【2023年】「名作」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「名作」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
  2. 阪急電車 (幻冬舎文庫)
  3. 星の王子さま (新潮文庫)
  4. カラフル (文春文庫)
  5. 火車 (新潮文庫)
  6. 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  7. コンビニ人間 (文春文庫)
  8. きらきらひかる (新潮文庫)
  9. センセイの鞄 (文春文庫)
  10. 精霊の守り人 (新潮文庫)
他90件
No.3
92
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.4
90
みんなのレビュー
怒涛の展開が…という小説ではないですが、生きる意味について考えさせられます。すこし思想が強い気もしますが、私にはそのくらいがちょうどいいです。初見で読みましたがとても印象に残りました。
None
No.13
77

ひこうき雲 朝日のあたる家 潮騒 ヒア・カムズ・ザ・サン その日のまえに その日 その日のあとで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
77

双子の星.よだかの星.カイロ団長.黄いろのトマト.ひのきとひなげし.シグナルとシグナレス.マリヴロンと少女.オツベルと象.猫の事務所.北守将軍と三人兄弟の医者.銀河鉄道の夜.セロ弾きのゴーシュ.饑餓陣営.ビジテリアン大祭. 年譜:p351~357

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
76
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.18
75
みんなのレビュー
なんらかの理由で不登校になってしまった子達が集まり助け合うストーリーです。最後の真実がわかった時はひゃぁぁぁっとなりました。
No.19
75
みんなのレビュー
正直の感想、つまんなかったし、面白いとか思いませんでした。すみません。
好きかも
No.23
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
70

あいあい傘 ねじれの位置 ふらふら ぐりこ にゃんこの目 別れの曲 千羽鶴 かげふみ 花いちもんめ きみの友だち

みんなのレビュー
主人公が変わる(人)本は嫌いですがこの本は面白かったです。一番好きなのが千羽鶴です
まつばつえ!?
No.30
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
67

死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして――自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか――? 「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。 38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。 僕らは、友達になれるだろうか? 死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして――自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか――?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。 流星ワゴン 文庫版のためのあとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
67
みんなのレビュー
星新一の大好きなショートショートシリーズ。小さい頃に読み漁ったなぁ・・・
No.39
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
67

重松清のすべてがここにある。渾身の長編小説 平凡だけど、幸せな日々だった。これからもずっと幸せでいられると信じていた。 丘の上の遊園地は、俺たちの夢だった――。肺の悪性腫瘍を告知された39歳の秋、俊介は2度と帰らないと決めていたふるさとへ向かう。そこには、かつて傷つけてしまった友がいる。初恋の人がいる。「王」と呼ばれた祖父がいる。満天の星がまたたくカシオペアの丘で、再会と贖罪(しょくざい)の物語が、静かに始まる。 序 章 第一章 真由ちゃん 第二章 俊介 第三章 美智子 第四章 北都観音 第五章 雄司 第六章 札幌 第七章 メリーゴーラウンド 第八章 川原さん 第九章 哲生 第十章 再会

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
66
みんなのレビュー
「池井戸潤」の半沢直樹シリーズ。大ヒットしたドラマの原作であり本も非常に面白い。物語としても面白いながら、普通に銀行ビジネスや大組織での立ち回りなど勉強になる部分も多い。
No.42
66

時をかける少女 悪夢の真相 果てしなき多元宇宙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
66
みんなのレビュー
東野圭吾の書籍はそれほど読まないのだが、これはふと読んでみて感動した一冊。東野圭吾はサスペンス系のイメージがあったがこの書籍でイメージが変わった!
No.50
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
66

死神の精度 死神と藤田 吹雪に死神 恋愛で死神 旅路を死神 死神対老女

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
66

曼珠沙華 凶宅 邪恋 魔鏡 家鳴り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
66

永遠に完成しない二通の手紙 裏切らないこと 私たちがしたこと 夜にあふれるもの 骨片 ペーパークラフト 森を歩く 優雅な生活 春太の毎日 冬の一等星 永遠につづく手紙の最初の一文 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
66

塩の街 (角川文庫)

有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)

塩の街 塩の街、その後

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
66
みんなのレビュー
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
KokUHAKU
No.59
66
みんなのレビュー
実際にはこんな高校生はいないだろうとは思いつつ、殺人・密室のイメージのある「ミステリ」を青春の日常に落とし込めるのはすごいし、面白い
No.60
66

夜市 風の古道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
66

見知らぬあなた ささやく鏡 茉莉花 時を重ねて ハーフ・アンド・ハーフ 双頭の影 家に着くまで 夢の中へ… 穴二つ 遠い窓 生まれ変わり よもつひらさか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
65
みんなのレビュー
学生の頃読んで衝撃を受けた書籍。退屈な日々で何か自分を変えたいと思っている若者には是非読んで本書の課題をぜひ実行して欲しい。読むだけでモチベーションを上げて終わってしまってはだめ。
No.65
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
65

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく この美しい世界で、いつまでも君と生きていく

みんなのレビュー
None
No.70
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
65

龍は眠る (新潮文庫)

みゆき, 宮部
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
62

身内に不幸がありまして 北の館の罪人 山荘秘聞 玉野五十鈴の誉れ 儚い羊たちの晩餐 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
60

その青年は、神か悪魔か? 無垢な祈りは世界を覆う呪いになる――。 病院に忽然と現われ、子どもたちの願いを叶える謎めいた黒服の青年。難病も嘘のように完治するが、子どもたちの態度が豹変し異様な言動をするという。心霊案件を扱う佐々木事務所に相次いで同様の相談が舞い込んだ。原因を探るるみは、土地にまつわる月と観音信仰が鍵だと掴むが、怪異は治まらない。孤独な闘いの中、彼女はある恐ろしい疑惑に捕らわれる――願いは代償を要求し、祈りは呪いに変貌する。底なしの悪夢に引きずりこむ民俗学カルトホラー! 子どもの前にだけ現われ、その願いを叶えて回る神様。だが、その後子どもたちは意味不明の言葉で祈り、おかしくなるという――。青山が不在の佐々木事務所に依頼が持ち込まれ、るみは調査に乗り出すが……。 第一章 晦 第二章 三日月 第三章 半月 第四章 十三夜 第五章 待宵 終章 満月

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
60

とんび (角川文庫)

重松 清
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
60

図書館戦争

有川 浩
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
60

青い鳥

重松 清
新潮社

村内先生は中学の臨時講師。言葉がつっかえて、うまくしゃべれない。でも、先生は、授業よりもたいせつなことを教えてくれる。いじめ、自殺、学級崩壊、児童虐待…すべての孤独な魂にそっと寄り添う感動作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
59

野菊の墓 (新潮文庫)

左千夫, 伊藤
新潮社

野菊の墓 浜菊 姪子 守の家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
59

理由 (新潮文庫)

宮部 みゆき
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
59
みんなのレビュー
小学生の頃に読んでめちゃくちゃおもしろかった記憶がある。ワクワクが止まらない。
No.96
59

放火殺人で死刑を宣告された田中幸乃。彼女が抱え続けた、あまりにも哀しい真実――極限の孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。 田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪により、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人など彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がるマスコミ報道の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士は再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
59

おきなぐさ.双子の星.貝の火.よだかの星.四又の百合.ひかりの素足.十力の金剛石.銀河鉄道の夜. 年譜:p251~264

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search