についてお探し中...

【2024年】「フランス革命」のおすすめ 本 110選!人気ランキング

この記事では、「フランス革命」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. マリー・アントワネットは何を食べていたのか
  2. 小説フランス革命 1 革命のライオン (集英社文庫)
  3. 物語フランス革命: バスチ-ユ陥落からナポレオン戴冠まで (中公新書 1963)
  4. フランス革命の女たち〈新版〉 激動の時代を生きた11人の物語
  5. フランス革命史:自由か死か
  6. フランス革命史 上 (中公文庫 ミ 1-3)
  7. フランス革命: 歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書 295)
  8. ナポレオン フーシェ タレーラン 情念戦争1789―1815 (講談社学術文庫 1959)
  9. 評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ: フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母
  10. レンヌ=ル=シャトーの謎: イエスの血脈と聖杯伝説 (叢書ラウルス)
他100件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
88

1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を召集する。貴族でありながら民衆から絶大な支持を得たミラボーは、平民代表として議会に乗り込むが、想像もしない難題が待ち受けていた-。男たちの理想が、野望が、歴史を変える!一大巨編、ここに開幕。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
81

革命勃発時のパリに生き,スタール男爵の妻となったジェルメーヌ——彼女は並々ならぬ情熱で革命に参画し,卓越した政治論を残した.独裁に抗いながら個人の自由を求めつづけたスタール夫人の知的営みとその生涯を,著作の綿密な分析を通して跡づける「知性の評伝」.「近代ヨーロッパ」を問い直す,比類なき挑戦の書. はじめに 第1章 生い立ち——ルイ16世の大臣ネッケルの娘(1766〜89年) 第2章 革命とサロンのユートピア(1789〜95年) 第3章 政治の季節(1795〜1800年) 第4章 文学と自由主義(1800〜10年) 第5章 反ナポレオンと諸国民のヨーロッパ(1810〜17年) あとがき 注 年譜 図版出典一覧 人名索引 Madame de Stael et la modernite en Europe Yoko KUDO

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
80
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
クソおもろいおすすめ
No.18
73

フランス史 (講談社選書メチエ)

ギヨーム・ド・ベルティエ・ド・ソヴィニー
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
69

古代から現代にいたるまで、現在のフランスを構成する地域の歴史を平易な文章で叙述。政治史を軸に、社会、経済、宗教、文化などの様々なテーマを絡めながら、各時代を多彩な執筆陣が立体的に描き出し、読者を新たなフランスの発見へといざなう。  はじめに 第Ⅰ部 古代・中世 1 ローマ帝国下のガリア――カエサルの遺産、そして「フランス」のプレリュードへ 2 「フランキア」から「フランス」へ――「フランク人」小史 3 ガリア聖歌――「フランス音楽」の古層 4 封建社会の王――前期カペー朝 5 フランス中世の教会と修道院――11〜12世紀の信仰と平安 6 フランスのロマネスク美術――大いなる実験の時代 7 「長い13世紀」とフランス王国――王権の伸長と王領地の拡大  [コラム1]12〜13世紀フランスの女性権力者 8 ゴシック建築とフランス――歴史のなかで変化する「ゴシック」 9 中世のパリ――都市代表組織の形成を中心に 10 カタリ派のコスモロジー――中世南フランスの信仰と異端迫害 11 托鉢修道会の誕生と拡大――都市社会のキリスト教信仰 12 神学vs.哲学――世界の永遠性をめぐる13世紀パリ大学での論争 13 13世紀における都市の勃興と文学――アラスの場合 14 中世フランスの民主主義――都市と村落の自治  [コラム2]サン・テミリオンのワインとジュラード 15 百年戦争の開始――相次ぐ敗北と三部会の反乱 16 百年戦争の終結とその後のフランス――諸侯と公妃に導かれるフランス  [コラム3]ジャンヌ・ダルクとそのイメージ 第Ⅱ部 近世 17 フランスの宗教改革――福音主義運動の展開から改革派教会の創立へ 18 宗教戦争の終結とアンリ4世――内乱を経て王国再建へ  [コラム4]フランスのルネサンス文化 19 ルイ13世とリシュリュー――国家の利益で結ばれた王と宰相 20 フロンドとマザラン――戦時体制への不満と党派間の争い 21 ルイ14世の親政――「偉大なる世紀」の光と影 22 絶対王政の統治構造――社団、儀礼、公共圏 23 近世のパリ――王権による首都統治体制の形成 24 近世フランスのキリスト教(17~18世紀)――カトリックとカルヴァン派の信仰生活 25 「近代家族」の誕生――夫婦と親子をつなぐ情愛の絆 26 啓蒙思想――「敢えて賢くあれ」  [コラム5]ジャン=ジャック・ルソー 27 ルーヴル美術館の誕生――アンシアン・レジームから革命へ 第Ⅲ部 近代 28 フランス革命の展開――中道派からみた革命 29 革命祭典――7月14日の国民祭典 30 フランス革命期における人権と外国人――普遍的理念とその限界 31 フランス革命と戦争――戦争の世界化と多義化 32 ナポレオンの統治――統領政府と第一帝政  [コラム6]名望家体制 33 復古王政と七月王政――フランス型自由主義の摸索 34 二月革命と第二共和政――「国民」の政治参加 35 ナポレオン3世と第二帝政――19世紀の転換期 36 首都パリの大改造――近代都市モデルの誕生 37 第三共和政の成立と展開――「三度目の正直」の波乱と苦闘  [コラム7]社会福祉政策の形成 38 植民地帝国の形成――産官学連携の国家事業 39 万国博覧会と大衆消費文化――19世紀の首都パリの形成 40 フランスのユダヤ人――「近代国民国家」フランスとの複雑な関係性 第Ⅳ部 現代 41 第一次世界大戦とフランス――崩されゆく国民的神話 42 両大戦間期のフランス――体制崩壊の危機を乗り越え、社会の分裂を招いた20年 43 第二次世界大戦と占領されたフランス――国民革命か共和的合法性か 44 ドゴールの時代――「二つのフランス」をつなぐ移行期 45 植民地の独立――帝国崩壊の要因と影響 46 五月事件からミッテラン政権へ――市場化改革の源流? 47 ライシテと学校教育――フランス流の市民の育て方 48 現代パリの都市空間――膨張と変貌  [コラム8]ル・コルビュジエ 49 フランスの移民――19世紀から今日まで 50 フランス、EU、グローバリゼーション――フランスはどこへ向かうのか  フランスの歴史を知るための参考文献  フランス史略年表

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
68

ネットワークが創り変えた世界

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
68

中世フランス王権の歴史的展開 騎士道精神と宮廷風恋愛 中世フランスの社会と文化 ゴシック美術 フランス・ルネサンスの光芒 祝祭と恩赦 絶対王政と宮廷社会 宮廷社会と女性 啓蒙とロココの世紀 文学と修辞学の伝統 フランス革命期の文化、フランス革命という文化 美術展と美術館 革命の遺産と国民文化 宗教と社会 花の都パリ ベル・エポックの輝き 食文化 モード ブルターニュ 戦争と平和、前衛と古典の間で 余暇の過ごし方 フランスの映画 フランスの音楽文化 大衆化、メディア化と変容する文化国家 家族と女性 メディアとジャーナリズム 揺れ動くフランスのアイデンティティ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
68

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

ギュスターヴ フローベール
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
70

革命夜話 鬼才ボーマルシェ 敗北者の運命

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
67

台頭篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
69

スタール夫人はなぜ、ナポレオンの怒りを買ったのか 社会革命の一画期、巨人の時代としてのフランス革命 光と影のあざやかな演出 今こそ、人道主義 ドレフュス派作家の反革命小説か? フランス革命の一大叙事詩劇 マリー=アントワネット像と歴史小説の魅力 「フランス革命と文学」瞥見

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
67

まるで劇を観ているような感覚で楽しめる世界史教養書。フランス革命末期からナポレオンの人生とその時代のヨーロッパの歴史を描く! まるで劇を観ているような感覚で楽しめる世界史教養書の第8弾!今回は前作『フランス革命の激流』の続編です。16世紀後半から17世紀前半のヨーロッパの歴史をナポレオンの人生を通して描きます。フランス革命後、ナポレオンはいかにして頭角を現し、ヨーロッパを席巻するに至ったのか?またいかにして失脚したのか? ナポレオン戦争や第一帝政を当時のヨーロッパの国際情勢を踏まえながら解説します。ナポレオンの激動の人生、そしてヨーロッパの激動の歴史を体感できる一冊です! 第1章 生い立ち  第1幕 コルシカに生まれて  第2幕 大佐に任ず!  第3幕 天国から地獄  第4幕 船頭多くして船山に上る 第2章 将軍時代  第1幕 復活!トゥーロンの英雄  第2幕 常勝将軍の国際デビュー  第3幕 束の間の凱旋帰国  第4幕 危険な賭け  第5幕 鬼の居ぬ間に  第6幕 史上最低のクーデタ 第3章 第一統領時代  第1幕 革命は終わった!  第2幕 余の辞書に不可能の文字なし!  第3幕 血の見せしめを!  第4幕 野心の炎 第4章 皇帝時代(隆盛期)  第1幕 帝位は自らの手によって  第2幕 これは歴史的な快挙である!  第3幕 私は私の義務を果たしたり!  第4幕 天に向かって撃て! 第5章 皇帝時代(絶頂期)  第1幕 絶頂の歓び  第2幕 陸を以て海を制す!  第3幕 カリスマの抱擁  第4幕 破滅の跫音 第6章 皇帝時代(没落期)  第1幕 底なし沼へ  第2幕 不敗神話の崩壊  第3幕 灼熱地獄の行軍  第4幕 「冬将軍」襲来!  第5幕 兵強ければ即ち亡ぶ  第6幕 余はここにいるぞ!  最終幕 絶海の孤島へ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
69

フランス革命と産業革命

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
66

水の上 シモンのパパ 椅子直しの女 田園秘話 メヌエット 二人の友 旅路 ジュール伯父さん 初雪 首飾り ソヴァージュばあさん 帰郷 マドモワゼル・ペルル 山の宿 小作人

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
66

野望篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
66

異常【アノマリー】

エルヴェ ル・テリエ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
66

一貫して革命の表舞台に立ち続けたE. J=シィエスの視点から激動の10年間を描き、大革命の全体像とその成果をとらえる まったく新しい革命史パンフレット『第三身分とは何か』で革命を引き起こし、ナポレオンを引き込んで革命に終止符を打つまで一貫して革命の表舞台に立ち続けたE. J=シィエスの視点から激動の10年間を描き、大革命の全体像とその成果をとらえる(仮)序章 革命の論じ方第1章 アンシアン・レジームとは何か――「特権による自由」と初期シィエスの思想第2章 1789年=シィエスの年第3章 慧眼の理論家から自然法主義者へ ――「議会の誤り」をどう防ぐか第4章 「革命のモグラ」――いかに恐怖政治を乗り切るか 第5章 立法府より執行府を――1795年憲法の新しさ第6章 ナポレオンとの同床異夢終章 過激中道派の先駆者 (仮) 序章 革命の論じ方 第1章 アンシアン・レジームとは何か――「特権による自由」と初期シィエスの思想 第2章 1789年=シィエスの年 第3章 慧眼の理論家から自然法主義者へ ――「議会の誤り」をどう防ぐか 第4章 「革命のモグラ」――いかに恐怖政治を乗り切るか 第5章 立法府より執行府を――1795年憲法の新しさ 第6章 ナポレオンとの同床異夢 終章 過激中道派の先駆者

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
69

フランス革命における「生存権」の性格をめぐって アンシャン・レジームにおける救貧制度 フランス革命と法の変容 革命の扶助構想 公的扶助制度の形成 テルミドール後の政策転換 終章

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
66

三つ編み

レティシア コロンバニ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
66

まるで劇を観るような感覚で世界史を楽しく学べる好評シリーズ第7弾 まるで劇を観るような感覚で世界史を楽しく学べる好評シリーズ第7弾。フランス革命は「自由」「平等」「友愛」という現代の市民社会の土台となる原理が掲げられた代表的な市民革命です。この近現代に大きな影響を与えたフランス革命の実態を、豊富なイラストと臨場感あふれる解説で描いていきます。なぜフランス革命が起こったのか? そしてどのように展開していったのか? フランス革命前夜からジャコバン独裁を経て、テルミドール9日のクーデタまでをくわしく、ワクワクしながら一気に学ぶことができます。『ベルサイユのばら』で興味を持たれた方にもおススメの劇場型ノンフィクション! 第1章 革命前夜 第2章 革命勃発 第3章 フィヤン政府 第4章 ジロンド政府 第5章 ジャコバン独裁

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
66

茶色の朝

フランク パヴロフ
大月書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
66

アレクサンドロス大王からナポレオンまで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
66

フランス革命固有の成果は、レトリックやシンボルによる政治言語と文化の創造であった。政治文化とそれを生み出した人々の社会的出自を考察する。 フランス革命固有の成果は、レトリックやシンボルによる政治言語と文化の創造であった。政治文化とそれを生み出した人々の社会的出自を考察する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
66

女性たちのフランス革命

クリスティーヌ・ル・ボゼック
慶應義塾大学出版会

政治に覚醒した市井の女性たちの「リアル」を明らかにする 「自由・平等・友愛」の社会を目指したフランス革命は女性たちにとって何を意味したのか。政治に覚醒した市井の女性たちの「リアル」を明らかにする パンと武器のために立ち上がれ! 「自由・平等・友愛」の社会を目指したフランス革命は女性たちにとって何を意味したのか。 政治に覚醒した市井の女性たちの「リアル」を明らかにする フランス革命期の女性といえば、マリー・アントワネット、オランプ・ド・グージュ、ロラン夫人、テロワーニュ・ド・メリクールなどがよく知られている。しかし本書の主役は、これまで注目されていなかった、多様な職業(教師、芸術家、企業経営者……)を営む民衆層の女性たちである。 彼女たちの多くが革命運動の中に引き込まれていくことで、女性の社会的・政治的解放に向けてのかつてない議論を呼び起こした。市井の女性たちが積極的に政治参加していく契機となった「女性運動としてのフランス革命史」を描きだす。 はじめに  第Ⅰ部 フランス革命前夜の女性たち 第1章 女性とサロン  サロンの精神/伝統の継承者たち/権威か、社交界の慣例か 第2章 女性の権利と従属  妄想にすぎなかった一八世紀の女性の権利/フェミニズムの先駆者/女  子教育 第3章 自立へのほんのわずかな可能性  女性画家/一八世紀の女性作家/女優、ダンサー、歌手/大勢の家庭教  師と教師/華々しく成功した二人の女性経営者/限界/女性たちの両義  的な反応/反乱の先頭に立つ女性たち  第Ⅱ部 革命期の女性たち 第4章 革命の舞台に飛び込む女性たち  一七八九年以来の革命への参加/女性たちが表舞台に立った一七八九年  一〇月五日と六日/様々な運動形態/連携した集団行動へ/喜ばれるも  不十分な成果/女性たちのほど遠い一体性 第5章 一七九三年春と夏に絶頂を迎える急進的運動  女性革命運動の組織化と急進化/女性運動の現場/一七九三年九月の動  揺/不安視されるアンラジェ 第6章 一七九三年秋、反撃される女性たち  最前線/ジャン= ピエール= アンドレ・アマールの演説/当座の措  置/軍隊からも排除される女性たち/女性から取り上げられた芸術/  職業からの排除の典型例/逆説的で曖昧な態度をとる当局/問題の裏  側/革命の道徳厳格主義的ブルジョワ化 第7章 闘い続ける女性活動家  一七九三年一一月から一七九四年七月二七日まで、たえず要求し続ける  女性たち/女性たちと徒党の闘争/いらだちと失望/テルミドール派国  民公会と共和暦三年の冬/一七九五年冬/一七九五年四月から五月にか  けての事件/フロレアルの危機で先頭に立つ女性たち/共和暦三年プレ  リアル一日(一七九五年五月二〇日)事件の首謀者たる女性たち  第Ⅲ部 公共生活から排除される女性たち 第8章 暗い未来  鎮圧/あらゆる分野での後退/女性教師の例外/総裁政府期に戻ってき  た「きらびやかな」女性たち/総裁政府期の「サロンの女主人」 第9章 問題の両義性  進展と行き詰まり/弱い動員力にもかかわらず、不安を喚起し、動揺さ  せた理由/教育の闘い/オランプ、たえず、依然として/古くから続く  抑圧/革命に対する女性たちの激しい抵抗/突然の停止の衝撃 第10章 停滞と後退の三〇年  一七九九~一八三〇年  ボナパルトと民法典/法律で定められた不平等/妻と母親/存続するも  厳しく監視されたいくつかのサロン/女性たちと復古王政/復古王政期  に活躍した女性たち/七月革命前夜の変化   おわりに 註 訳者あとがき 文献案内 フランス革命関連年表

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
66

序論 アベ・コワイエ ルイ=アントワーヌ・カラッシオリ ル・プレヴォ・ド・ボーモン ダンジヴィレ伯爵 エマニュエル=ジョゼフ・シィエス カミーユ・デムーラン ピエール・ニコラ・ドフォントネ シャルル・フーリエ アルフレッド=モーリス・ピカール 結論

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
66

ナポレオンの直観

ウィリアム・ダガン
慶應義塾大学出版会株式会社

ナポレオン、ジャンヌ・ダルク、福澤諭吉、歴史上の偉人たちはいかにして正しい選択をだしたのか?「戦略的直感」の秘密に迫る。 ナポレオン、ジャンヌ・ダルク、福澤諭吉、歴史上の偉人たちはいかにして正しい選択を導きだしたのか?歴史を動かす「戦略」が生まれた過程を追い、10人の優れた実践家たちがひらめかせた「戦略的直感」の秘密に迫る。 ▼歴史上の偉人たちにみる「戦略的直感」。 ナポレオン、ジャンヌ・ダルク、福澤諭吉 ―― 歴史上の偉人たちはいかにして正しい選択を導き出したのか?  現実の場で歴史を動かす「戦略」が生まれた過程を追い、10人の優れた実践家たちがひらめかせた「戦略的直感」の秘密に迫る。 ▼成功する戦略は、いつ、いかにして生まれるのか?! 世界の歴史を変えた10人は、やみくもにリスクの高い挑戦をしたのではない。 また、必ずしも自身で革新を生み出したわけではない。 直観 ―― 本質を見抜く力 ―― を働かせ、歴史の叡智から正しい組み合わせを導き出し、小さな成功を積み重ねて人々の共感を獲得し、大きな成果につなげたのだ。 必要なのは状況を受け入れる平常心と謙虚さであり、世界が課するものに自分の意思を適合させることである。  訳者はしがき 第1章 戦略の探求 第2章 ナポレオン対貴族たち 第3章 ピカソのスタイルの発見 第4章 青天の霹靂 ―― 聖パウロのダマスカスへの道 第5章 ライオン・キングとマリ帝国 第6章 エラ・ベイカーと公民権運動 第7章 アリス・ポールの女性参政権獲得 第8章 パットン将軍 ―― 戦略の再来 第9章 ムハマド・ユヌス ―― バングラディシュのはだしの銀行 第10章 福澤諭吉 ―― 武士の戦略 第11章 ジャンヌ・ダルク、フランスを救う 結 論 歴史からの教訓  参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
66

クラウゼヴィッツのナポレオン戦争従軍記

カール・フォン クラウゼヴィッツ
ビイング・ネット・プレス

名著『戦争論』の著者・クラウゼヴィッツが『戦争論』以外に発表した論文・書簡から一般に馴染みやすいものを選んで構成した。本書は、戦術は如何にあるべきか、名将の条件とは何かなど、分かりやすく解説されている。 〈電子版書籍でもご購読いただけます。 〉 はじめに 第一章 イエナ・アウエルシュテットの戦い      ナポレオン軍の進入      アウエルシュテットの敗北      プロイセン軍の退却 第二章 ナポレオンのロシア遠征      クトゥーゾフ将軍の戦略      マクドナルド将軍とヨルク将軍の確執      ヨルク将軍とロシア軍との休戦協定      ナポレオン退位の原因となったヨルク将軍の決断      ナポレオンの戦略の特徴と敗因 第三章 名将シャルンホルスト論      イエナ・アウエルシュテットの戦いでの活躍      プロイセン軍の改革      精神の独創性と人を心服させる力      新作戦理論のもとに軍の制度、訓練、戦闘規則を制定      勇敢さと慎重さを兼ね備える      戦場にふさわしい決断力と確固たる態度 第四章 ワーテルローの戦い前後

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
65

革命政府に対するヴァンデ地方の民衆蜂起は、大量殺戮をもって弾圧された。彼らは何を目的に行動したか。凄惨な内戦の実態を克明に描く。解説 福井憲彦 革命政府に対するヴァンデ地方の民衆蜂起は、大量殺戮をもって弾圧された。彼らは何を目的に行動したか。凄惨な内戦の実態を克明に描く。解説 福井憲彦 === 「自由・平等・友愛」を掲げて行われたフランス革命。その革命政府によって課された重税、徴兵令や、カトリック教会への抑圧などに反発して起こったフランス西部・ヴァンデ地方の民衆蜂起は、「カトリック王党軍」という反乱軍を組織して、共和軍との数年に及ぶ内戦へと突入した。革命政府は、ヴァンデ地方での無差別の大量殺戮をもってこれを弾圧し、1793年から96年にかけて革命の名の下に数十万の民衆が犠牲となる。ヴァンデの人々はフランス革命をどう捉え、何を目的に行動したか。史料に基づいて、「後進地域の狂信的民衆による反革命蜂起」とみなされてきた戦争の実態を克明に描く。   解説 福井憲彦 === 「自由・平等・友愛」の名の下に、 数十万の民衆が犠牲となった―― 苛烈な〈内戦〉の実態 === 【目次】 Ⅰ つくられたイメージ Ⅱ 革命への期待と願望 Ⅲ 急旋回――抵抗の原因をめぐって Ⅳ 怒濤のごとく Ⅴ 連戦連勝 Ⅵ 民衆の組織・論理と感性 Ⅶ 防衛戦への転化 Ⅷ 西北西の風に抗して Ⅸ 処刑と虐殺 Ⅹ その後のヴァンデ おわりに   文庫版解説 地を這うように歴史を見つめ、今とこれからを考えたい(福井憲彦) 参考文献   ヴァンデ戦争史年表   人名・地名索引 Ⅰ つくられたイメージ Ⅱ 革命への期待と願望 Ⅲ 急旋回――抵抗の原因をめぐって Ⅳ 怒濤のごとく Ⅴ 連戦連勝 Ⅵ 民衆の組織・論理と感性 Ⅶ 防衛戦への転化 Ⅷ 西北西の風に抗して Ⅸ 処刑と虐殺 Ⅹ その後のヴァンデ おわりに   文庫版解説 地を這うように歴史を見つめ、今とこれからを考えたい(福井憲彦) 参考文献   ヴァンデ戦争史年表   人名・地名索引 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
65

なぜアメリカの墓地では、柳を多く目にすることになるのか?ナポレオンの柳に注目し、西洋文化と墓地の柳との関係を辿る文化史 2021年ナポレオン没後200周年!ナポレオンと柳との出会いに触れている研究は今も全く無い。しかし彼と柳の出会いには重要な意味がある。アメリカの古い墓地の多くの墓石に柳が存在する理由を辿り西洋と柳文化の関係に… 2021年5月5日はナポレオン没後200周年! 2018年、セントヘレナ島には空港がオープン。 観光もついに現実のものとなった。 その土地で、ナポレオンは52年の生涯を閉じた。 本人の希望で、生前その下で瞑想していたと言われる 柳が、死後の埋葬場所となった。 本書では、ナポレオンが出会ったその柳について着目する。 「ナポレオンの柳」について、日本ではほとんど知られていない。 ナポレンに関する書籍や研究はもちろん、彼が晩年を過ごした セントヘレナ島の捕囚や死を扱った書籍でさえ柳に注目したものは ないのだ。「ナポレオン伝説の形成」を読み解いた本においても、 「暗黒のナポレオン伝説」がナポレオンの死によって 「ナポレオン崇拝」に変化する興味深い分析がなされているが、 柳には触れられていない。 しかし、終の住処セントヘレナ島で、ナポレオンが柳と出会った 事実こそ、ナポレオンの叙事詩的生涯を締めくくる「幸運な出会い」 だったと言えるのである。それは、メランコリーな柳が枝を垂らす ナポレオンの墓のイメージが国を超えて多くの人々の口にのぼり、 文章にされ、絵に描かれ、歌に歌われたからだ。 著者は、アメリカの墓地研究者として古い墓地を訪れたとき、 多くの墓石に柳を見つけていた。柳は墓石に描かれただけでなく 墓園にも多く植えられているのである。なぜアメリカの墓地では、 柳を多く目にすることになるのか?研究を進めたところ、柳は アジアからヨーロッパ、そしてアメリカへと導入・伝播される中で、 その意味を変化させ、死・葬儀のシンボルとなり広く普及していた ことが分かった。 本書は、その「柳」研究を起点とし、西洋人の柳への熱狂、 セントヘレナ島に柳が存在した由来、そして、それが島に英国庭園 風景を模した絵画のような景観を出現させた歴史を辿り、 最後には、「ナポレオン伝説」をつくりあげたまさに張本人が 「柳」であることを論じる。 【目次】 第一部 ナポレオンの柳  第一章 西洋人と柳の文化誌  第二章 ナポレオンの柳 第二部 墓地と〈ピクチャレスク〉――「絵のように美しい」アメリカの墓地  第三章 田園墓地と〈ピクチャレスク〉な景観の創造  第四章 田園墓地の「進化」の先に見えてきたもの 第一部 ナポレオンの柳  第一章 西洋人と柳の文化誌  第二章 ナポレオンの柳 第二部 墓地と〈ピクチャレスク〉――「絵のように美しい」アメリカの墓地  第三章 田園墓地と〈ピクチャレスク〉な景観の創造  第四章 田園墓地の「進化」の先に見えてきたもの

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
65

マルクスの思想に影響を与えたフランス革命。その関連を問う。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search