【2024年】「経営者」のおすすめ 本 126選!人気ランキング

この記事では、「経営者」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 経営者になるためのノート ([テキスト])
  2. 世界標準の経営理論
  3. プロフェッショナルマネジャー
  4. 稲盛和夫の実学―経営と会計
  5. 今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)
  6. FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  7. ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
  8. 経営12カ条 経営者として貫くべきこと
  9. ど素人でもわかる経営学の本: 日常が学びに変わる!
  10. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
他116件
No.12
68
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.15
65
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.17
65
みんなのレビュー
偉大な企業をどうやって作るかについて実在する企業へのヒアリングを経てまとめた書籍。サイバーエージェント藤田氏のバイブルであり、起業家を目指す人は一読しておくとよいかもしれない。起業家の自伝みたいな感じではないので少々読みにくい部分もあり。
No.19
64

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.20
64
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.21
64
みんなのレビュー
かなり分厚い本だが、全てのビジネスパーソン必読の本。一連のストーリーが戦略の根幹にあるという話を具体的な事例とともに学べる。特にガリバーのストーリーは惹き込まれた。パーツパーツで見ると一見非合理だけどストーリーとして繋げてみると合理的な戦略を形作ることで競争優位性を得ることができる。
No.24
64

両利きの経営

オライリー,チャールズ・A.
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
63
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.30
63

EQリーダーシップ: 成功する人のこころの知能指数の活かし方

ダニエル ゴールマン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

EQの提唱者ゴールマン博士が、コンピテンシー研究の権威ボヤツィス教授と共同で、EQとリーダーシップ、そしてビジネスでの成功の関係を鮮やかに解き明かす。欧米有名企業の実例を豊富に盛り込み、優れた「EQ型リーダー」になる方法をあなたに伝授する。 第1部 六つのリーダーシップ・スタイル(リーダーの一番大切な仕事 共鳴型リーダーと不協和型リーダー EQとリーダーシップ 前向きなリーダーシップ・スタイル-ビジョン型、コーチ型、関係重視型、民主型 危険なリーダーシップ・スタイル-ペースセッター型と強制型) 第2部 EQリーダーへの道(EQリーダーを作る五つの発見 EQリーダーへの出発点 理想のリーダーシップをめざして) 第3部 EQの高い組織を築く(集団のEQをどう高めるか 組織の現実、組織の理想 進化しつづける組織)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
63
みんなのレビュー
クロネコヤマトの社長が宅急便にカジを切って大成功した時のことが書いてある。周りからは反対されて黒字になるわけないと言われていた個人宅配を見事に軌道にのせた先見の明には脱帽。ネットワーク効果を見越して必ず黒字転換点があるはずと見込んでの一手。経営者がぜひ読むべきオススメの1冊。
No.35
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
62
みんなのレビュー
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
No.39
62
みんなのレビュー
天才経営者の永守氏がどのように会社を立ち上げて成長させてきたかが語られる。かなりの割合が財務・資金繰りについて語られており、偉大な企業を作るためには資金繰りが重要なのだということを考えさせられる。一方で有形商材とは違い、今はソフトウェアやコンテンツなどがお金になりネット時代。永守氏の経営スタイルとは違うスタイルで多くの成長する企業が出てきているのも事実。永守氏の経営スタイルを参考にしながら今の時代にあったスタイルを探していきたい。
No.40
62
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.41
62
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.44
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
62

リスク 上: 神々への反逆

ピーター バーンスタイン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
62

インベンション 僕は未来を創意する

ジェームズ・ダイソン
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62

良い戦略、悪い戦略

リチャード P.ルメルト
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.54
62
みんなのレビュー
本多静六は、教授をやりながら節約に励み投資をして多額の財産を手にした人物。彼の人生は決して派手なものではなくて収入の一部を必ず貯金して触らないようにするというもの。その徹底した姿勢で巨額の富を築いた。そして「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」などの名言を残し、今でも通用する仕事・お金に対する価値観を作り上げている。誰でもできる愚直な行動が述べられているので、お金に困っている人・不安な人はぜひこれを読んで本多静六氏の行動をマネして実践してほしい。
No.55
62

インフレ不可避の世界

澤上 篤人
明日香出版社

長年インフレの警鐘を鳴らし、金融バブル崩壊が近いと予言する「さわかみファンド」創設者の見解と対処法をまとめます。 米国では、2022年1月の消費者物価指数が前年同月比7.5%の上昇となり、約40年ぶりの物価高に見舞われています。 日本でもガソリン高や食料品の値上げなど、日々の生活にも影響が出始めてきました。 これは一時的なものなのか? 今後、私たちの生活はどうなるのか? 本書では、投資運用の世界で50年のキャリアを持つ「さわかみファンド」創設者で、長期の見通しをもとに圧倒的な実績を残している長期投資のパイオニア、澤上篤人氏の見解をまとめました。 氏は本書で、「想像を絶するひどい事態を、いかに軽傷でやり過ごすかを考えておきたい」と語ります。 株式・国債・不動産など多方面に影響が及ぶこと、そして今般のインフレが制御不能なマネーの暴走に発展することを、丁寧に解説します。 ■第1章 今回のインフレ、甘くみてはいけない コロナ禍からの景気回復で、インフレ懸念? 日本の2%インフレもみえてきた? コストプッシュ・インフレの恐ろしさ ボトルネック・インフレ 「サプライチェーン分断」のボトルネック 地政学的ボトルネック 脱炭素に向けた動きも要警戒 DXインフレ(?)もありだよ バラ撒いてきたマネーが暴れだす ■第2章 金融緩和バブル、崩れは近いぞ 米FRBの利上げ発言が転機 金融緩和バブル、行き着くところまで行ってしまった? 米国株の突出高は経済力の違いを暗示している? 他にも、バブル高の徴候が いつ暴落がはじまっても、おかしくない どんなバブルも必ずはじける 大きく下げては戻しを繰り返して、本格的な暴落へ コンピューター運用が主流で、投資家心理は無視される? コンピューター運用は、買いも売りも転換が早い 壮大な金融緩和バブル、いよいよ崩れに向かうぞ 債券はバブル高していないのか? ■第3章 露呈しだした張りボテ経済の限界 空前の金融緩和、なんのため? コロナ禍、経済や社会を守るため? 50年に及ぶ「金融の時代」はいよいよ最終局面に マネー、マネーの経済 金利をゼロにして経済は動くのか? 経営を弛緩させ、ゾンビ企業を増やすだけ ようやく日本にも、ベンチャー企業が台頭しだした? 大多数の国民の低所得化は、デジタル社会に乗り遅れただけか? 中央銀行に景気対策をやらすなんて 為政者たちのご都合主義 中央銀行といえども、往きはよいよい帰りは怖いとなるぞ 株式ETF、どう処理するのか? ■第4章 金融緩和政策、なんだったのか? 世界的な金融緩和、そろそろ曲がり角に 日本の失われた30年 企業を潰させない、雇用を守る とんでもないモラルハザード 厳しいバブル処理を断行していたならば リーマン危機で、欧米は金融システム維持に走った コロナ禍で、さらなる金融緩和中毒 放漫財政に歯止めがかからない ■第5章 バブル崩壊、インフレ、財政危機 金融緩和バブル、もう崩壊するしかない 野放図な国債増発 人為政策の限界 バブル崩壊の地獄絵 カネ余りが、現金不足に一転する 金利は上がっていく 日本の財政、もつのかな? 金利上昇のインパクト 企業倒産と失業の嵐 資産デフレの恐ろしさ 日銀も、存在そのものが問われることに ■第6章 世界の運用の「常識」が総崩れに この40年が「異常に幸せ」だった 世界的な過剰流動性の歴史 年金資産が世界最大の運用マネーにのし上がってきた 年金マネーが株式を買いまくった 債券市場も、1983年からずっと上昇基調 とんでもなく順風満帆な投資環境が続いた 今回のバブル崩壊、ひどいものになるよ とんでもない債券バブル この38年間の債券神話 40年前の債券地獄 今度の債券地獄は、売りからはじまるぞ 年金マネーは縮小へ 資金運用から投資運用へ ■第7章 長期投資の復活 経済は消費と投資が根幹をなす 将来をつくっていく、それが投資だ ESGもSDGsも、笑ってしまう 一体、なんのため、誰のための運用なのか? 果たして、世界の機関投資家運用は変わるのだろうか? 投資とは、そもそもアクティブ運用の世界である アクティブ運用はパッシブ運用に勝てない? 長期投資が見直される ■第8章 年金問題、こうすれば解消できる 先進国はどこも年金問題で苦しんでいる 年金制度の限界 確定拠出型の年金制度に移行するか? そこでだが、国の年金制度は、どう改革していくか? どうせなら、抜本的な年金改革を 消費税を年金税に改め、税率を15%ないし20%にする マイナンバー制度の完全実施でもって 日本の税収は大幅に増加する? 年金不安は一掃できるし、いいことだらけ 年金の積み立ても、運用もなくなる そもそも、年金の運用はやめた方がいい ■第9章 バブル崩壊とインフレ襲来、どう乗り切るか ほとんどの金融商品は売っておこう 売っておくのは? 売らずに残しておくのは? 長期投資の復活 自助自立の精神でもって 応援株主になる? ■第10章 「お金をまわす文化」を高めよう いま頃、日本経済は2.7倍になっていた いまからでも挽回できる お金をまわすことの大事さ お金をつかって楽しむモデルをつくろう お金をつかって地域経済活性化を

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
59
みんなのレビュー
今の環境で苦労していても絶対に自分の才能を活かせる場所があるんだと前向きになれる書籍。人生に迷ったり選択に困ったりした時に読みたい本。
No.61
59
みんなのレビュー
ナイキの創業者フィル・ナイトの成功秘話。今でこそ圧倒的なブランド力と売上を誇るシューズメーカーの王様ナイキだが、その成長には多くの苦悩が隠されていた。ナイキの誕生と成長を知ることができる面白い書籍。ビジネス観点での学びはそれほどなかった。
No.62
59

トヨタ経営大全3 問題解決 上

ジェフリー・K・ライカー
日経BP
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
58
みんなのレビュー
有名マーケター音部さんの書籍ということで期待して手に取ったが、抽象度が高く具体的に実践レベルで活用できるイメージが湧かなかった。出来れば具体的な内容がほしかった。
No.66
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
58

世界最高峰の大学で、面白すぎて毎週、大講堂が異例の大満員! イェールの学生が頭に叩き込む思考の「限界・パターン・脳の癖」 世界最高峰の大学で、面白すぎて毎週、大講堂が異例の大満員! イェールの学生が頭に叩き込む思考の「限界・パターン・脳の癖」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
58

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
58
みんなのレビュー
ビジョナリー・カンパニーシリーズの集大成として読む本としておすすめ。起業する際はまず適切な人を必ず船に乗せようなどという今までのビジョナリー・カンパニーシリーズで学んできたことを改めて学ぶことができる。偉大な企業を創りたい起業家必見の書籍。
No.73
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
57

職場の協働や自律性を復活させるためにはどうすべきなのか。現場目線の経営学を実践的に提示。 職場の協働や自律性が減少している現状を乗り越えるためにどうすればよいのか。現場でミドルマネージャーとして奮闘しながらMBAで学んだ執筆陣が実践的かつ理論的に提示。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
57

ザ・ローンチ

ジェフ・ウォーカー
ダイレクト出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
57

本田宗一郎夢を力に

本田 宗一郎
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
57

今までの常識が常識ではなくなる時代がやってきた。数々の困難を乗り越えてきた著者の経営継続の秘訣。 今までの常識が常識ではなくなる時代がやってきた。多様化、スモール化、スピード化、NO密&濃密化、無敵化・協調化、無類化・普遍化――数々の困難を乗り越えてきた著者の経営継続の秘訣。 今までの常識が常識ではなくなる時代がやってきた。多様化、スモール化、スピード化、NO密&濃密化、無敵化・協調化、無類化・普遍化――数々の困難を乗り越えてきた著者の経営継続の秘訣。 序章 先の読めない時代 1章 多様化 ~店舗の形はひとつである必要はない~ 2章 スモール化 ~大は小を兼ねない~ 3章 スピード化 ~小さな店舗だけが持っている武器~ 4章 NO密&濃密化 ~やっぱり密は必要なもの~ 5章 無敵化・協調化 ~ステキな店がムテキになる~ 6章 無類化・普遍化 ~時代に流されない店になる~ 7章 それでも危機はやってくる 8章 これからの時代の心の在り方 9章 今日が始まり あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
57

俺は、中小企業のおやじ

鈴木 修
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
57
みんなのレビュー
スタートアップを立ち上げるために必要なリーンスタートアップという考え方を学ぶために読んだ。今の時代、スタートアップでも大企業でもどんな組織でもリーンスタートアップの考え方は重要で、小さいことをクイックに行い小さい成功をおさめてそこから雪だるま式に大きくしていくことが大事。小さい状態で失敗しても大きな痛手ではないので、とりあえず作ってみて検証する!ただ小さくはじめると小さくおさまってしまうという考え方も提唱している人がいて面白いと思った。イーロン・マスクなどはスペースXを起業する際に小さくなんか始めていない。出来るだけクイックに動いていたが最初から巨額の投資をしていた。イーロンはPaypalの売却益で巨額の富を得ていたからという人もいるが、それでも足りないくらいの額を突っ込んでいる。巨額の富を得ると、そこから小さく色んなところに投資してどれか当たればよいという考えてしまうケースが多い気がするが、本当に偉大なことを成し遂げたいのであれば小さく始めるという思考を取り払って大きく勝負に出ることも必要かもしれない。
No.100
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
56
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.106
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
56
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.108
56

経営学の基礎知識

水野 由香里
中央経済グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
57

企業の競争力と進化に関するパラドクスを解明したベストセラー『模倣の経営学』が、 実践的な解説を大幅に増補して新登場! 偉大な企業の「パクリ伝説」をもとに、 ビジネスモデルとテクノロジーを革新する、 「模倣による新結合」の手法を体系化。 ゼロイチという言葉を、よく耳にするようになった。 これは、何も無いところから何かを生み出すということで、無から有を創造することを象徴した表現である。 ちなみに、今あるものを、何十倍、何百倍の価値にすることは、イチから百を生み出すことに喩えられる。 さて、この「ゼロイチ」、そもそも、本当に何も無いところから発想が生まれるのだろうか。 傍からみていてゼロイチに見えるようなことでも、その実はゼロイチでないということは多い。 (中略) 増補した理由は、冒頭で述べたような「ゼロイチ神話」を実際に超えていくための手法や 考え方を解説すべきだと考えたからである。近年、シリコンバレーで培われたノウハウが、 イノベーションプログラムとして体系化されてきている。その中には、まだ国内で知られていないもの、 あるいは模倣に関連性の高いものも含まれる。日経BP社にいただいたこの機会に、ぜひ紹介したいと考えた。 (「はじめに」より) はじめに:ゼロイチ神話を超えて 初版まえがき:模倣のパラドクス 基本 01[なぞかけ]メタファーと新結合 02[共通性]本質をモデリングする 03[分類]似た者同士を探せ 04[パターン]良い模倣と悪い模倣 05[手順]創造的模倣の5ステップ 探索 06[観察]ありのままに見る 07[探索]遠い世界を見に行く 08[教師]誰をどう真似る? 分析 09[設計]整合すべき4つの要素 10[推論]仮説を導く比較分析法 11[実験]低コストで試す3つの方法 実行 12[創造]再現から独創へ 13[守破離]ギャップを越える複眼モデリング 14[反転]良いお手本を反面教師にする 15[わな]模倣できそうで模倣できない仕組み 16[順序]まず山があって森がある 17[作法]模倣の力を引き出す3つの肝

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
56
みんなのレビュー
大好きな漫画。ビジネス書としても多くの経営者に読まれている。合戦の戦略や考え方、そしていかに周りを巻き込み成り上がっていくか、部下を束ねて強い組織を作っていくかなどが学べる。
No.123
57

人間主義的経営

ブルネロ・クチネリ
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
57

事業ポートフォリオの組換えと企業価値向上

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search