敗がない山口周さんだが、これはそんな書籍たちの中でもトップクラスに有用。
No.99
59

ドリームインキュベータ創業者にして、元BCG日本代表という、まさに日本の戦略コンサルタントの第一人者である著者が、初めてその本業である「コンサルティング」について語る!その仕事の流儀、本当の役割、求められる能力から、知られざる歴史や「お金」の話まで。コンサルティング業界の人はもちろん、それ以外の人にも多くの発見がある、全ビジネスマン必読の書。 はじめに 「何が問題か」が最大の問題である 第1章 経営戦略コンサルティングの誕生 第2章 なぜ、コンサルティングが必要なのか? 第3章 コンサルタントは、生半可な能力では務まらない-求められるスキルとマインド 第4章 コンサルタントは「プロフェッショナル」である-その仕事の流儀と覚悟 第5章 コンサルティング・ファームを使いこなせる企業が勝つ 終章 これからのコンサルティング-コンサルティングを超えて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59

日本人のライバルは中国、インドのトップ10%、これからは、リーグ戦を勝ち抜いた経営者の時代になる、仕事ができるかどうかのポイントは、ストレス耐性、一般解を求める経営者は、答えを先送りする、失敗がないのは、勝負してないことの証、プロフェッショナルは、人間の苦悩と対峙する仕事、ほか、ガチンコ勝負でプロフェッショナルをめざす、リーダーに必要なのは「ストレス耐性」と「胆力」だ。 第1章 カイシャ幕藩体制の崩壊(21世紀の日本人は、カイシャ幕藩体制では幸せにはなれない 下部構造が傷み始めたとき、上部構造はもっと傷んでいる ほか) 第2章 産業再生機構の修羅場で見えたもの(仕事ができるかどうかのポイントは、ストレス耐性 経営責任は、だれにもとれない ほか) 第3章 戦闘力を身につけろ(グレてストレス耐性を身につける 若さゆえにとれるリスクに身をゆだねろ ほか) 第4章 戦闘力はこう使え(経営の本質は「片手にそろばん、片手に論語」 リーダーに求められるのは、不断の自己否定 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search