【2023最新】「イケダハヤト」のおすすめ本!人気ランキング

この記事では、「イケダハヤト」のおすすめ本をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)
  2. 武器としての書く技術
  3. シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
  4. 殺人犯はそこにいる (新潮文庫)
  5. 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)
  6. 14歳からの哲学 考えるための教科書
  7. ライファーズ 罪に向きあう
  8. 思考の自然誌
  9. ヒトはなぜ協力するのか
  10. 差別はいつ悪質になるのか (サピエンティア 54)
No.2
73

武器としての書く技術

イケダ ハヤト
KADOKAWA/中経出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
68

14歳からの「考える」のための教科書。「自分とは何か」「死」「家族」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」など30のテーマ。 今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」の為の教科書。「言葉」「自分とは何か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマ。  人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。  言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。 Ⅰ 14歳からの哲学[A] 1 考える[1] 2 考える[2] 3 考える[3] 4 言葉[1] 5 言葉[2] 6 自分とは誰か 7 死をどう考えるか 8 体の見方 9 心はどこにある 10 他人とは何か Ⅱ 14歳からの哲学[B] 11 家族 12 社会 13 規則 14 理想と現実 15 友情と愛情 16 恋愛と性 17 仕事と生活 18 品格と名誉 19 本物と偽物 20 メディアと書物 Ⅲ 17歳からの哲学 21 宇宙と科学 22 歴史と人類 23 善悪[1] 24 善悪[2] 25 自由 26 宗教 27 人生の意味[1] 28 人生の意味[2] 29 存在の謎[1] 30 存在の謎[2]

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
67

思考の自然誌

マイケル・トマセロ
勁草書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
67

助けるように生まれてくる〈そして育てられる〉 インタラクションから社会制度へ ジョーン・B・シルク キャロル・S・デック ブライアン・スキームズ エリザベス・S・スペルキ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
67

差別という言葉によって、本当は何を理解しているのか、行為や言動の何を問題として道徳的な評価をするのか。その評価の根拠は何か。 私たちは人々の間にある特徴──人種、性別、容姿、能力、年齢その他の特性──に基づいて区別を付けるが、この区別が「悪質な差別」になるのはなぜか。人を貶価する行為に悪質な差別の不当さがある。その悪質さの根拠を本書は問い、差別の一般理論を展開する。私たちは「差別」という言葉によって本当のところ何を理解しているのか、その行為の何を問題にして道徳的に評価しているのか、そしてその評価の根拠は何か。哲学的差別論の必読書。 序 論 差別の難問 第Ⅰ部 差別はどんなときに不当であるのか 第一章 基本的な発想 「差別」 発想を促す 悪質でありかつ差別であるとしても悪質な差別ではない 歴史と現在の社会的地位──その何が問題なのか 反カーストと不均衡な負担 社会的事実としての差別 文脈と文化が一定の区別を貶価にする なぜ貶価なのか 貶価で十分か 個人的な不正 第二章 貶価することと悪質な差別 貶価するとはどういうことか 文脈と慣習 いくつかの例の考察 〈慣習的意味〉対〈慣習的実践〉 貶価することは本当に平等の問題なのか 貶価するというだけで本当に十分なのか 貶価することはすべて不当なのか カナダ法による尊厳の認定 この見解を位置づける 結論 第三章 解釈と不一致 特定の慣行が貶価するかどうかをいかにして決定するのか 問いの本性 不一致 客観性とは正確には何であるのか 補足──〈タイプ客観性〉対〈トークン客観性〉 解釈的判断の客観性 穏当な客観性に対する穏当な提案 客観性についての特別な懸念 見解の不一致 内部にいる人だけがアクセスできる 文化的ヘゲモニー 第Ⅱ部 差別の難問に対する別の解決案を検討する 第Ⅱ部への序論 第四章 実績・権原・功績 実績とは何か 〈常識的な意味での実績〉対〈構築された実績〉 実績と権原、あるいは功績 実績と効率性 実績と功績 弱い主張──実績による報酬は常に道徳的に許容可能である 実績および、貶価する差異化と実績の結びつき 第五章 正確さと不合理性 不平等を永続させる──許容不可能、あるいは道徳的に問題のある合理的分類 無能さと愚かさ──不正確さだけでは平等に対する侮辱にはならない 正確な代理指標を用いることの失敗 全員を同じように扱うことの失敗 正確さを考慮する予防的理由 適合をきつくすること 純粋な恣意性 結論 第六章 問題は思想にあるのか 意図とは何か 意図と同一化 なぜ私とは別の仕方で考えるのか 必要でも十分でもない 表面的差別・差別的効果・意図 私的なバイアス 意図と評価 差別的意図の関連性 標的 目標 貶価することと意図すること 結論 結論 謝辞 訳者あとがき 注 索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search