【2023年】「春秋戦国時代」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「春秋戦国時代」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 燃えよ剣(上) (新潮文庫)
  2. 新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)
  3. 新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) (文春文庫 し 1-67)
  4. 国盗り物語(一) (新潮文庫)
  5. 関ケ原(上) (新潮文庫)
  6. ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)
  7. 管仲 上 (文春文庫)
  8. 小説フランス革命 1 革命のライオン (集英社文庫)
  9. 新三河物語(中) (新潮文庫)
  10. 宮本武蔵(一) (新潮文庫)
他90件
No.1
100
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。 燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.3
87
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.7
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
76

1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を召集する。貴族でありながら民衆から絶大な支持を得たミラボーは、平民代表として議会に乗り込むが、想像もしない難題が待ち受けていた-。男たちの理想が、野望が、歴史を変える!一大巨編、ここに開幕。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
65

義元の呪縛 直隆の武辺 承禎の妄執 義継の矜持 信栄の誤算 丹波の悔恨 秀信の憧憬

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
64

侠骨記 布衣の人 甘棠の人 買われた宰相 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
63

中国最古の年代記『春秋』を孔子が編み、呉越が戦った時代。管仲や子産、孫子など二十人の名臣を軸に、各国の興亡のドラマを描く

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
63

重耳(中)

宮城谷 昌光
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63

孔子に敬仰された最高の知識人の生涯 吉川英治文学賞受賞 信義なき世をいかに生きるか――春秋時代中期、小国鄭は晋と楚の2大国間で向背をくりかえし、民は疲弊し国は誇りを失いつつあった。戦乱の鄭であざやかな武徳をしめす名将子国(しこく)と、その嫡子で孔子に敬仰された最高の知識人子産。2代にわたる勇気と徳の生涯を謳いあげる歴史叙事詩。 巻一 天才の季節 巻二 しゃく陵の戦い 巻三 えん陵の戦い 巻四 軍師の明暗 巻五 苦悩の相貌 巻六 弑逆 巻七 司馬の職 巻八 暗殺 巻九 乱流 巻十 永訣の時

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
63

厳然たる「定理」が歴史と人生を解き明かす、全く新しい歴史小説が誕生! 【話題沸騰 『信長の原理』 の姉妹編!】 明智光秀はなぜ瞬く間に出世し、信長と相前後して滅びたのか――。 厳然たる「定理」が解き明かす、乱世と人間の本質。 各界絶賛の全く新しい歴史小説、ここに誕生! 永禄3(1560)年の京。 牢人中の明智光秀は、若き兵法者の新九郎、辻博打を行う破戒僧・愚息と運命の出会いを果たす。 光秀は幕臣となった後も二人と交流を続ける。やがて織田信長に仕えた光秀は、初陣で長光寺城攻めを命じられた。 敵の戦略に焦る中、愚息が得意とした「四つの椀」の博打を思い出すが――。 何故、人は必死に生きながらも、滅びゆく者と生き延びる者に分かれるのか。 革命的歴史小説、待望の文庫化! 解説・篠田節子 牢人中の明智光秀が出会った貧乏侍の新九郎と、路上で博打を開く坊主・愚息。奇妙な交流が、歴史を激動に導く。光秀はなぜ瞬く間に出世し、滅びたのか。「定理」が乱世の本質を炙り出す、新時代の歴史小説!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
63

小説で読む、世紀の独裁者アドルフ・ヒトラーの生涯。全3巻、刊行開始!! Ⅰでは、ヒトラーの幼少期、ミュンヘン一揆までを描く。 小説で読む、世紀の独裁者アドルフ・ヒトラーの生涯。全3巻、刊行開始!! 「邪悪な独裁者」といわれた男の生涯を描いた初めての歴史小説! 「人間」ヒトラーの実像とは? 知られざる総統の初恋⁉ ユダヤ人はなぜ大虐殺されたのか? 世界大戦はなぜ起きたのか? ヒトラーの「愛」と「憎しみ」と「野望」を描く! Ⅰ(第一回配本)では、ヒトラーの幼少期から不遇の青年期を経て、ナチ党に入党し、演説で頭角を現して人々の注目を集め、そしてミュンヘン一揆の失敗で自殺を図ろうとするまでを描く。 ※第二回配本「Ⅱ―ヨーロッパの覇者への道」、第三回配本「Ⅲ―破滅への道』5 月・6 月刊行予定 第1章 愛憎――アロイスとクララ 第2章 恋――シュテファニー 第3章 帝都――ウィーン 第4章 鉄十字章――ソンム 第5章 国民社会主義ドイツ労働者党――ナチス 第6章 ミュンヘン一揆――クーデター

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
63

楚漢の時代 張良 范増 陳余 章邯 蕭何 田横 夏候嬰 曹参 陳平 周勃

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
63

明智光秀――信長を担ぎ上げ、そして葬った男。 真保裕一が、「本能寺」というミステリーに勝負を挑む! 戦乱の世を我が手でしずめてみせる! その決意を胸に秘め、明智光秀は一人の武将に目をとめる。その男とは――織田信長。やがて光秀は天下統一の夢を信長にたくし、織田軍団の先頭に立って戦いの日々へと突きすすんでいく。歴史に葬られた男・明智光秀の真実を掘り起こし、戦国の定説をくつがえす歴史巨編、堂々登場! 「武士たる者、一国を守るために命を散らすか。すべての武家をまとめて、万民に安寧をもたらすために生きるか」光秀は声に力を込めた――そのどちらを選ぶのが、まことの男であるか、と。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
63

吉川英治文学賞受賞作 信義なき世をいかに生きるか 感動をよぶ歴史叙事詩 謀叛に巻きこまれ、子国は果てる。3年の長きにわたり喪に服した子産はその後、苛烈なる改革者にして情意あふれる恵人として、人を活かす礼とは何かを極め、鄭と運命をともにしていく。時代を超えることばをもった最初の人・子産とその時代を、比類なき風格と凛然たる文体で描く、宮城谷文学の傑作長編! 巻十一 独裁者 巻十二 貴門の明暗 巻十三 大夫の時代 巻十四 仇敵 巻十五 政変 巻十六 廟堂の器 巻十七 草の思い 巻十八 和と争 巻十九 宰相の席 巻二十 礼の宇宙 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
62

戦うために生きるのではない。生きるために戦うのだ。 奸臣・費無極(ひむきょく)が、父と兄を処刑する前夜、伍子胥(ごししょ)は、楚の都に潜入する。希望はあるのか。 楚は内憂外患に激動する。待望の第二巻! 楚の人、伍子胥は、呉との国境近くの邑・棠を治める兄・伍尚(ごしょう)を助け、配下に逸材を得る。ある日、呉の大船団二万五千が江水をさかのぼり、楚はこれを迎え撃つ。いったんは勝利を収めたが逆襲を受けて楚は敗北した。翌年、楚王は、太子建の妃として迎えるはずだった秦の公女を王妃とする。太子は楚都から遠ざけられ、伍子胥の父・伍奢(ごしゃ)は太子に仕えていたため王宮に召還され拘留される。すべて佞臣・費無極の奸計によるものであった。 「なんじしか仇討ちをする者はいないではないか。われが死んでも、伍氏の家名をなんじが保てばよい。なんじの才知は、われにまさる。なんじによって伍氏の家名は天下に知られることになろう」と伍尚は微笑をまじえていった。子胥は落涙した。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
62

2013年本屋大賞受賞!第1位に輝いたノンフィクション・ノベル。世界を驚倒させた「日章丸事件」を百田氏が発掘、命を吹き込んだ 2013年本屋大賞受賞!第1位に輝いた、ノンフィクションノベルの最高傑作!「私が、『この小説のモデルとなった出光佐三という偉大な男の生き様を、一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!』と強く思ったように、『海賊とよばれた男』を読んでくれた書店員の皆さんもまた同じ気持ちを抱いてくれたのかもしれません。全国の書店員の皆さま、本当にありがとうございました」(著者・百田尚樹さん) 「歴史経済小説の最高傑作!」(西川善文・元三井住友銀行頭取」、「『宮本武蔵』、『竜馬がゆく』・・・・・・青春歴史小説の新たな”古典”」(末國善己・文芸評論家)--発売以来、激賞の声が止まない、百田尚樹氏の書き下ろし長編。物語は、敗戦の日から始まる。 「ならん、ひとりの馘首もならん!」--異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは--出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション・ノベル、『永遠の0』の作者・百田尚樹氏畢生の大作その前編。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
62

伍子胥は、謀叛の疑いで勾留された父と兄を救出するために楚の都に潜入する。 しかし失敗して一行は宋を目指す。 伍子胥(ごししょ)は、謀叛の疑いで勾留された父と兄を救出するために楚の都に潜入する。 しかし失敗して一行は宋を目指す。 『三国志』より六百年前、心躍る物語。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
62

青龍篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
62

戦国の世に「槍の勘兵衛」として知られた武将の夢と挫折。 ”汝は天下にきこえた大名に仕えよ”との父の遺言を胸に、渡辺勘兵衛は槍術の腕を磨いた。戦国の世に「槍の勘兵衛」として知られながら、変転の生涯を送った一武将の夢と挫折を描く。 ”汝は天下にきこえた大名に仕えよ”との父の遺言を胸に、渡辺勘兵衛は槍術の腕を磨いた。戦国の世に「槍の勘兵衛」として知られながら、変転の生涯を送った一武将の夢と挫折を描く。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
62

時代の証言者 おまけの記 闘牛士の歌 山の家 時に溺死する 故郷の会話 遠望 秋の風化 忘れ水 山行/黄昏の夢/妹への哀歌/狂死曲第一番/青春/風車/桜花落尽の日 夏情歌

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
62

井伊家再興の星として出世階段を駆け上る直政。命知らずの直政に振り回されながら傍で見守り続けた木俣守勝の目からその生涯を描く。 その男は、たった一人の井伊家再興の希望だった──。お前の“主君”はだれだ?人は何のために人に仕えるのか。家康に寵愛され、その苛烈さから「赤鬼」と呼ばれた井伊家第17代当主・井伊直政の生涯を、家臣・木俣守勝の目を通して描く。EXILE/三代目J SOUL BROTHERSの小林直己さんによる前代未聞、怒濤の1万字解説「苛烈で、繊細で、孤独で、その瞬間、一人だけ共にいた」を掲載。「『忠義とは何か。お前は誰に仕えているのか。そして天命とは』本書から投げかけられたこの問いに対し、現代を生きる我々と、僕自身のバックグラウンドであるEXILEを比較対象とし、答えを模索していきたい」(解説より)たった一人の井伊家再興の希望として、直虎はじめ一族の願いを一身に背負い、徳川幕府譜代筆頭にまで登りつめた直政。戦になれば大将自ら一番槍で突っ込んでいき、命を惜しまない直政に終始振り回されながらも生涯支え続けた守勝。対照的な性格から、守勝は直政に反発に似た感情を抱きながらも、我が身を守ることを知らぬ苛烈さに惹かれていく。その二人の今生の別れは、苦い悔いに満ちたものだった。数多くの作品が映像化、漫画化されている著者の初めての歴史小説が、大河ドラマに先駆けて井伊直虎を描いた『剣と紅』。これに続き、井伊家第17代当主・井伊直政を描いた歴史小説二作目。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
62

戦国の世を駆け抜けた武将・最上義光の苛烈な生涯を描く、歴史大河ロマン 伊達政宗の伯父にして山形の礎を築いた戦国大名・最上義光。父との確執、妹への思い、娘に対する後悔、甥との戦。故郷を愛するがゆえ、戦場を駆ける北国の領主には数々の受難が待ち受けていた。調略にて戦国乱世を生き抜いた荒武者の願いとは……。策謀に長けた人物とのイメージとは裏腹に、詩歌に親しむ一面を持ち合わせ、幼少期は凡庸の評さえもあったという最上義光を歴史小説界の麒麟児が活写する!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
62

上杉謙信の義の心を受け継ぎ、兜の前立てに愛の一文字を掲げ、戦国の世を駆け抜けた上杉家知謀の執政・直江兼続。豊臣秀吉を魅了し、徳川家康を畏怖させた傑物。その苦闘と栄光の生涯。第13回中山義秀文学賞受賞。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
62

啞の十蔵 本所・桜屋敷 血頭の丹兵衛 浅草・御厩河岸 老盗の夢 暗剣白梅香 座頭と猿 むかしの女

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
62

空山 : 風と火のチベット

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
62

沈黙の王.地中の火.妖異記.豊饒の門.鳳凰の冠

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search