【2024年】「it業界」のおすすめ 本 97選!人気ランキング

この記事では、「it業界」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 世界一わかりやすい IT業界のしくみとながれ
  2. 改訂版 就活、転職の役に立つ デジタル・IT業界がよくわかる本 (マスナビBOOKS)
  3. IT業界徹底研究 就職ガイド2024年版 (日経BPムック)
  4. IT用語図鑑: ビジネスで使える厳選キーワード256
  5. 就活、転職の役に立つ デジタル・IT業界がよくわかる本 (マスナビBOOKS)
  6. 図解入門業界研究 最新コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本 [第4版] (How-nual図解入門業界研究)
  7. イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本
  8. リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
  9. スッキリわかるJava入門 第3版 (スッキリわかる入門シリーズ)
  10. 独習PHP 第4版
他87件
No.3
84
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
63
みんなのレビュー
コレ一冊読めばWeb技術の基本が分かる!新しいテクノロジーが登場しても基本となるWebの技術は非常に大事だし活きる!IT系の仕事に付く人はまずこの書籍を読んで基本を固めるべし!
No.10
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
61

仕事における様々な場面ごとに必要な知識を図解解説。官公庁・業界団体の基礎データを書籍とウェブに連動掲載。業界人をモデルにしたキャラが明かす本音の話。 序章 IT(情報サービス)業界の基本 1章 IT(情報サービス)業界の市場 2章 開発会社のしくみ 3章 システムの基本 4章 システムの提案と要件定義 5章 システムの設計と開発 6章 システムの導入と運用管理 7章 開発会社の新しいながれ 終章 IT(情報サービス)業界のこれから

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
58
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
57

プロダクトマネジメントの考え方と行動について解説!プロダクトマネジメントは理論的には人々に愛されるプロダクトを作ることであり、ビジネスゴールとユーザニーズを計測することとされていますが、実際は、問題に直面しているプロダクトを改良するための粘り強い取り組みであり、ビジネスの「ゴール」が何かを明らかにするために執拗に働きかけることです。プロダクトマネジメントにおけるあいまいさや矛盾、不本意な妥協を紹介し、プロダクトマネージャーに必要な考え方と日々の行動、過ごし方を解説します。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
57

コンピューター&テクノロジー解体新書

ロン・ホワイト
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
57
みんなのレビュー
ディープラーニングの概要は分かっているし機械学習はある程度理解しているつもりだけど、ディープラーニングの中身はちゃんと理解できていない人にぜひ読んで欲しい書籍。ディープラーニングは一旦これ1冊読んでおけば問題なし。複雑で難しい印象だったディープラーニングがこれを読むだけで一気に身近なものになる。
No.27
57

AI 2041 人工知能が変える20年後の未来

カイフー・リー(李 開復)
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
57

サーバーの全体像から構築や導入まで解説。現場の実態や出来事など、最新動向にも対応. 全体像から構築や導入まですべて図解 確かな知識がつく「使える教科書」 【本書のポイント】 ・解説とイラストがセットで理解しやすい ・「サーバーは何をしているのか?」その役割がわかる! ・考え方から技術、運用方法までを網羅 ・キーワードから知りたい項目を調べやすい ・AI、IoT、ビッグデータ、RPAとの関連が理解できる! ・現場の実態や出来事など、最新動向にもしっかり対応! ・ビジネスパーソンに必須の知識に絞って解説! ・管理者にも開発者にも役立つ基本がわかる こんな方におすすめ! ・サーバー全体の概要を知りたい方 ・サーバーのイメージがわかなくて困っている方 ・サーバーに関わる技術と機器の役割を知りたい方 ・現場の実態や出来事など、最新動向についても知りたい方 【内容紹介】 サーバーはシステムの要であり司令塔。 サーバーを理解することはシステムを理解することに等しいです。 そこで、本書では見開きで 1つのテーマを取り上げ、 図解を交えて解説しています。 最初から順に読んで 体系的な知識を得るのはもちろん、 気になるテーマやキーワードに 注目しながら読むなど、 状況に合わせて活用してください。 目次 第1章 サーバーの基本~司令塔としての3つの形態~ 第2章 ハードウェアとしてのサーバー~多様性とPCとの違い~ 第3章 サーバーで何をするか?~仮想化と周辺機器~ 第4章 クライアントに対応する役割~配下のコンピュータの要求に対応するサーバー~ 第5章 メールとインターネット~メールやインターネットで利用されるサーバー~ 第6章 サーバーからの処理と高性能な処理~デジタル技術のサーバー~ 第7章 セキュリティと障害対策~脅威に応じた対策、装置・データでの違い~ 第8章 サーバーの導入~構成・性能見積り・設置環境~ 第9章 サーバーの運用管理~安定稼働を実現するために~ 第10章 事例とこれから~経営に貢献するITと近未来のサーバー~ 第1章 サーバーの基本~司令塔としての3つの形態~  1-1 サーバーを理解することはシステムを理解すること  1-2 サーバーはシステムの司令塔  1-3 クライアントからの要求に対応して処理を実行する形態  1-4 サーバーから能動的に処理を実行する形態  1-5 高い性能を活用した形態  1-6 サーバーに接続する機器  1-7 瞬発系か持久系か?  1-8 システムをモデル化して整理する  1-9 基本的なシステム構成  [やってみよう]クラサバアプリを作る/共有したい情報の例 第2章 ハードウェアとしてのサーバー~多様性とPCとの違い~  2-1 PCとの構成の違い  2-2 PCとの性能の違い  2-3 サーバーのOS  2-4 サーバーの仕様  2-5 多様な形状  2-6 サーバーのスタンダードPCサーバー  2-7 サーバーのグレード  2-8 ネットワークの基本はLAN  2-9 サーバーの設置場所  2-10 クラウドサービスの種類  2-11 クラウドのメリットと留意すべきポイント  2-12 メインフレーム、スーパーコンピュータとの違い  2-13 サーバー専用のソフトウェア  [やってみよう]クラサバアプリを作る~HTMLファイルを作成する~/共有したい情報の例 第3章 サーバーで何をするか?~仮想化と周辺機器~  3-1 最初はシステム、次にサーバー  3-2 システムの規模で構成は変わる  3-3 本当にサーバーが必要か?  3-4 配下のコンピュータをどのように見ているか?  3-5 配下のコンピュータとのデータのやりとり  3-6 ルータとの機能の違い  3-7 サーバーの仮想化とデスクトップ仮想化  3-8 テレワーク、働き方改革の実現  3-9 ネットワークの仮想化  3-10 すぐに使えるサーバー  3-11 サーバーのディスク  [やってみよう]クラサバアプリを作る~システム構成を考える~ 第4章 クライアントに対応する役割~配下のコンピュータの要求に対応するサーバー~  4-1 ユーザーの目線で考える  4-2 ファイルの共有  4-3 プリンターの共有  4-4 時刻の同期を取る  4-5 IT資産の管理  4-6 IPアドレスの割り当て  4-7 IP電話を制御するサーバー  4-8 個人認証を支えるサーバー  4-9 業務システムのサーバー  4-10 基幹系のシステムERP  4-11 デジタル技術の代表選手のひとつIoTサーバー  4-12 ファイルサーバーに見るWindowsとLinuxの違い  [やってみよう]NTPサーバーの設定/設定画面の例 第5章 メールとインターネット~メールやインターネットで利用されるサーバー~  5-1 メールとインターネットを支えるサーバー  5-2 メールを送信するサーバー  5-3 メールを受信するサーバー  5-4 Webサービスの提供に不可欠のサーバー  5-5 ドメインとIPアドレスの紐づけ  5-6 ブラウザとWebサーバー間の暗号化  5-7 インターネットを通じてのファイル転送・共有  5-8 外部からメールを見たいときに利用するサーバー  5-9 インターネット通信の代行  [やってみよう]DNSサーバーと通信する/nslookupコマンドの表示例 第6章 サーバーからの処理と高性能な処理~デジタル技術のサーバー~  6-1 組織の目線で考える  6-2 システム運用の監視  6-3 IoTとサーバーの関係  6-4 RPAとサーバーの関係  6-5 継続的な業務改善  6-6 AIとサーバーの関係  6-7 ビッグデータとサーバーの関係  6-8 ビッグデータを支えるソフトウェア技術  [やってみよう]AI化に向けたデータの整備~データ項目の抽出~/量販店のケース/お客様の様子をデータ項目にする 第7章 セキュリティと障害対策~脅威に応じた対策、装置・データでの違い~  7-1 システムで何を守りたいか?  7-2 脅威に応じたセキュリティ対策  7-3 情報セキュリティポリシーを意識する  7-4 外部と内部の壁  7-5 緩衝地帯  7-6 サーバー内セキュリティ  7-7 ウイルス対策  7-8 障害対策  7-9 サーバーの障害対策  7-10 ネットワークとディスクの障害対策  7-11 データのバックアップ  7-12 電源のバックアップ  [やってみよう]AI化に向けたデータの整備~データの作成~/データの作成と整備 第8章 サーバーの導入~構成・性能見積り・設置環境~  8-1 変わりゆくサーバーの導入(1)  8-2 変わりゆくサーバーの導入(2)  8-3 システム構成について考える  8-4 サーバーの性能見積り  8-5 性能見積りの例  8-6 サーバーをどこにどのように置くか?  8-7 サーバーの電源  8-8 IT戦略との整合性の確認  8-9 サーバーは誰が管理するか?  8-10 サーバーのユーザーは誰か?  8-11 システム開発工程に見るサーバーの導入  [やってみよう]基本的な2つのテーマ/その1 サーバーを見る/その2 サーバーやシステムとの関係 第9章 サーバーの運用管理~安定稼働を実現するために~  9-1 稼働後の管理  9-2 障害の影響  9-3 運用管理の基本  9-4 運用管理のお手本  9-5 サーバーの性能管理  9-6 ソフトウェアの更新  9-7 障害対応  9-8 システム保守とハードウェア保守の違い  9-9 サービスレベルの体系  [やってみよう]システム情報を収集する/systeminfoコマンドの表示例 第10章 事例とこれから~経営に貢献するITと近未来のサーバー~  10-1 企業にサーバーはどれだけあるのか?ケーススタディ(1)  10-2 企業にサーバーはどれだけあるのか?ケーススタディ(2)  10-3 経営や事業に貢献するIT  10-4 近未来のサーバーとシステム  [やってみよう]次世代のサーバーについて考える/データの在りかとサーバー/あなたの考える次世代のサーバー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
57

The Work of the Future:AI 時代の「よい仕事」を創る

デヴィッド・オーター
慶應義塾大学出版会

MITタスクフォースの大規模調査が教える「未来の働き方」。テクノロジーの進歩と労働の現状を踏まえて近未来を予測する。 MITタスクフォースの大規模調査が教える「未来の働き方」テクノロジーの進歩と労働の現状を踏まえて近未来を予測するマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者チームによる「未来の仕事」プロジェクトが、テクノロジーと労働の行く末を精査する。AIなどの技術進歩の影響と労働者の環境の問題や改革、イノベーションのための政策を提案する。 序文(ロバート・M・ソロー) 第Ⅰ部 第1章 イントロダクション 第2章 労働市場と経済成長 第3章 テクノロジーとイノベーション 第Ⅱ部 第4章 「よい仕事」のための教育と訓練 第5章 雇用の質をどう改善するか 第6章 イノベーションを生む制度 第7章 結論と政策提言

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
57

改訂新版 Webエンジニアの教科書

石橋 尚武
シーアンドアール研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
57

最新 基本パソコン用語事典 [第5版]

秀和システム編集本部
秀和システム
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
56

国家は平然と嘘をつく。その虚偽を真っ先に暴いてみせたのは無名の調査報道集団だった。世界中が注目する彼らの活動を初公開する。 国家は平然と嘘をつく。その虚偽を真っ先に暴いたのは大手メディアではなく、オンラインに集う無名の調査報道集団だった。世界中が注目する彼らの活動を初公開。 国家は平然と嘘をつく。その虚偽を真っ先に暴いたのは大手メディアではなく、オンラインに集う無名の調査報道集団だった。世界中が注目する彼らの活動を初公開。 平然とウソをつく権力者に ふつうの市民がいかにして立ち向かうか。  大手メディアも驚くほどの速さと正確さで次々にスクープを飛ばし、いまや世界中から注目される調査報道ユニット〈ベリングキャット〉。シリア政府の戦争犯罪をあばき、ロシアの暗殺者の身元を特定し、ウクライナで民間機を撃墜した黒幕をも突き止める。いったいかれらは何者なのか? なぜそんなことが可能なのか?  始まりは、キッチンテーブルで見た〈アラブの春〉の現地動画だった。ここはどこだ、映っているのは本物なのか。オンラインゲームにはまっていた著者は、ネット上に集った仲間とともに、独学でまったく新しい調査手法を作り上げてゆく。  かれらが使うのは、SNSの投稿や流出した名簿など公開された情報のみ。フェイクもプロパガンダも混在するウェブ情報のなかから、権力者たちが望まない真実へたどりつくのだ。  権力者は平然と、見えすいたウソをつく。その虚偽を覆すことは私たちにも可能だ──。ポスト真実の時代に生まれたデジタルハンターたちの活躍を描く。 第1章 ラップトップ上の革命──ネット調査の可能性に気づく マスコミ瀕死、ニュース万歳/シリア──取材のできない戦争/情報戦争と樽爆弾/『ニューヨーク・タイムズ』の第一面/化学兵器の露見/どこまで行けるか 第2章 〈べリングキャット〉の誕生──探偵チームの形が整う 知らぬ者どうしの集まり/欺瞞と証拠/モスクワを指弾した学生/凶器の「指紋」/世界じゅうの探偵 第3章 事実のファイアウォール──デジタル・ディストピアへの反撃 反・事実コミュニティ/防火壁を築く/ネットの憎悪が実社会へ/罠を無効化する/一般の人々を巻き込む 第4章 ネズミが猫をつかまえる──スパイ事件が時代を画する事例に オープンソースの範囲を越える/仮面を吹き飛ばす/第三の男/29155部隊と「研究所」/リスク 第5章 次なるステップ──正義の未来とAIのパワー 未来の戦争のための青写真/AIの危険と可能性/ここからどこへ 補遺 暗殺者と対決──〈べリングキャット〉、暗殺団に電話する 「チーム」が真のチームに/ベルリンのオートバイ殺人 あとがき──日本の読者のみなさんへ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
56
みんなのレビュー
営業について科学的に説明してくれる本書。営業マンであれば絶対に読むべき書籍だと思う。この本を読んで営業力を身につけていきましょう!
No.47
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
56

スタートアップ的人生(キャリア)戦略

リード・ホフマン
NewsPicksパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
56

開発・Web制作で知っておきたい頻出キーワード256

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
56
みんなのレビュー
メタバース世界で活動するバーチャル美少女ねむによる、メタバースの今が分かる書籍。ビジネス観点というよりも実際にメタバースを利用する消費者側の今が学べる。
No.63
56

インフラエンジニアの教科書

佐野 裕
シーアンドアール研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
56
みんなのレビュー
超人気のUdemy講師酒井さんの書籍。この書籍さえ一通り読んでおけばPythonは問題ないといっても過言ではないくらい網羅性があって分かりやすい。
No.68
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
56

みずほ、迷走の20年

河浪 武史
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
56

SEの仕事の成否を分けるのは、コミュニケーションとマネジメントだった!業務システム開発の本質は「人」にあるということをいち早く見抜き、20年以上にわたって開発プロジェクトを次々に成功させてきた著者が、その成功の秘密を公開するSE必読の書。2006年の初版発行以来、増刷に増刷を重ね、No.1マニュアルとして全国のSEから絶賛されてきた『SEの教科書』が、続編『SEの教科書2』とあわせて改訂・完全版で登場。 第1部 成功するSEの考え方、仕事の進め方(SEの仕事は「人」が9割 失敗の原因はコミュニケーション不足 マネジメントが成否の鍵 コミュニケーション重視の会議術-準備編 コミュニケーション重視の会議術-実践編 プロジェクト初期段階の仕事術 成果物作成の仕事術 顧客業務分析の仕事術 設計・実装・テストの仕事術 プロジェクト運営の仕事術 業務システム開発は「伝言ゲーム」) 第2部 成功するSEのプロジェクト計画・運営術(名ばかりプロジェクトマネジメント 誤解がプロジェクトを破綻させる 上流工程はすべて計画活動 本当の計画、名ばかりの計画 ネットワーク図による計画作成術(アナログ式) ネットワーク図による計画作成術(デジタル式) ネットワーク図による計画の最適化 IT業界が日本を救う)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
56

Ruby on Rails 6 超入門

津耶乃, 掌田
秀和システム
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
56

徹底攻略Rails4技術者認定シルバー試験問題集

株式会社システムシェアード 山田裕進
インプレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search