【2024年】「ゲーム理論」のおすすめ 本 55選!人気ランキング

この記事では、「ゲーム理論」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ゼミナールゲーム理論入門
  2. 一歩ずつ学ぶ ゲーム理論 -数理で導く戦略的意思決定-
  3. ゲーム理論・入門 新版--人間社会の理解のために (有斐閣アルマ)
  4. ビジュアルゲーム理論
  5. 図解で学ぶゲーム理論入門
  6. 経済学のためのゲーム理論入門
  7. 行動ゲーム理論入門 第2版
  8. ゲーム理論〔第3版〕
  9. ゲーム理論ドリル
  10. 活かすゲーム理論 (y-knot)
他45件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
94

オークション等の注目のトピックスを盛り込み,解説をさらに丁寧に初学者にわかりやすく,新たに2色刷としてさらに読みやすく一新。 基礎から新しい研究成果までをカバーし,楽しみながらゲーム理論のエッセンスとその考え方を学べるスタンダードテキストの新版。オークション等の注目トピックスを盛り込み,さらに丁寧な解説でわかりやすく,新たに2色刷としてさらに読みやすく一新。 第1章 ゲーム理論とは何だろうか? 第2章 選択と意思決定 第3章 戦略ゲーム 第4章 ナッシュ均衡点 第5章 利害の対立と協力 第6章 ダイナミックなゲーム 第7章 繰り返しゲーム 第8章 不確実な相手とのゲーム 第9章 交渉ゲーム 第10章 グループ形成と利得分配 第11章 進化ゲーム 第12章 ゲーム実験

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
84

ビジュアルゲーム理論

渡辺隆裕
日経BPM(日本経済新聞出版本部)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
84

図解で学ぶゲーム理論入門

天谷 研一
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
73
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
73

ゲーム理論を応用して実際に使えるようになるために,事例をもとにモデル化のコツを初学者向けに丁寧に解説した画期的な入門書。 ゲーム理論を応用して実際に使えるようになるために,モデル化のコツを初学者向けにわかりやすく解説した画期的な入門書。身近な話題やビジネス,政治,社会問題など幅広い事例を分析。経済学だけではなく,経営学や政治学などを学ぶ読者にも最適な一冊。 序 章 ゲーム理論という武器を持って 第1章 誰がためにサクラエビを分けるのか:支配戦略 第2章 ゲーム機の仁義なき戦い:ナッシュ均衡 第3章 運を天に任せない:混合戦略 第4章 均衡へ向かって進め:進化動学 第5章 信じられる脅し:部分ゲーム完全均衡 第6章 情けは人の為ならず:繰り返しゲーム 第7章 戦争が終わるとき:ベイジアン・ナッシュ均衡 第8章 内容のない広告が教えてくれること:完全ベイジアン均衡 終 章 「活かすゲーム理論」のスゝメ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
71

基礎~応用の豊富な演習と丁寧な解説で,ゲーム理論の考え方と問題を解く力が確実に身に付く。ウェブサポートも充実で独習にも最適。 基本から応用・発展まで,豊富な演習と丁寧な解説。本書の4つのステップ:要点整理→理解度チェック→演習問題→練習問題,を着実に進んでいくことで,ゲーム理論の考え方と問題の解き方を確実に身につける。ウェブでは解答・解説や追加問題などのサポートも充実。 はじめに(本書の使い方) 第1章 選択と意思決定 第2章 戦略ゲームとナッシュ均衡点 第3章 ダイナミックなゲーム 第4章 繰り返しゲーム 第5章 不確実な相手とのゲーム 第6章 交渉ゲーム 第7章 グループ形成と利得分配 第8章 進化ゲーム

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
69

日本企業はなぜ値上げができなくなったか。デフレの何が怖いのか。物価とは何の値段なのか。初歩の初歩から理論の本質まで明快に説く ◆第65回日経・経済図書文化賞受賞作◆ 話題書『世界インフレの謎』(講談社現代新書)の"理論篇"! インフレもデフレもない世界をめざす経済学 ◆朝日(坂井豊貴氏)・毎日(大竹文雄氏)・読売・日経 4大紙書評掲載◆ あのバブル絶頂時、そしてその崩壊、いずれのときも意外なほどに物価は動かなかった。それはなぜか? お菓子がどんどん小さくなっている……なぜ企業は値上げを避けるのか? インフレもデフレも気分次第!? 物価は「作る」ものだった? 経済というものの核心に迫るための最重要キーである、物価という概念。 国内第一人者が初歩の初歩から徹底的にわかりやすく説き起こし、社会にくらす私たち全員にとって、本当に知るべき経済学のエッセンスを教える、画期的入門書の登場! ハイパーインフレやデフレと闘う中央銀行や政府の実務家(ポリシーメーカー)たちは、何を考え何をしているのか。 それらの成果と教訓を研究者たちはどのように学び、理論を発展させてきたか。 私たちの生活そのものと直結する、生きた学問としての経済学が立ち上がっていく様を生き生きと描く! 万人のための学問としてのマクロ経済学を希求する、真摯な社会科学探究。 【本書より】 個々の商品の価格が、売り手や買い手の個別の事情を適切に反映して動くのは、自然なことです。そして、個々の価格は忙しく動きまわるけれど全体としてみると安定している、というのが健全な姿です。ただ、同じ「全体が動かない」場合でも、個々の価格がまったく動かず、その当然の帰結として全体も動かないということもあり得ます。しかしそれは病的だと言えるでしょう。(中略)売り手や買い手の事情で価格が上がり下がりするという、経済の健全な動きが止まっていたら、それは異変とみるべきです。後で詳しく述べますが、今の日本経済はこれに近い状態だと私はみています。 【主な内容】 はじめに 第1章 物価から何がわかるのか 第2章 何が物価を動かすのか 第3章 物価は制御できるのか――進化する理論、変化する政策 第4章 なぜデフレから抜け出せないのか――動かぬ物価の謎 第5章 物価理論はどうなっていくのか――インフレもデフレもない社会を目指して おわりに 【本書の参考文献】 著者webサイトに一覧が掲出されています。 https://www.centralbank.e.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2022/03/reference0304.pdf 同内容のものを電書版に掲載しました。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
64

マンガでやさしくわかるゲーム理論

川西 諭
日本能率協会マネジメントセンター
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
63
みんなのレビュー
全然ゲーム理論に関係ない
No.20
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62

Unified Growth Theory

Galor, Oded
Princeton Univ Pr

For most of the vast span of human history, economic growth was all but nonexistent. Then, about two centuries ago, some nations began to emerge from this epoch of economic stagnation, experiencing sustained economic growth that led to significant increases in standards of living and profoundly altered the level and distribution of wealth, population, education, and health across the globe. The question ever since has been--why? This is the first book to put forward a unified theory of economic growth that accounts for the entire growth process, from the dawn of civilization to today. Oded Galor, who founded the field of unified growth theory, identifies the historical and prehistorical forces behind the differential transition timing from stagnation to growth and the emergence of income disparity around the world. Galor shows how the interaction between technological progress and population ultimately raised the importance of education in coping with the rapidly changing technological environment, brought about significant reduction in fertility rates, and enabled some economies to devote greater resources toward a steady increase in per capita income, paving the way for sustained economic growth. Presents a unified theory of economic growth from the dawn of civilization to today Explains the worldwide disparities in living standards and population we see today Provides a comprehensive overview of the three phases of the development process Analyzes the Malthusian theory and its empirical support Examines theories of demographic transition and their empirical significance Explores the interaction between economic development and human evolution Preface xv CHAPTER 1: Introduction 1 1.1 Toward a Unified Theory of Economic Growth 3 1.2 Origins of Global Disparity in Living Standards 6 1.2.1 Catalysts for the Engine of Transition from Stagnation to Growth 6 1.2.2 Persistence of Prehistorical Biogeographical Conditions 7 1.2.3 Convergence Clubs 8 CHAPTER 2: From Stagnation to Growth 9 2.1 The Malthusian Epoch 10 2.1.1 Stagnation of Income per Capita in the Long Run 11 2.1.2 Population Dynamism 12 2.1.3 Fertility and Mortality 14 2.1.4 Fluctuations in Income and Population 15 2.1.5 Technological Progress 16 2.1.6 Main Characteristics of the Epoch 17 2.2 The Post-Malthusian Regime 17 2.2.1 Take-off in Income per Capita 18 2.2.2 Spike in Population Growth 18 2.2.3 Fertility and Mortality 23 2.2.4 Industrialization and Urbanization 25 2.2.5 Globalization and the Pace of Industrialization 27 2.2.6 Central Features of the Regime 29 2.3 Industrialization and Human Capital Formation 30 2.3.1 Industrial Demand for Education 31 2.3.2 Land Concentration and Human Capital Formation 37 2.3.3 Land Reforms and Education Reforms 39 2.3.4 Political and Education Reforms 42 2.3.5 Human Capital Formation in Less Developed Economies 45 2.3.6 Main Insights 45 2.4 The Demographic Transition 46 2.4.1 Decline in Population Growth 46 2.4.2 Fertility Decline 49 2.4.3 Mortality Decline 51 2.4.4 Life Expectancy 52 2.4.5 Central Characteristics 54 2.5 The Modern Growth Regime 55 2.5.1 Rapid Industrialization and Human Capital Formation 55 2.5.2 Sustained Growth of Income per Capita 57 2.5.3 Divergence in Income and Population across the Globe 57 2.5.4 Insights for Comparative Development 64 2.6 Concluding Remarks 65 CHAPTER 3: The Malthusian Theory 67 3.1 The Basic Structure of the Model 68 3.1.1 Production 69 3.1.2 Preferences and Budget Constraints 69 3.1.3 Optimization 70 3.2 The Evolution of the Economy 70 3.2.1 Population Dynamics 70 3.2.2 The Time Path of Income per Worker 72 3.3 Testable Predictions 74 3.4 Empirical Framework 74 3.4.1 Empirical Strategy 74 3.4.2 The Data 77 3.4.3 The Neolithic Revolution and Technological Advancement 78 3.4.4 Basic Regression Model 79 3.5 Cross-Country Evidence 80 3.5.1 Population Density in 1500 CE 81 3.5.2 Population Density in Earlier Historical Periods 86 3.5.3 Income per Capita versus Population Density 92 3.5.4 Effect of Technological Sophistication 96 3.5.5 Robustness to Technology Diffusion and Geographical Features 103 3.5.6 Rejection of Alternative Theories 105 3.6 Concluding Remarks 108 3.7 Appendix 110 3.7.1 First-Stage Regressions 110 3.7.2 Variable Definitions and Sources 110 CHAPTER 4: Theories of the Demographic Transition 115 4.1 The Rise in Income per Capita 116 4.1.1 The Theory and Its Testable Predictions 116 4.1.2 The Evidence 118 4.2 The Decline in Infant and Child Mortality 120 4.2.1 The Central Hypothesis 120 4.2.2 Evidence 121 4.3 The Rise in Demand for Human Capital 123 4.3.1 The Theory 125 4.3.2 Evidence: Education and the Demographic Transition 127 4.3.3 Quantity-Quality Trade-off in the Modern Era 129 4.4 The Rise in Demand for Human Capital: Reinforcing Mechanisms 130 4.4.1 The Decline in Child Labor 131 4.4.2 The Rise in Life Expectancy 131 4.4.3 Evolution of Preferences for Offspring Quality 132 4.5 The Decline in the Gender Gap 132 4.5.1 The Theory and Its Testable Predictions 133 4.5.2 The Evidence 135 4.6 The Old-Age Security Hypothesis 136 4.7 Concluding Remarks 136 4.8 Appendix 138 4.8.1 Optimal Investment in Child Quality 138 4.8.2 Optimal Investment in Child Quantity 139 CHAPTER 5: Unified Growth Theory 140 5.1 The Fundamental Challenge 142 5.2 Incompatibility of Non-Unified Growth Theories 143 5.2.1 The Malthusian Theory 143 5.2.2 Theories of Modern Economic Growth 145 5.3 Central Building Blocks 146 5.3.1 The Malthusian Elements 147 5.3.2 Engines of Technological Progress 147 5.3.3 The Origin of Human Capital Formation 148 5.3.4 The Trigger of the Demographic Transition 148 5.4 The Basic Structure of the Model 149 5.4.1 Production of Final Output 149 5.4.2 Preferences and Budget Constraints 150 5.4.3 Production of Human Capital 151 5.4.4 Optimization 152 5.5 Evolution of Technology, Population, and Effective Resources 155 5.5.1 Technological Progress 155 5.5.2 Population 155 5.5.3 Effective Resources 156 5.6 The Dynamical System 156 5.6.1 The Dynamics of Technology and Education 157 5.6.2 Global Dynamics 161 5.7 From Malthusian Stagnation to Sustained Growth 164 5.8 Main Hypotheses 166 5.9 Complementary Mechanisms 170 5.9.1 Sources of Human Capital Formation 170 5.9.2 Triggers of the Demographic Transition 171 5.9.3 Engines of Technological Progress 172 5.9.4 The Transition from an Agricultural to an Industrial Economy 172 5.10 Calibrations of Unified Growth Theory 174 5.11 Concluding Remarks 177 5.12 Appendix: Optimal Investment in Child Quality 178 CHAPTER 6: Unified Growth Theory and Comparative Development 179 6.1 Country-Specific Characteristics and the Growth Process 182 6.1.1 Factors Contributing to Technological Progress 183 6.1.2 Reinforcing Elements in Human Capital Formation 185 6.1.3 The Dynamics of Technology and Education 187 6.2 Variation in Technological Progress and Comparative Development 189 6.3 Variation in Human Capital and Comparative Development 191 6.3.1 The Emergence of Human Capital--Promoting Institutions 193 6.3.2 Globalization and Divergence 198 6.4 Persistence of Deeply Rooted Biogeographical Factors 208 6.4.1 The Neolithic Revolution and Comparative Development 208 6.4.2 The Out-of-Africa Hypothesis and Comparative Development 217 6.5 Multiple Growth Regimes and Convergence Clubs 226 6.6 Concluding Remarks 229 CHAPTER 7: Human Evolution and the Process of Development 232 7.1 Natural Selection and the Origins of Economic Growth 233 7.2 Primary Ingredients 235 7.2.1 The Darwinian Elements 235 7.2.2 The Malthusian Components 237 7.2.3 Determinants of Technological Progress and Human Capital Formation 237 7.2.4 The Trigger of the Demographic Transition 238 7.3 The Basic Structure of the Model 238 7.3.1 Production of Final Output 239 7.3.2 Preferences and Budget Constraints 240 7.3.3 Production of Human Capital 241 7.3.4 Optimization 242 7.3.5 Distribution of Types and Human Capital Formation 246 7.3.6 Time Path of the Macroeconomic Variables 249 7.4 The Dynamical System 254 7.4.1 Conditional Dynamics of Technology and Education 254 7.4.2 Conditional Dynamics of Technology and Effective Resources 259 7.4.3 Conditional Steady-State Equilibria 260 7.4.4 Human Evolution and the Transition from Stagnation to Growth 261 7.5 Failed Take-off Attempts 265 7.6 Main Hypotheses and Their Empirical Assessment 266 7.7 Complementary Mechanisms 269 7.7.1 Evolution of Entrepreneurial Spirit and Economic Growth 270 7.7.2 Evolution of Life Expectancy and Economic Growth 273 7.8 Concluding Remarks 278 7.9 Appendix 279 7.9.1 Conditional Dynamics of Technology and Education 279 7.9.2 Conditional Dynamics of Technology and Effective Resources 280 CHAPTER 8: Concluding Remarks 285 References 289 Name Index 311 Subject Index 317

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
61

ゲーム理論から社会ネットワーク構造を明らかにする。経済学・社会学専攻の学部学生や、意思決定理論に興味のある社会人が主な対象。 ゲーム理論から社会ネットワーク構造を明らかにする!▼社会ネットワーク分析とは人と人が集まると社会が形成されます。人々には、家族であれば親子関係、婚姻関係、企業であれば上司と部下、同僚などの関係性がありあます。こうした関係はAさんとBさんの関係といった個々の関係を見るだけでは不十分であり、例えば、王族の家族関係は親子関係・婚姻関係の全体を見ることで、王位継承の争いをより深く理解できます。企業内でも、フォーマルであれ、インフォーマルであれ、誰と誰がより密な交流をしているかを全体として把握することで、企業内の派閥を確認でき、誰が出世しやすいかが見えてくるかもしれません。こうした個々の関係を超えた、集団や社会全体の関係、言い換えると、社会に存在する構造を明らかにする学問が社会ネットワーク分析です。▼ゲーム理論他方、人は意思決定を行う主体にほかなりません。家族内では、子どもは学校でどのような行動をとるか(勉強するか、部活に打ち込むか、遊びに徹するかなど)を決めていき、親も子どもをどのようにしつけるかについて意思決定をしていきます。企業内でも、社員はそれぞれ意思決定をしながら、企業全体のパフォーマンスが決まっていきます。このときに、自分の望ましさは必ずしも相手の望ましさと共通にはなりません。子どもは勉強したくないし、親は勉強をさせたい。部下はサボりたいかもしれないし、上司はもっと頑張ってもらいたいかもしれない。こうした状況では、相手の行動に依存して、自分の取るべき行動が変わっていきます。こうした状況は駆け引きのある状況と言え、このような状況を分析する学問がゲーム理論です。経済学や社会学を専攻する学部学生をはじめ、理論的な社会分析に興味のある社会人を主な読者対象として、ゲーム理論とRを通じて、社会ネットワーク分析を学ぶものです。 第1章 ゲームとネットワークの記号表現 第2章 ゲームとネットワークの記号表現の活用 第3章 閉鎖性とネットワーク 第4章 ネットワーク上の公共財供給と進化ゲーム 第5章 ネットワーク形成についてのゲームとペアワイズ安定 第6章 直接的なつながりの指標としての次数 第7章 間接的なつながりも含めた中心性 第8章 固有ベクトル中心性 第9章 ナッシュ均衡と中心性 第10章 社会関係資本と拡散中心性(三つの中心性の統合)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
61

MBAゲーム理論

グロービス マネジメント インスティテュ
ダイヤモンド社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
60

行動経済学入門

義郎, 筒井
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
60

利害対立,紛争,国際協力,援助など,国際社会における人間・国家の行動と社会現象のメカニズムを,ゲーム理論から解き明かす。 国際協力を実現するために,人々のインセンティブと社会の仕組みをどのように考えればよいのか? 利害の対立,紛争,交渉,協力,貧困,援助など,国際社会におけるさまざまな人間・国家の行動と社会現象のメカニズムを,ゲーム理論の視点から解き明かす。 第1章 国際協力の課題と方法論:なぜゲーム理論の視点が有効なのか? 第2章 国際協力の難しさ:なぜ協力するのか? 第3章 対立と協力が混在する世界:どちらの結果に落ち着くのか? 第4章 多人数社会における相互依存関係:なぜ国際協力は難しいのか? 第5章 リスクと情報:不確実な状況にどう対応すればよいのか? 第6章 紛争と平和:なぜ紛争はなくならないのだろうか? 第7章 長期的な相互依存関係:平和が続くための条件とは? 第8章 地球環境問題:温暖化対策は何が有効なのか? 第9章 集団形成における対立と協力:多国間で協力して問題を解決するためには? 第10章 自由貿易交渉:自由化を進めるためには? 第11章 国際協力制度の形成:争いをなくすためのルールを作るには? 第12章 信頼:人間は対立を克服して協力できるか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
60

ヤバい経済学 [増補改訂版]

スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
60

AI、IoT、バイオなど、最先端技術をどう利益に結びつけるのか? 世界の著名研究から読み解く。 現在、米国を中心に世界では「イノベーションの経済学・経営学」に関する研究が盛んである。起業家はいかにしてどこから生まれるのか、なぜ起業家は特定の地域に集積するのか、科学技術はベンチャー企業の育成にいかにして役立つのか、といった実務に役立つ疑問について、さまざまな研究成果が生まれている。本書では、特に科学技術による新事業創造について多く扱うが、それは日本企業が、以前ほど科学技術を儲けに結びつけられなくなってきているという問題意識がある。 本書では、シリコンバレー型にとどまらない先端的なイノベーションや起業の研究について、32本の海外の学術論文(定量論文)を具体的に読み解きながら、そのエッセンスを紹介していく。ビジネスの現場では、アカデミックな知見とエビデンスを実務にどう役立てるのかという「科学的思考法」がますます重視されてきている。論文の探し方から情報の読み解き方までを学ぶ一冊としても有用である。 Chapter 1 アントレプレナーシップとイノベーション Chapter 2 定量論文の読み方 Chapter 3 イノベーションは誰が担うのか:大企業 vs. 小企業 Chapter 4 アントレプレナーはどこから生まれるのか Chapter 5 スターサイエンティストはなぜ重要か Chapter 6 科学技術の知は、なぜ特定の地域に集積するのか Chapter 7 なぜ起業活動は特定の地域に集積するのか Chapter 8 アントレプレナーの活動を促進するものは何か Chapter 9 ベンチャーキャピタルはなぜ重要なのか Chapter 10 インセンティブは発明とビジネス化にどの程度重要なのか Chapter 11 大学における知財とインセンティブの関係 Chapter 12 大学発ベンチャーはイノベーションを促進するのか Chapter 13 論文からの学び方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
60

ゾンビ企業はどれぐらいいるのか、政府の金融への関与はどうあるべきか、銀行合併の貸出への影響はなど、諸問題を実証分析で解明。 中小企業金融が、必要な流動性を供給し効率的な資金配分を行えているかを実証的に検証。金融機関や政府が果たす役割に注意を払い、企業や地域での資金配分の規模と効率性、政府の役割、貸出市場における金融機関の行動に焦点を当てる。  中小企業のなかに「ゾンビ企業」はどれぐらいいるのか、政府の金融への関与はどのようなかたちで行われるべきか、政府は民業を圧迫していないか、銀行の合併は貸出にどのような影響を与えるかなど、これまで答えられてこなかった諸問題を実証分析で解明。 序章 中小企業金融に期待されるもの――危機時の流動性供給と効率的な資金配分 第1部 中小企業への資金配分とその効率性  第1章 中小企業の資金調達構造とその変化  第2章 企業間における資金再配分の規模と効率性  第3章 地域間における金融機関の資金配分と効率性 第2部 政府の役割  第4章 中小企業金融への政府による関与:現状と理論的な背景  第5章 信用保証が中小企業金融に及ぼす影響  第6章 政府系金融機関による直接貸出が中小企業金融に及ぼす影響  第7章 政府系金融機関は民業を圧迫しているのか  第8章 個人保証や担保に過度に依存しない中小企業金融は可能か 第3部 貸出市場における金融機関の行動  第9章 貸出市場の集中度と企業の資金調達  第10章 金融機関の合併と企業の資金調達 終章 中小企業金融の将来

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
60
みんなのレビュー
瀧本哲史氏の書籍はどれも非常に良い。この書籍は交渉に焦点を当てた本でビジネスシーンだけでなく日常生活でも役立つ内容がつまっている
No.48
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
60

「現場で使える」ビジネス教養 「経済学のビジネス実装」第一人者の経済学者&実務家が贈る 「現場で使える」ビジネス教養 GoogleやAmazonをはじめ、最先端企業で雇用が進む経済学者。 「最新の経済学」は、すでにさまざまなビジネスに根拠を与え、 確実性を高めることが実証されています。 一方、日本に目を向けてみれば、 仕事における「直感」「場当たり的」「劣化コピー」「根性論」は珍しくありません。 知見が積み重ねられている分野でも、 「本当は防げる失敗」が繰り返されている現状があります。 「本当に役立つ経済学」をビジネスに取り入れるためには? 経済学はビジネスに、どんなポジティブな効果をもたらしてくれるのか? ビジネスと経済学の掛け合わせが、新たなビジネスのチャンスを開きます! 【本書がもたらす「メリット」と解決できる「ビジネス課題」の例】 〇なぜGoogleやAmazonは経済学者を雇っているの? 〇経済学に裏付けられたビジネス戦略とは? 〇なぜ、経済学者がビジネスに新しい価値を付加できるのか? 〇経済学の効用が単なるフレームワークにとどまらない理由 〇お金をかけずにマーケティングする 〇SNSを効果的に活用する 〇経験と勘ではなく、理論とデータで販促・宣伝を行なう 〇利益創出の再現性のある方法を知る 〇ESGで「自分の仕事」はどう変わる? 〇数値では表現しきれない「会社の価値」とは? 〇会議は何人がベストか? 〇会議のムダをなくすには? パート1 なぜ経済学が、今、「働く人」に必須なのか? 1章 ビジネスパーソンの「武器」としての経済学(大阪大学大学院経済学研究科准教授 安田洋祐) 2章 オンライン上に新しい市場をつくる(慶応義塾大学経済学部教授 坂井豊貴) パート2 経済学の初心者でも!  知っているだけでビジネスの結果が変わる4つのツール 3章 利益を最大化するツール=「FSP-D」モデルの基礎知識(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授 山口真一) 4章 世界標準の学知に基づく新しい顧客関係管理(慶応義塾大学経済学部教授 星野崇宏) 5章 会計とESG 価値観とルールの大きな変化をざっくりつかむ(静岡県立大学経営情報学部教授 上野雄史) 6章 ダメな会議はなぜダメで、どうすれば改善できるか(慶応義塾大学経済学部教授 坂井豊貴) 終章 ビジネスに経済学の視点を加えるだけで、新しいチャンスが加速度的に広がっていく(株式会社エコノミクスデザイン代表取締役・共同創業者 今井誠)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
60

通信事業者への周波数の割り当てやウェブ広告枠の入札制度など、様々に活用されるオークション理論。その発展に貢献し2020年ノーベル経済学賞を受賞したミルグロム教授が、理論のエッセンスをコンパクトに説き語る。大阪大学の安田洋祐准教授による監訳・解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
60

人の資本主義

中島 隆博
東京大学出版会

「人の資本主義」という、新しい複合語が開く世界を追究し、人間がともに人間的になっていくための希望の生の様式を問う、新時代の資本主義論! 立命館大学・稲盛経営哲学研究センター「人の資本主義」研究プロジェクトの成果。 はじめに――人の資本主義(中島隆博) 第I部 資本主義の問い直し方 1章 人の資本主義の意味と可能性についての覚え書き(小野塚知二) 討議 資本主義の性格 2章 人の資本主義への視点(広井良典) 討議 新たな再分配の可能性 3章 歴史性・普遍性・異質性から見た経済(安田洋祐) 討議 経済成長と信用 第II部 ディスコースの変容と資本主義 4章 歴史的ディスコースにおける資本主義(山下範久) 討議 資本主義の言説空間 5章 なぜ利己的個人か(野原慎司) 討議 想像力という問題 6章 国家と資本主義(國分功一郎) 討議 国家という存在と資本主義 7章 共生社会と資本主義(堂目卓生) 討議 「命」への共感 8章 欲望と社会をめぐるパラドックスへの一考察(丸山俊一) 討議 人間の主体性をどう解き直すか 第III部 持続可能な社会の構築と資本主義 9章 脱成長そして地球の有限性の中の資本主義(広井良典) 討議 定常経済の豊かな可能性 10章 ポスト資本主義コミュニティ経済はいかにして可能か?      ――脱成長論の背景・現状・課題(中野佳裕) 討議 地域主義の限界と可能性 11章 人口減少社会で気づく持続可能性の経済学      ――フロー管理から「手入れ」によるストック管理へ(倉阪秀史) 討議 資本基盤と手入れ あとがき(中島隆博)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
60

21世紀の不平等

アンソニー・B・アトキンソン
東洋経済新報社

経済学のトレンドが成長から分配へ変わった今、不平等研究の第一人者が具体的で革新的な処方箋を提示する。全世界で読むべき一冊。 全世界待望! ピケティの師の書、ついに刊行! 不平等研究の権威が、現代社会の根本を問い直す。 思想の大転換を迫る書。 格差をあきらめない 15の方法がここにある。 世界16カ国で刊行・刊行予定の話題の書 【推薦の言葉】 「ウィットに富んで、エレガントで深遠なこの本を是非読んでほしい。」 トマ・ピケティ(パリ経済学校教授) 「アトキンソンは、多くの点で現代の不平等研究の父だが、すばらしい新著を発表した。」 ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授) 「好き嫌いにかかわらず、これは野心的な本だ。」 ティム・ハーフォード(ジャーナリスト) 「不平等研究の新しい基本書。日本の格差対策にも本書の15の提案は必読だ。」 大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授) 序文:もっと平等な社会に向けた現実的なビジョン                       ――トマ・ピケティ はじめに 第I部 診断 第1章 議論の基礎 第2章 歴史から学ぶ 第3章 不平等の経済学 第II部 行動のための提案 第4章 技術変化と対抗力 第5章 雇用と将来の賃金 第6章 資本の共有 第7章 累進課税 第8章 万人に社会保障を 第III部 できるんだろうか? 第9章 パイの縮小? 第10章 グローバル化のせいで何もできないか? 第11章 予算は足りるだろうか? 用語集

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search