【2024年】「イーロンマスク」のおすすめ 本 51選!人気ランキング

この記事では、「イーロンマスク」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 天才読書 世界一の富を築いたマスク、ベゾス、ゲイツが選ぶ100冊
  2. イーロン・マスク 上
  3. イーロン・マスク 下
  4. ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
  5. 銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)
  6. 月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748)
  7. 世界を騙しつづける科学者たち 上
  8. 構造の世界: なぜ物体は崩れ落ちないでいられるか
  9. LIFE3.0──人工知能時代に人間であるということ
  10. 新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間〈上〉
他41件
No.2
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
78

イーロン・マスク 下

ウォルター・アイザックソン
文藝春秋
みんなのレビュー
イーロン・マスクのTwitter騒動の話など最近の話が書いてあるのでイーロン・マスクの最近の動向や騒動の舞台裏について知りたい人にオススメ!
No.4
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
72
みんなのレビュー
世界中のテック起業家がオススメする書籍なので読んでみたが、正直陳腐なSFという印象を受けてしまった。邦訳に違和感を感じることが多いので、ネイティブが原作のまま読めばまた違うのかもしれない。
No.6
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
65

世界を騙しつづける科学者たち 上

ナオミ・オレスケス+エリック・M・コンウェイ
楽工社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
63

恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ。-世界中のヤングを熱狂させた、不滅の傑作ファンタジー。旧版の訳にさらに推敲を加え、新たに『追補編』を収録した「新版」です。トールキン生誕100年記念出版。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
58

イーロン・マスクの世紀

兼松 雄一郎
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
58
みんなのレビュー
マーク・ザッカーバーグがオススメしているので読んでみた。分かりやすいストーリー構成で鉄板SFという感じ。シンプルに楽しめる。
No.19
58

世界を騙しつづける科学者たち 下

ナオミ・オレスケス+エリック・M・コンウェイ
楽工社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
57

Act of Love

上田恵介
Human Reserch
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
57

スーパーインテリジェンス: 超絶AIと人類の命運

ニック ボストロム
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
57

人工知能 人類最悪にして最後の発明

ジェイムズ・バラット
ダイヤモンド社

Google、IBMが推し進め、近年爆発的に進化している人工知能(AI)。しかし、その「進化」がもたらすのは、果たして明るい未来なのか?ビル・ゲイツやイーロン・マスクすら警鐘を鳴らす「AI」の危険性について、あらゆる角度から徹底的に取材・検証し、その問題の本質をえぐり出した金字塔的作品。 人類はこうして絶滅する-ビジーチャイルド・シナリオ 一度起こればもはや手遅れ-AIのリスクは予測不可能で計算できない グーグルXとアルカイダに共通する怖さ-人工知能の「知能」は人と同じか? チューリングテストとAIボックス実験-人工知能版「ロボット三原則」の設計は可能か? 「遺伝的プログラミング」の落とし穴-AIの思考プロセスは必然的に「ブラックボックス」化する 人工知能の「4つの衝動」-完璧に「経済合理的」なAIにとって人は必要か? 数学者グッドの予言-「知能爆発」はどのようにして起こるのか? 金融マーケットで人知れず進化するAI-人工知能はいつまで「人の道具」でいてくれるのか? カーツワイルの「シンギュラリティー」再考-人類は機械に追いつけるのか? 人工知能は「21世紀の核兵器」-予防策はまだない 膨大な資金は「誰」が出しているのか?-経済と軍事という2大要因 あまりにも、あまりにも複雑-「ソフトウェアの複雑性」は克服できても… 超知能を生む「脳のリバースエンジニアリング」-…複雑すぎて人は人工知能を理解できない AI研究にルールを作れるか-「悪魔」を解き放つのは善意の研究者か、それとも もし社会インフラを人工知能に乗っ取られたら-コンピュータウイルスとAIの類似性

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
57

オルタード・カーボン(上)

リチャード・モーガン
アスペクト
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
57

誰が文明を創ったか

ウィル・デューラント
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
57

アインシュタイン その生涯と宇宙 上

ウォルター アイザックソン
武田ランダムハウスジャパン

相対性理論はどこから生まれたのか?20世紀最大の天才の創造性の秘密を明かす。伝記的にも理論的にもアインシュタイン評伝の決定版。 第1章 光ビームに乗って 第2章 少年時代1879〜1896 第3章 チューリッヒ工科大学時代1896〜1900 第4章 恋人たち1900〜1904 第5章 奇跡の年「量子と分子」1905 第6章 特殊相対性理論1905 第7章 最も幸福な考え1906〜1909 第8章 さまよえる教授1909〜1914 第9章 一般相対性理論1911〜1915 第10章 離婚1916〜1919 第11章 アインシュタインの宇宙1916〜1919

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
57

進撃する銀河帝国! 帝国史上最強の軍略家に立ちはだかる死者の手。 異例の若さで昇進を繰り返す金髪の若き将軍ベル・リオーズ。 貴族の反感を浴び、僻地へと追いやられたその先で、 魔法使いが潜む星「ファウンデーション」の存在を知る。 やがてリオーズは、ファウンデーションに戦争を挑む。 だがそこで、死してなお影響を及ぼす天才数学者ハリ・セルダンの死者の手が立ちはだかる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
57

スターリン 上: 赤い皇帝と廷臣たち

サイモン・セバーグ モンテフィオーリ
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
56

スターリン 下: 赤い皇帝と廷臣たち

サイモン セバーグ モンテフィオーリ
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
56

スミス倫理学の真の射程とは。経済学に止まらない社会科学的知への豊かな洞察を、その心理学的人間学の読解から描き出す。 スミス倫理学の真の射程とは。政治・経済・社会のよき運用をささえる心理学的な人間学を初めて打ち立てた、もうひとつの主著の世界を平明に描き出す。 スミス倫理学の真の射程とは。近代における倫理のメカニズムと意義を明瞭に説き、政治・経済・社会のよき運用を支える心理学的な人間学を打ち立てた、もうひとつの主著のから描き出す。『国富論』とは違った現代への示唆と、経済学にとどまらない社会科学的知への豊かな洞察を浮かび上がらせる。 凡 例 序 章 アダム・スミスの倫理学 1 倫理学の性質 2 スミス倫理学のテーマ 3 『道徳感情論』の陰のタイトル 第1章 共感と共生 1 存在の矛盾と秩序 2 「道徳的存在」の基礎としての感情と自己利益 3 共感の二面的性質――結合と排除 4 共感と支配 5 認知的共感と文学的想像力 6 道徳の世界へ 第2章 倫理における「媒介」の問題 1 公正、公平、情報に精通した「中立的観察者」 2 コミュニケーションの媒体――言語、貨幣、中立的観察者 3 中立的観察者の二重性とその分岐――道徳の一般規則と良心 4 良心の脆弱性 5 交流と信頼、それを媒介するもの 6 媒介者のいない悲劇、媒介者の跳梁する悲劇 第3章 「傍観」と世界の分節化 1 日常としての傍観 2 「世界」の内部と外部――傍観の境界 3 自然的情念と社会的情念 4 マルチチュードとアウトサイダー 5 社会の身分的秩序と秩序からこぼれる人たち 6 国家と統治体制の安定――国家、中間団体、個人 7 人間らしく、男らしく――忍苦、怒り、憎しみ 8 世界の分節化からの脱出 第4章 実践的倫理としての徳 1 生存と正義と善 2 他者の承認と他者からの承認 3 自己承認と倫理的な生 4 敵という名の仲間 5 「称賛に値する徳」の証明不可能性と「卓越しない徳」 第5章 愛と憎悪 1 親和的情念、敵対的情念、利己的情念と情念の中庸 2 愛の階梯――自己愛、家族愛、友情 3 債務としての愛、贈与としての同情 4 祖国愛と「良き国民」の創造 5 隣国民への友情と人類愛 6 敵対的情念の社会性と復讐・開戦の四原則 7 戦争と党派闘争の道徳的意義――「自制心」の修養と「死の恐怖心」の克己 8 愛と憎しみの同時切断 第6章 幸福――真偽の向こうに 1 聖なる幸福 2 死者の幸福、死者の不幸 3 真の幸福、その内実と条件 4 偽の幸福 5 完璧な幸福、その幻影の作用 6 不幸の回避 7 公共善としてのヒエラルキー的秩序 8 繁栄と秩序との危うい均衡 終 章 未来からの倫理 1 意図原則と感情の不規則性 2 リスクと過失 3 倫理の虚構性と虚構の現実性 あとがき 注 人名索引 事項索引 竹本 洋著;0101;02;スミス倫理学の真の射程とは。経済学に止まらない社会科学的知への豊かな洞察を、その心理学的人間学の読解から描き出す。;20200602

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search