【2023年】「ファイナンス」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「ファイナンス」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. まんがで身につくファイナンス
  2. ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
  3. HOW FINANCE WORKS ハーバード・ビジネス・スクール ファイナンス講座
  4. 道具としてのファイナンス
  5. これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生
  6. コーポレートファイナンス 戦略と実践
  7. マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について ( )
  8. お金の大事な話~「稼ぐX貯まるX増える」のヒミツ~
  9. 世界でいちばんやさしいM&A入門ゼミナール
  10. お金がどんどん増える! あなたにぴったりの投資法が見つかる! マンガと図解 はじめての資産運用
他90件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
96

ポスト会計時代の基本知識はコレだ。 第1章 会計とファイナンスはどう違う? 第2章 ファイナンス、基本のキ 第3章 明日の1万円より今日の1万円-お金の時間価値 第4章 会社の値段 第5章 投資の判断基準 第6章 お金の借り方・返し方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
89
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
88

「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場(日産自動車)で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく解説。 序章 ファイナンスの武者修行 第1章 投資に関する理論 第2章 証券投資に関する理論 第3章 企業価値評価 第4章 企業の最適資本構成と配当政策 第5章 資本市場に関する理論 第6章 デリバティブの理論と実践的知識 第7章 ブラック=ショールズ・モデル

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80

バフェットの唯一無二のパートナーとしてバークシャー・ハザウェイを支えてきた伝説の投資家、チャーリー・マンガーの珠玉の名言集。 「今日のバークシャー・ハザウェイを設計したのはマンガーだ。私の役割はいわばゼネコンで、子会社のCEOたちが下請業者として実務を担当してきたのである。」(ウォーレン・バフェット) 「チャーリー・マンガーほど物事を幅広く考えている人間を他に知らない。」(ビル・ゲイツ) チャーリー・マンガーは、副会長としてウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハザウェイに長年関わって来た同社不動のナンバー・ツーだ。一般的には「バフェットの右腕」と呼ばれる立場の人物だが、本書を読むと、彼は、それ以上の「バフェットの右腕+左脳」とでも呼びたくなる、もっと重要な存在であることが分かる。 これまで、一般にはバフェットのものとして伝わっていた考えの多くが、実は同時にマンガーのものでもあり、むしろ七歳年上のマンガーがバフェットに多くの感化を与えていたのではないかと思われる節がある。率直に言って、どの考えがバフェットのもので、どのアイデアがマンガーのものなのか、第三者には判別できない。そして、おそらく本人達は区別に意義があると思っていまい。 マンガーは、こうした重要で興味深い人物なのだが、投資の世界で並ぶ者のない尊敬を集める巨人であり、今や資本主義の良い部分のアイコンを一手に引き受けているとさえ言えるバフェットに比べて、世間の彼への注目度合いは不当に低かった。 本書は、バフェットと不可分に重なりながら、同時に一人の男として味わい深い人物でもあるチャーリー・マンガーを、手軽に、しかし、なかなか深く知ることができる、読者に対して、「正直で」「効果的で」「効率的な」本だ……。(山崎元、解説より) ■PART Ⅰ 投資で成功する考え方 No.1 安直な儲け/ No.2 能力の範囲/ No.3 お馬鹿にならないようにする/ No.4 立ち去る勇気/No.5 朝飯前/ No.6 新しい発見/ No.7 グレアムの間違い/ No.8 座して待つ/ No.9 知恵の始まり/No.10 アナリスト/ No.11 間違って価格づけされた賭け/ No.12 分散投資/No.13 大きく賭けるとき/ No.14 群集/ No.15 洞察/ No.16 金融危機はチャンス/No.17 現金が鍵/ No.18 士気阻喪の世代/ No.19 忍耐/ No.20 株価/ No.21 EBITDA/No.22 金融機関は危険な存在である/ No.23 自信過剰/ No.24 ファンドマネジャー/ No.25 待つ/No.26 節税対策/ No.27 困難に耐えること/ No.28 サプライズ/ No.29 勝算を理解する/No.30 一握りの優良企業/ No.31 企業の所有権/ No.32 現実を認識する/No.33 愚かということ/ No.34 チャンス/ No.35 バークシャー・ハザウェイの将来/No.36 正気を失う/ No.37 企業価値/ No.38 待つことは難し/ No.39 踏み込むとき/No.40 学問という魔術/ No.41 銀行の欲深さ/ No.42 銀行への投資/ No.43 唯一の法則はない/No.44 テクノロジーについて/ No.45 成功する投資/ No.46 平均を打ち負かす/No.47 手数料 ■PART Ⅱ 企業、銀行、経済 No.48 大恐慌/ No.49 銀行規制/ No.50 大きすぎて潰せない/ No.51 借金/No.52 自由市場という愚行/ No.53 銀行の規制緩和/ No.54 ウォール街の悪行/No.55 資産効果/ No.56 お金を印刷するということ/ No.57 資産インフレ/ No.58 石油備蓄/No.59 韓国/ No.60 飴と鞭/ No.61 銀行家をコントロールすること能わず/No.62 デリバティブの危険性/ No.63 キャリートレードという愚行/ No.64 アジアの汚職/No.65 中国の奇跡/ No.66 自由貿易/ No.67 吝嗇/ No.68 法人税/ No.69 基準の引き下げ ■PART Ⅲ 事業と投資に関する哲学 No.70 バイ・アンド・ホールド/ No.71 企業買収/ No.72 極端をゆく/ No.73 大きく稼ぐ方程式/No.74 二種類の会社/ No.75 ほとんどの会社は生き残らない/ No.76 シーズ・キャンディーズ/No.77 容易な意思決定、苦渋の意思決定/ No.78 市場平均の下落/ No.79 どこに賭けるか/No.80 インセンティブ/ No.81 AIGとGE/ No.82 レバレッジを抑える/ No.83 マスタープラン/No.84 権限の委譲/ No.85 エンロン/ No.86 ゼネラルモーターズ/ No.87 イスカル/No.88 ウェルズ・ファーゴ銀行/ No.89 マクドナルド/ No.90 流動性/ No.91 シンガポール ■PART Ⅳ 人生、教育、幸福の追求についての助言 No.92 一つずつ/ No.93 ふさわしいもの/ No.94 高度な知識を活かす方法/No.95 キャリアについての助言/ No.96 無知をわきまえる/ No.97 教育の無駄/No.98 愚かさを認める/ No.99 過ちをおかす/ No.100 専門化/ No.101 働かない/No.102 分不相応な暮らしをしない/ No.103 古きを捨てる/ No.104 道徳的要請/No.105 成功の秘訣/ No.106 慎ましくある/ No.107 イデオロギー/ No.108 アイデアを壊す/No.109 宗教の要諦/ No.110 ステレオタイプの解決方法/ No.111 学習マシン/No.112 知恵を得る秘訣/ No.113 弁護士という仕事/ No.114 年をとるということ/No.115 正の強化/ No.116 動機起因バイアス/ No.117 偏狭さ/ No.118 よく生きる/No.119 結婚についての助言/ No.120 心配性の金持ち/ No.121 コカ・コーラ社/ No.122 羨望/No.123 読書/ No.124 打って出る/ No.125 無用な心配/ No.126 学ぶということ/ No.127 悲劇/No.128 同時並行/ No.129 至福/ No.130 健康/ No.131 綻びのないネットワーク/No.132 逃した機会/ No.133 自分に嘘をつく/ No.134

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
70
みんなのレビュー
ある程度教養のある人にとっては目新しい内容は少ないが、お金に対して不安を持っている人は目を通しておくとよいと思う。資産形成の観点だけでなく生活における必要経費の出費をどれだけ抑えられるかについても学べる。
No.17
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
68

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.23
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
67
みんなのレビュー
株式投資をするなら絶対に外せないのがこの漫画。めちゃくちゃ面白いし投資の本質が詰まっている。手堅いインデックス投資というよりも個別銘柄への投資に興味があるなら是非読むべき。
No.36
67

本書の目的は、不確実性下の消費者の資産選択行動と金融資産市場の価格形成および配分機能にかんする金融経済学(financial economics)の主要な結果について解説し、その論理構造を明らかにすることである。本書が対象とする読者は金融経済学の基礎的知識を習得し、今後この分野を専門として研究を志す学部上級および大学院生であるが、すでに金融の実務に就かれておりこの分野の最近の研究動向に興味をもつ社会人の方々にも参考になるものである。 1 不確実性と危険選好 2 平均分散分析と資本資産価格モデル 3 平均分散分析の拡張 4 完備市場における価格付け 5 効率的ポートフォリオとポートフォリオ分離 6 因子モデルと線形価格付け理論 7 代表的消費者の合成と経済厚生 8 確率的割引ファクターと価格付け理論のまとめ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
66

近世から現在までの欧米の歴史を見なおし、金融が経済を支配するのに至った道のりと、所得格差拡大について考える。 近世から現在までの欧米の歴史を見なおし、GAFAが君臨し、タックスヘイヴンが隆盛する「金融化社会」に至った道のりと、所得格差拡大について考える。 現在も世界で大きくなり続ける所得格差。富める者は富み、そうではないものは貧しくなっていく。どうしてそんな社会になってしまったのか? 本書は、ヨーロッパとアメリカを中心に近世から現在に至る歴史を見なおし、消費社会から金融社会への変遷と所得格差拡大の関連を見ていく。大衆消費社会により縮まった格差は、社会の「金融化」により拡大し、現在の構造ができあがった。大航海時代からタックスヘイヴン、GAFAの時代までを見通す一冊。 近世から現在までの欧米の歴史を見なおし、GAFAが君臨し、タックスヘイヴンが隆盛する「金融化社会」に至った道のりと、所得格差拡大について考える。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
66

消費増税やキャッシュレス化など、時代を追うごとにどんどん変化していく日本のお金事情。 現代の大人たちは、子どもの頃、どのような「お金教育」を受けて育ってきたでしょうか? お金に関する話は「タブー視」されているかもしれません。 しかし、お金についての正しい「思い」や、正しい「願い」を持ってお金と接することは、子どものころから必要なのです。 本書では、 ●モノの値段が分かる「物の価値」 ●今話題のキャッシュレス「未来のお金」 ●お金を預ける「銀行」の役割 ●会社を応援する「投資」について ●社会や私たちの暮らしを支える「税金」「社会保障」 これらを分かりやすく説明します。 また、 ●子どもができる投資 ●おこづかいトレーニング についても提案! お金について学ぶことは、社会の見方を考えるキッカケにもなります。 お金の使い方だけではなく、お金の稼ぎ方、社会や人との関わり方……。 将来大人になった時、大きく生き方が変わる一冊です。 1章 物の価格はどうやって決まるの? 2章 未来のお金はどうなるの? 3章 銀行ってなにしているところ 4章 投資でお金を増やす 5章 税金や社会保障のことを教えてよ!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
66

気鋭の経済学者が、社会生物学、進化心理学などを応用した金融の新理論「適応的市場仮説」を提唱。マーケット関係者、必読の書。 「効率的市場仮説」に代わる新理論 心理学・神経科学・進化論・人工知能など最先端科学の成果を取り入れたバイブル、ついに刊行! 提唱者による決定版 「金融市場は経済法則では動かない。 金融市場は人間の進化の産物であり、むしろ生物学の法則で動く」 「フィナンシャルタイムズ」ベスト経済書 【本書への賛辞】 「ロー氏は説得力ある議論を展開し、同時に、この本を使って面白いアイディアをいくつも披露している。巨大で分散投資の利いたファンドを作り、ガンのさまざまな治療法の開発に投資する、なんかがそうだ」 ――エコノミスト誌 「アンドリュー・ローの『適応的市場仮説』は合理性に基づく正統派のアプローチと、心理学や神経科学、進化論、それにコンピュータ・シミュレーションや人工知能などの手法に基づく新しいアプローチを、見事に統合している」 ――ダイアン・コイル[ケンブリッジ大学教授] 「私たちが創り出した金融市場も、同じように進化の原理を映している。つまり、競争、革新、再現、適応だ。この重要な著作で、MITのローは、この洞察から得られる過激な意味合いをあからさまにしている」 ――マーティン・ウルフ[『フィナンシャル・タイムズ』紙] 「アンドリュー・ローは目覚ましい金融経済学者であり、ヴィジョンを持った発明家であり、大胆不敵な逆張り派であり、一歩も引かない理想主義者である。そんな彼の特徴がこの見事な著作にはっきり現れている。本書は、「金融技術革新の進化爆発」がたどった道を、1974年にヴァンガードがS&P500株価指数に連動する初のインデックス投資信託を設定したところからなぞっている。私はインデックスファンドをずっと持ち続けているけれど、ロー先生の本を読むと、投資の技術革新や投資家の選好、取引の効率性の新しい世界や、私よりも賢い人たちの知恵に対して、心は開いておいたほうが、少なくとも半開きにはしといたほうがいいという気になる」 ――ジョン・C・ボーグル[ヴァンガード・グループ創設者] 「これは素晴らしい文献だ。アンドリュー・ローは、自分が経済学における効率性を再検討し、効率的市場仮説から自分が創った適応劇市場仮説へと、心理学や神経科学、生物学、そして金融技術革新や金融危機の研究を通じてたどり着く旅路を辿って見せている。この本は価値ある発見を多数示しており、同時に、感情――熱意、悦び、憤懣、痛み――であふれている。そのこと自体が、重要な発見を高らかに宣言していると言える。合理的思考と感情は切り離せないものなのだ」 ――清滝信宏[プリンストン大学教授] 序 章 生物の進化で金融を読む 第1章 今や私たちはみんなホモ・エコノミクス? 第2章 そんなに頭いいなら、そんなに金持ちじゃないのはどうしてだ? 第3章 そんなに金持ちなら、そんなに頭悪いのはどうしてだ? 第4章 物語の力 第5章 進化の革命 第6章 適応的市場仮説 第7章 金融界のガラパゴス諸島 第8章 機能する適応的市場 第9章 恐れ、欲、そして金融危機 第10章 金融が悪さを 第11章 金融の立て直し 第12章 金融未踏の地に果敢に挑む

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
66

M&Aファイナンス

幸嗣, 笹山
金融財政事情研究会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
66

M&Aシナジーを実現するPMI

ウイリスタワーズワトソン
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
66

ROIC経営: 稼ぐ力の創造と戦略的対話

KPMG FAS
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版

企業価値向上の本質は投下した資本に対する事業のリターン=ROICを高めること。実践的なコーポレートガバナンス改革を解説。 稼ぐ力を高め、投資家の期待に応えるための切り札! ROIC(ロイック)を通じたコーポレートガバナンス改革を解説 いま、企業視点の指標である「投下資本利益率(ROIC)」が注目されている。事業資産からどれだけ効率的に本業の利益を生み出しているかを測定するROICは、企業の稼ぐ力を判断するには最適な指標だといえる。 本書は、ROICの現場展開を通じて資本生産性の向上を図る、コーポレートガバナンス改革を解説する。 第1章 機関投資家の資本生産性改善に対する期待 第2章 ROIC活用の必要性 第3章 ROICの導入に関する論点 第4章 ROIC経営による企業価値向上 第5章 資本生産性指標とバランスシートマネジメント 第6章 投資家との対話と企業価値に関する説明力の強化

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
66

M&Aを成功に導く 財務デューデリジェンスの実務〈第4版〉

プライスウォーターハウスクーパース株式会社
中央経済社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
66

マンガでやさしくわかるファイナンス

朝倉 智也
日本能率協会マネジメントセンター

シリーズ累計60万部超の人気シリーズ。ビジネスパーソンの必須知識「ファイナンス」がマンガでわかる、もっともわかりやすい入門書 未来のお金を考えるファイナンスの知識が、今、ビジネス、プライベートを含むさまざまな場面で求められるようになってきました。 本書では、MBAでファイナンスを学び、その後、20年以上にわたってファイナンスの実務に携わってきた著者が、ビジネスおよびプライベートの両面で使える、ファイナンス理論の基本をまとめます。 本書では、数式や会計の知識は一切不要。BS、PL、キャッシュフロー計算書のポイントのつかみ方から、ROE、割引率、正味現在価値、企業価値、資産運用の考え方といったファイナンスの基本がマンガで学べる1冊です。 プロローグ ファイナンスって何? 第1章 ファイナンス的に財務3表をつかむ 第2章 企業分析から将来の投資を考える 第3章 「企業の価値」を計算する 第4章 ファイナンスを活かす~「賃貸v.s. 持ち家」どちらが得なのか? エピローグ ふたつの資産の考え方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
66

「わたしが社長やります!」 つぶれかけの出版社を救ったのは、女子高生の勇気とファイナンスだった! 人生&仕事に効く! 最強のビジネス小説、誕生! 「PLって言うのは何? ピュア・ラブのこと? 捧腹絶倒! 最後に泣ける! 亡き父の後を継ぎ、つぶれかけの出版社の社長に就任した、弱冠18歳のJK、海鈴。 3ヵ月後の返済が間に合わないと、大手出版社に買収される!? 目の前には、「自転車操業」「返品の山」「良書にこだわる古い編集者」…。 PLもBLもわからない彼女の前に現れたのは、なぞの猫カフェのオーナー。 「会計は過去を見る。ファイナンスは、未来を観る」 なぜか親切なオーナーのアドバイスに従い、猪突猛進の女子高生。 大好きだったお父さんの会社を、救うことができるのか。 読むだけで、これからの時代に必要な「ファイナンスの知識」が身につく。 出版社を舞台にした、ビジネス教養エンタテイメント、登場! 序章 【出会い】女子高生、突然、社長になる ・父である社長の急死 ・買収される? ・女子高生、社長になる 第1章【試練】黒字なのに倒産!?自転車操業のワナ ・返品の山、自転車操業 ・「利益はあるのにキャッシュがない??」の不思議 ・猫カフェでの出会い ・(BS・PL)利益とCash有 ・委託ってなに?? 第2章 【発見】同じ1冊の本でも価値は違う ・売り上げは大事。現金回収まで営業の仕事。 ・今の100万円は、3か月後の100万円ではない ・取次との交渉で、老舗出版社と、新興出版社では「正味」がちがう 第3章 【窮地】重版を恐れるな! ・返品の山…利益よりも大切なことがある ・利益重視の経営よりもたいせつな、キャッシュの考え。 ・6か月後の取次からの支払いを相殺するために、新刊を刷るは正しいのか? ・既刊に力をいれよ 第4章 【挑戦】それでも重版せよ! 機会損失の発想とベストセラーへの挑戦 ・慎重な判断 ・ジリ貧? ・売れている本がある。 ・重版するか、しないか? ・コンビニ弁当はあまったほうがよい ・「やる?やらない?」人生の選択に役立つファイナンス的投資判断 ・機会損失について ・返品リスクをどう考えるか? ・リアルオプションとサンクコスト 第5章 【飛躍】出版社の値段 ・出版社の値段とは? ・誰でも書き手になれる時代に… ・一緒に作り上げることが価値! ・本を出版することだけが価値ではない

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
65

1 ビットコインって何なの?(ビットコインは現金とどう違うの? ビットコインはクレジットカードとどう違うの? ほか) 2 ビットコインの仕組みはどうなっているの?(バーチャルなお金にどうして価値が生じるの? ビットコインは誰がつくっているの? ほか) 3 ビットコインの安全性や法整備はどうなっているの?(ビットコインがコピーや改ざんされる心配はないの? ビットコインが盗まれる心配はないの? ほか) 4 仮想通貨とブロックチェーンはどこまで広がるの?(仮想通貨にはどんな種類があるの? ナンバー2の仮想通貨「イーサリアム」の特徴は? ほか) 5 フィンテックが実現する未来とは?(フィンテックっていったい何なの? 次にどんなサービスが登場するかは予測できる? ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
65

バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの21世紀の投資戦略を解説! 株式投資で世界的富豪に昇りつめ、さらに賢人として世界中から尊敬される投資家「ウォーレン・バフェット」。 彼が率いるバークシャーハサウェイは、21世紀に入り、どのようにして時代の先行きを見て、新しい投資先を選んだのでしょうか? バフェットの手法だけでは見えない、米国、海外、IT、そして日本などの投資戦略を解説! 最新ポートフォリオからこれまでと今後の動きを総括します!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search