【2024年】「意思決定」のおすすめ 本 140選!人気ランキング

この記事では、「意思決定」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
  2. ビジネスフレームワーク図鑑: すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70
  3. ブランディングの教科書 ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる
  4. インプット・アウトプットが10倍になる読書の方程式
  5. 無駄な仕事が全部消える超効率ハック――最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ
  6. 問題解決力を高める「推論」の技術
  7. 伝え方が9割
  8. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  9. プロフェッショナルマネジャー
  10. THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス
他130件
No.2
83
みんなのレビュー
ビジネスフレームワークが図解で学べる。誰もが知っているビジネスでも実際にビジネスモデルは分からないことが多い。この書籍のビジネスフレームワークを一通り頭に叩き込んでおくことで色んなケースに応用が効く。
No.7
78
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.10
75
みんなのレビュー
SaaS系のプロダクトをどうやってスケールさせていくかの緻密な営業戦略が学べる。このスキームに沿ってほとんどのSaaS企業が営業組織を作っている。SaaS系を目指す経営者やSaaS系で働く会社員は全員読んでおいて損しない1冊。
No.11
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
75

管理問題の発生と展開 管理の構造と発展 ヒトの管理をめぐる変遷 人的資源管理としての日本型雇用とその変容 企業内教育訓練・能力開発の課題 労働時間管理の変化と働く者のニーズ 賃金管理と処遇問題 多様な紛争解決システムと労働組合 日本型人的資源管理の行方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
75

意思決定論について、幅広い意思決定の理論やモデルを網羅しつつ、基礎となる考え方をわかりやすい例を通して丁寧に解説する入門書。 わかりやすく丁寧な、意思決定論入門の決定版。意思決定論は、「どのように意思決定をするのか?」「どのような意思決定をすべきか?」について研究する学問分野です。意思決定論を学ぶと、どのような点が、どうして難しいのか、そしてどこまでは合理的に考えられるのか、ということの理解が深まります。意思決定がすんなりいかない場合でも、論理で対処できる部分については、意思決定論を学ぶことで改善できます。本書は、幅広い意思決定の理論やモデル(不確実性下の意思決定、ゲーム理論、社会選択理論など)を網羅しつつ、基礎となる考え方を、わかりやすい例を通して丁寧に解説する入門書です。本書で展開する意思決定論の大部分は、数学でつまずかないよう、四則演算と簡単な確率計算を用い、論理の積み重ねや図解で理解できるように構成しました。また、各章の数学的補足では、高校数学程度の数式で本文の内容を整理し、意思決定の数理の基礎が学べるようにしています。なお、本書では経営に関する事例を多く用いていますが、ほとんどの内容は、経営以外の分野、さらには日常の様々な意思決定にも応用可能ですので、経営学、経営工学、経済学、政治学、社会学、心理学など、意思決定に関わる人・組織への興味や関心をもつ多くの方々にお読みいただけます。章末には演習問題と参考になる文献のガイドを掲載し、独習に、また大学の学部における意思決定論の講義の教科書としても、使いやすいようまとめました。 第1章 はじめに-意思決定の問題と構造 第2章 不確実性下の意思決定 第3章 戦略的意思決定 第4章 多目的意思決定 第5章 集団意思決定 第6章 数理最適化 第7章 合理的意思決定・再考

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
69
みんなのレビュー
偉大な企業をどうやって作るかについて実在する企業へのヒアリングを経てまとめた書籍。サイバーエージェント藤田氏のバイブルであり、起業家を目指す人は一読しておくとよいかもしれない。起業家の自伝みたいな感じではないので少々読みにくい部分もあり。
No.26
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
67

ロジカル・シンキング入門

茂木 秀昭
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
67

[新版]競争戦略論I

マイケル E. ポーター
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
67
みんなのレビュー
かなり分厚い本だが、全てのビジネスパーソン必読の本。一連のストーリーが戦略の根幹にあるという話を具体的な事例とともに学べる。特にガリバーのストーリーは惹き込まれた。パーツパーツで見ると一見非合理だけどストーリーとして繋げてみると合理的な戦略を形作ることで競争優位性を得ることができる。
No.42
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
66

[新版]競争戦略論II

マイケル E.ポーター
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
66
みんなのレビュー
スタートアップを立ち上げるために必要なリーンスタートアップという考え方を学ぶために読んだ。今の時代、スタートアップでも大企業でもどんな組織でもリーンスタートアップの考え方は重要で、小さいことをクイックに行い小さい成功をおさめてそこから雪だるま式に大きくしていくことが大事。小さい状態で失敗しても大きな痛手ではないので、とりあえず作ってみて検証する!ただ小さくはじめると小さくおさまってしまうという考え方も提唱している人がいて面白いと思った。イーロン・マスクなどはスペースXを起業する際に小さくなんか始めていない。出来るだけクイックに動いていたが最初から巨額の投資をしていた。イーロンはPaypalの売却益で巨額の富を得ていたからという人もいるが、それでも足りないくらいの額を突っ込んでいる。巨額の富を得ると、そこから小さく色んなところに投資してどれか当たればよいという考えてしまうケースが多い気がするが、本当に偉大なことを成し遂げたいのであれば小さく始めるという思考を取り払って大きく勝負に出ることも必要かもしれない。
No.55
65

スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考

籠屋 邦夫
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
65

SUPER THINKING

WEINBERG, GABRIEL
Portfolio
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
77
みんなのレビュー
組織のトップとしてのあるべき姿を説く書籍。この本に書いてある内容は自分の想像するリーダー像と違いすぎて驚いた。確かに組織を大きくして社会にインパクトを与えるためにはこの本の中で書かれているリーダーの仮面が必要なのかもしれないが、私はそんなことまでしてリーダーで居続けて何が楽しいのかなと思ってしまう。旧式の企業にはハマるがこれからの時代にはハマらない考え方な気がする。自分自身も会社を経営する身として参考にしつつもこの本の中で語られているリーダーとは違う姿を模索したい
No.58
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
65

即決営業

堀口龍介
サンマーク出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
65
みんなのレビュー
コンサルを目指している人やロジカルシンキングを身に着けたいビジネスパーソンに圧倒的におすすめな書籍。コンサルのフレームワークは抽象論ばかりで具体的な実務につなげるのが難しい場合が多いが、この書籍を読めば実務につなげるイメージが間違いなく湧く。ストーリー形式で話が進み、スラスラ読める。物語としても面白い。
No.67
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
65

PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則

レイ・ダリオ
日経BP 日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
75
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.88
64

Principles: Life and Work

Dalio, Ray
Avid Reader Press / Simon & Schuster
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.101
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.104
64

Sales Enablement アカウント型BtoB営業における営業力強化

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 河村亨
ブイツーソリューション
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.106
64
みんなのレビュー
大好きな漫画。ビジネス書としても多くの経営者に読まれている。合戦の戦略や考え方、そしていかに周りを巻き込み成り上がっていくか、部下を束ねて強い組織を作っていくかなどが学べる。
No.107
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.108
64

シン・営業力

天野眞也
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.111
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
75

君主論 (岩波文庫 白 3-1)

ニッコロ マキアヴェッリ
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.118
64
みんなのレビュー
営業について科学的に説明してくれる本書。営業マンであれば絶対に読むべき書籍だと思う。この本を読んで営業力を身につけていきましょう!
No.119
75

AI分析でわかった トップ5%リーダーの習慣

越川 慎司
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
75

リスク 上: 神々への反逆

ピーター バーンスタイン
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.125
64
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.130
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.131
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.133
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.134
75

EQの提唱者ゴールマン博士が、コンピテンシー研究の権威ボヤツィス教授と共同で、EQとリーダーシップ、そしてビジネスでの成功の関係を鮮やかに解き明かす。欧米有名企業の実例を豊富に盛り込み、優れた「EQ型リーダー」になる方法をあなたに伝授する。 第1部 六つのリーダーシップ・スタイル(リーダーの一番大切な仕事 共鳴型リーダーと不協和型リーダー EQとリーダーシップ 前向きなリーダーシップ・スタイル-ビジョン型、コーチ型、関係重視型、民主型 危険なリーダーシップ・スタイル-ペースセッター型と強制型) 第2部 EQリーダーへの道(EQリーダーを作る五つの発見 EQリーダーへの出発点 理想のリーダーシップをめざして) 第3部 EQの高い組織を築く(集団のEQをどう高めるか 組織の現実、組織の理想 進化しつづける組織)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search