【2024年】「ベンチャーキャピタル」のおすすめ 本 74選!人気ランキング

この記事では、「ベンチャーキャピタル」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. The Power Law(ザ・パワー・ロー) ベンチャーキャピタルが変える世界(上)
  2. エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか
  3. The Power Law(ザ・パワー・ロー) ベンチャーキャピタルが変える世界(下)
  4. イノベーションの世界地図――スタートアップ、ベンチャーキャピタル、都市が描く未来
  5. イーロン・マスク 下
  6. みんなのスタートアップスタジオ 連続的に新規事業を生み出す「究極の仕掛け」
  7. 創始者たち──イーロン・マスク、ピーター・ティールと世界一のリスクテイカーたちの薄氷の伝説
  8. 起業家と投資家の軌跡
  9. 新規事業のためのCVC活用の教科書 オープン・イノベーションの実践ツール
  10. 起業のファイナンス増補改訂版
他64件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
83

イーロン・マスク 下

ウォルター・アイザックソン
文藝春秋
みんなのレビュー
イーロン・マスクのTwitter騒動の話など最近の話が書いてあるのでイーロン・マスクの最近の動向や騒動の舞台裏について知りたい人にオススメ!
No.8
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
81
みんなのレビュー
起業家は全員読むべきである起業におけるファイナンスの部分にフォーカスした書籍。ファイナンスは面倒であまり気が乗らないが非常に重要。そんなファイナンスに関して分かりやすく学べる。
No.11
73

ベンチャー白書〈2015〉ベンチャービジネスに関する年次報告〈2015年度版〉

ベンチャーエンタープライズセンター
ベンチャーエンタープライズセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
71
みんなのレビュー
ベンチャーキャピタリストとして誰もが知る佐俣 アンリ氏の若き起業家魂を持った人々に向けて書かれた書籍。この書籍を読むと起業したい気持ちが芽生えると思う。ぜひ何かことを成し遂げたいという強い意思を持った若い20代に読んでほしい書籍。
No.16
71

バイアウト: 産業と金融の複合実務

佐山 展生
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
69

スタートアップの成功には優秀な起業参謀の存在が不可欠。起業参謀に必要なマインド・思考・スキル、必携のフレームワークを公開 ★ベストセラー!シリーズ累計25万部超の『起業の科学』『起業大全』の著者、田所雅之氏の最新刊!★起業参謀を養成する大人気の講座内容を1冊に凝縮!★今の日本に圧倒的に足りないのは、起業家を支援するメンター/起業参謀だ。★起業参謀に必要な「5つの眼」と23のフレームワークを初公開。●2022年11月に内閣主導で発表された「スタートアップ育成5か年計画」は、2027年までにスタートアップへの投資額を10兆円規模にし、将来的にスタートアップ10万社、ユニコーン100社を創出し、日本をアジア最大のスタートアップハブとするという壮大なもの。●しかし、日本には起業家を脇で支えスタートアップを成功に導ける優秀な起業参謀が、質と量の両面において不足しているのが現状だ。その理由は、これまでに起業参謀が身につけるべき知識やノウハウを体系的にまとめた教科書がなかったことがあげられる。そこに一石を投じるのが本書だ。優れた起業参謀になるために必要なマインド/思考/スキル/フレームワークを明らかにする初の書。 はじめに なぜ、起業参謀が必要なのか? 第一部 起業参謀の概念、思考法やプロセス編 第1章 起業参謀の価値とは ・PMFの導き方――起業参謀に必須の知見 ・オセロの四隅を押さえよ――「ムダ」をなくす戦略思考 ・起業参謀が身につけるべき「5つの眼」 第2章 最大成果を上げる要諦とプロセス ・起業参謀がメンタリングを行うプロセス ・コミュニケーションの際に避けたい7つのポイント ・良いコミュニケーションのための5つのポイント 第3章 起業参謀に必要な5つのケイパビリティ ・起業参謀に必要な能力とは ・マインド ・全体俯瞰力(知識体系/知見の広さ) ・地頭力(仮説構築力・フレームワーク活用力・ロジカルシンキング力) ・対人力/アウトプット力(資料作成力・プレゼン力・傾聴力) ・戦略的学習力 第二部 起業参謀として活躍するために必要な「5つの眼」のフレームワーク編 第4章 PFMFを目指すための「鳥の眼」を身につけるフレームワーク ・「5つの眼」を持つためのフレームワーク ・STEEP分析・トレンド分析――事業の未来を捉えるフレームワーク ・マクロの解像度をさらに高めるSTEEP分析×CTM分析 ・ターゲット市場の魅力度検証 ・TAM、SAM、SOMの分析 第5章 変化し続ける顧客心理を捉えるための「虫の眼」を身につけるフレームワーク ・真の課題とは何か ・顧客理解とモチベーショングラフ ・万能フレームワーク――課題の構造化 ・UXエンゲージメントマップ ・マーケティングとは 第6章 勝ち続ける仕組みを作るための「魚の眼」を身につけるフレームワーク ・最強のMOAT構築――ネットワーク効果を身につける ・コールドスタート問題の解消 ・フライホイールの構築 第7章 メタ認知力を高めるための「医者の眼」を身につけるフレームワーク ・「医者の眼」を身につけるフレームワーク ・起業家の成長とスタートアップの成長を同期する ・KPIの設計と運用 ・スタートアップバランススコアカード ・スタートアップの目利き 第8章 圧倒的行動量を引き出すための「人(伴走者)の眼」を身につけるフレームワーク ・リーンキャンバス ・MSP/MVP/Prototype ・CPF/PSFテンプレート ・自社の魅力化ドキュメント おわりに 起業参謀がスタートアップの道を照らす

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
69
みんなのレビュー
老後2000万円問題が顕在化する中、投資のノウハウを学べる良書。基本的なことから学べるのでぜひ初心者の人にまず手にとってほしい書籍
No.26
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
68

ブラックストーン

デビッド・キャリー ジョン・E・モリス
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
68

プライベート・エクイティ勝者の条件

杉浦 慶一
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
68

日本企業のコーポレートファイナンス

砂川 伸幸
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
68

慶應大生が学んでいる スタートアップの講義

KPMGコンサルティング ビジネスイノベーションユニット
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
67

プライベート・エクイティ・ファンドの特徴 プライベート・エクイティ・ファンドへの投資のノウハウ取得 プライベート・エクイティ・ファンドの法的仕組み プライベート・エクイティ・ファンドの税務ストラクチャー バイアウト・ファンドの特徴 機関投資家によるバイアウト・ファンドへの投資 ベンチャー・キャピタル・ファンド/グロース・キャピタル・ファンドの特徴 ベンチャー・キャピタル・ファンドの特性 メザニン・ファンドの特徴 年金基金によるメザニン・ファンドへの投資 セカンダリー・ファンドの特徴 年金基金によるセカンダリー・ファンドへの投資 日本のバイアウト市場の将来展望 日本におけるプライベート・エクイティ・ファンドの動向 日本のプライベート・エクイティ市場の現状と展望 欧米の年金基金によるプライベート・エクイティ・ファンドへの投資の実態 プライベート・エクイティへの資産配分を増やす欧米の年金基金 年金基金による非上場資産クラス投資 年金運用とプライベート・エクイティ 年金基金によるプライベート・エクイティ・ファンドへの投資アプローチ 年金基金によるプライベート・エクイティ投資の意義と課題 プライベート・エクイティ・ファンドへの投資実務 機関投資家によるプライベート・エクイティ投資プログラムの確立 ILPA Private Equity Principlesの概要 プライベート・エクイティ・ファンドによる機関投資家へのレポーティング 日本の機関投資家によるプライベート・エクイティ・ファンドの見方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
67

創業に必要な実務情報を網羅したロングセラーに、インボイスや社会保険等の制度改正を織り込み3事例を追加してさらに充実の最新版! 創業に必要な実務情報を網羅したロングセラーに、インボイスや社会保険等の制度改正を織り込み3事例を追加してさらに充実の最新版!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
67

起業家の本質

ウィルソン・ハーレル
英治出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
66

強い会社は何が違うのか? 多くの事例を知る経理のプロが、数字の使い方から不正防止まで、経営幹部に絶対必要な基本だけを解説! 営業のエースがいても潰れるのに、経理のエースがいる会社はなぜ生き残れるのか?経理を知らずに社長になるのは、地図を持たずに入山するのと同じだ!なぜIPOの審査では経理関連の質問が多いのか?  社長になった瞬間から欠かせない知識を網羅! 全社長共通のポイントから、起業・事業継承など、    パターン別の重要項目もアドバイス!経理の本質を理解し、会社経営や社員のマネジメントに活用できる    全経営幹部必携の「ハンドブック」 多くの新社長に共通するのは、経理への苦手意識。実際の会社経営も、社長が経理実務をやることはほとんどないし、その必要もない。しかし、会社のお金を担当する経理は、経営の根幹のひとつ。社長が経理の本質や概念をどれだけ理解し、上手に経営体制に組み入れるかが、その会社が成長できるかどうかのカギになるのだ。 本書は、数多くの会社・経営者にアドバイスを提供する「経理のプロ」が、様々な社長の状況に合わせた「会社経営を成功させる金銭管理やマネジメントのコツ」を実践的に解説する。細かい数式も簿記の知識も不要。専門用語もほとんど使わずに、リアルな事例と共に、必要最低限の基本が身につく一冊。「スタートアップ」や「不正」、「人的資本経営」など最新のトピックも盛り込んだ、すべての社長と社長候補必携の異色の「経理ハンドブック」である。 第1章 このような社長を目指すなら、経理はいらない 第2章 なぜ社長が経理を知っておいたほうがいいのか 第3章 数字の見方を社員時代の視座から社長の視座に変える 第4章 経理は会社の「万が一」を想定、対応するために役立つ 第5章 不正を「予防」し、社内から犯罪者を出さない 第6章 社長就任時に知っておくと良い経理関連業務 第7章 どのような経理人材を採用して体制を構築すればよいか 第8章 経理にITを最大限に活用させるコツ 第9章 利益を生み出す経理を育成していく 第10章 「プロ経理」がお勧めする、学生起業を失敗させないコツ 第11章 「プロ経理」がお勧めする、脱サラ起業、定年後起業を失敗させないコツ 第12章 「プロ経理」がお勧めする、前任者から引き継いで社長になった際の確認ポイント 第13章 「プロ経理」がお勧めする、同族企業の事業継承時にスムーズに代替わりするコツ 第14章 「プロ経理」がお勧めする、資金調達をしたベンチャー企業、スタートアップ企業が失速しないコツ 第15章 経理の観点から快適かつ利益率の高い組織を作る 第16章 社長が知っておくと役立つ「経理の知恵」あれこれ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
66

ベンチャー白書2023: ベンチャービジネスに関する年次報告

一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター
ベンチャーエンタープライズセンター

日本のベンチャーキャピタルおよびベンチャー企業の動向を幅広くカバーした報告書。 ベンチャー白書(ベンチャービジネスに関する年次報告書)は、我が国唯一のベンチャーキャピタルの投資状況を把握する調査として『中小企業白書』を始め、数多くの報告書で引用されています。 <第1部>分析編 第1章:日本のベンチャーキャピタルによる投資の動向 第2章:ベンチャー企業向けアンケート調査 第3章:大学発ベンチャー 第4章:海外のベンチャーキャピタルによる投資の動向 レポート・コラム <資料> 政府・関連団体のベンチャー支援一覧 <第2部>データ編 ベンチャーキャピタル投資動向調査

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
66

将来の日本を背負う若きスタートアップ起業家のために 経営のプロ「なぜおば社長」が 起業即倒産を防ぐためのノウハウを伝授。 スタートアップがトレンドである。大きな夢を描くのは決して悪いことではありませんが 実際に山あり谷ありの経営を経験したプロの経営者による「真のノウハウ」がなければやがて倒産の危機を招いてしまうでしょう。商社設立 平鍛造の立て直し 工場現場の安全性や生産性の改善など 著者である平美都江が経験してきたことをもとに 起業・経営に欠かせない10の原則を 具体例とともに伝えていきます。 ■序章 52年間の決算書から見える「経営の極意」 ■第1章 ライバル分析の原則~競合を徹底調査し 自社の方向性を決める~ ■第2章 3分割の原則~何事もリスク分散は3で! 生き残る~ ■第3章 現金最優先の原則~増収増益の魔力に惑わされるな! 悪い利益もある!~ ■第4章 アップデートの原則~絶え間なく改善&検証~ ■第5章 スピードの原則~遅くなったら負ける!~ ■第6章 設備投資の原則~労力軽減・省人化・省時間化・省エネに積極投資!~ ■第7章 報酬の原則~社長の報酬は全従業員の年間給与総額を取る~ ■第8章 自己責任の原則~従業員任せで利益爆発の会社ができるのでしょうか? 世界の富豪はしゃかりき働いている!~ ■第9章 トップ営業の原則~すべては営業から始まる~ ■第10章 コンプライアンスの原則~どんなに苦しくても違法なことに手を出さない~ ■終章 最大の効果が出ることから改善をスタートすることこそ王道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
66

14人の起業家のプロファイルを取り上げ、深く掘り下げたアントレプレナーの現代史である。 投資家たちはベンチャー企業のビジネスモデル、起業家の人物を見て投資をすると言う。14人の起業家のプロファイルを取り上げ掘り下げたアントレプレナーの現代史である。(発行=BOW&PARTNERS)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
66

学歴や職歴よりまず行動 行動を起こすものだけがすべてを制する。40代でも間に合う「起業」という成長戦略。 兄・成田悠輔のひと言がきっかけだった●会社員であることは人生のリスクであるあえてレールから外る者が勝つ時代40代でも間に合う「起業」という成長戦略●学歴や職歴は関係ない 行動を起こすものだけが全てを制する偏差値の高い大学を卒業して有名企業に入り コツコツと仕事をこなして 定年を迎える。そんなかつての成功モデルは いまやリスクでしかない。失敗を恐れず 1つの場所に固執しない。副業 独立 社内起業 転職 そしてスタートアップ起業を視野に入れる学生・会社員必読の書。●"ホームラン級のリターン"は「起業」という冒険からパチンコ 麻雀 女 酒 タバコを欠かさず ほぼニート状態の父親。それに母親が共依存するという複雑な家庭環境に育った。14歳のとき 父親が自己破産のうえ失踪。貧しい生活を支えた母親は病に倒れ 半身不随になってしまった。苦境のなか 独学で大学に合格 奨学金を得た。そして 兄がくれた本をきっかけに「起業」を志した青年は 「ユーグレナ」や「ラクスル」の社長と出会い 体当たりで学生起業家の道を歩むようになる。20歳のときに学生起業して 昼夜を問わず大奮闘。しかし 最初のチャレンジは失敗に終わった。ところが 起業にかける夢と情熱は 次なる展開へとつながった。創業したばかりのベンチャー企業に4人目のメンバーとして参画し 3年で株式上場を果たし 全国規模にまで大きく成長させた。金なし コネなしのふつうの学生が なぜ成功できたのか? 本書は起業を通じた人生の指南書。何歳でも起業・独立・副業でビジネスを展開するときには役立つ内容。これからは会社員であっても 自分で事業をつくれると強い。その思考法 ノウハウを全公開する。40代でも間に合う「起業」という成長戦略。"ホームラン級のリターン"は「起業」という冒険から。40代でも間に合う「起業」という成長戦略。 第1章 借金まみれの家庭から覚醒した起業家人生 社会不適合者の父 暗闇の中でもがく日々 母親が脳出血で倒れ半身不随に それでも環境を恨まない 兄からもらった本36冊のリスト 東大合格を戦略的に目指してみた 「起業」に向かわせた2冊の本 これから必須の起業家マインド 第2章 スタートアップは日本に残された唯一の希望 世界にとり残される日本― 日本が貧しくなった30年間 日本で世界的企業が生まれにくい理由 「大企業が安泰」は過去のもの 少なくとも転職は当たり前 テクノロジーが専門職の仕事を奪う 「人生100年時代」に求められる変化対応力 「安定志向だから大企業」は思考停止 第3章 5つの起業戦略~副業・独立・社内起業・転職・スタートアップ起業 起業家マインドで自分に合った働き方を選ぶ 副業 先端企業の社員の40%は副業する時代 独立 労働人口の半分がフリーランスになる時代 社内起業 会社員として新規事業を立ち上げる 転職 今もっとも魅力的な就職先はスタートアップ スタートアップ起業 高難度だが夢がある チームは少数精鋭がいい 若いときの起業の失敗にリスクはない 第4章 自分の人生は自分でマネジメントする 「何からはじめるべきか? 」を考えすぎない コンフォートゾーンを飛び出せ 見つけた自分の強みを育てる 「アンラーン」がキャリアアップの鍵を握る 3つの視点で自分を深く顧みる リスクのないところにリターンはない ローリスクこそハイリスクという落とし穴

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
66

中小企業論・起業論・ベンチャー企業論を網羅する,経営学のテキスト。経済学・社会学・心理学等隣接諸分野の理論・概念で学ぶ。 伝統的な家族経営等をめぐる中小企業論から,SOHO的なスモール・ビジネスに着目する起業論,現代に特有のIT系スタートアップ他を扱うベンチャー企業論まで。時間的にも空間的にも多様な現実を,さまざまな理論・概念を学びながら説き明かす。 序 章 なぜ今,中小企業・スタートアップなのか 第1章 ものづくり中小企業の歴史的展開 第2章 中小・同族企業の経営 第3章 中小企業とサプライヤー・システム 第4章 中小企業と社会ネットワーク 第5章 起業の民主化と理論的視角 第6章 起業家の認知 第7章 起業と組織 第8章 起業をめぐる環境 第9章 ベンチャーとスタートアップ 第10章 プラットフォーム・ビジネス 第11章 スピンアウトとスタートアップ 第12章 アントレプレナー・エコシステム 第13章 起業とグローバリゼーショ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
66

世界的経営学者、サラス・サラスバシー教授によってまとめられた優れた起業家の思考法、エフェクチュエーションの日本初の入門書 世界的経営学者、サラス・サラスバシー教授によってまとめられた優れた起業家の思考法、エフェクチュエーションの日本初の入門書

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
66

バックオフィスはこれだけでOK!  必須の基礎知識から給与計算実務まで社労士が解説! ●2023年の法改正事項(残業代請求の時効期間変更,時間外手当の割増率引上など)に対応。 ●スタートアップ企業が,すべきこと,したほうがいいこと,しないほうがいいこと,してはいけないことを紹介。 ●クラウド型給与システムを使用する場合の留意事項を解説。 ●労務コンプライアンス調査の指摘事例など具体的な実例をあげ,特に注意すべき事柄はポイント解説。 ●「在宅勤務者の会社への交通費は通勤手当?」など相談Q&A。 ●《付録》人数規模別・業種別 各種届出・選任基準一覧表 はじめに スタートアップ企業の労務ご担当者様に特にお伝えしたいこと:クラウドツールの活用について 第1章 2023年 注目の法改正事項  残業代請求の時効がいよいよ3年時代へ(将来的には5年へ)  2023年4月以降労働分の時間外手当について:残業時間が60時間超の場合,50%増しへ 第2章 最近よくお問い合わせを受けるご相談10選  Q1 在宅勤務者の会社への交通費は通勤手当?  Q2 定額残業代制度(みなし残業制度)って何?  Q3 社員紹介にあたって紹介料として一時金を支給したい(リファラル採用,社員紹介制度)  Q4 そもそもの社会保険や労働保険の加入について  Q5 インセンティブや歩合給を支給したい  Q6 賞与を年4回以上出したらダメ?  Q7 裁量労働制って何? フレックスタイム制との相違点は?  Q8 深夜労働の賃金の割り増しは必要? 何時から?  Q9 最近のクラウド勤怠・給与システムでお勧めは?  Q10 36協定(サブロク協定)ってよく聞くけど,どんな書類? 第3章 労働契約,業務委託契約,労働者派遣契約,出向契約とは?  ・労働契約とは  ・労働契約と業務委託契約の違い 第4章 就業規則,36協定及びその他の労使協定  ・就業規則の作成  ・36協定は必ず締結しましょう  ・見落としがちな労使協定 第5章 労働時間,休日,休暇,安全衛生:スタートアップで意識したいポイント  ・労働時間とは  ・労働時間と時間外労働について  ・休日と休暇  ・振替休日と代休 第6章 労働時間制度(フレックスタイム制など)のポイント   ・労働時間制度について  ・労働時間制度の詳細(フレックスタイム制など)  ・労働時間の適正把握とは 第7章 外国人雇用,障害者雇用,無期転換,安全衛生などの留意事項  ・外国人雇用の留意点  ・障害者雇用について  ・無期転換ルールとは  ・安全衛生関係  ・法定帳簿とは  ・労働基準監督署の監督対応 第8章 クラウド型給与計算システムを使用する場合の留意事項6選  ・給与計算業務を行う上で特に重要な事項 第9章 労務コンプライアンス調査業務における指摘事項例  ・労務コンプライアンス調査(労務デューデリジェンス)について 第10章 バックオフィス実務で特に注意したいポイント(管理監督者,退職勧奨など,休職規定)  ・管理監督者について  ・休職制度について  ・退職勧奨,本採用拒否,雇止め 【付録】人数規模別,業種別 各種届出・選任基準一覧表  執筆者紹介

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
66

「理論を通した考察」と「実証的な分析を通したエビデンス」をもとに直感的にわかりやすく解説する新しい入門テキスト。 誰がアントレプレナーとなるのか? 創業時に直面する課題は何か? どのような企業が生き残るのか? 政府に求められる支援は何か? 「理論を通した考察」と「実証分析に基づいたエビデンス」をもとに直感的にわかりやすく解説する新しいスタンダード・テキスト。 第1章 スタートアップ:新しい企業について学ぶ意義は何か 第2章 スタートアップの経済効果:「企業の誕生」はいかなる恩恵をもたらすのか 第3章 スタートアップの個人要因:誰が「アントレプレナー」になるのか 第4章 スタートアップの環境要因:アントレプレナーを輩出する背景は何か 第5章 創業時に直面する課題:必要な資金を誰からどのように調達するのか 第6章 組織と戦略のデザイン:誰とチームを組み,いかなる策をとるのか 第7章 イノベーション戦略:なぜ「果実」を得るのが容易でないのか 第8章 企業の生存:退出は常にバッド・ニュースなのか 第9章 企業の成長:高成長のための特効薬はあるのか 第10章 スタートアップの公的支援:創業に対する「介入」はなぜ必要なのか 付録 「スタートアップの経済学」のための学習ガイド

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search