についてお探し中...

【2024年】「うつ」のおすすめ 本 99選!人気ランキング

この記事では、「うつ」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
  2. ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
  3. 運転者
  4. うつ病の人に言っていいこと・いけないこと (健康ライブラリー イラスト版)
  5. マンガでわかる!うつの人が見ている世界
  6. 人生がラクになる 脳の練習 (日経ビジネス人文庫)
  7. 眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話: 自律神経のギモンを専門医がすべて解説!
  8. その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫 ほ 5-3)
  9. マインドフルネスストレス低減法
  10. ~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門
他89件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
100

仕事のストレスでうつ病にかかったツレは、明るい前向きな人間から、暗いがんばれない人間になった。でも、三年間の闘病生活を妻とともに乗り越え、回復したのだ。ツレの性格は以前と違うし、あきらめたこともたくさんあるけれど、ふたりは少しずつ変化を受け入れていく-。うつ病後の日々を描く大ベストセラーの純愛コミックエッセイ第二弾。 1 「ツレうつ」を、出してみて。(ツレがうつになって 本を書く ほか) 2 うつになって、わかったこと。(会社をやめるのはいけないこと? 薬代が安くなる? ほか) 3 うつになって、あきらめたこと。(できないことは無理しない あきらめたこと(1)旅行 ほか) 4 こんなとき、どうする?(ウチ流 こんなときはこうしてた ついついやってしまいがちだがキケンなパターン ほか) 5 一歩一歩、前に進んで。(電話に出られるようになった 薬の量がへった ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
100

瞑想などの東洋の伝統を現代科学に融合し、人間のに迫る。現在に意識を集め、自らを受容する。 瞑想を通し感覚・感情を生み出す作用を意識する。過去や未来にとらわれず,「今」という瞬間に注意を傾ける。東洋の伝統に現代科学を融合し人間の持つ包括的な全体性に着目。自らを意識し受容することで自身を守る具体的方法。 認知行動療法の第3の波,マインドフルネス認知療法の源泉となるカバットジンの名手引書の復刊。呼吸への注意,静座瞑想,ボディースキャン,ヨーガ,歩行瞑想を体系的に組み合わせ,“禅思想”に通じた体験を得るためのエクササイズを一般人にわかりやすく紹介。著者の大学メディカルセンターで4000症例をもとに科学的に一般化。 はしがき(ティック・ナート・ハーン) 復刊に寄せての訳者の言葉 すいせんの言葉 日本の読者の皆さんへ プロローグ 第Ⅰ部 「マインドフルネス瞑想法」の実践 1章 “今”という瞬間を,意識的に生きる 2章 「マインドフルネス瞑想法」へのとり組み 3章 呼吸のもつ癒しの力――呼吸法 4章 自分の存在を感じ取る――静座瞑想法 5章 自分の体を感じとる――ボディー・スキャン 6章 心と体をリラックスさせる――ヨーガ瞑想法 7章 日常生活の中で,自分をとり戻す――歩行瞑想法 8章 プログラムをどう組みたてるか    ――「マインドフルネス瞑想法」8週間プログラム 第Ⅱ部 瞑想によるストレス対処法 9章 体の声に耳を傾ける 10章 痛みを心でコントロールする 11章 時間の束縛からの解放――時間ストレス 12章 相手との関係を改善する――対人ストレス 13章 仕事をみずからのものにする――仕事ストレス 第Ⅲ部 健康と癒しの新しいパラダイム 14章 “全体性”の体験と癒し 15章 “癒し”ということ 16章 心のもつ癒しの力    ――健康と病気に対する新しい視点 17章 心のもち方と健康    ――思考・感情・性格が体におよぼす影響 18章 “結びつき”と自己治癒力 エピローグ 〔付録〕生活の体験カレンダー 参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
88

27歳・会社員ひなたが再発率ゼロの心療内科の先生に聞いた「うつの正体や薬に頼らず治す方法」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
88

傷を愛せるか

宮地 尚子
大月書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
83
みんなのレビュー
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
KokUHAKU
No.23
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
81

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

スティーヴ・ハミルトン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
81

老子の教え あるがままに生きる

安冨 歩
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
80
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.35
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
80

うろたえないよう知っておくべき心療の要点 WHO(世界保健機関)の推計では、世界の人口の約5%がうつに罹患しており、日本でも実際には600万人の患者さんがいると考えられています。 十代の学生からシニア層まで罹患者の幅も広がりを見せています。 新型うつも急増し、もはやどんな職場にも、うつ病患者、あるいはうつ病予備軍が必ず一人はいるような時代に突入しています。 2015年12月、従業員50名以上の企業には厚生労働省によってストレスチェックが義務づけられ、関心が高まってきました。 些細なことがきっかけでやる気をなくしてしまう。あるいは恒常的なストレス過多で心が折れてしまう。 しかし、周囲の家族や同僚など、身近な人でもそうした変化に気付きにくいものなのです。 あなたのご主人は大丈夫? あなたの親やお子さんは? 家族や友人が、ある日突然会社や学校を休み始めたら? 大切な人がうつかもしれないと感じられたら、どう対処すればよいのでしょうか。 本書では、そんな現実に直面されたみなさんのストレスを軽減できるようアドバイスをします。 【編集担当からのおすすめ情報】 厚労省のストレスチェックも全問掲載。いざというときに駆け込める、信頼できる病院も紹介。 職場の同僚や部下、家庭の配偶者や子供、高齢の親など、身近な人が知らないうちに陥っている精神的閉塞感をチェックし、解決法を提示。見逃してはいけないサインとは? 厚生労働省のストレスチェックも全問掲載。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
79

夢色の海

鍵井 靖章
パイインターナショナル
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
78

道は開ける 新装版

カーネギー, デール
創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
76

マインドフルネス 心を浄化する瞑想入門

エド・ハリウェル
KADOKAWA/角川書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
76

「今、ここ」に意識を集中する練習

ジャン・チョーズン・ベイズ
日本実業出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
76

「幸福になりたい」と願う心があなたを幸福から遠ざける。欧米で人気の「マインドフルネス」で、自分の身体や気持ちの状態に気づ…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
76

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

スティーヴン・マーフィ重松
講談社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
76

おはようからおやすみまで、毎日のルーティンの中で楽しくできる!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
76

マインドフルネスマンダラ

ティディ・ローワン
ガイアブックス

マンダラに色をぬることで、心と身体と魂をリラックスさせ、ストレスを発散し、あなた自身に秘められた創造性をさぐることができる。 33の色鮮やかなマンダラとそのぬりえが収められている。さらに気づきをもたらす名言やマインドフルネスの実践テクニックがマンダラに添えられている。マインドフルネスを日々実践することで、心と魂をリラックスさせよう。 マンダラは古来、瞑想に用いられてきた図形で、同心円や左右対称の形が、疲れた心をいやし、見る人の心に深く根ざす想像力や表現力を解き放つはたらきをしている。 本書は、33の色鮮やかなマンダラとそのぬりえが収められている。さらに気づきをもたらす名言やマインドフルネスの実践テクニックがマンダラに添えられていて、心身をリラックスして、心おだやかにマンダラに色をぬりながら、「いま、ここ」に完全に意識を集中できるようになる。 はじめに マインドフルネスとはなにか 魂の平和/夜明け/蝶の舞/天の光/月の女神/銅の円/開拓者/魂に実るもの/海の虹/インディアンカラー/チベットの太陽/シャルトル大聖堂のホログラム/海のなかの太陽/自然の台所/黒い王冠/古代の未来/狼を駆りたてる力/スリヤントラ/赤蛇の夢/蓮の眼/永遠の命ある炎/インドの花/燃えさかる愛/羽根マンダラ/虹のアナンダ/アフリカの黒い花/迷路のなかの男/丸い虹/手ばなす/チャクラの車輪/高鳴るハート/魂の幸福/内なる平和 本書の名言を残した人物 著者プロフィール

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
76

パートナーとの関係改善に役立つマインドフルな心理療法ACTを学ぼう。あなたに必要なのは自分の心の動きに対処する方法だ。 パートナーとの関係を改善するためにマインドフルな心理療法ACTを学ぼう。あなたに必要なのは、自分の心の動きを理解しその対処方法を身に付けることだ。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search