【2024年】「天才」のおすすめ 本 140選!人気ランキング

この記事では、「天才」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 天才! 成功する人々の法則
  2. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  3. 影法師 (講談社文庫)
  4. チーズはどこへ消えた?
  5. 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  6. スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)
  7. 世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
  8. 志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)
  9. 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
  10. さあ、才能に目覚めよう: あなたの5つの強みを見出し、活かす
他130件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
99
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.3
99
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
89
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.5
87
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.6
84
みんなのレビュー
心理学的観点から人間のモチベーションややる気を上げるためのアドバイスが得られる。面白い事例を元に学べる。
No.14
84
みんなのレビュー
生産管理の分野で働いているビジネスパーソンや経営者は全員目を通すべき名著。
No.17
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
83

マチルダは天才少女。三歳になる前に字が読めるようになり、四歳で、有名な文学作品も読みこなす。ところが両親ときたら、そんな娘を「かさぶた」あつかい。「物知らず」だの「ばか」だのと、どなりちらしてばかり。学校にあがると、そこには巨大な女校長がいて、生徒をぎゅうぎゅう痛めつけている。横暴で高圧的な大人たちに頭脳で立ち向かうマチルダの、痛快仕返し物語。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
83

快人エジソン: 奇才は21世紀に甦る

浜田 和幸
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
83
みんなのレビュー
イーロン・マスクの人生についてまとめられた書籍。数ある起業家本の中でもトップクラスにふるえるし視座の高さに驚く。今でこそイーロン・マスクは多くの人に知られる存在になったが、まだまだ日本ではそこまで知名度の高くなくテスラもスペースXもこれほど影響力がない時に読んだのでこんな男がいるのかと非常に感銘を受けた。
No.22
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
83
みんなのレビュー
普段の仕事や生活で自分の時間がなくて常に何かに追われている感覚があるのであれば是非読んで欲しい!本質的でないことは全て捨てて自分のやりたいことにフォーカスしよう!一度きりの人生、悩んでいる時間は無駄。社会人になりたてで四苦八苦している人がいたら是非読んで欲しい。
No.24
83

天才 (幻冬舎文庫)

石原 慎太郎
幻冬舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
83

あなたがいたから、強くなれた。ほとばしる情熱に一気読み! 将棋界史上初となる女性棋士の座を賭けた対局が決定した。運命の一戦に臨むのは、天才高校生・諏訪飛鳥と、プロ入りの年齢制限が迫る千桜夕妃。激闘の末に決まった勝者は、デビュー戦を前に姿を消した――。 史上初となる女性棋士の座を賭けた対局が決定した。運命の一戦に臨むのは、将棋の名門一家で育った天才高校生・諏訪飛鳥と、体が弱くプロになるための年齢制限が迫る千桜夕妃。激闘の末に決まった勝者はしかし、デビュー戦を前に姿を消した。観戦記者の佐竹亜弓は彼女の行方を追うが……。「もう一度、あなたと指したい」。互いに切磋琢磨する若き棋士たちの熱い戦いと、将棋で結ばれる絆に胸を打たれる、愛と情熱の物語。 第一部 佐竹亜弓の失望と想望の雄途 第二部 千桜智嗣の敬愛と憂戚の青春 幕間 ニースの地で 前編 第三部 諏訪飛鳥の情熱と恩讐の死闘 幕間 ニースの地で 後編 第四部 竹森稜太の強靱で潔癖な世路 第五部 ただ君を知るための遊戯 あとがき 文庫版あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
83
みんなのレビュー
本多静六は、教授をやりながら節約に励み投資をして多額の財産を手にした人物。彼の人生は決して派手なものではなくて収入の一部を必ず貯金して触らないようにするというもの。その徹底した姿勢で巨額の富を築いた。そして「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」などの名言を残し、今でも通用する仕事・お金に対する価値観を作り上げている。誰でもできる愚直な行動が述べられているので、お金に困っている人・不安な人はぜひこれを読んで本多静六氏の行動をマネして実践してほしい。
No.27
83

小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督…彼らはどうクリエイティブを保っていたか?161人の天才たちの「意外?」「納得!」な毎日の習慣。 W.H.オーデン(詩人) フランシス・ベーコン(画家) シモーヌ・ド・ボーヴォワール(作家・思想家) トーマス・ウルフ(作家) パトリシア・ハイスミス(作家) フェデリコ・フェリーニ(映画監督) イングマール・ベルイマン(映画監督) モートン・フェルドマン(作曲家) ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(作曲家) ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(作曲家)〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
74

ピカソの私生活: 創作の秘密

オリヴィエ・ヴィドマイエール・ピカソ
西村書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
72
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.41
72

その青年は、神か悪魔か? 無垢な祈りは世界を覆う呪いになる――。 病院に忽然と現われ、子どもたちの願いを叶える謎めいた黒服の青年。難病も嘘のように完治するが、子どもたちの態度が豹変し異様な言動をするという。心霊案件を扱う佐々木事務所に相次いで同様の相談が舞い込んだ。原因を探るるみは、土地にまつわる月と観音信仰が鍵だと掴むが、怪異は治まらない。孤独な闘いの中、彼女はある恐ろしい疑惑に捕らわれる――願いは代償を要求し、祈りは呪いに変貌する。底なしの悪夢に引きずりこむ民俗学カルトホラー! 子どもの前にだけ現われ、その願いを叶えて回る神様。だが、その後子どもたちは意味不明の言葉で祈り、おかしくなるという――。青山が不在の佐々木事務所に依頼が持ち込まれ、るみは調査に乗り出すが……。 第一章 晦 第二章 三日月 第三章 半月 第四章 十三夜 第五章 待宵 終章 満月

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
72

ないものねだりの君に光の花束を 尊い愛

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
72

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
72
みんなのレビュー
ピーター・ティールの01にフォーカスした書籍ということで期待して手に取ったがあまり身になる内容がなかった。和訳が読みづらいのもあるかもしれない。
No.47
72

母の記憶 夜の訪問者 そっくりさん おとなしい妻 残りもの 豹変 生命保険 痴漢 ブス談義 再会 賭けられた女 雪女 ビデオレター ママの魅力 淑女協定 深夜の乗客 隠れた殺人 催眠術 幸福な生活

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
72
みんなのレビュー
今では色んなところで引用される人生100年時代というパスワードのきっかけになった書籍。もう既に1つの会社に勤め上げるような旧来の生き方は崩壊している。将来に不安を抱いているビジネスパーソンはこの本を読んで時代の変化に置いていかれないような生き方を選択して欲しい。
No.50
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
70
みんなのレビュー
リクルート創業者の江副氏の半生を綴った書籍。めちゃくちゃ面白く一気に読めた。とにかく江副氏の行動力や先見の明、周りを巻き込む力に感銘を受けた。それとともにこういう素晴らしい人を潰してしまう日本の既得権益にまみれた人達や組織に失望した。江副氏が逮捕されずに生きていればリクルートは今よりもっと大きくアメリカのGAFAに対抗できる日本企業に成長していたかもしれない。AWSやGCPに対抗するクラウドサーバービジネスをリクルートが持っていたかもしれない。起業家や起業したい人は絶対読んでおくべき書籍。
No.58
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
70

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.62
68

魔法の万年筆 猫 ケーキ タクシー サンタクロース 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
68

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.65
68

MY DEAR BOMB

山本 耀司
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
70
みんなのレビュー
アウトプットの重要性について語られて、具体的なアウトプット方法がたくさん学べる本。普通に過ごしているとどうしてもインプット過多になってしまうので、この本を読んでなるべくアウトプットする習慣を身につけていこう!
No.69
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
68

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
68
みんなのレビュー
怒涛の展開が…という小説ではないですが、生きる意味について考えさせられます。すこし思想が強い気もしますが、私にはそのくらいがちょうどいいです。初見で読みましたがとても印象に残りました。
No.78
70

孫正義300年王国への野望

杉本 貴司
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
68

Girl

Okuyama, Yoshiyuki
Soupe Designe Co., Ltd.
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
68
みんなのレビュー
色んな切り口で物事の二元論を語る「ふろむだ氏」の書籍。この本の内容は衝撃であるが事実。本当の実力ではなくて勘違いさせる能力がまず先にくる。そしてその力を使ってチャンスを掴んで実際に実力が付いてくるのが人生。だからとりあえず自信がなくても実力が伴ってなくても、やってみる、アピールしてみる。自分はすごいんだという自信を持とう!いくら実力があっても勘違いさせる能力がないとチャンスはなかなか周ってこない。
No.83
69

双子の星.よだかの星.カイロ団長.黄いろのトマト.ひのきとひなげし.シグナルとシグナレス.マリヴロンと少女.オツベルと象.猫の事務所.北守将軍と三人兄弟の医者.銀河鉄道の夜.セロ弾きのゴーシュ.饑餓陣営.ビジテリアン大祭. 年譜:p351~357

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
69

ゲルニカ―ピカソ、故国への愛

京子, 松島
冨山房インターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
68

時をかける少女 悪夢の真相 果てしなき多元宇宙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
68
みんなのレビュー
史上最年少25歳での上場を果たしたリブセンス創業者の村上氏がなぜ起業を志し、どうやってものすごいスピードで事業をスケールさせていったのかが語られた書籍。 起業を志す人にぜひ読んで欲しい書籍になっています。 村上氏は高校生の頃から起業を志していたそう。しかし、強烈に辛い過去や特別なバックグラウンドがあったわけではなく、きっかけは高校生の頃に人はなぜ生まれてきたのだろうという純粋な疑問を持ったことだったそうです。生まれてきたからには意味のあることをやろう!社会にインパクトを与えることをやろうと決め起業を志すことになるのです。 この原体験は社名であるリブセンスにつながっています。リブセンスはそのままLive Senseで生きる意味なのです。 彼は大学受験をせずに早稲田大学に入れる早稲田大学高等学院という高校に在籍していたため、高校の頃から起業に集中することができました。仲間を集めて大学1年生の時に起業を果たします。なんと大学1年生ながらビジネスコンテストに出て優勝し1年間のオフィス無料利用の権利を勝ち取るのです。 さて、肝心のビジネスはというと、村上氏自体が高校生の頃にアルバイトを探した時に気付いた課題を元に立ち上げたサービス。 アルバイトを探す人と求める人をマッチングするプラットフォーム。以前から同じようなプラットフォームはあったのですが、どれも広告を掲載するだけでお金を取るというモデルでした。 しかし、そうなると1人も採用できなかったとしても広告費を払わなくてはいけないため、アルバイトを募集するお店側は人が欲しくてもなかなか費用が捻出できずプラットフォームに掲載できていない状況でした。 そこで村上氏らが採用したのが、採用が成功した時にはじめて費用が発生する成果報酬型のモデルです。 これにより多くの企業がプラットフォームに掲載してくれることになります。アルバイトを探す側は応募情報があればあるほど嬉しいので自ずと彼らのプラットフォームに集まるようになりました。 さらに彼らは採用が決まった応募者に対して採用お祝い金という名のもとで数万円のお金を渡す制度を導入したのです。 これにより応募者はよりたくさん集まることになりました。このシステムは応募者がより幸せになるビジネスにしたいという気持ちと、採用が成功したかどうかを確実にプラットフォーム側が把握するという目的がありました。彼らのビジネスモデルでは採用が成功してはじめて報酬が発生するので採用成功を把握することが大事なのです。その点応募者側に採用報告のメリットを与えておけば企業側に採用成功をごまかされることがないのです。 このような従来のビジネスモデルをぶち壊す革新的なビジネスモデルで事業を大きくしてきた村上氏は資金調達することなく25歳にて見事上場を果たすのです。 最年少上場というと華々しいキラキラした生活を想像するかもしれませんが、彼らは起業してからいくら会社が成長しても贅沢をせず、上場しても代表の村上氏は狭いアパートに住んでいたそうです。とにかく社会に価値あるもの届けて生きる意味を見出すために!こんな起業家が増えてくると日本も良くなるかもしれません。 リブセンスが上場したのはもう10年以上前の話ですが、今読んでも学ぶことは多いです。 ぜひ起業に興味のある方は読んでみて下さい!
No.96
69

選挙制を疑う (サピエンティア 58)

ダーヴィッド・ヴァン・レイブルック
法政大学出版局

投票率が下がり続け、民主主義の衰退が危惧されるなか、くじ引きで議員を選ぼうと訴えた欧米で話題の書。実例に基づく説得的な提案。 投票率が下がり続け、民主主義の衰退が危惧されるなか、くじ引きで議員を選ぼうと訴えた本書は欧米でベストセラーとなった。多くの実例に基づく説得力ある提案。 減り続ける投票率、金や人脈がものを言う選挙戦。有力者の声しか反映されない政治に人々は背を向けるばかり。その解決策として、くじ引きで議員を選ぼうと訴えた本書は、欧米でベストセラーとなった。じっさい多くの国では陪審制や裁判員制度が実施され、アイスランドではくじで選ばれた市民が憲法改正案を策定している。多数の実例に基づく著者の主張に、読者は深く共鳴することだろう。 第1章 症状  第一節 希求と疑念──民主主義の逆説  第二節 正統性の危機──支持が低下している  第三節 効率性の危機──活力が低下している 第2章 診断  第一節 責任は政治家にある──ポピュリズムの診断  第二節 責任は民主主義にある──テクノクラシーの診断  第三節 責任は代議制民主主義にある──直接民主主義の診断  第四節 責任は選挙型代議制民主主義にある──新しい診断 第3章 病因  第一節 民主主義的手続き──抽選制(古代とルネサンス)  第二節 貴族主義的手続き──選挙制(一八世紀)  第三節 選挙制の民主主義化──擬制の成立(一九世紀―二〇世紀) 第4章 治療  第一節 抽選制の復活──熟議民主主義(二〇世紀末)  第二節 民主主義の刷新の実践──各国の探究(二〇〇四─二〇一三年)  第三節 民主主義の刷新の将来──抽選制議会  第四節 抽選制に基づいた民主主義の青写真  第五節 二重代議制の暫定的提案 結論 あとがき/謝辞 注/参考文献 訳者解題 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
69

君たちは今が世界 仄かな一歩

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
67
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.104
69

エジソンは起業家・事業家の先駆者だった!日本の再生にいまこそ必要なエジソン=フォードの発想。イノベーションのヒントがたくさん エジソンはただの発明王ではない。商品化をつねに意識し、実現する起業家・事業家の先駆者だった! 師エジソンに学んだからこそフォードはモータリゼーションの大衆化に成功し自動車王になった! 技術大国・日本の再生に、いまこそ必要なエジソン=フォードの発想。イノベーションのヒントがあふれ出る。《忘れられていた名著の新訳》 ▼1 エジソンとの出会い ▼2 少年時代の我が理想の人 ▼3 エジソンがもたらした恩恵 ▼4 実用の意味 ▼5 エジソンの天才 ▼6 発明の方法 ▼7 成功のよろこび ▼8 あらゆるものへの興味 ▼9 いつ仕事をして、いつ眠るのか ▼10 書物を超えた教育 ▼11 エジソンの精神は生きていく

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
67
みんなのレビュー
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
No.107
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
69
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.112
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
67
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.118
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
68

ファースト・ペンギン楽天・三木谷浩史の挑戦

大西 康之
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
68
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.122
67

魔法の万年筆 猫 ケーキ タクシー サンタクロース

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
68
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.124
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
68
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.131
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.135
67
みんなのレビュー
起業家・起業したい人全員に読んで欲しい起業家のためのバイブル。成功者の光の部分に焦点を当てた書籍は数しれずあるが、逆に闇の部分に焦点を当てているのがこの本。超有名マーケターの神田昌典氏が成功をおさめてから起きた様々な闇の部分について赤裸々に語られている。涙なしには読めないし、この本を読むことで自分にもあてはめて同じ轍を踏まないように意識することができる。
No.136
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.138
68
みんなのレビュー
日本語が読めませんどうしたらいいのですかこれも適当に売っています
日本語読めない
No.139
68
みんなのレビュー
えぐすぎ
西ってどこ?
No.140
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search