【2024年】「格言」のおすすめ 本 121選!人気ランキング

この記事では、「格言」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 松下幸之助 成功の金言365
  2. 道をひらく
  3. 人生心得帖 (PHP文庫 ま 5-39)
  4. 幸之助論―「経営の神様」松下幸之助の物語
  5. 改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
  6. 1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書
  7. 実践経営哲学 (PHP文庫 ま 5-40)
  8. 松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
  9. 人生と仕事について知っておいてほしいこと
  10. リーダーになる人に知っておいてほしいこと
他111件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
99
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.3
91
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
87

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
MLMで変なふうに使われているのが謎。普通に良い本なのに
No.7
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
84

松下幸之助夢を育てる

松下 幸之助
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
82

投資で迷ったら読む相場格言400

西野 武彦
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
82
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.20
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
82

株で勝つ!相場格言400

西野 武彦
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

「常に相場にいなければならないと考える者は、決して金儲けできない」「失敗の処理を失敗しない」「始めの大切さは全体の半分を占める」-。先行きが不透明なときこそ役に立つのが、先人たちの知恵に溢れた相場格言。米相場から生まれた日本の格言からウォール街の名言・至言まで400を収録した決定版! 第1部 日本の相場格言(投資家に関する相場格言 投資の心得 相場のタブーと格言 ほか) 第2部 江戸時代の米相場から生まれた相場格言(代表的な格言 『八木虎之巻』に出てくる言葉 『商家秘録』に出てくる言葉 ほか) 第3部 ウォール街の相場格言(投資家に関する格言 投資の心得 相場の本質が分かる格言 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
82

素顔のココ・シャネル

イザベル・フィメイエ
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
82
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
82

ほんとうの心の力

中村 天風
PHP研究所

人生を健康で、楽しく、思い通りに生きるためにはどうしたらいいのか。哲人・中村天風がその秘訣を独特の語り口で説く。 東郷平八郎、松下幸之助、山本五十六など、そうそうたる偉人たちがその感化を受けたと言われる哲人・中村天風。彼の思想の神髄は、こころと身体を一体化させることで強い命をつくり、価値高い人生を生ききるところにある。▼本書はその天風哲学のエッセンスを小話の形式で読みやすくまとめ、さらに実践ですぐ役立てられるよう目的別に章分けして編纂したものである。たとえば、運命をひらくためにはどうすればいいのか。困難に出会ったときにはどう考えればいいのか。また、日々健康で愉快に生きるためにはどんな心構えが必要なのか。さらに、よりよい仕事をするためには何を心がければよいのか。▼「1人でいても、寂しくない人間であれ。そうすればオーラがからだを包み、それに魅かれて多くの友が集う。自然体で生きるとはそういうことだ」と天風は言う。迷った時、悩んだ時、ぜひ本書を紐解いてほしい。天風師が独特の語り口で道を指し示してくれるだろう。 ●運命をひらくために ●困難に出会ったときに ●強い心をもつために ●健康に生きるために ●日々愉快に生きるために ●ともに成長するために ●幸福な人生をおくるために ●よりよい仕事をするために ●真実を見極めるために 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
74
みんなのレビュー
古くから読みつがれる名著です。ただ正直冗長な部分も多いので、全部読みきる意味はあまりないかと思います。この本はナポレオンヒルという人が多くの成功者にインタビューする中で見えてきた成功者に共通する行動様式をまとめたものです。古い本ですが、今でも使える普遍的な内容になっています。正直書籍のタイトルにこの本が言いたいことのエッセンスは詰まっているのですが、目標を決めてそれを強烈に意識することが大事です。そして目標を決めるだけではなくそれを実際にどう実現するかのプロセスを考えて日々のアクションに落とし込んで愚直に実行し続けることが大事なのです。この本では取り上げられていませんが、目標の粒度としては自分がどうなっていたいか?どういう状態でいたいか?という観点で決めるのが望ましいです。例えば、お金をいくら稼げるようになりたい、資産をいくら持っていたいというのも目標になりえますが、お金はあくまで手段です。それよりもそれを達成した先に自分がどういう生活をしていたいか?どうなっていたいか?と考えることが大事。お金を目標にするのもいいですがあまり幸せな未来は待っていないでしょう。それよりも、自分になりたい姿を強烈に想像し、そこにめがけて日々行動することで必ずそれを実現することができるはず。イーロン・マスクのように多くの資産そして世界を救う大きなビジョンを持ちながら、毎日周りからの批判を浴びながら死ぬほど働く人生がいいのか?ある程度の資産を持ち、ある程度稼ぎ、時間と場所にとらわれず自由に働く人生がいいのか?なりたい姿をイメージしましょう!そしてこの本では、浪費と投資と消費の話も取り上げられています。浪費とは無駄なことにお金や時間を使うこと、投資は未来に消費は現在にお金や時間を使うこと。お金だけじゃなくて時間の概念も念頭においておくことが大事です。浪費は極力避け、目標達成するための投資もしくは今を楽しむための消費にお金や時間を使うことが大事。浪費と消費の違いは難しいですが、目的達成のモチベーションを上げるために週末に友達と遊ぶのは消費と考えてよいと思います。暇だからとりあえずパチンコに行ったり、1人でダラダラYoutubeを見るのは浪費です。浪費をしている限り、あなたはいつまで経っても目標を達成することはできません。また、この本ではとりあえず行動に移すことも大事と言っています。なりたい姿が決まったら、それを実際に体現している人に話を聞きに行くなどすぐに行動に移せることはどんどん行動に移しましょう!
No.28
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
74

20歳の自分に教えたいお金のきほん (SB新書)

池上彰+「池上彰のニュースそうだったのか!!」スタッフ
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
74

野菊の墓 浜菊 姪子 守の家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
71

台頭篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
76

ナポレオン、ジャンヌ・ダルク、福澤諭吉、歴史上の偉人たちはいかにして正しい選択をだしたのか?「戦略的直感」の秘密に迫る。 ナポレオン、ジャンヌ・ダルク、福澤諭吉、歴史上の偉人たちはいかにして正しい選択を導きだしたのか?歴史を動かす「戦略」が生まれた過程を追い、10人の優れた実践家たちがひらめかせた「戦略的直感」の秘密に迫る。 ▼歴史上の偉人たちにみる「戦略的直感」。 ナポレオン、ジャンヌ・ダルク、福澤諭吉 ―― 歴史上の偉人たちはいかにして正しい選択を導き出したのか?  現実の場で歴史を動かす「戦略」が生まれた過程を追い、10人の優れた実践家たちがひらめかせた「戦略的直感」の秘密に迫る。 ▼成功する戦略は、いつ、いかにして生まれるのか?! 世界の歴史を変えた10人は、やみくもにリスクの高い挑戦をしたのではない。 また、必ずしも自身で革新を生み出したわけではない。 直観 ―― 本質を見抜く力 ―― を働かせ、歴史の叡智から正しい組み合わせを導き出し、小さな成功を積み重ねて人々の共感を獲得し、大きな成果につなげたのだ。 必要なのは状況を受け入れる平常心と謙虚さであり、世界が課するものに自分の意思を適合させることである。  訳者はしがき 第1章 戦略の探求 第2章 ナポレオン対貴族たち 第3章 ピカソのスタイルの発見 第4章 青天の霹靂 ―― 聖パウロのダマスカスへの道 第5章 ライオン・キングとマリ帝国 第6章 エラ・ベイカーと公民権運動 第7章 アリス・ポールの女性参政権獲得 第8章 パットン将軍 ―― 戦略の再来 第9章 ムハマド・ユヌス ―― バングラディシュのはだしの銀行 第10章 福澤諭吉 ―― 武士の戦略 第11章 ジャンヌ・ダルク、フランスを救う 結 論 歴史からの教訓  参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
71

松下幸之助、スティーブジョブス、ドラッカーなど、名経営者の言葉には、人を育てる力や組織を大きくする意欲が満ち満ちている。 松下幸之助、スティーブジョブス、カーネギー、本田宗一郎、稲盛和夫、ドラッカー、安藤百福など、名経営者の言葉には、人を育てる力や時代を読み解く技術、組織を大きくする意欲が満ち満ちている。革命家の珠玉の名言集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
76

まるで劇を観ているような感覚で楽しめる世界史教養書。フランス革命末期からナポレオンの人生とその時代のヨーロッパの歴史を描く! まるで劇を観ているような感覚で楽しめる世界史教養書の第8弾!今回は前作『フランス革命の激流』の続編です。16世紀後半から17世紀前半のヨーロッパの歴史をナポレオンの人生を通して描きます。フランス革命後、ナポレオンはいかにして頭角を現し、ヨーロッパを席巻するに至ったのか?またいかにして失脚したのか? ナポレオン戦争や第一帝政を当時のヨーロッパの国際情勢を踏まえながら解説します。ナポレオンの激動の人生、そしてヨーロッパの激動の歴史を体感できる一冊です! 第1章 生い立ち  第1幕 コルシカに生まれて  第2幕 大佐に任ず!  第3幕 天国から地獄  第4幕 船頭多くして船山に上る 第2章 将軍時代  第1幕 復活!トゥーロンの英雄  第2幕 常勝将軍の国際デビュー  第3幕 束の間の凱旋帰国  第4幕 危険な賭け  第5幕 鬼の居ぬ間に  第6幕 史上最低のクーデタ 第3章 第一統領時代  第1幕 革命は終わった!  第2幕 余の辞書に不可能の文字なし!  第3幕 血の見せしめを!  第4幕 野心の炎 第4章 皇帝時代(隆盛期)  第1幕 帝位は自らの手によって  第2幕 これは歴史的な快挙である!  第3幕 私は私の義務を果たしたり!  第4幕 天に向かって撃て! 第5章 皇帝時代(絶頂期)  第1幕 絶頂の歓び  第2幕 陸を以て海を制す!  第3幕 カリスマの抱擁  第4幕 破滅の跫音 第6章 皇帝時代(没落期)  第1幕 底なし沼へ  第2幕 不敗神話の崩壊  第3幕 灼熱地獄の行軍  第4幕 「冬将軍」襲来!  第5幕 兵強ければ即ち亡ぶ  第6幕 余はここにいるぞ!  最終幕 絶海の孤島へ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
71
みんなのレビュー
目先の利益に飛びついて長期的な視点を持たないことのリスクを分かりやすい物語とともに知れる名著。人生に対する考え方が変わる。若い人に読んで欲しい。
No.43
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
71
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.48
71

人生問答 (上) (聖教文庫 195)

松下 幸之助
聖教新聞社出版局
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
76

フランス革命とナポレオン

専修大学人文科学研究所
未来社

フランス革命史料で世界的に有名なベルンシュタイン文庫を擁する専修大学人文科学研究所の30周年記念論文集。史料を活用した研究成果とサン=ドマング関係史料を原典復刻。 人文科学科学研究所開設30周年記念論文集によせて 専修大学前学長 望月清司 『フランス革命とナポレオン』出版にあたって 専修大学人文科学研究所所長 畑有三 はしがき  専修大学フランス革命資料研究センター長 近江吉明 1 革命前フランスにおける地方行政と王政改革  林田伸一   はじめに  I 革命前フランスの地方行政   1.国王の地方行政機構の発展    (1)国王の主権的支配領域の拡大と行政機構の形成    (2)中央集権国家の形成と地方長官   2.地方、都市、農村共同体    (1)「地方」    (2)都市    (3)農村共同体   3.絶対王政の行き詰まり  II 地方行政の改革   1.ラヴェルディの改革   2.「地方議会」の創設   むすびにかえて――革命と新しい中央集権化―― 2 フランス革命期の軍事裁判  佐々木真   はじめに  I 革命期の諸立法    1.アンシャン・レジーム    2.革命期  II 法制化における議論と法律内容の変化    1.裁判の迅速性    2.将軍や上官の権限    3.規律の維持  III裁判の実態    むすびにかえて――軍隊と戦争の問題―― 3 フランス革命下のリヨンの反乱――その経緯につい  1.文献と史料について    2.国王弑逆者のその後の運命の区分    3.総括    エピローグ 5 ナポレオンとフランス革命  本池立   はじめに  I 王政批判者ナポレオン  II コルシカの革命とナポレオン  III 共和派ナポレオン  IV ジャコバン派ナポレオン  V 共和国軍司令官ナポレオン   おわりに――ナポレオンと人民 6 サン=ドマング(ハイチ)とナポレオン  浜忠雄   はじめに  I 黒人奴隷制廃止決議から「テルミドール反動」へ  II ナポレオンと黒人奴隷制  III ハイチ独立の余波  IV ナポレオンの「述懐」の真相   おわりに 7 フランス革命とイギリス議会  堀江洋文   はじめに  I 軍事費概算に関する審議  II 1790年議会:審査律廃止動議及び議会改革動議を巡る審議  III イギリス外交と議会  IV 1792年議会と中間派の消滅  V 対仏軍事同盟と議会   おわりに 8 フランスにおける革命期・ナポレオン期教育の実態  近江吉明   はじめに  I 1960年代までの状況  II 1968年直後から革命200周年までの動き  III 1989年以降の状況   おわりに 《史料》革命・ナポレオン期のサン=ドマング 編集 伊吹克己

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
76

ナポレオン秘史―マレンゴの戦勝

アントニーノ ロンコ
而立書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
71

宇多田ヒカルの言葉

宇多田 ヒカル
エムオン・エンタテインメント
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
76

ナポレオン大いに語る

フリードリッヒ・ジーブルク
PHP研究所

皇帝ナポレオンの"人間性"が、鮮やかに浮かび上がる生々しい対話録。 1 出世街道(1796/6 フィレンツェの使節ミオト・デ・メリト伯との対話 1797 詩人アルノーとの対話 ほか) 2 勝利の日(1800/12/23 政府諸部門代表との対話 1800/12 警務相フーシェとの対話 ほか) 3 ナポレオン絶頂に立つ(1805 コモー・ド・シァリー男爵との対話 1805 内相シャプタルとの対話 ほか) 4 下降の時(1812/6/20 州知事テオドール・フォン・シェーンとの対話 1812/11 ダリューおよびデュロックとの対話 ほか) 5 終焉(1814/11/19 イギリスの議員ヴァーノンらとの対話 1814/12/4 ネイル・キャンベル卿との対話 ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
70

ああ正負の法則

美輪 明宏
PARCO出版

この地球には、"世にも恐ろしい法則"があります。この本は、その"法則"を理解し、"生活"に取り入れて、上手に生きていくための"人生のカンニングペーパー"です。 第1章 自分自身の"正"と"負"を知る(あなた自身の"正"と"負" "正"と"負"は必ずある ほか) 第2章 私の"正負の法則"(戦前の生活 人生の裏街道を見ながら ほか) 第3章 "正負の法則"を生活に活かす(商売上のこと 食生活は人間の基本 ほか) 第4章 すべてを手に入れてしまったら(金ピカの刑務所 王たちには自由がない ほか) 第5章 登りつめたら下るだけ(栄枯盛衰は世の常、盛者必衰の理あり ジュリアス・シーザーの頃から ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
76

ナポレオンはフランス革命の継承者だったのか、それとも破壊者だったのか。大帝国の名のもとに行われた彼の支配は、ヨーロッパのそれぞれの地域に何を遺産として残したのか。ナポレオンが目指し、成し遂げ、断念したものは、彼が築き上げた帝国の実態にこそ表れている。近年目覚ましい展開を見せる新たなナポレオン研究の成果を見渡し、行政組織、法制度、軍事、経済、教会と国家、帝国エリートの編成、従属国支配など、主要なテーマに沿って、ナポレオン体制の現実を総合的に解説した得がたい一冊。 第1章 序論-歴史書のなかのナポレオン 第2章 受け継いだ遺産 第3章 文官組織-ナポレオン国家の非軍事基盤 第4章 「大帝国」と「大陸軍」 第5章 帝国エリートの編成と贈与 第6章 帝国の経済 第7章 遺産

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
69

プーさんの鼻

俵 万智
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
76

フランス革命からナポレオン第一帝政にかけての時代は、今われわれが暮らしている現代社会の出発点にあたる。世界の覇者として大胆に近代史を塗り替えたナポレオンは、『ナポレオン法典』によって今日の男社会の根幹を築くことにもなった。しかし、天才的軍人、鉄の意志を持つ男というイメージが強いナポレオンだが、意外と女性に影響されやすい面があり、その運命は女性との関わりによって大きく左右されたのであった。日本の民法にまで影響を及ぼしている『ナポレオン法典』を一つの軸に据えて、現代男性の原点を探りつつ、人間ナポレオンの知られざる側面に新しい光をあてる。 英雄ナポレオン 第1部 今日の男社会の根幹を築いたのはナポレオンである(ナポレオンとフランス革命 フランス革命期の女性たち 人間は自由にして平等、しかし女性は別) 第2部 ナポレオンの運命は女性たちによって大きく左右された(母レティツィアと社交界の女たち 勝利の女神、ジョゼフィーヌ ハプスブルク家の姫君、マリー‐ルイーズ) ナポレオンとわれわれ現代人

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
76

ナポレオン・ボナパルトは永遠の英雄であり、波瀾に満ちた生と死は多くの謎に包まれている。その中でも最大のものとされていた死因については、砒素による毒殺説が定着し詳細な経緯も明らかにされつつあるが、最近、パリに埋葬されている遺体が、実は密かにすり替えられた別人のものではないかとの疑惑が、研究家の間で囁かれ始めた。真実はどこに?そして依然として残る多くの謎の解明は。 1 ナポレオンの活躍と功罪 2 東方への夢を阻んだイギリス人 3 ロシア戦役とエルバ島 4 ワーテルローの戦いとセントヘレナ島 5 セントヘレナ島異聞 6 ナポレオン毒殺のミステリー 7 遺体すり替えのミステリー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
69

[オーディオブックCD] 格言で学ぶ相場の哲学

鏑木繁
でじじ発行/パンローリング発売
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
76

ナポレオンの戦役

ローラン ジョフラン
中央公論新社

傑出した軍人ボナパルトの知謀と素顔、若き皇帝を取り巻く将軍たちの息づかい、戦場の兵士の悲惨な現実…。革命と帝政の時代の戦闘を、そこに生きた者の目線で臨場感たっぷりに再現。フランスの政治・外交事情、超越的機動力を誇った大陸軍の戦術を、史実と洞察の絶妙なバランスをもって読み解き、戦場の太鼓の響きや砲声までもを生き生きと伝える痛快な戦史。 第1章 鷲の一飛び-ロディ橋の戦い 一七九六年 第2章 六十分で征服-ピラミッドの戦い 一七九八年 第3章 午後に起きた奇跡-マレンゴの戦い 一八〇〇年 第4章 戦略の傑作-ワルム、アウステルリッツの戦い 一八〇五年 第5章 鉄元帥ダヴ-アウエルステッドの戦い 一八〇六年 第6章 雪を彩る鮮血-アイラウの戦い 一八〇七年 第7章 大砲の勝利-ワグラムの戦い 一八〇九年 第8章 鍵を握った数分-ワーテルローの戦い 一八一五年

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
69

彼女のゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトか… 孤児院から人生をはじめ、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にした偉大なファッションデザイナー、ココ・シャネル。  彼女のゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚… 「シャネル哲学を、つねに自分の中心に置く必要はない、と私は思う。  ただ、心の、頭の、体の片隅の小さなジュエリーケースにそっとしまっておくと、思いがけないシーンで、それが鮮やかにあらわれることがある。それは、そのときどきで、勇気、叱咤、決断、激励、自己肯定といったさまざまな色彩をもつ。そして、いつだってなんらかのきっかけ、そう、一歩を踏み出す力を与えてくれる。」 (序章より)  ガブリエル・シャネル。  ココという愛称で知られるシャネル社の創業者であり、偉大なるファッション・デザイナー。  孤児院から人生を始め、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にしたシャネルは、驚嘆するほどのヴァイタイティで八十七歳まで生き抜きました。  「私はモードではなくスタイルを作り出したのです」とシャネルは言いました。  シャネルの人生を貫くキーワードとしては「ウエディングドレスを拒んだこと」、「怒り」「復讐」「自由」などいくつかあるけれど、もっとも重要なものとして「嫌悪」があります。  シャネルのクリエイションの根本にあるものは嫌悪の精神。  「嫌い」という心の叫びに忠実に生きることで、シャネルは世界的規模の「特別な人」に、時代を超越する「かけがえのない人」になったのです。   「ファッション革命」だけではなく「女の生き方革命」をも成しとげたシャネル。  ゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出した「ココ・シャネルという生き方」(2009年刊行)の再生版。  出版以降に明らかになった「新事実」を加え、新たな装いで美しく蘇りました。    人を嫌うのはいけないと思っている人、怒ることはマイナスだと思っている人、同性の友達が少ない人、経済的な自立を願う人、自分のために生きることが難しい人、そして、いったい自分はどんな人間でありたいか、そんなことを真剣に考えているすべての人に贈る、熱くてスパイシーな一冊。 序章:生き方をのものが、シャネル哲学 1.自分が何者なのか決意しなさい 2.自分の実力は自分で決めなさい 3.女の才能を伸ばす男を選びなさい 4.髪を切りなさい 5. 女友達と喧嘩しなさい 6. 香水をつけなさい 7. お金を使いながら裕福になりなさい 8.真似されたら喜びなさい 9.ノンと言いなさい 10.官能に従いなさい 11.沈黙して時を待ちなさい 12.退屈より大失敗を選びなさい 13.嫌悪の精神を持ちなさい 14.愛されなさい 終章 かけがえのない人間であるために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
68

キスなんてだいきらい

トミー ウンゲラー
文化出版局
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
68
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.89
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
68
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.94
68

続・道をひらく

松下 幸之助
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
68

完全版 CHANEL BOOK

エマ・バクスター‐ライト
さくら舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
68
みんなのレビュー
本多静六氏の書籍を読んで実践することでどんな人でもそれなりの富を築くことができるはず。誘惑に負けず愚直に貯めて投資をしよう。本多静六氏の書籍はどれも良作であり長年経っても決して色あせない重要なエッセンスが詰まっている。
No.98
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
68

ココとリトル・ブラック・ドレス

アンネマリー・ファン・ハーリンゲン
文化出版局
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
68

近現代フランス史の大家が、ナポレオンの台頭から没落までをエピソード豊かに描き、後世にもたらされた「遺産」を検証する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
68

[新装版]思うまま

松下 幸之助
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
68

ナポレオン愛の書簡集

草場 安子
大修館書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
67

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.112
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
67
みんなのレビュー
お金の成り立ちからはじまり、昨今のブロックチェーン周りの話まで学べる。これからの時代の価値観をアップデートしてどう生きていくべきか考えていく指針になる良書。著者は天才起業家の佐藤航陽氏。メタップスを創業し現在は3DCGと宇宙を絡めた事業をやっている。最先端のテクノロジーに明るくて巨額の富を得てもなお自分の興味に駆動されて自分自身で手を動かしながら最新のテクノロジーを触っている姿は脱帽モノ。
No.116
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
67
みんなのレビュー
この書籍はお金の縛りから解き放たれて人生を謳歌したい人のために書かれたもので、全世界でベストセラーになった名著です。あなたは、お金の本質的な価値はどこにあると思いますか?この本ではお金の価値は、贅沢な暮らしができることではなく、「自分の時間をコントロールし自由になれること」と定義されています。どうしても多くの人が、お金を手に入れると高級タワマンに引っ越したり高級外車を買ったりしてしまいますが、お金を無駄にそのようなものに使ってしまうと本質的な自由を手に入れることができません。実は、人の幸福度は自分で人生をコントールしている感覚から生まれると言います。いくらお金を手に入れていい暮らしを手に入れても、日々上司から言われた仕事に疲弊しながら汗水かいて働いていては本当の意味での幸福は手に入れることはできません。この本では2人の正反対の人生を送った男たちを対比しながら話を進めていきます。1人は高卒でガソリンスタンドや百貨店の清掃員として働きながらも日々堅実に投資し続けたことにより最終的に800万ドルもの資産を築いた男。かたや、ハーバード大学を卒業し外資金融の役員に若くして出世し資産家になったものの、2008年のリーマンショックの影響で多額の負債を抱えて破産に追い込まれた男。一見前者の男のほうが貧しい暮らしをしているように見えますが、最終的な結果は全く違います。彼は、いつでも仕事を辞められるほどの資産を築き、自分で人生をコントロールしている実感を得ていました。後者は虚栄心を満たしたいがために借金をして大豪邸をたてて破滅してしまいました。いくら高級取りで社会的ステータスが高くても、金銭的自由がなく仕事をしないといけない状態に追い込まれていると幸福感を得ることはできません。お金のために働くという状況を抜け出してこそ、自分で選び取ることのできる自由な人生が待っているのです。そのためには派手な浪費はせずにコツコツと堅実に投資するのが大事。そんな幸福な人生を掴み取るために必要なメソッドが学べるのがこの書籍。ぜひ興味のある方は読んでみて下さい。
No.121
67

華麗なるナポレオン軍の軍服

リュシアン・ルスロ
マール社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search