【2024年】「美術」のおすすめ 本 107選!人気ランキング

この記事では、「美術」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 鑑賞のための西洋美術史入門 (リトルキュレーターシリーズ)
  2. 武器になる知的教養 西洋美術鑑賞
  3. 美術の物語
  4. いちばん親切な 西洋美術史
  5. 絵を見る技術 名画の構造を読み解く
  6. 増補新装 カラー版 西洋美術史
  7. 東京藝大で教わる西洋美術の見かた (基礎から身につく「大人の教養」)
  8. 366日の西洋美術 (366日の教養シリーズ)
  9. 西洋美術史(美術出版ライブラリー 歴史編)
  10. 日本美術史 JAPANESE ART HISTORY (美術出版ライブラリー) (美術出版ライブラリー 歴史編)
他97件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
75

美術の物語

エルンスト・H・ゴンブリッチ
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
63

西洋美術史(美術出版ライブラリー 歴史編)

秋山聰(監修)、田中正之(監修)
美術出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
62

うつくしい墓 エトワール タンギー爺さん ジヴェルニーの食卓

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
60

へんな西洋絵画

山田 五郎
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
59

世界アート鑑賞図鑑

スティーヴン ファージング
東京書籍
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
58
みんなのレビュー
普段それほど小説を読まない人間だが、ひょんなことから友人にオススメされて読んでみた。あまりの面白さにイッキ読みしてしまった1冊。ミステリーでありながらルソーとピカソをめぐる歴史にも触れることができ(フィクションとノンフィクションの境目が分からないが・・・)、どんでん返しもあり、終始楽しめた。
No.21
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
56

美術を書く

シルヴァン・バーネット
東京美術
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
55

かわいい江戸の絵画史

金子 信久
エクスナレッジ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
55

怖い絵 (角川文庫)

中野 京子
角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
55

新西洋美術史

石鍋 真澄
西村書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
55

366日 絵のなかの部屋をめぐる旅

海野 弘
パイインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
55

ヨーロッパの図像 花の美術と物語

海野 弘
パイインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
55

超絶技巧の西洋美術史

池上 英洋
新星出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
55

西洋美術の歴史

H.W. ジャンソン
創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
55

「普遍的価値」をもって日本美術を再評価。縄文から現代まで500点以上の作品を取り上げ、縦横無尽に論ずる画期的日本美術入門書。 20世紀後半以降、日本の美術作品が海外でも紹介されるようになりましたが、その興味はあいかわらず異国趣味によるものであり、特殊なものとして扱われる傾向があります。一般人でも理解できるような「芸術作品」として「普遍的」な価値観をきちんと提出できるならば、批評の対象としての「日本美術」が「世界美術史」の中で正当な位置を占めることができるはずと筆者は考え、あらためて日本美術史を編み直すことに挑戦します。 普遍的な価値とはなんでしょうか? 理想主義、人間主義、そして「気韻生動」(「リズミックな生動感または生動の中のリズム」ローレンス・ピンヨン『極東の絵画』)が、普遍性につながる特徴といえると考えます。また、写実性や真実性もその特徴になりうるでしょう。 上記のような普遍的な価値をもとに、縄文から現代にいたる日本美術の作品を縦横に論じ、新たに編み直していきます。取り上げられた作品数も500点以上。もうひとつの日本美術史がここにあります。 はじめに 世界の中の日本美術 序章 日本美術史における「様式」展開 第一章 原始美術--縄文時代と弥生時代 第二章 「アルカイスム」の時代--飛鳥時代の美術 第三章 「クラシシスム」美術--白鳳時代の彫刻・      絵画 第四章 「クラシシスム」中期の美術--天平時代      の彫刻      1 天平彫刻1      2 天平彫刻2      3 天平彫刻3 第五章  「マニエリスム」美術--平安時代の美術      1 平安初期の美術      2 平安時代後期の絵画・彫刻 第六章 「バロック」美術--鎌倉時代の名作群      1 十二世紀の絵画      2 康慶・運慶・快慶の彫刻      3 定慶と湛慶の彫刻      4 肖像彫刻と肖像画      5 十三、四世紀の絵巻物      6 十三、四世紀の仏教絵画 第七章 「ロマンチシズム」の美術--室町・桃山の     美術      1 室町時代の山水画      2 室町・桃山時代の障屏画 第八章 「ジャポニスム」の美術--江戸時代の絵画      1 宗達・光琳派      2 文人画--大雅と蕪村      3 浦上玉堂・青木木米・田能村竹田      4 第二の文人派と洋画派      5 浮世絵の世界1      6 浮世絵の世界2 第九章 日本近・現代の美術 日本美術史における「様式」の変遷 あとがき 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
55

パートナーたちは画家の生涯と作品にどのような影響を及ぼしたか。そこには様々な葛藤やドラマがあった。印象派を中心とした15人。 画家たちのパートナーに焦点を当てながら、彼らが画家の生涯と作品にどのようにかかわり、影響を及ぼしたかを探ってゆく。そこには実にさまざまな葛藤やドラマがある。印象派を中心とするフランスの著名画家ら15人を取り上げる。  はじめに 1 ヴィジェ=ルブラン──王妃マリー・アントワネットに愛された美貌の女流画家 2 カウフマン──名声と失意の女流〝歴史画家〟 3 グルーズ──悪妻に悩まされ続けた風俗画家 4 ダヴィド──激動の時代に君臨した巨匠 5 アングル──保守・伝統主義を貫いた〝良き夫〟 6 マ ネ──フランス近代絵画の先駆けとなったパリジャン 7 モ ネ──生活の苦しさ、創作の苦しさを支えたふたりの妻 8 ルノワール──多くの女性を愛し描いた「バラ色の人生」の画家 9 モリゾ──男社会での制約に悩みながらも、〝最も純粋な印象派〟を貫いた紅一点 10 ピサロとシスレー  ピサロ──長年貧困に苦しんだ、印象派の「農民画家」  シスレー──終始不遇な人生だった〝晴の日〟の画家 11 モローとシャヴァンヌ  モロー──ひとり〝象牙の塔〟に生きた世紀末の隠者  シャヴァンヌ──名家出身の貴婦人との遅すぎる結婚 12 セザンヌ──絵画において人もリンゴも同価値と見做した〝不器用な天才〟 13 ゴーガン──都会を捨て、未開の〝楽園〟に創造の源泉をもとめて  おわりに  主要参照文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
54

さいはての彼女 (角川文庫)

原田 マハ
角川書店(角川グループパブリッシング)

さいはての彼女 旅をあきらめた友と、その母への手紙 冬空のクレーン 風を止めないで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
54

巨匠に教わる絵画の見かた (リトルキュレーターシリーズ)

視覚デザイン研究所・編集室
視覚デザイン研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
54

日本美術館

青柳 正規
小学館
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
54

ルネサンス. 1 (百花繚乱のイタリア、新たな精神と新たな表現)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
54

スーパーフラット

村上隆
マドラ出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
54

ヘンタイ美術館

山田 五郎
ダイヤモンド社

誰が一番ヘンタイか?ルネサンス、バロック、新古典、ロマン、写実、印象派まで。12人の天才が集まってガチンコ対決! 1 ルネサンス三大巨匠-いちばんのヘンタイは誰!?(三大巨匠、とりあえずいちばんエライのは誰だ!? ダ・ヴィンチは一発屋!? ほか) 2 やりすぎバロック-誰がいちばんToo Much!?(豪華すぎ!派手すぎ!ドラマチックすぎ!バロック文化 エロいか?エロくないか?バロック彫刻の劇的演出 ほか) 3 理想と現実-どっちがヘンタイ?(社会もアートも解体!?激動の時代を生きたヘンタイたち コテン古典のラスボスキャラ!?ドミニク・アングル ほか) 4 2文字ネーム印象派-ヘンタイ王者決定戦(マネは「たけし」で印象派は「たけし軍団」 実は古典リスペクト!物議を醸した『草上の昼食』 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
54

イタリア・ルネサンス. 1

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
54

東京大学の講義をベースにした『まなざしのレッスン 1西洋伝統絵画』の続篇.印象派以降,伝統的な絵画の枠組みが崩れていくなか,画家たちは何をめざしたのか.難解な近現代絵画を解きほぐし,まったく新しい視点から実践的に読み解く.美術館に行くのが楽しくなる決定版テキスト第2弾. 第1章 西洋近現代絵画をいかに見るか 第1部 主題とテーマ  第2章 物語表現の変容  第3章 現実の表象I 近代都市の諸相  第4章 現実の表象II 人間と自然の新たな表現  第5章 幻視の世界 第2部 造形と技法  第6章 空間と平面  第7章 色彩と筆触  第8章 抽象と超越性  第9章 引用と遊戯性 第3部 受容と枠組み  第10章 制度と運動  第11章 異文化の受容,逸脱の系譜  第12章 絵画という枠組み 掲載図版一覧 画家名索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
54

芸術起業論

村上 隆
幻冬舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
54

はじめての美術鑑賞

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
54

浮世絵の解剖図鑑

牧野健太郎
エクスナレッジ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
54

この風がやんだら 雨上がりの花 夏の灯 輝く滑走路 コスモス畑を横切って 茜空のリング 小さな花束 真夜中の太陽 贈り物を探しに 十二月のカレンダー ポケットの中の陽だまり サウスショア・ピクニック そのひとひらを ドライブ・アンド・キス 十五分後の春 窓辺の風景 聖夜、電車に乗って ささやかな光 花、ひとつぶ 薬指の蝶々 ながれぼし

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
57

インフェルノ(上) (角川文庫)

ダン・ブラウン
KADOKAWA/角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
54

現代アートビジネス (アスキー新書 61)

小山 登美夫
アスキー・メディアワークス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
57

川向こうの駅まで 月とパンケーキ 雪の気配 真冬の花束 ふたりの時計 転がる石 いろはに、こんぺいとう 誕生日の夜 メッセンジャー バーバーみらい この地面から 魔法使いの涙 名もない星座 お宿かみわら 空っぽの時間 おでき 缶椿 ひなたを歩こう 甘い生活 幸せの青くもない鳥 独立記念日 まぶしい窓 いつか、鐘を鳴らす日 川面を渡る風

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
57

スイート・ホーム あしたのレシピ 希望のギフト 秋の桜 ふたりの聖夜 冬のひだまり 幸福の木 いちばんめの季節

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
54

自分が描いたということにこだわらなかった「鳥獣戯画」の作者たち。人も文字もデザイン化された白描画の快楽。「伝源頼朝像」を見た時のがっかり感の理由。終生「こけつまろびつ」の破綻ぶりで疾走した雪舟のすごさ。グーグルマップに負けない「洛中洛外図」の空間性。「彦根屏風」など、デッサンなんかクソくらえと云わんばかりのヘンな絵の数々。そして月岡芳年や川村清雄ら、西洋的写実を知ってしまった時代の日本人絵師たちの苦悩と試行錯誤…。絵描きの視点だからこそ見えてきた、まったく新しい日本美術史。 第1章 日本の古い絵-絵と絵師の幸せな関係(鳥獣戯画 白描画 ほか) 第2章 こけつまろびつの画聖誕生-雪舟の冒険(こけつまろびつ描いた雪舟 なぜ雪舟は邪道を選んだのか-「破墨山水図」 ほか) 第3章 絵の空間に入り込む-「洛中洛外図」(単なる地図ではない、不思議な絵 とっつきやすさの「舟木本」 ほか) 第4章 日本のヘンな絵-デッサンなんかクソくらえ(松姫物語絵巻 彦根屏風 ほか) 第5章 やがてかなしき明治画壇-美術史なんかクソくらえ(「日本美術」の誕生 「一人オールジャパン」の巨人-河鍋暁斎 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
57

現代アート10講

田中 正之
武蔵野美術大学出版局

現代美術の入門書。抽象表現主義、ポップアート、ミニマリズム、フェミニズム・アート等の定番からポスト3.11の美術まで。 現代美術の入門書。ポップアート、抽象表現主義、ミニマリズム、コンセプチュアル・アートから、フェミニズム・アート、メディア・アート、写真、建築、工芸を包括し、ポスト3.11の美術まで、10人の気鋭による論考。 現代アートの入門書。ポップアート、抽象表現主義、ミニマリズム、コンセプチュアル・アートから、フェミニズム・アート、メディア・アート、写真、建築、工芸を包括し、ポスト3.11の美術まで、なぜそれが出現したのかを真剣に考えることによって、私たちの社会が抱える問題の本質がえぐり出される。いつの時代にも「現代アート」は存在する。アートは常に私たちの価値観を攪乱し、制度に揺さぶりをかけ、視座の見直しをせまるのだ。 1 美術作品とそうでないもの――デュシャン、ポップ・アート、クーンズ 田中正之 2 メディウムの探求 ――ミニマリズムとポストミニマリズム 松井勝正 3 抽象表現主義と絵画、あるいは絵画以上のもの――ポロック、ニューマン、ロスコ 沢山 遼 4 コンセプトが前景化するとき――コスースから始める 橋本 梓 5 美術における身体表象とジェンダー――眼差しの権力とフェミニズム・アート 天野知香 6 アート&テクノロジーの様相――メディア・アート、マクルーハン、パイク 畠中 実 7 現代アートと写真 ――アプロプリエーションの時代からティルマンスまで  土屋誠一 8 現代建築を語るために――モダニズムと5つの建築をめぐって 岡山理香 9 現代工芸とデザインの地平――クレイワークとうつわ 木田拓也 10 ポスト3.11の美術――美術と社会はどう関わるべきか 蔵屋美香 参考文献 アーティスト・グループ/人名索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
57

名著『ルネサンス 経験の条件』から17年――。 近代芸術はいかに展開したか。その根幹から把握する、美術史的傑作。 【推薦】 批評的視点による大胆かつ刺戟的な近代美術論。 そして何よりも「美術の力」理解のための絶好の案内書。 高階秀爾 我々はモダニズムや抽象――いやそもそもアートのことをまるで知らなかったのだ! 本書は素早く脳内に入り込むと爆弾のように破裂して悦ばしい驚きと混乱で満たし、交換台のように機能して無数の異質な情報から新しい世界像を紡ぎ出す。 読み終えたとき、あなたと世界は完全に更新されているだろう。 浅田彰 20 世紀美術を動かした真の芸術家たちは誰か―― ヒルマ・アフ・クリント、夏目漱石、ヴァネッサ・ベル、トーレス・ガルシア、熊谷守一、ダヴィド・ブルリューク、ジョン・D・グラハム、ゾフィー・トイベル=アルプ、坂田一男、ジョルジョ・モランディ、岸田劉生、恩地孝四郎、村山知義、白井晟一、イサム・ノグチ、長谷川三郎、瑛九、内間安瑆── 「キュビスム以降の芸術の展開の核心にあったのは唯物論である。戦後美術史の不分明を晴らし、現在こそ、その力を発揮するはずの抽象芸術の可能性を明らかにする」(本書より) 第69回芸術選奨文部科学大臣賞(評論部門)受賞 第Ⅰ部 抽象の力 本論 第Ⅱ部 抽象の力 補論 第Ⅲ部 メタボリズム-自然弁証法 第Ⅳ部 批評を招喚する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
57

群青 デルフトの眺望 マドンナ 薔薇色の人生 豪奢 道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
54

絵でわかるアートのコトバ

「美術検定」実行委員会
美術出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
54

いざ、きらめく現代アートの宇宙へ。 押さえておきたい基礎知識が、これ一冊でわかる。 読んで楽しい現代アート入門! いざ、きらめく現代アートの宇宙へ。 おさえておきたい基礎知識が、これ一冊でわかる。 読んで楽しい、現代アート入門! 現代アート。その世界には、少々とっつきづらいイメージがあるかもしれません。しかし、見る者の五感を揺さぶり、価値観をひっくり返す作品の数々には、私たちの想像力を豊かにする、無限の可能性が広がっています。 本書は現代アートを、誰にでもわかるカラフルなイラスト付きで解説した入門書です。〈アーティスト編〉〈キーワード編〉の2章立てで、おさえておきたいアーティストやその代表作、現代アートを知る上で役に立つ言葉について楽しく学ぶことができます。作家のことばやエピソードも豊富に収録しており、より理解が深まる内容となっています。 現代アートをこれから学びたい若い方や、美術館に行くのが趣味でもう少し勉強してみたいという方、同時代の生きる教養としてアートを知っておきたい人まで。 誰もが楽しめて役に立つ、まったく新しい現代アートの教科書の登場です。 ☆世界と日本の作家・キーワードを見開き78項目で紹介 ☆キャッチーでカラフルなイラスト多数 ☆コラム・年表も収録 【アーティスト編】 マルセル・デュシャン/岡本太郎/ジャクソン・ポロック/ロバート・ラウシェンバーグ/フランク・ステラ/ フランシス・ベーコン/イヴ・クライン/草間彌生/アンディ・ウォーホル/ソル・ルウィット/ ロバート・スミッソン/ヨーゼフ・ボイス/ナムジュン・パイク/オノ・ヨーコ/荒川修作/赤瀬川原平/ ジェフ・クーンズ/ジェームズ・タレル/ゲルハルト・リヒター/クリスチャン・ボルタンスキー/ マリーナ・アブラモヴィッチ/デミアン・ハースト/ヴォルフガング・ティルマンス/ウィリアム・ケントリッジ/ エルネスト・ネト/アイ・ウェイウェイ/蔡國強/村上隆/バンクシー/ティノ・セーガル/etc....... 【キーワード編】 抽象表現主義/コンセプチュアル・アート/リレーショナル・アート/アルテ・ポーヴェラ/もの派/ ネオ・エクスプレッショニズム/アプロプリエーション/レディメイド/アヴァンギャルド/フォーマリズム/ メディウム/インスタレーション/サイト・スペシフィック/多文化主義/日本画/メディア・アート/ マイクロポップ/拡張現実/etc....... はじめに 〈アーティスト編〉 マルセル・デュシャン 岡本太郎 ジャクソン・ポロック ロバート・ラウシェンバーグ ジャスパー・ジョーンズ フランク・ステラ フランシス・ベーコン イヴ・クライン 草間彌生 アラン・カプロウ アンディ・ウォーホル ソル・ルウィット ロバート・スミッソン クリスト&ジャンヌ=クロード ヨーゼフ・ボイス ナムジュン・パイク マルセル・ブロータース ジュゼッペ・ペノーネ オノ・ヨーコ 荒川修作 赤瀬川原平 シンディ・シャーマン ジェフ・クーンズ ジェームズ・タレル フェリックス・ゴンザレス=トレス ゲルハルト・リヒター クリスチャン・ボルタンスキー マリーナ・アブラモヴィッチ アニッシュ・カプーア デミアン・ハースト ヴォルフガング・ティルマンス ガブリエル・オロスコ ウィリアム・ケントリッジ エルネスト・ネト アイ・ウェイウェイ 蔡國強 ス・ドホ 村上隆 バンクシー ティノ・セーガル 〈キーワード編〉 抽象表現主義 ポップ・アート コンセプチュアル・アート パフォーマンス・アート リレーショナル・アート ミニマル・アート アルテ・ポーヴェラ もの派 ネオ・エクスプレッショニズム アプロプリエーション ソーシャリー・エンゲイジド・アート モダニズム/ポストモダニズム フェミニズム&ジェンダー アール・ブリュット/アウトサイダー・アート 美術館 国際展 レディメイド アヴァンギャルド フォーマリズム メディウム 装飾 ボディ・アート インスタレーション パブリック・アート サイト・スペシフィック アートプロジェクト 多文化主義 学芸員/キュレーター アートマネジメント アートマーケット ギャラリー 作者/観者 日本画 メディア・アート 写真 おたく文化 マイクロポップ 拡張現実 〈コラム〉 早分かり20世紀美術史① 早分かり20世紀美術史② アートをめぐる巨額のお金 現代アート 読むと広がる10冊 アーティスト生年早見表 おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
54

ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて

ヴァンサン・ポマレッド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
54

近代京都日本画史

植田彩芳子
求龍堂
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
54

高橋由一の「螺旋展画閣」構想とは何か――。制度論によって近代日本の「美術」を捉え直し、美術史研究を一変させた衝撃の書。解説 足立元・佐藤道信 高橋由一の「螺旋展画閣」構想とは何か――。制度論によって近代日本の「美術」を捉え直し、美術史研究を一変させた衝撃の書。解説 足立元・佐藤道信

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
54

妄想美術館 (SB新書)

原田マハ
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
54

最後の伝言 月夜のアボカド 無用の人 緑陰のマナ 波打ち際のふたり 皿の上の孤独

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search