【2024年】「一流」のおすすめ 本 152選!人気ランキング

この記事では、「一流」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. チーズはどこへ消えた?
  3. 道をひらく
  4. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
  5. 人を動かす 文庫版
  6. ブランディングの教科書 ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる
  7. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
  8. インプット・アウトプットが10倍になる読書の方程式
  9. 無駄な仕事が全部消える超効率ハック――最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ
  10. 問題解決力を高める「推論」の技術
他142件
No.1
100
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.2
79
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.3
77
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.12
70
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.14
68
みんなのレビュー
色んな切り口で物事の二元論を語る「ふろむだ氏」の書籍。この本の内容は衝撃であるが事実。本当の実力ではなくて勘違いさせる能力がまず先にくる。そしてその力を使ってチャンスを掴んで実際に実力が付いてくるのが人生。だからとりあえず自信がなくても実力が伴ってなくても、やってみる、アピールしてみる。自分はすごいんだという自信を持とう!いくら実力があっても勘違いさせる能力がないとチャンスはなかなか周ってこない。
No.15
69
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.16
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
65
みんなのレビュー
自分の世界に対する認識が大きくずれていることを知れる。ただ内容としては冗長なので最初の数ページ読めば良い気がする。メディアが切り取った偏ったイメージに翻弄されないようになろう。
No.22
65
みんなのレビュー
かなり分厚い本だが、全てのビジネスパーソン必読の本。一連のストーリーが戦略の根幹にあるという話を具体的な事例とともに学べる。特にガリバーのストーリーは惹き込まれた。パーツパーツで見ると一見非合理だけどストーリーとして繋げてみると合理的な戦略を形作ることで競争優位性を得ることができる。
No.25
64
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.26
63
みんなのレビュー
今では色んなところで引用される人生100年時代というパスワードのきっかけになった書籍。もう既に1つの会社に勤め上げるような旧来の生き方は崩壊している。将来に不安を抱いているビジネスパーソンはこの本を読んで時代の変化に置いていかれないような生き方を選択して欲しい。
No.27
63

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.31
68
みんなのレビュー
ある程度お金について教養のある人にとっては当たり前の内容なので読まなくてもいいが、お金について知らないことが多くて将来心配な人にとってはまず最初に読むといいかもしれない書籍。
No.32
63
みんなのレビュー
ある空港で出会った男と老人の会話からなす、仕事への向き合い方を勉強できる話。細かいTips というより、新しいアイディアや挑戦を仕事の中で生み出す姿勢を学べる。発明者の実例が話に盛り込まれていてワクワクするし、会話ベースで簡単に読める。何事も試したくなる本。試しに読んでみては!
仕事に対する価値観をガラッと変えてくれる書籍。1つの目標を設定したらブレずに突き進むのが吉だと思われていることが多いが、この本では目標は常に変化して良いとしてる。もちろんブレブレなのはよくないが、環境の変化によって臨機応変に目標を変えるのは問題ないしむしろ変えるべき。とにかく色んなことを試して行動してそこから自分の好きなことや目標を見つけていこうと思える書籍。モチベーションが上がる。
No.35
67
みんなのレビュー
ページ数が多く読み切るには根気がいるが、中身は目から鱗の内容ばかり。知っておくだけど対人関係が有利に働く法則などが多く学べる。
No.36
63
みんなのレビュー
ホリエモンの行動力に驚く。結局本書で言っているのはグダグダ考えてないでとりあえず行動しろ!動けってこと。読むだけでモチベーションが上がるが、これを読んで満足してしまって何も行動しないのであれば元とも子もない。これを読んでしっかり行動に移すべき。
No.39
63
みんなのレビュー
前田裕二氏の前作に感銘を受けたのでこちらも読んでみたが、個人的には期待外れ(期待値が高すぎたのかも)。前田氏と同じようにメモを取ることがハマる人もいればハマらない人もいると思う。個人的には紙でメモを取るよりも日常ではスマホのメモ機能やNotionにメモしておいて、ざっとアイデアをまとめたり整理したい時に時間をかけて紙に書く方が好きなタイプ。ただ人前でスマホを触ると相手に不快感を与えてしまう可能性があるので紙でメモを取るという姿勢は相手に好印象を与えるという意味で効果ありかもしれない。また、具体的な事象を抽象化して自分の環境に転化していくという思考プロセスは非常に勉強になった。
No.41
63
みんなのレビュー
ある程度教養のある人にとっては目新しい内容は少ないが、お金に対して不安を持っている人は目を通しておくとよいと思う。資産形成の観点だけでなく生活における必要経費の出費をどれだけ抑えられるかについても学べる。
No.42
63
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.43
62

教養について知っておくべき12の意味。 ニッポンが弱くなったのは、「教養」が足りないからです。 哲学の力で公共事業の問題も解決できるのです。 ニッポンの会社の神さま仏さまとオウム事件と靖國問題と 人間は、「ひと」であるまえに生きものです。 アメリカの一流大学は4年間"教養まみれ"でした。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
67
みんなのレビュー
本多静六は、教授をやりながら節約に励み投資をして多額の財産を手にした人物。彼の人生は決して派手なものではなくて収入の一部を必ず貯金して触らないようにするというもの。その徹底した姿勢で巨額の富を築いた。そして「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」などの名言を残し、今でも通用する仕事・お金に対する価値観を作り上げている。誰でもできる愚直な行動が述べられているので、お金に困っている人・不安な人はぜひこれを読んで本多静六氏の行動をマネして実践してほしい。
No.46
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
62

僕の人生、「あいつには敵わない」の連続だった。この世の中はすべて才能。しかし、努力の仕方さえ知ればトップに立つことができる-。勝つための方程式 「努力の方法」を教えます まずは「自分だけの教科書」をつくる 「ボケカス!お前らが間違ってる!」 結果さえ出せれば「生意気」でいられる 「本当の客」を見極める 「X+Y」の公式の確立 「技術派」と「感情派」 同じことをやっても絶対勝てない 「島田洋七」というシステムをパクる 直球がダメなら変化球で〔ほか〕

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62

帝国ホテル伝統のおもてなし

川名 幸夫
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
59

経営読書記録 裏

楠木 建
日経BP 日本経済新聞出版

楠木建氏が、教養書150冊について語り尽くす。知的体幹を鍛える本の読み方 「知的体幹を鍛える本の読み方」を追体験する『原書を読むよりも面白い』と評される、楠木建氏の書評を網羅した珠玉の書籍解説集。経営書から教養書まで、縦横無尽に語り尽くす。「今すぐに読みたくなる本」と出合える1冊。「著者からのメッセージ」 読書という行為は事後性が強い。いろいろな本を読んでいくうちに、ようやく読書に固有の価値が分かる。いよいよ読書が楽しくなる。そうこうしているうちに、読書が習慣になる。問題はいかに事後性を乗り越えるかにある。【取り上げた書籍】古川緑波『古川ロッパ昭和日記』東海友和『イオンを創った女 評伝小嶋千鶴子』山崎朋子『サンダカン八番娼館 底辺女性史序章』児玉博『堤清二 罪と業』隈研吾『ひとの住処 1964-2020』開高健『オーパ!』アルベルト・シュペーア『第三帝国の神殿にて』アシュリー・ミアーズ『VIP グローバル・パーティーサーキットの社会学』シャルル・ヴァグネル『簡素な生き方』高田純次『自伝』ボブ・ウッドワード『恐怖の男』バートランド・ラッセル『怠惰への讃歌』ブルネロ・クチネリ『人間主義的経営』渋沢栄一『論語と算盤』楠木建『絶対悲観主義』…etc.

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
59
みんなのレビュー
Dカーネギーの名著で自分の人生を切り拓いていくためにはどうすればよいかが具体的に学べる書籍。当たり前と感じる内容も多いが一読して損はしない。
No.63
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
58
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.67
60

飛躍の法則

みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田さんの愛読書として名高いビジョナリー・カンパニー。偉大な会社を作る気概のある学生や経営者が読むべき書籍。1を読まずに2を読んでも問題ないが、2は偉大な企業を存続させることにフォーカスしていて1は偉大な企業を作ることにフォーカスしているのでまずは1から読むのがよいと思う。割と難解ではまらない人には全くはまらない書籍。
No.68
60
みんなのレビュー
アウトプットの重要性について語られて、具体的なアウトプット方法がたくさん学べる本。普通に過ごしているとどうしてもインプット過多になってしまうので、この本を読んでなるべくアウトプットする習慣を身につけていこう!
No.71
58

小さな修養論

藤尾 秀昭
致知出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
58

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

スティーブ・シーボルド
かんき出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
58
みんなのレビュー
森岡さんの大ファンなので手に取ったが、他の書籍ほどの衝撃はなかった。個人のキャリアにフォーカスした書籍でまさに森岡さん自身が娘向けに届けるメッセージという建付けになっている。森岡さんの苦悩時代の話を知れたのは良かった。
No.78
58
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.83
58

「好き嫌い」と経営

楠木 建
東洋経済新報社

「何でも一番」が好き 「デカい商売」が好き 「雷と大雨とクライシス」が好き 「嫌いなやつに嫌われる」のが好き 「偉そうにする」のが嫌い 「小トルク・高回転」が好き 「今に見てろよ!」が好き 「一番好きなことを最初にやる」のが好き 「活字と歴史」が好き 「理系のギーク」が好き 「図面を引く」のが好き 「人との競争」が嫌い 「スキーと目標設定」が好き 「実質を伴わないもの」が嫌い なぜ「好き嫌い」なのか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.102
57

弊社としては大事なマロン どうぞ、ねんねんゴロゴロに 幻をつかむような

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
59
みんなのレビュー
要は頭をよくしたければとりあえず運動しろよってことが書いてある!全部読む必要性はあまり感じられない。
No.109
57
みんなのレビュー
タイムマネジメントの書籍は世の中にありふれているが、この書籍はそれらの書籍と一線を画すもの。そもそも時間の正体とは何か?という考え方から、様々な特性の人にとってのタイムマネジメントの方法を教えてくれる。そもそも誰にしも通用する画一的なタイムマネジメントの方法はなく、それぞれに特性に合った方法が重要という前提に立っている。タイムマネジメント系の本でどれかオススメは?と聞かれたら真っ先にこの本をオススメしたい。
No.114
57

総論-経営と人事はベストパートナー 実務家による育成論 トップ企業の「採用」 組織開発論から経営を支える HRテクノロジー入門以前 HRツール、ベンダー、コミュニティの今後の展望

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
57
みんなのレビュー
普段の仕事や生活で自分の時間がなくて常に何かに追われている感覚があるのであれば是非読んで欲しい!本質的でないことは全て捨てて自分のやりたいことにフォーカスしよう!一度きりの人生、悩んでいる時間は無駄。社会人になりたてで四苦八苦している人がいたら是非読んで欲しい。
No.119
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
57

経営読書記録 表

楠木 建
日経BP 日本経済新聞出版

楠木建氏が、経営書130冊について語り尽くす。思考基盤を厚くする本の読み方 楠木建氏が、経営書から教養書まで、縦横無尽に語り尽くす。『原書を読むよりも面白い』と評される、楠木建氏の書評を網羅した珠玉の書籍解説集。「今すぐに読みたくなる本」と出合え、そして「知的体幹を鍛える本の読み方」を追体験できる1冊。「著者からのメッセージ」僕にとっての優れた書評の基準はただ一つ、「書評を読んだ人がその本を読みたくなるか」だ。本書が読者にとって「今すぐにどうしても読みたい本」と出合うきっかけとなることを願っている。【取り上げた書籍】ウォルター・アイザックソン『イーロン・マスク』高峰秀子『わたしの渡世日記』トニー・ファデル『BUILD』オリバー・ストーン『オリバー・ストーン・オン・プーチン』カル・ニューポート『デジタル・ミニマリスト』常井健一『無敗の男』東浩紀『ゲンロン戦記』落合博満『采配』石井妙子『女帝 小池百合子』山口周『ビジネスの未来』オデット・ガロ―『格差の起源』金成隆一『ルポ トランプ王国』デイヴィッド・グッドハート『頭 手 心 偏った能力主義への挑戦と必要不可欠な仕事の未来』ほぼ日刊イトイ新聞(編)『岩田さん』石井光太郎『会社という迷宮』…etc.

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
59

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
57

第五の権力---Googleには見えている未来

エリック・シュミット
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
57

絵本小さいことにくよくよするな! 普及版

リチャード・カールソン
サンマーク出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.137
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
57

福岡伸一、西田哲学を読む ピュシスの側からみた動的平衡

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.141
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.146
57
みんなのレビュー
超有名マーケターの森岡さんのリーダーシップ論。周りを巻き込んでリーダーシップを発揮して物事を進めるためにはどうすればよいかが学べる。
No.147
57

ピープルアナリティクスの教科書 組織・人事データの実践的活用法

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.148
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.150
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.152
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search