【2023年】「評論」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「評論」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
  2. ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
  3. 夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神
  4. 古典と現代文学 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
  5. ともだちっていいな―メルローズとクロック (児童図書館・絵本の部屋)
  6. 読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)
  7. 少年と犬
  8. 建築家になりたい君へ (14歳の世渡り術)
  9. カラー版 インド・カレー紀行 (岩波ジュニア新書)
  10. ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
他90件
No.3
89

自分、今の生き方やったら死ぬときめっちゃ後悔するで。 家族を愛する会社員。彼は夢は「このままの日常がずっと続くこと」。しかし彼は余命3か月を宣告されてしまう。残り3か月で家族のために一体何ができるのか。さらに事態は思わぬ方向に展開し、衝撃のラストへ――。夢をかなえるゾウシリーズ史上、最高に笑って泣ける、自己啓発エンタメ小説、第4弾!

みんなのレビュー
夢をかなえるゾウシリーズ確かに好きだが正直1さえ読めばあとは読まなくても大丈夫。1を読んで中身をしっかり行動に移せば必ず成功が近づくはず。
No.5
89

クロックはちいさいみどりいろのワニ。イヌのメルローズといっしょにくらしています。おたがいちがうところがいっぱいあるけど、だからこそだいすき、だからこそともだち。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
79

男と犬 泥棒と犬 夫婦と犬 娼婦と犬 老人と犬 少年と犬

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
74
みんなのレビュー
現代社会の教育に疑問をなげかける書籍。教育に関わる人だけでなく全ての子育て世代や小学生・中学生に読んでほしい書籍。高度経済成長期の成功体験から抜け出せず、そこで確立された画一的な教育制度も変えられない日本に未来はない。
No.24
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
73

巨大な災禍のたびに読み直される現代の古典。その衝撃を蘇らせる、カミュ研究の第一人者による新訳。 一九四*年、アルジェリアのオランにペストが発生した。市門は閉ざされ、疫病が猛威を振るう。絶望と混乱と不正が満ちる中、医師リユーは治療に奔走し、それを助ける保険隊も結成される。理不尽な悪に抗う人びとの心理と言動を描き、巨大な災禍のたびに読み直される傑作。国際的なカミュ研究者による新訳が、作品の衝撃を蘇らせる。 第一部 第二部 第三部 第四部 第五部 訳 注 地 図 カミュ略年譜 解 説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
73

ロボット/人工頭脳の進化とその最前線は、人間にどのような変革を迫るか?前著 「コンピュータが仕事を奪う」では、爆発的な処理能力の向上を身につけたそれは、近い将来、ホワイトカラーの半数が不要になることが示された(アメリカではさらにすでに危機的な状況にある)。本書では、将棋の対戦におけるコンピュータの勝利やアマゾンやグーグルのシステムなどを例にとり、コンピュータの下請けをする人間の姿を描きつつ、世界的な最低賃金の引き下げがどんな経済危機をもたらすか、そして「人間にしかぜったいにできない仕事とはなにか」の核心を

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
73

君と会えたから・・・ (喜多川 泰シリーズ)

喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
72
みんなのレビュー
全ての人にオススメしたい書籍。我々ホモ・サピエンスはなぜここまで繁栄することができたのかを著名人類学者が語る。全世界で大ヒットしているだけあって非常に面白い。ボリューミーだが、目からウロコの内容ばかりでどんどん読み進められる。
No.35
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
72

グルグル回る この世界を記述する 記憶はその都度つくられる 見えるもの、見えないもの 「せいめいのはなし」をめぐって

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
72

なぜヤクザはいなくならないの?なぜ戦争はなくならないの?善意だけでは、なぜ世の中は渡れないの?暴力を問うことから見えてくる国家や社会の本当の姿。中学生以上、大人まで。 第1章 暴力は善いものなのか、悪いものなのか? 第2章 「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いに誰も答えられないわけ 第3章 カントの定言命法と暴力の問題 第4章 国家と暴力の切れない関係 第5章 国家はどうやって形成されてきたのか? 第6章 暴力をカネにする 第7章 暴力とどう付き合うか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
72

文学理論講義:新しいスタンダード

ピーター バリー
ミネルヴァ書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
72

占領、55年体制、高度成長とバブル、沖縄から見た戦後――今こそ知っておきたい、これからを生きる人のための新しい歴史入門。 占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今――これだけは知っておきたい重要ポイントを熱血レクチャー。未来を生きる人のための新しい歴史入門。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
72

改訂版 大倉喜八郎 かく語りき 

東京経済大学史料委員会
日本経済評論社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
72

ポップでシャープでフレッシュ!フェミニズム批評とは、男女問わず世界の見方を何倍にも豊かにしてくれる超強力なツールであり武器なのだということを、この快著は教えてくれる。 ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティ) フェミニストの視点で作品を深く読み解けば、 映画も演劇もこんなにおもしろい。 自由に批評するために、自らの檻をぶち壊そう! 映画と演劇を年に200本観るシェイクスピア研究者による フェミニスト批評絶好の入門書。 ウェブサイト「wezzy」の人気連載、待望の書籍化! <登場する作品>  『ワンダーウーマン』『ゲーム・オブ・スローンズ』『ナチュラルウーマン』『わたしを離さないで』『華麗なるギャツビー』『アナと雪の女王』『ファイト・クラブ』『バベットの晩餐会』『嵐が丘』『すばらしい新世界』『タンジェリン』『フェミニジア』『キングスマン』『ダウントン・アビー』ほか <登場する人物>  ヴァージニア・ウルフ、エマ・ワトソン、マーガレット・サッチャー、バズ・ラーマン、マーガレット・アトウッド、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェほか ------------------------------------------------ ただ「面白かったー」がなんとなく物足りなくなってきて、もう一歩、深く楽しんだり、調べたり、理解したいな……と思う時に必要なのが「批評」です。(……)私は不真面目な批評家なので、批評を読んだ人が、読む前よりも対象とする作品や作者をもっと興味深いと思ってくれればそれでいいし、それが一番大事な批評の仕事だと思っています。(まえがきより) ------------------------------------------------ イギリスの有名なミステリ作家G・K・チェスタトンの短編「青い十字架」に、「犯罪者は創造的な芸術家だが、探偵は批評家にすぎない」という有名な言葉があります。たしかに、批評家はテクストを犯罪現場みたいに嗅ぎ回り、犯罪者、つまり芸術家がばらまいた手がかりを見て、ヘマを探し出そうとやっきになる探偵で、あまり独創性がないかもしれません。でも、この本に登場したミス・マープルのような名探偵は、何が何だかわからないカオスから正しいものを救い出してくるヒーローです。私は批評家にすぎませんが、ミス・マープルと同じような仕事だと言われるならばそれは光栄です。(あとがきより) ------------------------------------------------ ゆるめのコラム収録! ・初任給とヴァージニア・ウルフ ・バーレスクを見にいってみよう ・北米のシェイクスピア祭り ・フェミニストの洋服えらび ・『ダウントン・アビー』と女性参政権運動 まえがき 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門 Chapter1 自分の欲望を知ろう さよなら、マギー―― 内なるマーガレット・サッチャーと戦うために バーレスクってなんだろう?  腐女子が読む『嵐が丘』―― 関係性のセクシーさを求めて 檻に入っているのは、犬じゃなくて私―― ヴァージニア・ウルフ『フラッシュ』  女はなぜ悪い男にばかり引っかかるのか? ―― 『西の国のプレイボーイ』に見る良い男、悪い男  〈コラム1〉初任給とヴァージニア・ウルフ  Chapter2 男らしさについて考えてみよう キモくて金のないおっさんの文学論―― 『二十日鼠と人間』 と『ワーニャ伯父さん』 アメ車、男たちの絆、この惑星最後の美しき自由な魂―― 『バニシング・ポイント』  対等な女を怖がる男たち―― 男の幻想に逆襲する喜劇『負けるが勝ち』 プリンセスは男のロマン! ―― 映画に出てくるお姫様と男たち  ロマンティックな映画としての『ファイト・クラブ』 〈コラム2〉バーレスクを見にいってみよう  Chapter3 ヒロインたちと出会おう シェイクスピア劇の魅惑のヒロイン、無限に変化する女王クレオパトラ 世紀末の悪女? 自己実現のため戦うヒロイン? ゲイのアイコン? ―― オスカー・ワイルドの『サロメ』  べ、別にあんたのためにツンデレを分析してるわけじゃないんだからね! ―― シェイクスピア『十二夜』を考える  ディズニーに乗っ取られたシンデレラ―― 民話の変貌をたどる 理想宮か、公共彫刻か? ―― 『アナと雪の女王 〈コラム3〉北米のシェイクスピア祭  Chapter4 わたしたちの歴史を知ろう 女の子がムラムラしてはいけないの? イギリス文学における女と性欲  「#女性映画が日本に来るとこうなる」の「女性映画」ってなに? ―― 変わりゆく女たちの映画  女性映画としてのトランスジェンダー女子映画―― 『タンジェリン』と『ナチュラルウーマン』  読書会に理屈っぽい男は邪魔? 女性の連帯を強める読書会の歴史を探る  ミス・マープルは何でも知っている―― 変わりゆくアガサ・クリスティの世界  〈コラム4〉フェミニストの洋服えらび  Chapter5 ユートピアとディストピアについて考えよう  愛の理想世界における、ブス―― 夢見るためのバズ・ラーマン論  隠れたるレズビアンと生殖―― 『わたしを離さないで』  父の世界からの解放―― 「フェミニスト的ユートピア」を描いた『バベットの晩餐会』  「女だけの街」を考える  女は自由な社会の邪魔者なの? ―― ディストピアSFの性差別  〈コラム5〉『ダウントン・アビー』と女性参政権運動  あとがき 批評家は探偵  初出一覧  参考文献 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
72

堕落論.続堕落論.日本文化私観.恋愛論.不良少年とキリスト.FARCE(ファルス)について.文学のふるさと.風博士.桜の森の満開の下. 年譜:p248~257

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
72

光村図書小学5年国語教科書にのっている、あのエッセイが1冊に。生きるためにとても大事な「想像力」の身につけ方を教えます。 ひとの気持ちに思いをはせる「他者への想像力」、多くの情報から真実を読みとる「情報への想像力」、大人になったときの世の中を考える「未来への想像力」――身につけるにはどうしたらいいのでしょう?本書には、東京都杉並区立浜田山小学校、高知県四万十町立七里小学校、福島県富岡町立富岡第一、第二小学校での下村氏の特別授業が収録されています。また、2次元コードにスマホをかざせば、スペシャル動画が見られます。 ■国語の教科書(光村図書小学5年国語)にのっている、あのエッセイが1冊に! いま日本中で引っぱりだこ、シモムラ先生の特別授業を紹介します。 ■この本の内容 ひとの気持ちに思いをはせる「他者への想像力」、多くの情報から真実を読みとる「情報への想像力」、大人になったときの世の中を考える「未来への想像力」――身につけるにはどうしたらいいのでしょう? 東京、高知、福島の小学生たちといっしょに、考えていきましょう。 ■本書には、東京都杉並区立浜田山小学校、高知県四万十町立七里小学校、福島県富岡町立富岡第一、第二小学校での下村氏の特別授業が収録されています。また、本の要所要所に埋め込まれた2次元コードにスマホをかざせば、実際の授業風景の動画が見られます。教員の方には、メディアリテラシーなどの授業案を作成するときの、強い味方になります。 ■朝礼 三つの想像力でハッピーに ■1時間目 他者に対する想像力を働かせよう 東京都杉並区立浜田山小学校の六年生と、町歩きの授業に出かけるよ! 過去があったから、今がある そこにはきっと理由(ワケ)がある だれかがこめた思いがある まとめ――教室のいじめも、世界の戦争も ■二時間目 情報に対する想像力をきたえよう 高知県四万十町立七里小学校の五年生と、川のほとりで野外授業だよ! ひとつひとつの情報は、小穴からのぞいた景色 うのみにしないで――ほかの見え方もないかな? うのみにしないで――かくれているものはないかな? まとめ――もっと広い景色を! ■三時間目 未来に対する想像力をみがこう 福島県富岡町立富岡第一、第二小学校六年生の、「架空同窓会」をのぞいてみよう! 自分の未来と、なかまの未来 いい想像と、悪い想像 クネクネ道ほど、未来はゆたか まとめ――さあ、ほんものの未来に向かおう! ■帰りの会 キミが生きていく世界

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
71

なぜ、恋と友情は両立できない? ゴリラの家にホームステイしたジュイチ先生が伝える、ヒトの過去と未来、そして本当の自然の姿。 人間の常識は、自然界の非常識かもしれない――。 ゴリラ研究の、日本におけるトップランナー・山極寿一先生に、30年にわたる研究から、ヒトのありようを逆照射してもらいます。 「ヒト=霊長類の王」「ヒト>ゴリラ他類人猿」とは決して考えない、徹底的にヒトを相対化して考える山極先生の視点は、示唆するものが大きく、刺激的です。 山極先生には、十数年ぶりに出会ったゴリラが自分のことを覚えていてくれた、という経験があります。このような魅力的なエピソードはもちろん、フィールドワークのおもしろさ、ゴリラとの交流、ゴリラの行動、現在のアフリカの状況、エコツーリズム、そしてこれからの人間を考えるときにゴリラから学ぶものはなにか? を伝えていきます。 もくじより はじめに~ゴリラはヒトの過去と未来を教えてくれる 第1章 ゴリラの家へホームステイ 第2章 本よりもフィールドへ 第3章 家族や仲間と生きる 第4章 争いや暴力をさける知恵 第5章 自然とともに生きるには? おわりに~共感と同情、そして利他

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
71

シェイクスピアからディケンズにいたるイギリス文学の代表的テクストを読み解くことによって、近代における欲望のホモソーシャル/ヘテロセクシュアルな体制と、その背後に潜む「女性嫌悪」「同性愛恐怖」を掴み出し、文学・ジェンダー研究に新生面を拓いた画期的著作。 まえがき 謝 辞 序 章 1 ホモソーシャルな欲望 2 性の政治学と性の意味 3 性か歴史か? 4 本書が論じるもの 第1章 ジェンダーの非対称性と性愛の三角形 第2章 恋する白鳥 ――シェイクスピア『ソネット集』の例 第3章 『田舎女房』 ――男性のホモソーシャルな欲望の解剖モデル集 第4章 『センチメンタル・ジャーニー』 ――セクシュアリズムと世界市民 第5章 ゴシック小説に向けて ――テロリズムとホモセクシュアル・パニック 第6章 代行された殺人 ――『義とされた罪人の手記と告白』 第7章 テニスンの『王女』 ――七人兄弟にひとりの花嫁 第8章 『アダム・ビード』と『ヘンリー・エズモンド』 ――ホモソーシャルな欲望と女性の歴史性 第9章 ホモフォビア・女性嫌悪・資本 ――『我らが共通の友』の例 第10章 後門から階段を上って ――『エドウィン・ドルードの謎』と帝国のホモフォビア 結 び 20世紀に向けて ――ホイットマンのイギリス人読者たち 注 訳者あとがき 参考文献 索 引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
71
みんなのレビュー
海外のテック起業家がオススメしていることが多く手にとって読んでみた。リチャード・ファインマンという天才物理学者の生き方に触れることができ素朴な日常に疑問の目を向けること、常に好奇心を持ち続けることの大事さを実感した。
No.66
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
71

その扉をたたく音

瀬尾 まいこ
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
71

進化論で有名なダーウィンは、40年にわたってミミズを研究してきた人でもあった。その観察、実験の過程を追った興味深い本。 土の中に住むちっぽけな生き物、ミミズ。だれもが知っているのに、だれからも注目されることはありません。ところが、そのミミズの研究になんと40年、ほとんど生涯を賭けた人がいました。それは、進化論を説いてあまりにも有名なダーウィンです。 家の裏庭につづく牧草地の一角に白亜をばらまき、観察と実験を重ねること29年。そこを掘ってみると、ダーウィンの仮説どおり、ミミズは地面の表面を耕していたのでした。 だれもが知っているのに、だれも注目しないちっぽけな生き物、ミミズ。そのミミズの研究にほとんど生涯を賭けた人がいた。それは、進化論を説いたあのダーウィンだった。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
71

接触篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
71

「フシダカバチの秘密」H=ファーブル/文 古川晴男/訳 「植物のにおい」岩波洋造/文 「人間の悩みとあやまち」吉野源三郎/文 「法隆寺を支えた木」小原二郎/文 「シンデレラの時計」角山 栄/文 「ラスコー洞窟の壁画」中谷宇吉郎/文 「江戸の人々と浮世絵」高橋克彦/文 「動物の文化的行動」河合雅雄/文 「金星大気の教えるもの」伊藤和明/文 「三十五億年の命」中村桂子/文

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
71

ヨンケイ!!

天沢 夏月
ポプラ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
71
みんなのレビュー
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
No.91
71

明星学園小学校の感動の授業が本になった!いのちが持つ性のしくみが意味するものは…?30年にわたり生徒と保護者が圧倒的に支持してきた「いのちの授業」を中学生向けに書籍化。 第1部 生まれてくるってどんなこと?(私のいのちはどこからきたの? 私のいのちのもっと前は? もっとさかのぼったら?) 第2部 どうして「性」があるの?(「性」があるから「死」があるってどういうこと? 人間の男女はどうやってできるの?) 第3部 社会的な性ってどんなもの?(人間の性ってどんなもの? 性別に縛られないってどういうこと? お金儲けとつながる性ってどんなもの?) 第4部 セックスするなら知っておきたいことってどんなこと?(セックスってどんなことするの? セックスのリスクってなに? 性暴力ってどんなこと? セックスって怖いもの?)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
71
みんなのレビュー
仕事をする上でのエッセンスが詰まっている書籍。どのビジネス書を読んでも失敗がない山口周さんだが、これはそんな書籍たちの中でもトップクラスに有用。
search