【2024年】「仕事」のおすすめ 本 147選!人気ランキング

この記事では、「仕事」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. チーズはどこへ消えた?
  3. 人を動かす 文庫版
  4. 自分の小さな「箱」から脱出する方法
  5. メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)
  6. やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
  7. 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  8. このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
  9. 生き方
  10. 仕事は楽しいかね?
他137件
No.1
100
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.2
86
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.5
72
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.7
71
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.8
71
みんなのレビュー
北野唯我氏の著書で全てのビジネスパーソンに読んで欲しい名著!転職の思考法というタイトルから転職を控えている人の対策本かと思いきやそうではない。常に自分の市場価値はどのくらいなのか?意識して仕事をする、上司だけを見て仕事をするのではなく自分の市場価値を考えて仕事をする。これらの思考法が非常に大事。今は転職を考えていない人でもぜひ読んでみることをオススメする。
No.9
70
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.10
70
みんなのレビュー
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
No.12
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
65
みんなのレビュー
普段の仕事や生活で自分の時間がなくて常に何かに追われている感覚があるのであれば是非読んで欲しい!本質的でないことは全て捨てて自分のやりたいことにフォーカスしよう!一度きりの人生、悩んでいる時間は無駄。社会人になりたてで四苦八苦している人がいたら是非読んで欲しい。
No.23
64
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.25
64
みんなのレビュー
尾原和啓氏のこれからの働き方に言及した書籍。会社にぶらさがるのではなくて1人の人間として市場価値の高い人間を目指しこれからの世界を生き抜く指針となる書籍
No.28
64
みんなのレビュー
ホリエモンの行動力に驚く。結局本書で言っているのはグダグダ考えてないでとりあえず行動しろ!動けってこと。読むだけでモチベーションが上がるが、これを読んで満足してしまって何も行動しないのであれば元とも子もない。これを読んでしっかり行動に移すべき。
No.29
64
みんなのレビュー
Dカーネギーの名著で自分の人生を切り拓いていくためにはどうすればよいかが具体的に学べる書籍。当たり前と感じる内容も多いが一読して損はしない。
No.31
64
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.35
63
みんなのレビュー
自分の世界に対する認識が大きくずれていることを知れる。ただ内容としては冗長なので最初の数ページ読めば良い気がする。メディアが切り取った偏ったイメージに翻弄されないようになろう。
No.36
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
63
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.40
63

「原因と結果の法則」の邦題で知られるベストセラーを原典に忠実に完訳。心に寄り添う言葉、こんなジェームズ・アレンを待っていた! 「原因と結果の法則」の邦題で知られる世界的ベストセラーを原典に忠実に完訳。誰の心にも寄り添い、語りかける言葉。100年の風雪に耐え読み継がれた古典が持つ言葉の輝き。こんなジェームズ・アレンを待っていた! 原題「As a Man Thinketh」(1903)。「原因と結果の法則」の邦題でも知られる世界的ベストセラーを、人財育成の第一人者が完訳。その原典に忠実かつ的確な訳文は、ジェームズ・アレンの肉声を直截に伝えてくる。 誰の心にも寄り添い、語りかけるそれらの言葉には、何度読んでも新たな発見が。100年の風雪に耐え読み継がれた古典が持つ言葉の輝き。こんなジェームズ・アレンを待っていた! いつでも身近に持っていたい一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
63
みんなのレビュー
ナイキの創業者フィル・ナイトの成功秘話。今でこそ圧倒的なブランド力と売上を誇るシューズメーカーの王様ナイキだが、その成長には多くの苦悩が隠されていた。ナイキの誕生と成長を知ることができる面白い書籍。ビジネス観点での学びはそれほどなかった。
No.43
60
みんなのレビュー
元々有名ブロガーだった八木仁平氏のやりたいことメソッドをまとめた書籍。非常に分かりやすくやりたいことを探す方法についてまとめられているので、やりたいことがなくて日々鬱屈した人生を歩んでいる人は読んでみるとよいと思う。
No.46
60
みんなのレビュー
ホリエモンの代表作。とにかくモチベーションを高めて行動したい人向け。この本を読んでただモチベーションを高めて終わりだと意味ないので必ず行動に移そう。
No.47
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
60
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.50
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
60
みんなのレビュー
相手に気持ちよく話してもらうコツや自分の主張を伝えるコツなどビジネスやコミュニケーションを円滑に進めるためのノウハウがギュッと詰まっている。今までのコンサル本とは違う観点で分かりやすく体系的にまとめられていて目からウロコの内容。
No.52
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
59

世界最高峰の大学で、面白すぎて毎週、大講堂が異例の大満員! イェールの学生が頭に叩き込む思考の「限界・パターン・脳の癖」 世界最高峰の大学で、面白すぎて毎週、大講堂が異例の大満員! イェールの学生が頭に叩き込む思考の「限界・パターン・脳の癖」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
59
みんなのレビュー
アウトプットの重要性について語られて、具体的なアウトプット方法がたくさん学べる本。普通に過ごしているとどうしてもインプット過多になってしまうので、この本を読んでなるべくアウトプットする習慣を身につけていこう!
No.61
60
みんなのレビュー
タイムマネジメントの書籍は世の中にありふれているが、この書籍はそれらの書籍と一線を画すもの。そもそも時間の正体とは何か?という考え方から、様々な特性の人にとってのタイムマネジメントの方法を教えてくれる。そもそも誰にしも通用する画一的なタイムマネジメントの方法はなく、それぞれに特性に合った方法が重要という前提に立っている。タイムマネジメント系の本でどれかオススメは?と聞かれたら真っ先にこの本をオススメしたい。
No.62
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
59
みんなのレビュー
仕事の効率化についてまとめてある書籍。当たり前の内容でそれほど学びにはならなかった。
No.66
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
58
みんなのレビュー
期待度が高かっただけあって、それほど学びがなく残念だった。顧客一人にフォーカスしたN1分析は確かにデータ分析の初期シーンでよく使うので考え方としては分かるが、そこからマーケティングに転化していくイメージがあまり湧かなかった。
No.69
58

データを利益に変える知恵とデザイン

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
58

本田宗一郎夢を力に

本田 宗一郎
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
58

ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか

長田 英知
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
58

70万部を超えるベストセラーとなっている『ジェイソン流お金の増やし方』の待望の続編!前作は、投資というと怖い・危ないというイメージがあるものの、ジェイソンさんならではのとてもわかりやすく、リスクの低い方法でお金を増やす方法を伝授し、また生きる上でのヒントがつまったものでした。しかし、そもそも投資をするためのお金がない人はどうしたらよいのかに対してこたえる内容になっております。本書で紹介されているジェイソンさんの経験に基づいて導き出された、お金を稼ぐ力をつける方法“稼ぎ方”のヒントがつまった一冊です。今仕事をしている人は勿論、これから社会に入っていく大学生やどのような将来を目指そうか考え始めた高校生などにも役立つ一冊になっています。今回も人生の選択肢を増やし、幸せになるために、今読んで、始めてください。 はじめに ・CHAPTER1 「稼げる人」と「稼げない人」その差はなんだか知ってる? ・CHAPTER2 僕が稼げるようになるまでの道のり ・CHAPTER3 ジェイソン流お金を稼ぐ力をつける8の方法 ・CHAPTER4 「稼ぐこと」と「幸せ」はイコールではない おわりに コラム ・人間関係と稼ぐ力は関係ない ・ブラック企業だけを責められるか? ・「コツコツやりぬく力」=「GRIT」がない人はどうする?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
58

俺は、中小企業のおやじ

鈴木 修
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59

自己分析とキャリアデザインの描き方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
59
みんなのレビュー
伝説のプログラマー中島聡氏の仕事を早く終わらせる効率本。この書籍の2:8の法則を知って完全に実践できているとは言い難いがある程度仕事を早く終わらせることができるようになった。社会人の若いうちは仕事を進める段取りをつかみにくいのでこの書籍を読んで考え方をインストールすることをオススメする。
No.87
58

良い戦略、悪い戦略

リチャード P.ルメルト
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
59
みんなのレビュー
学生時代にフェルミ推定の練習のために読んだ本。非常に分かりやすくロジカルシンキングについて学べるが練習問題などは豊富ではないので、練習用の書籍としては物足りないかもしれない。
No.94
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
58

ついに出ました! すぐできる「決定版」。基本・入力・計算・文書管理・印刷など、絶対に得する便利ワザ155個を全部網羅! 仕事の速い人は、例外なくエクセルの便利ワザを使いこなしています! 本書では、「①基本操作」「②入力」「③計算」「④範囲指定」「⑤データ加工」 「⑥画面表示」「⑦文書管理」「⑧印刷」の8つのテーマで、「簡単・便利ワザ」を紹介。 たとえば――  ◎「セル、行、列」を最速で挿入するワザ  ◎「複数のセル」に一気に入力するワザ  ◎「条件に合ったデータ」だけ合計するワザ  ◎「数表」を一瞬で「グラフ」にするワザ  ◎ワークシートを瞬時に追加するワザ  ◎「表の項目欄」を全ページに印刷するワザ …… などなど、本書のワザを知れば、今まで「1時間」かかっていた作業も、たった「1分」で完了します。 フレッシュマンから中堅、ベテランまで、ビジネスパーソン必読の1冊です!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59

運動脳

アンデシュ・ハンセン
サンマーク出版
みんなのレビュー
要は頭をよくしたければとりあえず運動しろよってことが書いてある!全部読む必要性はあまり感じられない。
No.99
58

ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方

ドクター・ジョン・F・ディマティーニ
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
59
みんなのレビュー
色んな切り口で物事の二元論を語る「ふろむだ氏」の書籍。この本の内容は衝撃であるが事実。本当の実力ではなくて勘違いさせる能力がまず先にくる。そしてその力を使ってチャンスを掴んで実際に実力が付いてくるのが人生。だからとりあえず自信がなくても実力が伴ってなくても、やってみる、アピールしてみる。自分はすごいんだという自信を持とう!いくら実力があっても勘違いさせる能力がないとチャンスはなかなか周ってこない。
No.104
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
59

ガネーシャと夢を食べるバク

みんなのレビュー
夢をかなえるゾウシリーズ確かに好きだが正直1さえ読めばあとは読まなくても大丈夫。1を読んで中身をしっかり行動に移せば必ず成功が近づくはず。
No.109
58
みんなのレビュー
お金の成り立ちからはじまり、昨今のブロックチェーン周りの話まで学べる。これからの時代の価値観をアップデートしてどう生きていくべきか考えていく指針になる良書。著者は天才起業家の佐藤航陽氏。メタップスを創業し現在は3DCGと宇宙を絡めた事業をやっている。最先端のテクノロジーに明るくて巨額の富を得てもなお自分の興味に駆動されて自分自身で手を動かしながら最新のテクノロジーを触っている姿は脱帽モノ。
No.110
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
59

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

森田 健司
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
59

若くてもズバ抜けた成果を出し続ける人は 何を考え、どう動くのか。 --実践に裏付けされた成功メソッド63を大公開 サイバーエージェント新卒入社後3年で独自のメソッドを作り上げて飛躍的に能力を伸ばし、 25歳でサイバーエージェントグループ会社の取締役に大抜擢された伝説のプロ経営者は何がちがうのか。 「下克上」「逆転勝利」とにかく現状から脱するために走り続け、 その過程での成功経験から勝利の方程式を言葉に紡ぎだし、ブログやノートに書き続けた。 そこで得られた知見を体系的にまとめた本書『福山式仕事術』。 だれでも実践可能で即効果を上げることのできる新たな仕事術の教科書の誕生です。 〈福山メソッド=最速成果〉 「最速成果」を実現する福山メソッドは、次の6つの技術から構成される。 目標設定、目標管理、自分磨き、振り返り、アクション、コミュニケーション。 ビジネスの基本を押さえて、少しだけ着眼点を変えるとズバ抜けた結果が出せるようになる。本書にはその秘訣が書かれている。 圧倒的な成長スピードで突き抜けたい若手ビジネスマンはもちろん、 マネージャークラスの方や幹部社員の方にもお勧めの1冊です。 〈目次〉 はじめに 第1章 目標設定の技術 第2章 目標管理の技術 第3章 自分磨きの技術 第4章 振り返りの技術 第5章 アクションを起こす技術 第6章 コミュニケーションの技術 第7章 ビジネス相談Q&A おわりに はじめに 第1章 目標設定の技術 1 まず行動目標を立てよう 2 TODOリストは小さな目標設定 3 「後でやる」という選択をしない 4 達成プランは3つ 5 最初はD。Pではない 6 計画を立てる前に「やってみる」 7 「すぐやる」前に「すぐ決める」 8 目標は背伸びさせる 9 目標を言葉と数字で設定する columu1 Business心技体   忍耐力と精神力の違い 第2章 目標管理の技術 10 目標を可視化しよう 11 「がんばります」を動作に落とす 12 仕事は3分ルール 13 仕事時間の見積もりをつくる 14 事前にGATを示す 15 重要度、緊急度のマトリクス作成 16 効率化・分担化・習慣化・収拾化で改善 17 センターピンを見極める 18 意志は長続きしない 19 まず土曜日、1時間実行する 20 がんばらずに続けられる方法 21 習慣化のための環境を固めよう columu2 Business心技体  日本を突き上げよう 第3章 自分磨きの技術 22 新規の出会いがビジネスを拡大 23 1分間自己紹介スクリプトをつくろう 24 会社はキミを守ってくれない 25 紹介が生まれる仕組み 26 3つのキーワードで自分にタグ付ける 27 自己紹介の「三種の神器」 28 小さな約束を仕掛ける 29 意志表示が大事 30 有料勉強会の効用 31 優秀な人の周りは優秀な人 columu3 Business心技体  マルチタスクのコツ 第4章 振り返りの技術 32 セルフコーチングで行動進化 33 自問自答と問題の可視化 34 暗黙知から形式知へ 35 フィードフォワードの四象限効果 36 YKKからメタ認知へ 37 自分ヨミ会とKPTフォーマット 38 スケジュール表を見直し書き換える 39 自分の未来年表を作ろう 40 支出と収入をエクセルに書き出す columu4 Business心技体 本を実務に生かす方法 第5章 アクションを起こす技術 41 「見つける」のではなく「決める」 42 火のつけ方と消し方 43 戦略的ガムシャラ思考 44 面白い仕事は偉い人に集まる 45 改善点を15個書き出す 46 直属上司と定例MTGの時間をもつ 47 上司を通して経営陣に提案 48 自分のワークスタイルの改善点を聞く 49 昇進の方法を上司に聞く 50 期限を決めて結果を出す columu5 Business心技体 仕事のアップは前日から 第6章 コミュニケーションの技術 51「会話はキャッチボール」の真意 52 ミニュニケーションは心を動かす 53 「誰が」決断したのかが重要 54 ヒアリングは目標・現状・課題から 55 質問事項は先に示す 56 口下手な方が信頼される 57 「49%ルール」で会話を構成する 58 最初のあいさつで声を調整する 59 相手の言葉はメモしながら聞く 60 「間」のパワー 61 潤滑油は自然なリアクション 62 内容よりも「見た目」 63 緊張はコントロールできる columu6 Business心技体 休みかたについて 第7章 ビジネス相談Q&A Q1 目標を決めるときに、どのような軸で決めていますか? Q2 どうやってToDoリストをつくればよいですか? PCとスマホが連動している管理ツールを使っているのですが、紙面に書いたほうがよいでしょうか? Q3 ToDoが多すぎるときの対処法を教えてください。 Q4 営業職です。上司から「とにかくまずやれー!(福山さんのおっしゃるDCAP)」という 指導をよく受けるのですが、不明瞭なことが多く、なかなかDからできません。 Q5 目標を達成できない社員へのマネジメントはどのようにすべきですか? Q6 達成した瞬間にやる気がなくなってしまうのですが、どのように対処したらいいでしょうか。 Q7 動詞と動作の違いは? Q8 いろいろなことを同時に並行して行っているとモチベーションが低下するのですが、改善方法を知りたいです。 Q9 成果が出ないときや、落ち込む時期など今までありましたか? Q10 成果に対して執着心がもてないのですが、どうすればもてるようになりますか? Q11 自分の武器はどうやって見つけましたか? Q12 自分より優れた方と仕事をする上で、まず自分より上の人はどうやって見つけているのですか? Q13 紹介者に「こいつ意味ないな」と思われたら紹介されないと思うのですが、 どうやって「紹介する意味がある人」に思われるようにしましたか? Q14 福山さんのような仕事のやり方をどのように編み出してきたのですか? Q15 企業風土的に出世が難しい会社なのですが、合理的な出世の方法はありますか? Q16 新しいことに挑戦するときって今の業務があるじゃないですか? どうすればよいですか? Q17 福山さんが上司とのコミュニケーションの中で心がけていることについて聞きたいです。 Q18 アポイントの際の最初の数分、どのような入りをしますか? Q19 相手から課題を聞き出すキラーワードはありますか? Q20 商品を紹介するとき、新規性をアピールするために何をすればいいですか? Q21 営業で断られたときはどうしますか? 追客しますか? Q 22 初対面で共通事項がない人でも会話が盛り上がるようなコツはありますか? Q23 やっとアポイントが取れたが、その人は忙しすぎるからもう2度と会えない人の場合、 事前に行うことは? 一発で爪痕を残したいんです!! Q24 自社商品で、正直「この商品よくないよな?」って思うときはどうするべきですか? Q25 ボキャブラリーも少なく、口下手だから直したいです (初めて営業したら自分が口下手ということに気づきました)。 おわりに

みんなのレビュー
サイバーエージェントで最速で結果を出し、その後独立後も圧倒的な成果をあげ続ける福山氏の秘訣をまとめた書籍。若くから突き抜けるために必要なことが学べる!
No.115
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
58
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.122
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
59

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

戸田 智弘
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
59
みんなのレビュー
古くから読みつがれる名著です。 ただ正直冗長な部分も多いので、全部読みきる意味はあまりないかと思います。 この本はナポレオンヒルという人が多くの成功者にインタビューする中で見えてきた成功者に共通する行動様式をまとめたものです。 古い本ですが、今でも使える普遍的な内容になっています。 正直書籍のタイトルにこの本が言いたいことのエッセンスは詰まっているのですが、目標を決めてそれを強烈に意識することが大事です。 そして目標を決めるだけではなくそれを実際にどう実現するかのプロセスを考えて日々のアクションに落とし込んで愚直に実行し続けることが大事なのです。 この本では取り上げられていませんが、目標の粒度としては自分がどうなっていたいか?どういう状態でいたいか?という観点で決めるのが望ましいです。 例えば、お金をいくら稼げるようになりたい、資産をいくら持っていたいというのも目標になりえますが、お金はあくまで手段です。それよりもそれを達成した先に自分がどういう生活をしていたいか?どうなっていたいか?と考えることが大事。 お金を目標にするのもいいですがあまり幸せな未来は待っていないでしょう。 それよりも、自分になりたい姿を強烈に想像し、そこにめがけて日々行動することで必ずそれを実現することができるはず。 イーロン・マスクのように多くの資産そして世界を救う大きなビジョンを持ちながら、毎日周りからの批判を浴びながら死ぬほど働く人生がいいのか? ある程度の資産を持ち、ある程度稼ぎ、時間と場所にとらわれず自由に働く人生がいいのか? なりたい姿をイメージしましょう! そしてこの本では、浪費と投資と消費の話も取り上げられています。浪費とは無駄なことにお金や時間を使うこと、投資は未来に消費は現在にお金や時間を使うこと。お金だけじゃなくて時間の概念も念頭においておくことが大事です。 浪費は極力避け、目標達成するための投資もしくは今を楽しむための消費にお金や時間を使うことが大事。 浪費と消費の違いは難しいですが、目的達成のモチベーションを上げるために週末に友達と遊ぶのは消費と考えてよいと思います。暇だからとりあえずパチンコに行ったり、1人でダラダラYoutubeを見るのは浪費です。 浪費をしている限り、あなたはいつまで経っても目標を達成することはできません。 また、この本ではとりあえず行動に移すことも大事と言っています。なりたい姿が決まったら、それを実際に体現している人に話を聞きに行くなどすぐに行動に移せることはどんどん行動に移しましょう!
No.137
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.138
59

「忙しい!」が口癖の毎日残業するビジネスパーソンに、仕事を効率化するための行動や考えを50項目でまとめた習慣シリーズ第7弾! 毎日仕事に追われて残業が続き、プライベートが全然充実しない……。 そんな悩みを抱えている方へ  同じ仕事をしても、速くこなす人といつも時間がかかってしまう人がいます。  そんな「仕事が速い人」と「遅い人」の差は、実はほんのちょっとの習慣の違い。 習慣を変えるだけで、劇的に仕事は速くなるのです。 本書では、仕事が速い人と遅い人の習慣を比較しながら解説していますので、 自分の習慣も振り返りながら、何が足りていないかや、どんなことをすれば良いかがわかります。  サラリーマンをしながら税理士・気象予報士の資格をとった著者が、 「仕事が早くなるコツと習慣」を50項目でまとめました。 著者の経験を元に書かれており、誰でも真似できる実践的な内容となっています。   【目次】 第1章 仕事環境 編 第2章 日常生活 編 第3章 考え方・姿勢 編 第4章 スケジュール管理 編 第5章 仕事攻略 編 第6章 自己研鑽 編 第7章 コミュニケーション 編   マンガ版・図解版も好評発売中です! ・『マンガでわかる 「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』 ・『〈図解〉「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』 第1章 仕事環境 編 01 仕事が速い人はどんどん「モノ」を捨て、仕事が遅い人は「モノ」を大事にする。 02 仕事が速い人はインターネットから逃げ、仕事が遅い人はインターネットに近づく。 03 仕事が速い人はパソコンをすぐに買い替え、仕事が遅い人はパソコンを大事に使う。 他。 第2章 日常生活 編 08 仕事が速い人はプライベートを重視し、仕事が遅い人はプライベートはあと回し。 09 仕事が速い人は早起きし、仕事が遅い人はゆっくり起きる。 10 仕事が速い人はさっさと眠り、仕事が遅い人はゆっくり眠る。 他。 第3章 考え方・姿勢 編 15 仕事が速い人は明確な目標があり、仕事が遅い人は目標がない。 16 仕事が速い人は未来を見つめ、仕事が遅い人は今を見つめる。    17 仕事が速い人は能動的、仕事が遅い人は受動的。 他。 第4章 スケジュール管理 編 22 仕事が速い人はタスクごと時間管理をし、仕事が遅い人はタスク管理だけをしている。 23 仕事が速い人はひとつのことを長くやり、仕事が遅い人はひとつのことを細かく分ける。 24 仕事が速い人はひとつの仕事に全力を傾け、仕事が遅い人は仕事を並行してやる。 他。 第5章 仕事攻略 編 30 仕事が速い人はなかなか取りかからず、 仕事が遅い人はすぐに取りかかる。 31 仕事が速い人はやらない仕事を決め、仕事が遅い人はやることだけを決める。 32 仕事が速い人はすべてのことを記録し、仕事が遅い人はアタマの中に記憶する。 他。 第6章 自己研鑽 編 38 仕事が速い人は「入力」が速く、仕事が遅い人は「入力」も遅い。 39 仕事が速い人はPCスキルを身につけ、 仕事が遅い人は食わず嫌い。 40 仕事が速い人は文章が上手く、仕事が遅い人は文章が下手。 他。 第7章 コミュニケーション 編 45 仕事が速い人は仕事をどんどん振り、仕事が遅い人は全部自分でやる。 46 仕事が速い人はあまり気を遣わず、仕事が遅い人はいつでも気を遣う。 47 仕事が速い人はレスポンスが速く、仕事が遅い人は反応が遅い。 他。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.139
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.141
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.142
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.143
59

残業ゼロのノート術

石川 和男
きずな出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.145
57
みんなのレビュー
超有名マーケターの森岡さんのリーダーシップ論。周りを巻き込んでリーダーシップを発揮して物事を進めるためにはどうすればよいかが学べる。
No.147
59

「良い質問」をする技術

粟津 恭一郎
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search