【2024年】「転職1年目」のおすすめ 本 94選!人気ランキング

この記事では、「転職1年目」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 入社1年目の教科書
  2. 入社1年目ビジネスマナーの教科書
  3. 成功する転職面接 成否の9割は「準備」の質で決まる
  4. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 最新版 ストレングス・ファインダー2.0
  5. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
  6. 転職1年目の仕事術
  7. DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール
  8. 【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)
  9. 社会人1年目「直前」の教科書 「驚異の新人」と呼ばれるために習得する100のメソッド
  10. 誰にも聞けない転職の正解がわかる本
他84件
No.1
100
みんなのレビュー
入社1年目に限らず社会人として大事なエッセンスが詰まっている。1年目の若手はぜひこの本を読んで仕事に備えてほしい。この本に書いてあることをしっかり遂行できるか否かで社会人としてのパフォーマンスが大きく変わる。
No.6
76

転職1年目の仕事術

千田 琢哉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
74
みんなのレビュー
いわゆる成功哲学的なよくある書籍ではなくて、宵越しの銭は持たず人生を最高に生き抜く価値観を植え付けてくれる書籍。人を選ぶ書籍ではあると思うが、自分自身の理想の生き方に思いっきりあてはまる内容で何度も読み返したい書籍。現代人にはこの生き方が合うと思っているので何かに縛られて辛そうにしていたり、思考停止でお金を稼いで日々四苦八苦したりしている人達に読んで欲しい。
No.8
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
74

デキる新人と言われるための「思考術」「仕事術」「対人術」「習慣術」「メンタル安定術」とは? 会社で生き抜く術を身につけろ! 内定をもらったらまずはこの1冊! まだ見ぬライバル達に「働く前」から差をつけろ! 今の時代に合致した「新・社会人入門書」がついに完成!「名刺の交換の仕方は~」「宴会では新入社員は~」よりも100倍役立つ、100の仕事の心得!仕事で役立つアドバイスを多数発信し、「共感しかない」「マジでこのアドバイスは助かる」などの意見がSNSであふれ、あっという間にインフルエンサーとなった著者が「自分が新入社員として社会に出て働く前に知っておきたかった、やっておくべきだった・準備しておくべきだったこと」をまとめた1冊。前時代的な「社会人のルール」は排し、これからの30年を力強く生き抜く実践的な仕事術とは?【こんな感じのアドバイス!】・新人は「シングルタスク」で仕事をこなす・スケジュールには必ず「余白」をつくっておく・攻撃的な言葉を投げかけてくる人は「日本語覚えたて」・辛くなったら思い出す「あおいくま」・メンタルを最強にする“まぁいっかの法則”【こんな時におススメ!】◎内定を手にした大学、短大、高校3年生や専門学校生などが「社会人の準備」として〇転職・異動1年目など、仕事の取り組み方をもう一度見直したいとき〇これから社会に出ていくお子さんにお父さん・お母さんから「最後の贈り物」として【目次】第1章 驚異の新人の思考術第2章 驚異の新人の仕事術第3章 驚異の新人の対人術第4章 驚異の新人の習慣術第5章 驚異の新人のメンタル安定術 第1章 驚異の新人の思考術 ゴミも拾えない人は、チャンスも拾えない 正しい場所で努力する 小さなことほど丁寧に。当たり前のことほど真剣に 一流とは誰よりも失敗し、誰よりも学んだ人 勇気は一瞬、後悔は一生 1万回ダメでも1万1回目は何か変わるかもしれない 時間の余裕は気持ちの余裕からつくる 仕事に対して積極的に「やらせてください」と言う 「なんとかなる」ではなく「なんとかする」 失敗の先にしか成功はない 損得よりもワクワクするかどうか 現状維持は衰退と同じ 他責思考より自責思考 無駄なプライドは捨てる 短所を克服するより長所を磨く 時間は「命の残り時間」 心配事の9割は本当に起こらない 今日が人生で一番若い日 人生のライバルは常に“自分自身” 挫折しそうになったら“あきらめないの法則”を思い出す第2章 驚異の新人の仕事術 結論から話す 数字で語る やるべきことだけやる うまくサボる 遊ぶように仕事をする デキる人から盗んで真似る 常に相手の期待を超え続ける アウトプットが9割 スピードと質を両立する チャットを活用する 早めに出社して定時退社 シングルタスクで仕事をこなす スケジュールに余白をつくる 優先順位をつける 即レス・即対応 こまめにメモをとる 素直に「知りません」を伝える 仕事は期限内に終わらせる ショートカットキーを駆使しマウスを使わない 作業中はキーボードを見ない第3章 驚異の新人の対人術 挨拶は明るくとびっきりの笑顔 とにかく明るい いつも笑顔 冗談交じりに会話 オーバーリアクション 嫌われる勇気よりも「敵をつくらない」 自慢話をしない 聞く:話す=8:2を意識する ツッコまれる隙をつくる 相手の会話を遮らない 知ってる話でも興味津々で聞く 助けてもらったら相手の予想の3倍喜ぶ 日々小さなギブで種まきする お返しをもらったら大袈裟に喜ぶ 人がピンチの時は必ず助ける 相手との約束は必ず守る 一定の距離感を保つ 自分の正しさを相手に押し付けない 人間関係は相手の長所と付き合うもの 雄弁は銀、沈黙は金第4章 驚異の新人の習慣術 15分のパワーナップ 7時間睡眠 早寝早起き 湯船に15分浸かる 起きたら白湯を飲む カーテンを開け日光を浴びる デジタルデトックス 昼食は低GIの軽食で済ませる こまめに水分補給 積極的に「ため息」をつく 1時間に1回以上は立つ ポモドーロテクニックを使う If-thenプランニング 1日10分の自分会議 その日良かったことを3つ書き出す 1日30分本を読む 趣味の時間を大切にする 身だしなみを整える 1日30分の運動 ポジティブリフレーミング第5章 驚異の新人のメンタル安定術 自分に正直に生きる 嫌いな人からは離れる 全ての人に好かれようとしない 他人と比較しない 自分にも周りにも期待しすぎない 上司からのキツい言葉に悩まないコツ オン・オフをしっかり切り替える メンタルを最強にする”まぁいっかの法則” 心の中で「ひろゆき氏」になりきってみる 攻撃的な言葉を投げかけてくる人は「日本語覚えたて」 相手に好かれているかより「大切にされているか」 人にイラッとしたときの対処法 落ち込んだ時は「第1章 完」と唱える 辛くなったら思い出す「あおいくま」 自分のためにも相手を「許す」 適度な無関心を大切にする うまく受け流す 人生は手放すほど良くなっていくもの 自分の機嫌は自分でとる 「来世、ハエになると思って生きてみたら?」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
68
みんなのレビュー
今では色んなところで引用される人生100年時代というパスワードのきっかけになった書籍。もう既に1つの会社に勤め上げるような旧来の生き方は崩壊している。将来に不安を抱いているビジネスパーソンはこの本を読んで時代の変化に置いていかれないような生き方を選択して欲しい。
No.19
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
66

転職に向いている人転職してはいけない人

黒田 真行
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
66

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
65

転職の赤本

鈴木康弘
エンターブレイン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
65

はじめての課長の教科書 第2版

酒井 穣
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
65

即戦力が集まらないと悩む企業を対象に、急成長の採用代行会社の代表が、中途採用の手法を伝授。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
65

社会人1年目の教科書 「伸びる人」の習慣 「伸びない人」の習慣

菅沼 勇基
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
64
みんなのレビュー
アドラー心理学を実際にビジネスにどのように活かしていくのかが具体的に学べる。ストーリー形式で話が進んでいくので読みやすくスイスイ読める。
No.38
64

いまさら聞けない、社会人のビジネス常識がすぐわかる! 楽しく充実した仕事人生のために、段取りよくスマートに働くには? 仕事ができる人は知っている。いまさら聞けない、教えてもらえない。社会人のビジネス常識がイラストですぐわかる!意外と知らない、知っておくと違うビジネス常識とは?自分を覚えてもらえる自己紹介法/即レスがくるメール/能率的な仕事の段取り/先輩・上司とのつきあい方/仕事関係の冠婚葬祭ルール/その後を考えたハラスメント対応/上座・下座の判断法ほか 仕事ができる人は知っている。 いまさら聞けない、教えてもらえない。 社会人のビジネス常識がイラストですぐわかる! 意外と知らない、知っておくと違う新常識とは・・・・・・? 自分を覚えてもらえる自己紹介法 好感度を左右する身だしなみ 返事をしたくなるメールテクニック 知っておくべきビジネス敬語 能率的な仕事の段取り法 スマホ・SNSの落とし穴 いまどきアフターファイブのマナー 初対面でもひるまない雑談力 上座・下座の判断法 仕事関係の冠婚葬祭ルール その後を考えたハラスメント対応 折れないメンタルを作る・・・・・・ この本では、社会人として知っておくべき一般ビジネスマナーとともに、どうすれば充実した、幸せな社会人人生を歩むことができるかについてもアドバイス。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
64

日本語の「採用」と英語の「リクルートメント」の定義のちがいを手がかりに考察を展開。採用の戦略を多面的に分析した包括的研究。 日本語の「採用」と英語の「リクルートメント」の定義のちがいを手がかりに考察を展開。日本的雇用の特殊性を考慮した「採用のホィールモデル」を構築し、採用の戦略を多面的に分析した包括的研究。 人材の“Buy and Make”の新たな戦略モデル! 未曾有の人材獲得難を突破するには、新たな方法論が必要だ。分断された日本の外部労働市場と内部労働市場を「ホィール」によって結合し、繰り返しの中で採用力を高めていく。 新卒、中途、パート採用からアメリカ企業・フランス企業のタレント獲得までを網羅した総合研究。 ▼「新卒採用」への過度な偏重から脱却し、働き方改革やタレントマネジメントなど新たなパラダイム取り込んだ画期的な採用論。 ▼日本語の「採用」と英語の「リクルートメント」の定義のちがいを手がかりに考察を展開。日本的雇用の特殊性を考慮した「採用のホィールモデル」を構築し、採用の戦略を多面的に分析した包括的研究。 人口減少やデジタライゼ―ションにより、空前の「売り手市場」が発生し、いまや熾烈な人材獲得競争に勝ち抜くことが企業にとっての生命線となっている。今後、採用の戦略は、中途採用、パート採用、ときには海外でのタレント獲得も含めて立案しなければならない。その際、新卒や中途といった採用対象による分類から「攻めの採用」「守りの採用」という採用目的による分類へ、さらには外部労働市場の募集・選考プロセスに限った「小さな採用」論から、企業内部の雇用の仕組みも考慮した「大きな採用」論へと発想を切り替える必要があることを、本書では提示する。 第1章 二つの「戦略」 第2章 人材獲得競争の激化 第3章 日本企業の採用行動 第4章 採用のパターン 第5章 採用の成果 第6章 「採用のホィールモデル」の構築 第7章 「採用のホィールモデル」の検証 第8章 次世代リーダーの獲得――グローバルメーカーA社の変革事例 第9章 新卒・中途・有期雇用の採用はどう異なるのか 第10章 日本・フランス・アメリカ企業のタレント獲得 第11章 採用活動のフィードバックループ――日米企業の比較から 第12章 過去と未来 おわりに 参考文献 事項索引 人名索引

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
63

会社は「仲良しクラブ」でいい

橋本 正徳
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
63

下剋上転職

安井元康
飛鳥新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
63
みんなのレビュー
史上最年少25歳での上場を果たしたリブセンス創業者の村上氏がなぜ起業を志し、どうやってものすごいスピードで事業をスケールさせていったのかが語られた書籍。起業を志す人にぜひ読んで欲しい書籍になっています。村上氏は高校生の頃から起業を志していたそう。しかし、強烈に辛い過去や特別なバックグラウンドがあったわけではなく、きっかけは高校生の頃に人はなぜ生まれてきたのだろうという純粋な疑問を持ったことだったそうです。生まれてきたからには意味のあることをやろう!社会にインパクトを与えることをやろうと決め起業を志すことになるのです。この原体験は社名であるリブセンスにつながっています。リブセンスはそのままLive Senseで生きる意味なのです。彼は大学受験をせずに早稲田大学に入れる早稲田大学高等学院という高校に在籍していたため、高校の頃から起業に集中することができました。仲間を集めて大学1年生の時に起業を果たします。なんと大学1年生ながらビジネスコンテストに出て優勝し1年間のオフィス無料利用の権利を勝ち取るのです。さて、肝心のビジネスはというと、村上氏自体が高校生の頃にアルバイトを探した時に気付いた課題を元に立ち上げたサービス。アルバイトを探す人と求める人をマッチングするプラットフォーム。以前から同じようなプラットフォームはあったのですが、どれも広告を掲載するだけでお金を取るというモデルでした。しかし、そうなると1人も採用できなかったとしても広告費を払わなくてはいけないため、アルバイトを募集するお店側は人が欲しくてもなかなか費用が捻出できずプラットフォームに掲載できていない状況でした。そこで村上氏らが採用したのが、採用が成功した時にはじめて費用が発生する成果報酬型のモデルです。これにより多くの企業がプラットフォームに掲載してくれることになります。アルバイトを探す側は応募情報があればあるほど嬉しいので自ずと彼らのプラットフォームに集まるようになりました。さらに彼らは採用が決まった応募者に対して採用お祝い金という名のもとで数万円のお金を渡す制度を導入したのです。これにより応募者はよりたくさん集まることになりました。このシステムは応募者がより幸せになるビジネスにしたいという気持ちと、採用が成功したかどうかを確実にプラットフォーム側が把握するという目的がありました。彼らのビジネスモデルでは採用が成功してはじめて報酬が発生するので採用成功を把握することが大事なのです。その点応募者側に採用報告のメリットを与えておけば企業側に採用成功をごまかされることがないのです。このような従来のビジネスモデルをぶち壊す革新的なビジネスモデルで事業を大きくしてきた村上氏は資金調達することなく25歳にて見事上場を果たすのです。最年少上場というと華々しいキラキラした生活を想像するかもしれませんが、彼らは起業してからいくら会社が成長しても贅沢をせず、上場しても代表の村上氏は狭いアパートに住んでいたそうです。とにかく社会に価値あるもの届けて生きる意味を見出すために!こんな起業家が増えてくると日本も良くなるかもしれません。リブセンスが上場したのはもう10年以上前の話ですが、今読んでも学ぶことは多いです。ぜひ起業に興味のある方は読んでみて下さい!
No.69
63
みんなのレビュー
超人気のUdemy講師酒井さんの書籍。この書籍さえ一通り読んでおけばPythonは問題ないといっても過言ではないくらい網羅性があって分かりやすい。
No.70
63
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.71
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
63
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.77
63

最高品質の会議術

前田 鎌利
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
63
みんなのレビュー
起業家・起業したい人全員に読んで欲しい起業家のためのバイブル。成功者の光の部分に焦点を当てた書籍は数しれずあるが、逆に闇の部分に焦点を当てているのがこの本。超有名マーケターの神田昌典氏が成功をおさめてから起きた様々な闇の部分について赤裸々に語られている。涙なしには読めないし、この本を読むことで自分にもあてはめて同じ轍を踏まないように意識することができる。
No.83
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
63
みんなのレビュー
起業というとどうしてもリスクを背負って大きな挑戦をするイメージがあるが、そのイメージに疑問をなげかけるのが本書。キャッシュエンジンとは手堅い事業をまず作りそのキャッシュを元手に挑戦をしてスケールしていく経営手法。地味なイメージがあるがインターネットバブル期を代表するサイバーエージェントやライブドアも最初は広告代理店業や受託事業で手堅くキャッシュを稼いでそこから派手な挑戦をするに至っている。つまりこのキャッシュエンジン経営こそ起業を成功させ安定軌道に乗せるのに重要な手法なのだ。起業家必見の書籍。
No.88
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
62

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

ポール・D・ティーガー
主婦の友社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
62

「戦う自分」をつくる13の成功戦略

ジョン・C. マクスウェル
三笠書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search