【2024年】「セルフマネジメント」のおすすめ 本 136選!人気ランキング

この記事では、「セルフマネジメント」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法
  2. 30分でできる怒りのセルフコントロール
  3. 自分をサクサク動かすセルフマネジメント
  4. リーダーの仮面 ── 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法
  5. 今年こそイライラしない! 怒りのセルフコントロール術 (NHKまる得マガジン)
  6. 30分でできる不安のセルフコントロール
  7. コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる (コーチ・エィ監修コーチングシリーズ)
  8. ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか
  9. 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこ
  10. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
他126件
No.2
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
87
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
97
みんなのレビュー
組織のトップとしてのあるべき姿を説く書籍。この本に書いてある内容は自分の想像するリーダー像と違いすぎて驚いた。確かに組織を大きくして社会にインパクトを与えるためにはこの本の中で書かれているリーダーの仮面が必要なのかもしれないが、私はそんなことまでしてリーダーで居続けて何が楽しいのかなと思ってしまう。旧式の企業にはハマるがこれからの時代にはハマらない考え方な気がする。自分自身も会社を経営する身として参考にしつつもこの本の中で語られているリーダーとは違う姿を模索したい
No.6
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
74

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
68

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

三浦 将
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
68

重大事故や信用失墜はミスから生まれる。シリーズ累計40万部『教える技術』著者が職場からミスを無くす仕組み作りを事例と共に解説 シリーズ累計40万部超のロングセラー『教える技術』の著者で、 行動科学マネジメントの第一人者が、 職場からミスを無くす科学的方法論を豊富な事例と共に解説。 部下の“不始末”に日々アタマの痛い全リーダーの必読書。 もちろん「自分のミス」を無くしたい人にもおすすめ! 重大事故や企業の信用失墜を招くきっかけは、 働く人のほんの小さなミス。 それに対して、 「一人ひとりが『自覚』を持って行動すればミスは無くなる」 「『安全意識』が希薄だから事故が起こる」 「ウチの会社は『優秀』な人間が少ないからミスが多発する」 「再発防止のために『始末書』と『改善策』を義務付けた」 ……というマネジメントの通念は、実はすべて間違い! 意識の徹底や自助努力では「ミス」は無くならない。 「人間の行動原理」にそった「仕組みづくり」こそ重要です。 ミスが生まれる背景から、何をやってもミスが無くならない理由、 「特定と継続」でミスを無くす仕組みの構築まで、 誰もが身近な事例を用いて丁寧に説明。 巻末には今日から使える「ミスを無くすヒント集」を掲載。 経営層、管理職、プロジェクトマネジャー、 製造現場・店舗責任者の皆さん、 あなたのための一冊です! [理論編] 序章:ミスは「意識の徹底」では無くならない 第1章:なぜ「ミス」が生まれるのか~7つの背景 第2章:上司の思い込みマネジメントが招くミス~7つの間違い [実践編] 第3章:ミスを無くす仕組みづくりの前提~6つの行動メカニズム 第4章:ミスを無くす仕組みづくりの実践~5つのステップ [事例編] 第5章:ミスを無くすヒント集~10のケース

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
77

災害・危機発生時の職員の役割と行動 組織と法制度上の課題 被災自治体職員が抱える課題 災害時の応援自治体職員の課題と展望 危機管理における官民の連携 試案 大規模災害時における被災市町村への人的支援 「組織と人」に関する防災・復興法制の現状と課題 自治体職員の惨事ストレス 災害時のパニックと心理的ショック

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
68

一生使える・スラスラわかるストレスと対処法の楽しい教科書! ふつうに生活していてもストレスは避けられません。ストレスをためて心と体の不調にはまりこむまえに,ストレスへの意図的な対処=コーピングのレパートリーを増やして自分を助けてください。ストレスのしくみを知って要点を身につければ,コーピングはもっと効果的に,もっと楽しい習慣になります。ストレスとコーピングのメカニズムから「最強のコーピング」マインドフルネス,ストレス反応に深くかかわる「スキーマ」まで,ストレス心理学と心理療法のポイントをやさしく解説したこの教科書を,ひとりで・みんなで使って使って使い倒してください。 「ストレスチェック/ワークシートつき」 ※本書は2017年宝島社刊『折れない心がメモ1枚でできるコーピングのやさしい教科書』に加筆し復刊したものです。 レッスン1 自分のストレスを知る7つのステップ! レッスン2 コーピングでストレスから自分を助ける! レッスン3 ぜひ試してほしい5つのコーピング レッスン4 あるがままに受け止め、味わい、手放すマインドフルネス レッスン5 「スキーマ」に気づき、より深く自分に近づく

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
66

明確な目標設定ができる「オープンウィンドウ64」。目標達成のモチベーションを高める「目標・目的設定用紙(スターシート)」。毎日書き込むことで自信を高める「日誌(ジャーナル)」。成功習慣を身につける「ルーティンチェック表」。「目標達成手帳STAR PLANNER」がバージョンアップ!自立型セルフマネジメントの4大ツールをすべて収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
77

多様性の科学

マシュー・サイド
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
66

“早くしなさい”って言われたくない!そんな「今」が運命の分かれ道!?上手に時間を使えるようになるヒントがぎゅっとつまった1冊 “早くしなさい”って言われたくない! そんな「今」が運命の分かれ道!? 大人と子どもは感じる時間の長さがちがう? そもそも時間って、どういうもの? 上手に時間を使えるようになるヒントが、ぎゅっとつまった1冊です! PART1 時間って、どんなもの? PART2 時間をどんなふうに使っている? PART3 時間のおなやみ相談室 PART4 スケジュールを立ててみよう 10才は、子どもがぐっと大人に近づく年齡です。 自分のことを客観的に見るようになり、 他人と比較することでさまざまな感情をもつようになっていきます。  この本には、大人になるためのヒントがたくさんつまっています。 ぜひ親子で読んで、いろいろな話をしてみてください。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
66

瞑想などの東洋の伝統を現代科学に融合し、人間のに迫る。現在に意識を集め、自らを受容する。 瞑想を通し感覚・感情を生み出す作用を意識する。過去や未来にとらわれず,「今」という瞬間に注意を傾ける。東洋の伝統に現代科学を融合し人間の持つ包括的な全体性に着目。自らを意識し受容することで自身を守る具体的方法。 認知行動療法の第3の波,マインドフルネス認知療法の源泉となるカバットジンの名手引書の復刊。呼吸への注意,静座瞑想,ボディースキャン,ヨーガ,歩行瞑想を体系的に組み合わせ,“禅思想”に通じた体験を得るためのエクササイズを一般人にわかりやすく紹介。著者の大学メディカルセンターで4000症例をもとに科学的に一般化。 はしがき(ティック・ナート・ハーン) 復刊に寄せての訳者の言葉 すいせんの言葉 日本の読者の皆さんへ プロローグ 第Ⅰ部 「マインドフルネス瞑想法」の実践 1章 “今”という瞬間を,意識的に生きる 2章 「マインドフルネス瞑想法」へのとり組み 3章 呼吸のもつ癒しの力――呼吸法 4章 自分の存在を感じ取る――静座瞑想法 5章 自分の体を感じとる――ボディー・スキャン 6章 心と体をリラックスさせる――ヨーガ瞑想法 7章 日常生活の中で,自分をとり戻す――歩行瞑想法 8章 プログラムをどう組みたてるか    ――「マインドフルネス瞑想法」8週間プログラム 第Ⅱ部 瞑想によるストレス対処法 9章 体の声に耳を傾ける 10章 痛みを心でコントロールする 11章 時間の束縛からの解放――時間ストレス 12章 相手との関係を改善する――対人ストレス 13章 仕事をみずからのものにする――仕事ストレス 第Ⅲ部 健康と癒しの新しいパラダイム 14章 “全体性”の体験と癒し 15章 “癒し”ということ 16章 心のもつ癒しの力    ――健康と病気に対する新しい視点 17章 心のもち方と健康    ――思考・感情・性格が体におよぼす影響 18章 “結びつき”と自己治癒力 エピローグ 〔付録〕生活の体験カレンダー 参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
65

話題の行動科学マネジメントが教える、「やる気ゼロ」でもサクサク動けるようになる100のコツを紹介します。 「やろう!」という気持ちはあるのに、なかなか動き出せない…。 そんなときに大事なのは「意思の力」に頼らないこと。 本書では話題の行動科学マネジメントが教える「やる気ゼロ」でもサクサク動けるようになる100のコツを紹介します。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
65

宿題をやらない、勉強が嫌い…そんな子どもたちも、行動科学を使えば変わる!家庭でできる習慣のつけ方をわかりやすく解説!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
64

「課長=マネジャー」となるための心得を、「行動科学マネジメント」をベースに、2分間で読み切れる単話形式でまとめています。 あなたがもし、「マネジメント」を複雑で難しいものだと感じているとしたら、 そもそもそこにどんな基本項目があるのかすら、教えてもらっていないからです。 本書では、その「ABC(つまりイロハ)」から理解できるように、 マネジメントの秘訣をエピソードに分解して、一つずつ身に付けられるようにしています。 マネジメントをはじめとしたよりよい「課長=マネジャー」となるための心得を、 「行動科学マネジメント」の考え方をベースに、2分間で読み切れる単話形式でまとめています。 それまでいわゆる平社員だった人が、あるときから課長やマネジャーという肩書を与えられると、 いきなりマネジメントという未知の仕事をしなくてはならなくなります。 しかも、そのやり方について誰も教えてはくれません。 私はセミナーなどを通じて、そうした状況に戸惑っている多くの人たちと接する機会がありますが、彼らの悩みは深刻です。 あなたがマネジメントをうまくこなしていくために必要なのは、 部下の内面を推し量って右往左往することではありません。 部下に「いい行動」を繰り返してもらえばいいのです。 そのためには、部下に「いい結果」を手にしてもらう必要があるのですが、ではどうすればいいのか――。 その具体的方法についても、本書を読むことで理解できることと思います。 最初から通してではなく、興味のある項目から読んでもらっても大丈夫。 気になった項目については、繰り返し読んで心に刻んでいただけたら幸いです。 マネジメントをはじめとしたよりよい「課長=マネジャー」となるための心得を、 「行動科学マネジメント」の考え方をベースに、2分間で読み切れる単話形式でまとめています。 はじめに 第1章 部下を育てる  ・「部下を褒める」は己のため  ・コミュニケーションは「AI」を見習え  ・「電話を取れ」は半ば脅迫  ・部下は仕事なんて好きじゃない  ・「スローガン」は届かない  ・上司は部下をくじけさせる天才  ・新人の「質問」は真正面から受け止めよ  ・ハラスメント問題は、関係性ではなく本人の問題  ・苦労に価値は、「ある」「ない」どちらも正解  ・「意識が高い」と「能力が高い」はまったく別物  ・どう努力しても部下は突然辞める  ・「つながらない権利」を主張される前に動く  ・マネジャーの仕事は部下に成果を上げさせること  ・価値観を伝えるな、行動を教えよ 第2章 組織を考える  ・完璧なマニュアルは現場が使いこなせない  ・マネジメントもオーダーメード時代  ・仕事を「捨てる」ことから始めよ  ・評価制度はいかなるときも「最新最適」に  ・日々のビジネスは部下たちの研修の場  ・若者が「営業をやりたくない」ビジネスは潰れる  ・「俺がいなくては回らない」仕事など一つもない  ・離職率を下げるために必要なのは「仕組み」  ・応用を教えようとせず基本を教える  ・生産性向上をうたう「非効率の排除」にわな  ・「有給休暇を取る」のも上司の仕事  ・絵だけで伝わるマニュアルが理想 第3章 行動で変える  ・日々のインプットが「才能」をつくる  ・成功体験は捨てていくもの  ・「伝言係」の管理職はいらない  ・大事なのは「頑張る」より「続ける」  ・部下への指導はエビデンス重視  ・就業時間外は就業しない  ・勘や思い込みではなくデータで動く  ・人を見ないマーケティングは無価値  ・「重要だが緊急ではない仕事」が結果を分ける  ・「部下のために犠牲になる」は無能の証し  ・問題の突破口は「行動」にしかない 第4章 習慣を見直す  ・来年の目標より今年の検証  ・「自分のこと」から逃げているからSNSにはまる   ・変化の時代にはジタバタしない  ・部下育成は子どもに勉強を教えることに近い  ・伝わっていなければ教えていないと同じこと  ・リスクマネジメントを習慣化せよ  ・理想を述べるな、現実を知れ  ・パワハラ問題から逃げているとパワハラをしでかす 第5章 将来に備える  ・100歳まで生き抜く準備はあるか  ・「何とかなる」という老後は来ない  ・責任能力がないAIの責任は、結局人が負う  ・自分のメンタルを守れるのは自分の気づきのみ  ・一つのすごいスキルより「パラレル力」  ・学び直しに必要なのは頭脳よりも続ける技術  ・生き残りの条件は「自分株式会社社長」の意識  ・「仕事だけ」の人は仕事がなくなる  ・あらゆる変化を受け入れ利用する人が最強  ・「老後の不安」は向き合わないと増幅する おわりに よりよい課長になるために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
75

心理的安全性のつくりかた

石井 遼介
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
64

心理学的な研究成果を総合的に記述。基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含する。 経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説し,神経基盤に関する論述まで包含。即時的な小報酬(衝動性)と遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にあるメカニズムの解明を目指す。 心理学的な研究成果を総合的に記述。経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含。即時的な小報酬(衝動性)および遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にある心理的なメカニズムや影響を及ぼす社会的諸要因の解明を目指す。 ◆主なもくじ まえがき 第Ⅰ部 セルフ・コントロール研究の基礎 第1章 セルフ・コントロールについての行動分析学的研究 第2章 価値割引過程から見たセルフ・コントロールと衝動性 第3章 経済行動におけるセルフ・コントロールと衝動性 第4章 心理検査で測るセルフ・コントロール 第Ⅱ部 教育分野への応用 第5章 教育場面におけるセルフ・コントロールと衝動性 第6章幼児期,児童期,青年期のセルフ・コントロールと衝動性 第7章 セルフ・コントロールの教育の実践 第8章 大学生における勉強行動と遅延価値割引 第Ⅲ部 医療分野への応用 第9章 医療場面におけるセルフ・コントロールと衝動性 第10章 糖尿病とセルフ・コントロール 第11章 健康増進に関する食行動とセルフ・コントロール 第12章 口腔保健行動におけるセルフ・コントロール 第Ⅳ部 矯正分野への応用 第13章 矯正分野におけるセルフコントロール 第14章 犯罪とセルフ・コントロール 第15章  依存と価値割引 第Ⅴ部 今後の展開 第16章 セルフ・コントロールの神経経済学 第17章 衝動性とセルフ・コントロールの神経基盤 第18章 もう1つの自己制御―エゴ・セントリックな自己制御からエコ・セントリックな自己制御へ ◆執筆者一覧(*は編者) 高橋 雅治* 旭川医科大学医学部 1章,10章 佐伯 大輔 大阪市立大学大学院文学研究科 2章,14章 井垣 竹晴 流通経済大学流通情報学部 3章,11章 杉若 弘子 同志社大学心理学部 4章 伊藤 正人 大阪市立大学 5章 空間 美智子 京都ノートルダム女子大学現代人間学部 6章,7章 平岡 恭一 弘前大学教育学部 6章,7章,15章 青山 謙二郎 同志社大学心理学部 8章(1・2節) 高木 悠哉 奈良学園大学人間教育学部 8章(3・4節) 飛田 伊都子 滋慶医療科学大学院大学医療管理学研究科 9章 鎌倉 やよい 日本赤十字豊田看護大学看護学部 12章 百瀬 由美子 愛知県立大学看護学部 12章 深田 順子 愛知県立大学看護学部 12章 坂上 貴之 慶應義塾大学文学部 12章,18章 蒲生 裕司 こころのホスピタル町田 13章 高橋 泰城 北海道大学大学院文学研究科 16章 池上 将永 旭川医科大学医学部 17章 まえがき 第Ⅰ部 セルフ・コントロール研究の基礎 第1章 セルフ・コントロールについての行動分析学的研究  1節 セルフ・コントロールと行動分析  2節 セルフ・コントロールの改善  3節 今後の展開に向けて 第2章 価値割引過程から見たセルフ・コントロールと衝動性  1節 セルフ・コントロールと行動分析  2節 実験的方法で測るセルフ・コントロールと衝動性  3節 おわりに 第3章 経済行動におけるセルフ・コントロールと衝動性  1節 行動経済学  2節 投資行動  3節 金銭管理行動1:消費・貯蓄・借金  4節 金銭管理行動2:退職後に備えた貯蓄(年金) 第4章 心理検査で測るセルフ・コントロール  1節 セルフ・コントロールの個人差評価  2節 子どもを対象にしたセルフ・コントロール尺度  3節 成人を対象にしたセルフ・コントロール尺度  4節 おわりに:測定精度を高める工夫 第Ⅱ部 教育分野への応用 第5章 教育場面におけるセルフ・コントロールと衝動性  1節 意思決定問題としてのセルフ・コントロールと衝動性  2節 教育場面における対応法則  3節 子どものセルフ・コントロールの実験的検討  4節 子どものセルフ・コントロール確立のための具体的方策  5節 子どものセルフ・コントロールの背後にある価値割引過程  6節 今後の展望:セルフ・コントロールと個人内ジレンマ 第6章幼児期,児童期,青年期のセルフ・コントロールと衝動性  1節 実験的方法で測る幼児期のセルフ・コントロールと衝動性  2節 質問紙で測る児童期のセルフ・コントロールと衝動性  3節 児童用遅延割引質問紙の信頼性と妥当性  4節 質問紙で測る青年期のセルフ・コントロールと衝動性 第7章 セルフ・コントロールの教育の実践  1節 発達障害児を対象としたセルフ・コントロール訓練  2節 セルフ・コントロールに関する心理教育授業  3節 教師によるセルフ・コントロールの教育と児童の遅延割引の変化 第8章 大学生における勉強行動と遅延価値割引  1節 遅延価値割引と勉強場面での行動の理論的関係  2節 遅延価値割引と学業成績に関係があるのか?  3節 遅延価値割引と勉強行動には関係があるのか?  4節 勉強行動への介入 第Ⅲ部 医療分野への応用 第9章 医療場面におけるセルフ・コントロールと衝動性  1節 患者概念の変遷とセルフ・コントロール  2節 現代医療が抱える問題に対するセルフ・コントロールの必要性  3節 医療モデルからみたセルフ・コントロール  4節 健康問題におけるセルフ・コントロールと衝動性  5節 健康問題へのアプローチ  6節 医療行動分析学構築の必要性 第10章 糖尿病とセルフ・コントロール  1節 糖尿病への罹患しやすさを規定する諸要因  2節 糖尿病患者への心理行動的な介入  3節 自己管理の心理構造 第11章 健康増進に関する食行動とセルフ・コントロール  1節 カロリー表示の効果  2節 行動経済学の知見を活用した研究  3節 環境的要因の影響  4節 食行動に関するセルフコントロール改善への展望 第12章 口腔保健行動におけるセルフ・コントロール  1節 高齢者とセルフ・コントロール  2節 高齢者の口腔保健行動の評価  3節 高齢者の口腔保健行動への自己制御力の評価  4節 口腔機能向上のためのプログラム  5節 おわりに 第Ⅳ部 矯正分野への応用 第13章 矯正分野におけるセルフコントロール  1節 「矯正」という言葉の定義  2節 アルコールやその他の薬物依存症やギャンブル障害  3節 依存症,ギャンブル障害の行動経済学による理解  4節 行動コスト  5節 交差価格弾力性  6節 遅延報酬割引  7節 選好逆転  8節 報酬の結束  9節 矯正施設  10節 Gottfredson & Hirschiの“A General theory of crime”  11節 矯正と医療の連携  12節 おわりに 第14章 犯罪とセルフ・コントロール  1節 セルフ・コントロールと犯罪行動に関する理論的研究  2節 セルフ・コントロールと犯罪行動に関する実証的研究  3節 今後の展望 第15章  依存と価値割引  1節 はじめに  2節 薬物依存患者のセルフ・コントロール  3節 ギャンブル依存症と遅延価値割引 第Ⅴ部 今後の展開 第16章 セルフ・コントロールの神経経済学  1節 神経経済学におけるセルフ・コントロール  2節 時間・確率・対人的距離の心的表象とセルフ・コントロール  3節 価値評価や時間・確率・社会的距離の脳内表現  4節 行動神経経済学をもちいたセルフ・コントロール研究の応用 第17章 衝動性とセルフ・コントロールの神経基盤  1節 認知神経科学における衝動性の測定法  2節 異時間点選択における意思決定の神経基盤  3節 ADHDの選択衝動性と薬物療法 第18章 もう1つの自己制御―エゴ・セントリックな自己制御からエコ・セントリックな自己制御へ  1節 はじめに  2節 Skinnerと「自己制御」  3節 Ainslieの自己制御手続き  4節 SS\LL選択パラダイム  5節 強化スケジュールと自己制御  6節 SS\LL選択パラダイム以外の実験パラダイム:ソフト・コミットメント,プリムローズ・パス,パッチ利用パラダイム  7節 自己制御問題を組みなおす  8節 もう1つの自己制御

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
64
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.58
63

文庫ベストセラー『すごい「実行力」』待望の図解版。累計110万人の「人生を変えた」行動科学メソッドが、図解で簡単に身につく! あの文庫ベストセラーが、「オール2色&オール図解」で さらにパワーアップして新登場! 今、話題の「行動科学メソッド」が、 図解で「見てわかる!」「すぐ役立つ!」 《誰でもできる、この5カ条》  まずは、これを試してみてください。 1.まず、「実行した後のメリット」を考える 2.やらなければ「困ること」を書き出す 3.「できる人のやり方」を一つだけ真似する 4.「苦手な仕事」は、真っ先に始める 5.目標を立てたら「人に宣言する」 たったこれだけでも効果抜群です! ほかにも、本書には、どんなに面倒くさがりでも、 飽きっぽい人でも、無理なく、楽しく、続けられるメソッドが満載です。 ぜひ、気楽な気持ちで、1つずつ実践してみてください。 「すごい実行力」が必ず身につきます。 本書の効果に例外はありません!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
63

「100年人生」を生き抜く最も大切な武器=勉強習慣を身につけよう 「100年人生」を生き抜く最も大切な武器=勉強習慣を身につけよう 日経ビジネス主催の「課長塾」人気講師が、市場価値を上げ続ける学び方を伝授! 生産性の向上が鍵を握る「働き方改革」や、 大企業でも進む「職務型人事評価」へのシフト、 仕事内容を抜本的に刷新する「人工知能」の進化。 これらを背景に急速に変わっていくであろうビジネスシーンをサバイブするには、 新たな業務知識やプラスアルファのスキルを習得し続けなければならない。 しかし、今、企業の根幹を支えている30~40代の働き盛り世代は プレーイングマネジャーとして多忙を極め、勉強にあてる時間すらないのが現状だろう。 そこで本書は、行動科学マネジメントの専門家である著者が、 どんなに忙しい人でも「学びを習慣化」するためのノウハウをまとめている。 ■三日坊主にさようなら。必ず「行動」が変わるやり方を科学する 行動科学マネジメントとは、人間の行動を科学的に分析し、 行動のみに焦点をあてながら現状を変え、成果を上げる方法論だ。 著者はこれまで、数多くの企業で組織マネジメント研修の講師を務めてきた。 そんな行動科学マネジメントのメソッドを個人の学習に応用した本書は、 やる気やマインド面の改善に偏りがちだった これまでの学習本とは一線を画す内容となっている。 大事なのは《目的発見》《目標設定》《行動設計》《検証》の4ステップ。 この4つを、賢く、確実に、かつ効率的に実践する方法を説いている。 ■「課長あるある」を克服した人たちの事例も豊富に掲載 行動科学マネジメントの手法を使い、忙しい中でも勉強習慣を身につけて 学びの成果を仕事に生かすプレーイングマネジャー6名の事例も紹介している。 ミーティングと資料作成で毎日が目いっぱい、上司からの突発的な依頼が多い、 後進育成で自分の時間はないに等しい、仕事帰りは疲れ果ててやる気が起きない。 このような理由で、勉強から離れていると感じている人はぜひ読んでほしい。 英語力や技術力を高める、業界の最新事例を収集し続ける、 できるだけ最短で資格を取得する、隙間時間で教養を身につける。 これらが「無理せず確実に」できるようになるプロセスを詳しく解説している。 ■目次 序章 なぜ今、学ぶ技術が必要なのか 1章 課長世代の将来が危ない 2章 「学ぶ目的」を正しく見つける 3章  無理なく学ぶための計画を立てる 4章 確実に学びを継続するコツ 5章 6人の事例に学ぶ「勉強習慣の身につけ方」 終章 生涯勉強を続けるための15の心得 序章 なぜ今、学ぶ技術が必要なのか 1章 課長世代の将来が危ない 2章 「学ぶ目的」を正しく見つける 3章  無理なく学ぶための計画を立てる 4章 確実に学びを継続するコツ 5章 6人の事例に学ぶ「勉強習慣の身につけ方」 終章 生涯勉強を続けるための15の心得

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
63

はじめに 「仕組み」で「行動」を変える-部下が喜んで仕事をする職場へ 第1章 「認知のゆがみ」が会社を滅ぼす-ある日突然、人がいなくなる 第2章 思考を変える-今までの「成功体験」を捨てる 第3章 仕事を捨てる-結果につながる行動の見つけ方 第4章 人を育てない-「仕組み」で人を動かす 第5章 「仕組み」でチームが変わる-求められる「新しいリーダー」のあり方 おわりに 行動の変化は少しずつでいい-「スモールゴール」を繰り返して、大きな目標を達成する

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
63

最小限の労力で最大限の成果を出す!「行動科学」に基づいた、これからの働き方の教科書。部下からの信頼/上司からの評価/平日の楽しみ/仕事の充実感が手に入る。 第1章 あなたの会社の生産性があがらない理由(あなたの職場で「生産性をあげる」とはどういうことか? 「生産性をあげる」ことは創造的で楽しみに満ちた行為である 成果が出ないのは「やり方を知らない」か「続けられない」かのどちらか ほか) 第2章 ステップ1 「標準化」で行動の質を高める(行動科学が大切にする「MORSの法則」 「属人化」した作業を「標準化」しよう ほとんどのものが「標準化」できるのに… ほか) 第3章 ステップ2 「評価」で良い行動に報酬を与える(行動を正しく「評価」していない会社が多い お金が最も有効な「報酬」だと思っていないか? 昇給や賞与ではなく「非金銭的報酬」を使って評価する ほか) 第4章 ステップ3 「仕組み」で自発型人材を育てる(リーダーが仕組みを作り、メンバーに実行してもらう)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
63

どうすれば、部下や後輩を動かすことができるのか? 行動科学マネジメントの第一人者が、図解とイラストを用いて明らかにする一冊。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
63

「行動科学マネジメント」の第一人者が説く 部下に成果を出させるリーダーの技術 「もっと使える部下をよこしてくれ」 「あえて厳しくするのは部下の成長のため」 「あいつのせいでイライラさせられっぱなしだ」……。 こういった考えはすべて間違いであることに、日本の課長は気付いているでしょうか。 「代わりの人材はいない」「厳しくすると部下は辞めてしまう」「イライラするのは自分のせい」。 こんなふうに考え方を変えないと、目の前の部下はすぐに会社を辞めてしまいます。 人手不足の今、部下の育成に「自分はこうしてきた」という、旧来のやり方は通用しません。 では、課長は部下をどのように育てればいいのか。 本書は「行動科学マネジメント」という手法によって、その方法を説いていきます。 例えば、部下をほめる時は「60秒以内」にといったほめ方の技術や、具体的な数字を使いながら 指示を与える「教える技術」など、日々の仕事で部下と接するうえですぐに役立つ技術を具体的に解説します。 結果として、課長自身のストレスがなくなる今の時代の人材育成法です。 【1章】 気づく課長、出遅れる課長  課長の常識をひっくり返さねばならない時代がやってきた  あなたの「想像」は現実と乖離している  「部下が来ない」時代に備えよ  「すぐに弱音を吐く部下」も宝  「部下のストレス管理」が課長の重要な仕事になった  ミドルパフォーマーこそチームのキーマン  使いこなしたい「リテンション・マネジメント」  IQよりも重要な「非認知能力」  課長にとって「安易な離職」はこれだけ危険  まさか自分がボトルネックになっているのではないか 【2章】 あなたの部下は本当に弱いのか  成長の「ステージ」を見極めて育てているか  20代の意外な特徴を活用しよう  「平社員のままでいい」という部下をどう導くか  「若い人が辞める時代」に打つべき二つの手  「あえて厳しく」は禁じ手  「やっていいこと悪いこと」を具体的に示す  「ほめて伸ばす」は課長の最大の武器  「失敗をほめる」という奥の手がある  「怒らない上司」になる方法  「お金だけでは動かない世代」を動かす  「困難に打ち克つ力」を育てる  チャレンジを恐れる部下がいたら 【3章】 できる課長の具体的技術  部下の行動があなたの価値を表している  「人が足りない時代」を見据えた人材育成  部下を「辞めさせてしまう」人の共通点  数字を使った「具体的な指示」が効く  「問題解決能力」はパターン学習で伸ばす  上司の失敗談から部下は多くを学ぶ  結果でなくプロセスで評価する  部下が「すべきことがわかる」仕組み  グラフ一つで部下を成長させる方法  「データ」は最高の素材  「徹底する」とは「計測する」こと  「公平さ」を「標準化」につなげよ  部下とのコミュニケーションは上司に全責任がある 【4章】 業績を上げるチーム力のつくり方  「モチベーション」という言葉を封印しよう  情報は共通言語と仕組みで共有  チームの業績につながるテーマ設定とは  「片づけ能力はビジネス能力」をチームに浸透させる  「新しい」つもりで古いやり方にすがっていないか  「仕事に人が属する」手法で、いろいろな人が働きやすくなる  部下一人ひとり「働く理由」は違う  「結果が伴う時短」をチームで実現する  「強みを生かす」だけではチームは弱体化する  ビジネスの成功にコミュニケーションは不可欠  「トータル・リワード」でチームワークを確立する 【5章】 部長を目指す人のセルフマネジメント  あなたは自分が思っているほど強くない  育成の時間と自分の時間のバランス  本当に達成できる年間目標の立て方  環境適応能力がなければ高いスキルも生かせない  5分の「振り返り時間」を確保する  定期的に「圏外」に出よう  課長はお腹を引っ込めろ  走りながら内省してみよう  今日の食事が明日のあなたをつくる  勉強法も健康法もすべては「行動定着」から

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
63

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.80
63

仕事、勉強、早起き、貯金、禁煙、ダイエット、トレーニング…やる気がなくても、努力しなくても、続けられる。三日坊主のあなたを変える、究極のセルフマネジメント術。「行動科学マネジメント」のメソッドで、思い通りにコントロールできる!! 「続ける」ために必要なこととは? 1 「過剰行動」と「不足行動」 2 足りない行動の増やし方 3 やめたい行動の減らし方 4 「続ける技術」で目標を達成する 「続ける技術」があなたを変える

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
63

カジュアル衣料品店「ナチュレル」のエリアマネージャーだった糸数和彩。地区最下位だった店舗をトップにした手腕を買われ本部のマーチャンダイジング部課長へと昇進する。しかし、そこで待ち受けていたのは、ひと癖もふた癖もあるメンバー。コミュニケーションすら、うまくできない毎日。そんな折、偶然、ある男性に出会い「教える技術」を知る! Prologue チームが変わるために上司がやるべきこと 1 信頼される上司の条件 2 リーダーの「聞く」技術 3 教える技術はどんなタイプの部下にも使える 4 チームの成果を上げるためにできること Epilogue 教える技術を身につけて本物のリーダーに!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
74

人を生かすマネジメント

山田滋敏
ホリプロ×ザメディアジョン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
63

若者が辞めていく組織は危ない。何を考えているかわからない20代に成果を上げさせるため、リーダーは行動科学マネジメントを学べ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
74

オトナ相手の教え方

関根 雅泰
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
63

なぜ一流は、ハードワークの毎日でも「自分の時間」を作り出せるのか? 一方で、なぜ頑張っているのに、残業続きで、「時間がない」「忙しい」と嘆く人が多いのか? 実は、両者の差は、やる気や能力、意志の力ではなく、「正しい方法」を知っているかどうかにあります。「どんな人が試しても、同じ結果を引き出せる」と全米の一流企業で話題になったマネジメント手法を、日本人向けに改良した「行動科学マネジメント」の第一人者が教える、科学的かつ具体的な“時間の増やし方”。 「行動科学マネジメント」の第一人者が教える、科学的かつ具体的な“時間の増やし方”。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
63

「何をやっても続かない……」「苦手なものがいっぱい……」 そんなあなたも、行動科学を使って「良い習慣術」を身に付ければ、取り巻く環境がみるみる変わり、あなたの人生も変わります!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
63

どんな子も「自らやる子」に変わる!あいさつ・宿題・片づけ・習い事…続けられる子にだけ、才能は拓く!子どものスイッチが入る魔法のコツ。 第1章 「続ける力」は行動を変えるだけで身につく 第2章 「続ける力」が身につく環境づくり 第3章 「続ける力」が身につく教え方 第4章 「続ける力」が身につくほめ方 第5章 「続ける力」が身につく叱り方 第6章 「続ける力」に大切な生活習慣の身につけ方 おまけ 勉強習慣だって「続ける力」で身につく

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
63

日常業務に52の簡単な行動を取り入れるだけだから、「いつ・どこで・だれが」やっても同じ効果を引き出せる!"毎日の行動"が確認できる「チェックリスト」つき。 プロローグ 部下たちが自発的に動き、業績が伸びる職場 第1章 部下に接するときの態度-仕事のパートナーづくり 第2章 ワーク・ライフ・バランスへの対応-働く動機付け 第3章 連帯感を強める仕組み-チームづくり 第4章 成長欲求に応える工夫-最高の報酬の提供 第5章 居心地のいい職場づくり-働く環境の整備 第6章 仕事の正しい教え方-チームの業績をあげる行動の定着

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
62

行動科学マネジメントを用いた、計測されたエビデンスに基づく方法ならば、誰がやっても同じ結果を出せるようになる。科学的根拠に従って淡々と動くだけで、あなたはもう、毎月末に数字に追われたりすることも、結果を出せない部下への指導に苦しむこともなくなる-。センス・経験・ド根性一切不要、営業の考え方が根底から変わる本! 第1章 「頑張っても売れない」当然の理由(いままでの手法では駆逐される なぜ行動科学マネジメントでモノが売れるのか ほか) 第2章 「売れる行動」を見える化する!(チェックリストのつくり方 行動科学で営業ステップを分解する ほか) 第3章 チェックリストで営業改革を成功させた企業(ワンマン社長の属人的な営業手法から全社的な脱却を図る アルバイトやパートにも導入できる販売方法 ほか) 第4章 「売れる行動」が続く10のテクニック(「六〇秒ルール」で褒める メールや面談で報告させる ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
62

人間関係は「心」の問題ではなく「行動の結果」だ。あらゆる職場の問題を「行動」のキーワードで分析し、現実と今に意識を戻すのが「行動科学マネジメント」。悩みの乗り越え方、社内の人間関係対処法を、行動科学という新視点でわかりやすく解決! 第1章 「すれ違い」がストレスをつくる(ケーススタディー すれ違う2人の会社員 ストレスはいつ・どこで・誰が起こしているのか? ほか) 第2章 上司の立場と部下の立場(実はなにも問題は起きていない 明確になった上司と部下の「ズレ」 ほか) 第3章 「ポジティブ」にとらわれてはならない(ストレスまみれの現代人 仕事は「ビジネスライク」がちょうどいい ほか) 第4章 「不安・恐怖」はあなた自身がつくりだしている(「意志」なんてみんな弱い 人間はネガティブな事柄を勝手につくる ほか) 第5章 この「行動」で職場が変わる(仕事がうまくいかない2大理由 「なにを捨てるか」を考えて整理する ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
62

感情に訴える=×、「行動」を修正する=○。部下育成の悩みはすべて「科学」で解決できる。チームで成果を上げるリーダーのロジカルな褒め方、叱り方。「課長塾」人気講師が行動科学マネジメントの極意を伝授。 第1章 行動科学で「伝えられる人」になる(プレーヤーからマネジャーになると何が変わる? 部下の気持ちを汲む必要はない ほか) 第2章 なぜ伝わらない?なぜ育たない?-残念な教え方(失敗の原因を考えさせる やる気に期待する ほか) 第3章 短時間で確実に「仕事のできる部下」をつくる!(部下を効果的に育てるOJTとは 数値化できなければ行動とは言えない ほか) 第4章 「成果が上がる行動」を習慣化させるには(「よい結果」が人を動かす 継続性をもたらすフィードバックとは ほか) 第5章 「憧れられる課長」でいるために(理想の上司とは 認知のゆがみがストレスをつくる ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
62

英会話、資格の勉強、ダイエット、禁煙など、始めたいのにできない人には共通の傾向がある。「次の機会に」が口癖、情報に振り回されがち、など。そんな人に向けて、頑張らない、小さなゴールを複数設定する、形から入る、モデルケースをなぞる、記録し「見える化」する、など17のヒントを紹介。行動科学マネジメントの第一人者が、誰がやっても同様の成果を出せる実践的メソッドで、始められない人の悩みも、始めたが続かない人の悩みも、スッキリ解消。あのときどうして始められなかったんだろう?と後悔しないための本。 第1章 「始める」とはなにか(「超セルフマネジメントの時代」とはどういうことか 若い世代こそ、"始める潜在力"を秘めている。そして"始める人"は大差をつける ほか) 第2章 「始めること」が難しい理由(自由に始めていいのに、その権利を使わない人たち もしかして「やり方がわからない」? ほか) 第3章 行動科学マネジメントで「始める」を考える(行動科学マネジメントとはなにか 良い結果を出せるかどうかに、「意志」は関係ない ほか) 第4章 「始める」ための17のヒント(頑張らない 好きなことを犠牲にしない ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
62

ランニングが心身のストレス耐性を高め、自分と向き合う時間が人生と仕事の質を高める!走れば心身が強くなり、ストレス低減。行動科学で踏み出せる、続けられる。 まえがき 「行動が、あなたを強くする」 序章 誰もが挫折、逆境を経験して強くなる 1章 なぜ、エンデュランス系スポーツが仕事に生きるのか 2章 挫けない「心」作り 3章 挫けない「体」作り 4章 挫けない「継続法」 5章 もう一度、挫けないために 対談 「挫けない」から得られる喜びと自信(石田淳×白戸太朗) あとがき 「すべてのビジネスパーソンに必要なメンタルタフネス」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search