【2023年】「取締役」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「取締役」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 経営者になるためのノート ([テキスト])
  2. プロフェッショナルマネジャー
  3. 世界標準の経営理論
  4. マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
  5. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  6. 今と未来の利益を増やす社長のための経営戦略の本
  7. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  8. 論語 (岩波文庫 青202-1)
  9. EQリーダーシップ: 成功する人のこころの知能指数の活かし方
  10. 人を動かす 文庫版
他90件
No.7
71
みんなのレビュー
偉大な企業をどうやって作るかについて実在する企業へのヒアリングを経てまとめた書籍。サイバーエージェント藤田氏のバイブルであり、起業家を目指す人は一読しておくとよいかもしれない。起業家の自伝みたいな感じではないので少々読みにくい部分もあり。
No.8
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
68

EQリーダーシップ: 成功する人のこころの知能指数の活かし方

ダニエル ゴールマン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

EQの提唱者ゴールマン博士が、コンピテンシー研究の権威ボヤツィス教授と共同で、EQとリーダーシップ、そしてビジネスでの成功の関係を鮮やかに解き明かす。欧米有名企業の実例を豊富に盛り込み、優れた「EQ型リーダー」になる方法をあなたに伝授する。 第1部 六つのリーダーシップ・スタイル(リーダーの一番大切な仕事 共鳴型リーダーと不協和型リーダー EQとリーダーシップ 前向きなリーダーシップ・スタイル-ビジョン型、コーチ型、関係重視型、民主型 危険なリーダーシップ・スタイル-ペースセッター型と強制型) 第2部 EQリーダーへの道(EQリーダーを作る五つの発見 EQリーダーへの出発点 理想のリーダーシップをめざして) 第3部 EQの高い組織を築く(集団のEQをどう高めるか 組織の現実、組織の理想 進化しつづける組織)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
68

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか

ケビン・メイニー(著)
プレジデント社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
67
みんなのレビュー
天才経営者の永守氏がどのように会社を立ち上げて成長させてきたかが語られる。かなりの割合が財務・資金繰りについて語られており、偉大な企業を作るためには資金繰りが重要なのだということを考えさせられる。一方で有形商材とは違い、今はソフトウェアやコンテンツなどがお金になりネット時代。永守氏の経営スタイルとは違うスタイルで多くの成長する企業が出てきているのも事実。永守氏の経営スタイルを参考にしながら今の時代にあったスタイルを探していきたい。
No.14
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
67

ビジネスパーソンとして 最低限知っておくべき半導体の知識 市場規模は1兆ドル時代へ―― 社会インフラの中枢を支え 世界各国が奪い合う国際戦略物資となった半導体。 言葉は知っていてもその意味や役割は知らないビジネスパーソンに向けて、日本の半導体流通を牽引する著者が徹底解説! スマートフォンやパソコンをはじめとした電子機器、自動車や電車、インターネット通信を代表とする社会インフラなど、半導体は今、私たちの身の回りであらゆるものに使われており、生活は半導体によって支えられているといっても過言ではありません。 近年世界的な需要の拡大が続き、日本国内の生産高だけでも年間約5兆円、世界全体では約72兆円にもなる巨大市場となっています。 さらに、5GやEVの普及、DXによる効率化、メタバースの発展など、応用機器や応用システムの進化とさらなる需要拡大によって、 半導体への追い風はまだまだ続くことが予想されています。 しかし、そのような世界経済の中心的な存在である半導体について、「なにやら重要そうなもの」というイメージをもっていても、どういうものか詳しく理解していない人が多いのが現実です。 本書では、国内外で30万人以上に利用されている電子部品、半導体の通販サイト運営を行う著者が、半導体とはそもそも何か、世の中に欠かせないものになるまでの進化の歴史、半導体を巡る世界の動きなどを解説します。 時事問題を語る場やビジネスシーンなどで知らないと恥をかく大人の教養としての「半導体」の知識が身につく一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
67

徹底のリーダーシップ

ラム・チャラン
プレジデント社

序章 六週間で「一〇〇年に一度の危機」に対応した会社 第1章 「キャッシュと情報」こそ命綱である 第2章 本物のリーダーはどう行動するか 第3章 販売、マーケティング責任者のすべきこと 第4章 CFOのすべきこと 第5章 現場のリーダーがすべきこと 第6章 研究開発部門をどうするか 第7章 サプライチェーンをどうするか 第8章 スタッフ部門のトップがすべきこと 第9章 取締役会のすべきこと

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
67

専門家でなくても経営判断は要求される。「資本コスト」「新株予約権」「組織再編」など案件判断に必須の6テーマを厳選して解説。 専門家でなくても経営判断は要求される。「資本コスト」「新株予約権」「組織再編」など案件判断に必須の6テーマを厳選して解説。 専門家でなくても経営判断は要求される。「資本コスト」「新株予約権」「組織再編」など案件判断に必須の6テーマを厳選して解説。 ■第1章 ROEと資本コスト □File 01  ハードルレートを下回ったのはESG関連コストのせい? ---資本コストはWACCで計算される ---企業価値の算出に用いられる資本コスト   ---株主資本コストの重要性を認識する  ---ROICは伝家の宝刀か諸刃の剣か  ---さて、自社の資本コストは?   ▽▽Column ROEとESGの相克   ■第2章 会計上の見積り □File 02  中期経営計画の見直しを機に、買収のれんの減損に直面  ---見積りの重要性  ---経営責任の問題に直結する固定資産の減損   ---繰延税金資産の回収可能性  ▽▽Column のれんの減損   ■第3章 新株予約権 □File 03  有償ストック・オプションの行使条件を判断する難しさ  ---新株予約権が活用される場面とは  ---無償ストック・オプション  ---株式報酬型ストック・オプションや有償ストック・オプション   ---資金調達手段としての新株予約権  ▽▽Column 株式報酬制度について   ■第4章 連結会計 □File 04  新規の得意先が会長の知り合いということで、連結対象か検討  ---連結は不正会計の温床  ---連結会計のルール──連結の範囲   ---連結会計のルール──資本連結  ---関連会社に適用する持分法  ▽▽Column 海外子会社による不正の防止   ■第5章 組織再編 □File 05  繰越欠損金のある子会社を合併すれば、税金が減って企業価値も向上?  ---組織再編の概要  ---組織再編の会計  ---会社分割と事業譲渡――効果は同じでも会計上の影響は異なる  ---子会社の吸収合併――実務上よく行われる取引  ---組織再編の税務  ▽▽Column 組織再編税制を利用した租税回避行為 第6章 IFRS ●File 06  グローバル展開していない会社でIFRSを適用する必要があるか  ---IFRSの導入にあたって  ---財務諸表全体に関わる注意点  ---財政状態計算書に関連するもの  ---純損益及びその他の包括利益計算書に関連するもの  ---特有の処理が求められる科目に関連するもの  ▽▽Column では、自社においてもIFRSを採用すべきか   終章 エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
67
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.22
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
62

組織盛衰の原理(近代中国にみる興亡の原理 明治・大正・昭和三代の盛衰 兵書に学ぶリーダーの心得-孫子・呉子・六韜三略より) 東洋思想と人間学(「万世ノ為ニ太平ヲ開ク」-終戦の詔勅秘話 人生の五計-人生観の学問 見識と胆識 人間学・人生学の書) 運命を創る(運命を創る-若朽老朽を防ぐ道 次代を作る人々のために 若さを失わず大成する秘訣) 「気力」を培う養生訓(敏忙人の身心摂養法 憤怒と毒気)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
62

ソニー会長、経団連副会長として、国際的視野から精力的な発言と行動を読ける著者が、自社の海外進出の体験を通して日本とアメリカの経営思想の違いを明らかにし、独自の哲学を打ち出す。諸外国との間で経済摩擦が激化してゆくなか、双方の責任と相互理解への道を説いて広く共感を呼び、世界30カ国で読まれてベストセラーの日本語版。 第1章 戦争-生還と希望 第2章 平和-新たな人生の始まり 第3章 世界に売り出す-前進の過程 第4章 経営について-企業は家族だ 第5章 アメリカ式と日本式-その相違 第6章 競争-日本企業のエネルギー源 第7章 テクノロジー-生きぬく手段 第8章 日本と世界-疎外と調和 第9章 世界貿易-危機を避けるために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
62
みんなのレビュー
ビジネスパーソンにAIの書籍を1冊オススメするなら間違いなくこれを選ぶ。データサイエンティスト協会の理事も努めビジネス・アカデミックの両面からデータサイエンスにBETしている安宅さんが語るAIのあり方。我々日本人がこれからの時代において世界でプレゼンスを発揮するためにはどうすればよいかを教えてくれる書籍で非常に感銘を受けた。どんよりとした日本の停滞感に対して少しでも希望を見出すことのできる書籍。安宅さんの書籍はどれも素晴らしいが絶対にこれは読んで欲しい。
No.27
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
61

いくつもの事業を起こした著者が自身の経験をふまえ、金持ち父さんに学んだ起業家の心構えを説く。よく学び、充分に準備してから始…

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
61
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.31
61
みんなのレビュー
かなり分厚い本だが、全てのビジネスパーソン必読の本。一連のストーリーが戦略の根幹にあるという話を具体的な事例とともに学べる。特にガリバーのストーリーは惹き込まれた。パーツパーツで見ると一見非合理だけどストーリーとして繋げてみると合理的な戦略を形作ることで競争優位性を得ることができる。
No.32
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
60

マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営

京セラコミュニケーションシステム株式会社
マイナビ出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
60

両利きの経営

オライリー,チャールズ・A.
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
60

外国人とのコミュニケーションにおいて「日本酒は最強のツール」。場面に応じた交流術を現役外交官が指南する。 外国人とのコミュニケーションにおいて、「日本酒は最強のツール」です。 飲食を共にすることで親交が深まるの万国共通ですが、その場で日本酒を活用すれば、日本への関心と好感度を高める上で効果的であり、日本酒をきっかけに話題をさまざまな方向に発展させることができます。ビジネストークの素材としてたいへん効果的で、国際ビジネスの武器になります。しかし、日本人だからといって日本酒をしっかり説明できるわけではありません。外国人に説明をするためには、相手の国の飲酒文化を知り、日本酒に対してどのような知識や先入観をもっているかを把握しておく必要があります。 日本語教師を務めるためには、日本語が話せるだけではダメで、教え方のノウハウが必要です。同様に外国人に日本酒を説明するためには、一定の知識・実践ノウハウが必要です。そこで、海外で活躍するビジネスマンと、国内で外国人と交流する日本人のために、必要な日本酒の知識と、日本酒を介した外国人との交流術を、現役外交官が指南します。 外国人とのコミュニケーションにおいて「日本酒は最強のツール」。場面に応じた交流術を現役外交官が指南する。 はじめに 第一部 心構え編 第一章 日本人ビジネスマンの武器になる日本酒 第二章 国際ビジネスの現場で誰にでも活用できる日本酒 第三章 さまざまなビジネス能力をアップする日本酒 第四章 あなたの真価が問われる日本酒の「武器使用三原則」 第二部 基礎知識編 第五章 外国人にも分かる「サケって何?」 第六章 外国人にも分かる「コメがサケになるまで」 第三部 実践テクニック編 第七章 国際ビジネス目線で日本酒を選ぶ 第八章 国際ビジネスの現場における「日本酒のトリセツ」 第九章 外国料理に日本酒を合わせる 第十章 外国人の誤解や偏見に対応する おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
60

「影のCIA」と呼ばれる情報機関ストラトフォーの創立者でCEOをつとめる政治アナリスト・フリードマンが予想する衝撃のこれからの世界は…。地政学の手法を駆使してフリードマンが見通す未来は、一見荒唐無稽に感じられても合理的で、的確な洞察力を感じさせる。示唆に富む未来覇権地図がここに描かれている。 アメリカの時代とは何か アメリカの時代の幕開け 地震-アメリカの対テロ戦争 人口、コンピュータ、そして文化戦争 新しい断層線 二〇二〇年の中国-張り子の虎 二〇二〇年のロシア-再戦 アメリカの力と二〇三〇年の危機 新世界の勃興 二〇四〇年代-戦争への序曲 戦争準備 世界戦争-あるシナリオ 二〇六〇年代-黄金の一〇年間 二〇八〇年-アメリカ、メキシコ、そして世界の中心を目指す闘い

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
60

人間主義的経営

ブルネロ・クチネリ
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
59

いまさら聞けない病院経営

小松本 悟
産労総合研究所 出版部 経営書院
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
59
みんなのレビュー
超有名マーケターの森岡さんのリーダーシップ論。周りを巻き込んでリーダーシップを発揮して物事を進めるためにはどうすればよいかが学べる。
No.53
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
59
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.62
59
みんなのレビュー
大好きな漫画。ビジネス書としても多くの経営者に読まれている。合戦の戦略や考え方、そしていかに周りを巻き込み成り上がっていくか、部下を束ねて強い組織を作っていくかなどが学べる。
No.64
59

文明の衝突

サミュエル・ハンチントン
集英社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
59

板前税理士が教える 「最強」の飲食店経営

鈴木 優輔
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
59

「成功して幸福になる秘訣」がついに解き明かされた。もしもあなたが、頑張ってるのに満たされないと感じているなら…いつも「これでいいのか?」と不安や心配になってしまうなら…ビジネス界の殿堂ハーバード大の"年間ベスト"講義が初公開。 1 幸せとは"究極の通貨"だ(問い中の問い 現在の利益と未来の利益 幸せの正体 究極の通貨 幸せになるための目標設定の仕方) 2 誰もが幸せになれる、仕事、学習、人間関係のあり方(「学ぶ幸せ」を習得する 「働く幸せ」を味わい尽くす方法 第8章 幸せな人間関係を築く秘訣) 3 永遠の至福に向けて(幸せブースター つかの間の喜びを超えて 光り輝く勇気 自己の利益と思いやり 内なる賢者 ゆっくり生きても充分間に合う 幸せ革命 永遠の幸福へ-これがすべてです)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
59
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.71
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
59
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.81
59
みんなのレビュー
パナソニック創業者の松下幸之助の人生における教訓が詰まっている1冊。経営ノウハウ的な話はなく一般的な内容が語られている
No.82
59
みんなのレビュー
リクルート創業者の江副氏の半生を綴った書籍。めちゃくちゃ面白く一気に読めた。とにかく江副氏の行動力や先見の明、周りを巻き込む力に感銘を受けた。それとともにこういう素晴らしい人を潰してしまう日本の既得権益にまみれた人達や組織に失望した。江副氏が逮捕されずに生きていればリクルートは今よりもっと大きくアメリカのGAFAに対抗できる日本企業に成長していたかもしれない。AWSやGCPに対抗するクラウドサーバービジネスをリクルートが持っていたかもしれない。起業家や起業したい人は絶対読んでおくべき書籍。
No.83
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
59

パーパス経営を見開きの図解と解説でわかりやすく解説した入門書です。経営者、リーダー、現場の皆さんのニーズに応えます。 パーパス経営の基礎知識や実践方法を見開きの図でわかりやすく解説した入門書です。「SDGs、CSRとどう違うのか」 「自社でどのように取り組めばよいのか」といったよくある疑問への回答から、多種多様な企業の事例まで、これからパーパス経営について知りたい人に向けた情報が満載です。先行きの読めない時代の中でますます重視されるパーパス経営に取り組むにあたり、ぜひ手元に置いてご活用ください。 CAHPTER1 パーパス経営の基礎知識 CHAPTER2 パーパス経営が注目される背景 CHAPTER3 パーパス経営を実践するために CHAPTER4 パーパス経営による組織強化 CHAPTER5 ブランディングとしてのパーパス経営 CHAPTER6 パーパス経営の導入事例 CHAPTER7 パーパス経営を成功させるには パーパス経営を見開きの図解と解説でわかりやすく解説した入門書です。社会から必要とされる企業となるべくパーパス経営に取り組む際の参考書としてもディスカッションのトピックとしても活用できます。 CAHPTER1 パーパス経営の基礎知識 CHAPTER2 パーパス経営が注目される背景 CHAPTER3 パーパス経営を実践するために CHAPTER4 パーパス経営による組織強化 CHAPTER5 ブランディングとしてのパーパス経営 CHAPTER6 パーパス経営の導入事例 CHAPTER7 パーパス経営を成功させるには

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
59
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.90
59
みんなのレビュー
起業家・起業したい人全員に読んで欲しい起業家のためのバイブル。成功者の光の部分に焦点を当てた書籍は数しれずあるが、逆に闇の部分に焦点を当てているのがこの本。超有名マーケターの神田昌典氏が成功をおさめてから起きた様々な闇の部分について赤裸々に語られている。涙なしには読めないし、この本を読むことで自分にもあてはめて同じ轍を踏まないように意識することができる。
No.91
59

経営戦略入門

網倉 久永
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
59

組織におけるアイデンティティのマネジメント 経営戦略論における知識の成長 非正社員の雇用形態の多様化と人材ポートフォリオ グローバル人材教育への貢献 次世代につなぐ法人〈コーポレート〉ガバナンス改革 日本の株式発行市場の現状 日本における「企業-社会関係」の課題 批判理論的方法論に基づく会計の学際的考察についての概説 監査制度の正統性の補修戦略における課題 簿記における縦割り教育 新製品の普及にみる消費者間ネットワークの影響 消費者ベースの「おもてなし」マーケティング戦略 不調和に基づいた広告におけるユーモア表現の方法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
59
みんなのレビュー
ある程度お金について教養のある人にとっては当たり前の内容なので読まなくてもいいが、お金について知らないことが多くて将来心配な人にとってはまず最初に読むといいかもしれない書籍。
No.98
59

デジタルエコノミー時代に必読の新章「産業の境界とイノベーション」を追加して登場。ビジネス・エコノミクスの最前線を学ぼう! 市場の機能,競争と経営戦略,企業組織や産業・業界,という3つの部から,ビジネス・エコノミクスの基礎から最新トピックまでを丁寧に解説。ネット企業の台頭による産業構造の変化の「今」を読み解く新章として第15章を追加。ますますパワーアップして登場! 第1部 市 場  第1章 市場構造の分析枠組  第2章 需要の特性  第3章 費用の規定要因  第4章 市場支配力 第2部 競争と戦略  第5章 ゲームと戦略  第6章 寡占と競争  第7章 競争戦略の分類  第8章 価格戦略  第9章 製品戦略  第10章 流通と販売促進  第11章 サプライチェーン  第12章 プラットフォーム 第3部 組 織  第13章 情報とインセンティブ  第14章 企業の境界と組織  第15章 産業の境界とイノベーション

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
59
みんなのレビュー
ある程度教養のある人にとっては目新しい内容は少ないが、お金に対して不安を持っている人は目を通しておくとよいと思う。資産形成の観点だけでなく生活における必要経費の出費をどれだけ抑えられるかについても学べる。
search