【2024年】「関ヶ原」のおすすめ 本 132選!人気ランキング

この記事では、「関ヶ原」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 関ケ原(上) (新潮文庫)
  2. 燃えよ剣(上) (新潮文庫)
  3. 新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) (文春文庫 し 1-67)
  4. 国盗り物語(一) (新潮文庫)
  5. のぼうの城 上 (小学館文庫)
  6. 真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)
  7. 新選組血風録 新装版 (角川文庫 し 3-1)
  8. 塞王の楯
  9. 風林火山 (新潮文庫)
  10. 宮本武蔵(一) (新潮文庫)
他122件
No.2
84
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.3
77
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.21
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
64

… 石田三成は単なる「忠義」の臣だったのか? 戦国の構造改革を成し、家康と戦った真の理由とは? 新出文書や大谷吉継、直江兼続ら盟友との関係にも触れつつ、新たな三成像に迫る野心作。 知将「石田三成」は、豊臣政権の転覆を図る徳川家康に、敢然と立ち向かった「忠義」の臣として、多くの人に受け入れられている。しかし、三成の評価は、単なる「忠義」の臣でよいのか?  三成は秀吉のもと、戦国時代後の理想国家を夢みて、太閤検地や兵農分離などの政策を行っていた。それは、社会に浸透したさまざまな既得権を奪うもので、まさしく戦国の構造改革であった。三成は、この改革を断固実現した政治家としてこそ、正当に評価されるべきである。彼は「私恩」のために家康と戦ったのではない、家康と目指す国家が違うために立ち上がったのである。この本では、大谷吉継や直江兼続ら盟友との関係にも触れつつ、新出文書も踏まえながら新たな三成像を提示する野心作。 はじめに 一 三成の誕生と出仕     石田三成の人物像/三成の出生地と祖先/三成と秀吉との出会い/父と兄─正継と正澄─ 二 秀吉の家臣として     賤ヶ岳合戦前後の三成/奉行としての三成/薩摩島津氏と三成/博多復興と筑前代官 三 天下人秀吉と三成     小田原北条氏攻めと三成/常陸佐竹氏と三成/奥羽仕置と三成/朝鮮出兵と三成 四 佐和山城主 石田三成     佐和山城主時代の三成文書/三成が佐和山領に出した村掟/佐和山城の城と城下町 五 西軍の関ヶ原     信濃真田氏と三成/直江兼続と石田三成/西軍の関ヶ原/石田三成の捕縛/佐和山城の戦い おわりに─三成の改革が目指した社会と精神─  古文書釈文集

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
64

天下大乱

伊東 潤
朝日新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
59

風雲篇

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
59

NHK 8K 国宝へようこそ 洛中洛外図屛風

NHK「国宝へようこそ」制作班
NHK出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
58

燃えよ剣

司馬 遼太郎
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
58

石田三成伝

中野 等
吉川弘文館
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
58

大義の末 軍艦旗はためく丘に

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
64

酔って候 きつね馬 伊達の黒船 肥前の妖怪

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
58

本書を読んでも天下は取れません。 でも、人生をカッコよく生きるヒントは見つかるかも。 小説、マンガ、映画にゲーム……戦国時代に活躍した武将たちは500年経った今でも私たちを魅了してくれます。それは、戦国武将がカッコいいから。見た目・容姿ではなく、生き方・考え方がカッコよく、魅力的なので現代の大人も子どもも惹かれ続けるのです。 本書では、そんな戦国武将のカッコいい逸話を30話揃えました。 「何度、失敗してもあきらめなかった戦国武将」 「気づかいを評価され出世した戦国武将」 「どうやって謝れば許してもらえるか考えぬいた戦国武将」……などなど どの逸話も今を生きる私たちに「気づき」を与えてくれるはず。 本書を読んでも天下は取れませんが、 人生をほんのちょっとカッコよく生きるヒントが見つかるかもしれません。 暗記なんて必要なし! 好きなったら一生、忘れない。 年号や出来事の暗記は歴史の勉強を嫌いにさせる元凶。本書では、人物にスポットを当てて、面白い逸話をショートストーリーとしてまとめましたので、どこから読んでも楽しめて、自然と人物や用語、出来事が覚えられます。カッコいいイラストともに戦国武将を好きになれば、忘れる事はありません。1話3分程度で読めますので朝読にも最適です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
58

上司に反対意見を述べた忍城攻め、真田家との密な交友、長期戦を狙って関ヶ原の合戦など、石田三成の書状からその生き方に迫る。 上司に反対意見を述べた忍城攻め、情報戦を制した賤ヶ岳の合戦、真田家との密な交友、趣味の鷹狩り、長期戦を画策していた関ヶ原の合戦など、石田三成本人の書状からその生き方に迫る、戦国の人生読本。 上司に反対意見を述べた忍城攻め、情報戦を制した賤ヶ岳の合戦、真田家との密な交友、趣味の鷹狩り、長期戦を画策していた関ヶ原の合戦など、石田三成本人の書状からその生き方に迫る、戦国の人生読本。  一章【仕官】最古の記名書状―賤ヶ岳合戦  二章【邂逅】若き日の直江兼続との出会い  三章【葛藤】忍城水攻めで上司に反対意見  四章【苦悩】朝鮮の役後を予見した連署状  五章【理想】加増辞退、佐和山に留まる旨  六章【治世】公正さを求めて―領民宛掟書  七章【趣味】鷹狩マニアとして―中納言宛  八章【交友】立場を越えて―真田信幸宛  九章【決別】家康弾劾―内府ちがひの条々  十章【死闘】三成決起―直後の真田昌幸宛 十一章【危機】岐阜城陥落、大垣から関ヶ原へ 十二章【最期】辞世「残紅葉」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
64

曼珠沙華 凶宅 邪恋 魔鏡 家鳴り

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
58

五宝の矛 啄木鳥 捨て身の思慕 凡夫の瞳 影武者対影武者 甘粕の退き口 うつけの影

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
58

ザビエルの来日と初期の布教活動

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
58

大好きだった兄の長太郎を亡くし たお瑛も、今は成次郎と夫婦にな り幸せに暮らしていた。そんな時、 圭太という男が現れる。料理茶屋 『柚木』の新しい奉公人だ。何く れとなくお瑛を助けてくれた女将 のお加津は、優しくて手際のよい 圭太を褒めちぎる。でも、何かお かしい……お瑛の胸はざわついた。 お加津さんは何を考えているの? お瑛は猪牙舟を大川に漕ぎだして いく。好評「みとや」シリーズ!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
64

ふぐと福笑い 双六神隠し だんまり用心棒 冥土の花嫁

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
58

宗麟の改宗と島津侵攻

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.103
58

大村・竜造寺の戦いと有馬春信の改宗

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
64

カスドース 若みどり まるまるの毬 大鶉 梅枝 松の風 南天月

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
64

西郷札 くるま宿 梟示抄 啾々吟 戦国権謀 権妻 酒井の刃傷 二代の殉死 面貌 恋情 噂始末 白梅の香

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.107
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
64

信長との同盟

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.109
58

王城の護衛者 加茂の水 鬼謀の人 英雄児 人斬り以蔵

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.113
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
58

義元の呪縛 直隆の武辺 承禎の妄執 義継の矜持 信栄の誤算 丹波の悔恨 秀信の憧憬

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
58

啞の十蔵 本所・桜屋敷 血頭の丹兵衛 浅草・御厩河岸 老盗の夢 暗剣白梅香 座頭と猿 むかしの女

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
64

流れを変える 金貨を延べる 飲み水を引く 石垣を積む 天守を起こす

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
64

下請忍者 忍者四貫目の死 伊賀者 伊賀の四鬼 最後の伊賀者

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
64

咸臨丸、サンフランシスコにて 咸臨丸のかたりべ 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.130
57

真田の具足師

武川 佑
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.132
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search