についてお探し中...

【2024年】「知識」のおすすめ 本 140選!人気ランキング

この記事では、「知識」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. 世界でいちばんやさしい 教養の教科書
  3. おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)
  4. 改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
  5. 史上最強の哲学入門 (河出文庫)
  6. FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  7. 池上彰の教養のススメ (日経ビジネス人文庫)
  8. 教養としての 世界史の学び方
  9. ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理
  10. 天才読書 世界一の富を築いたマスク、ベゾス、ゲイツが選ぶ100冊
他130件
No.1
100
みんなのレビュー
アドラー心理学を分かりやすく教えてくれる名著。この本を読むことで普段の悩みが嘘のようになくなった。他人と自分の課題を分離して考えて嫌われる勇気を持って生きることで社会のしがらむや無駄な人間関係に悩むことがなくなる。ぜひ悩める多くの人に手にとって欲しい書籍。
アドラー心理学をもとに、哲人が青年の悩みをヒアリングしながら教えを解く話。2人の会話がベースだから難しい心理学の内容も理解しやすい。極端な教えが多いけれど、自分の日常の悩みを軽くしてくれるし、この考えを持って生活すればより生きやすい自分に近づきそう。承認欲求で溢れる現代に疲れている人におすすめ!
No.4
87

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれるベスト&ロングセラー オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛! □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。 教えの書―金持ち父さんの六つの教え 金持ちはお金のためには働かない お金の流れの読み方を学ぶ 自分のビジネスを持つ 会社を作って節税する 金持ちはお金を作り出す お金のためでなく学ぶために働く 実践の書 まず五つの障害を乗り越えよう スタートを切るための十のステップ 具体的な行動を始めるためのヒント

みんなのレビュー
学生の若いうちに読むべき本。お金に対する考え方が180度変わる
ネットワークビジネスとかのイメージが強くて怪しいイメージを持たれがちだが、書籍自体はめちゃくちゃ参考になる名著。お金に対する価値観が変わるので、若いうちに絶対読んでおくべき書籍の中の1冊。資本主義の世界で疲弊しているなら絶対読むべき。目から鱗
No.7
82

教養について知っておくべき12の意味。 ニッポンが弱くなったのは、「教養」が足りないからです。 哲学の力で公共事業の問題も解決できるのです。 ニッポンの会社の神さま仏さまとオウム事件と靖國問題と 人間は、「ひと」であるまえに生きものです。 アメリカの一流大学は4年間"教養まみれ"でした。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
69
みんなのレビュー
山口周さんの書籍の中でもトップレベルに好きな書籍。哲学という取っつきにくい分野をビジネスと絡めて分かりやすく教えてくれる。何度も読み返したい。
No.15
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68

14歳からの「考える」のための教科書。「自分とは何か」「死」「家族」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」など30のテーマ。 今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」の為の教科書。「言葉」「自分とは何か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマ。  人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。  言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。 Ⅰ 14歳からの哲学[A] 1 考える[1] 2 考える[2] 3 考える[3] 4 言葉[1] 5 言葉[2] 6 自分とは誰か 7 死をどう考えるか 8 体の見方 9 心はどこにある 10 他人とは何か Ⅱ 14歳からの哲学[B] 11 家族 12 社会 13 規則 14 理想と現実 15 友情と愛情 16 恋愛と性 17 仕事と生活 18 品格と名誉 19 本物と偽物 20 メディアと書物 Ⅲ 17歳からの哲学 21 宇宙と科学 22 歴史と人類 23 善悪[1] 24 善悪[2] 25 自由 26 宗教 27 人生の意味[1] 28 人生の意味[2] 29 存在の謎[1] 30 存在の謎[2]

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
68
みんなのレビュー
誰もが知る名著なので一度は目を通しておくべきだが、内容は冗長で個人的にはあまりはまらなかった。重要度×緊急度のマトリクスの話が一番重要で、そこだけ理解しておけばいい気がする。緊急度は低いが重要度が高いタスクになるべく長期的な視点で取り組めるようになるべき。
No.21
68

「どうして勉強しなければいけないの?」「どうしていじめはなくならないの?」「生きている意味はあるの?」 学校の… 「どうして勉強しなければいけないの?」 「どうしていじめはなくならないの?」 「生きている意味はあるの?」 学校の先生や親がなかなか答えられない、子どもが抱えるリアルな悩みや疑問を、哲学者の言葉をヒントに解決。 哲学を通して子どもの考える力を育てる、必読の一冊。 古代ギリシャから近代、現代の有名な哲学者の解説も。 ■第1章 自分について考える Q 運動が苦手 Q 勉強ができない Q 自分の言葉で上手く話せない Q 綺麗になりたい Q 自分のいいところがわからない Q 「自分らしさ」って何? ■第2章 友達について考える Q 友達ができない Q 友達が他の子と仲よくしているとムカムカしてしまう Q 友達グループの中で仲間外れにする子がいる Q ケンカをした友達に「ごめんなさい」が言えない Q 人を好きになるってどういうこと? ■第3章 悪について考える Q どうしてルールを守らなくちゃいけないの? Q 人にやさしくしなきゃいけないのはなぜ? Q どうしていじめはなくならないの? Q 悪いことをしている人には注意した方がいい? ■第4章 生き方について考える Q どうして勉強しなければいけないの? Q 苦手なことはあきらめちゃダメ? Q 「本をたくさん読みなさい」って言われたけどなぜ? Q 自分の夢を反対される Q 生きている意味はあるの? Q 幸せって何? ■第5章 命について考える Q 心はどこにあるの? Q 花や木に命はある? Q 死ぬのが怖い Q 人は死んだあとどうなるの? Q 人はどうして人を殺すの? ■岩村先生の哲学講座 人間の祖先「ホモ・サピエンス」が生き残れたわけ 物事の原因はすべて「目に見えない」 「ふたつの時間」を生きる 愛は「心を受ける」こと

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
68
みんなのレビュー
全ての人にオススメしたい書籍。我々ホモ・サピエンスはなぜここまで繁栄することができたのかを著名人類学者が語る。全世界で大ヒットしているだけあって非常に面白い。ボリューミーだが、目からウロコの内容ばかりでどんどん読み進められる。
No.24
68

教養としてのアート 投資としてのアート

徳光 健治
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
67
みんなのレビュー
ある程度教養のある人にとっては目新しい内容は少ないが、お金に対して不安を持っている人は目を通しておくとよいと思う。資産形成の観点だけでなく生活における必要経費の出費をどれだけ抑えられるかについても学べる。
No.26
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
67
みんなのレビュー
人生において重要なことを教えてくれる書籍。漫画なので非常に読みやすくサクサク読める。子供に読んで欲しい。
No.32
66

人類五千年を5巻にまとめる歴史書、第1巻!文字の誕生から知の爆発の時代まで紀元前三千年の歴史をダイナミックに見通す 人類の五千年を5巻にまとめる、どこにもなかった歴史書の第1巻、ついに刊行! 文字の誕生から知の爆発の時代まで紀元前三千年の歴史をダイナミックに見通す 第一章 文字が生まれるまで 「ルカ」から「ホモ・サピエンス・サピエンス」の登場まで 言語の誕生/脳の発達のために/ドメスティケーション 農耕牧畜社会の始まり/文字の創始 第二章 第一千年紀の世界(BC3000年頃からBC2001年まで) 世界最古の文明シュメール/エジプト文明 エジプト古王国とピラミッドの建設/インダス文明 メソポタミアの統一とエジプトの再統一/シュメール・ルネサンスの時代 第一千年紀末(BC2001年頃)の世界 第三章 第二千年紀の世界(BC2000年からBC1001年まで) エジプト中王国の覇権/古バビロニア王国による統一とヒクソスのエジプト制圧 ヒッタイトの登場とミケーネ文明/黄河文明の登場 エジプト新王国の繁栄/初めての宗教改革とエジプトの神々 ヒッタイトの覇権とカデシュの戦い/BC1200年のカタストロフ イスラエルの建国/商の滅亡 第四章 第三千年紀前半の世界(BC1000年からBC501年まで) 周の東遷と中華思想の誕生/新アッシリア王国の台頭 ポリスの誕生/ギリシャの神話世界/インドの部族国家 アッシリア世界帝国/新バビロニア王国の繁栄 ポリスの発展/春秋五覇/アカイメネス朝によるグローバリゼーション 第五章 第三千年紀後半の世界(BC500年からBC1年まで) ペルシャ戦争/仏教の誕生/呉越の戦い/孔子の教え アテナイの春/戦国時代の始まり/ギリシャでの覇権争い 仏教教団の分裂/旧約聖書の成立/ローマの台頭とエトルリアの衰退 アレクサンドロス大王/インドの統一/諸子百家 ポエニ戦争/中国の統一(秦漢帝国)/ローマの内乱 漢の興隆/BC100年頃の世界/カエサルとアウグストゥス 西暦元年(1年)頃の世界

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
66
みんなのレビュー
限りある人生をいかに充実したものにするかについて学べる良書。仕事に追われていて時間がないビジネスパーソンに是非読んで欲しい。
No.38
66
みんなのレビュー
サイバーエージェント藤田氏の苦悩と成功を描いた自伝。将来起業を考えている学生や起業しながら色んな葛藤と戦っている人にはめちゃくちゃ刺さると思う。とにかくモチベーションが上がる。
No.39
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
62
みんなのレビュー
ホリエモンの本は基本的にとりあえず行動しろよ!恐れるなよ!ということを言っているがこの本もご多分に漏れずそんな内容。ホリエモンの刑務所に居た時の話も語られ一旦全てを失った状態から這い上がってきたホリエモンの凄さに感銘を受けた。読めばモチベーションが上がるが行動しないと意味無し。
No.44
62
みんなのレビュー
連続起業家「家入一真氏」がどのような幼少期を過ごして起業にいたり、ここまでの成功をおさめたのかが記されている伝記。正直、この本を読むまでは家入氏は小さい頃から天才で周りを巻き込む起業家タイプであると思っていたが、全く逆で驚いた。起業家には強烈なコンプレックスが大事と言われるがそれをまさに体現している家入氏。周りと合わなくて孤独を感じていたり人生に不安を感じている若者こそこの本を読んで勇気を出して欲しい。その中から絶対家入氏のような起業家が生まれてくるはず。
No.45
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62

岸田総理の所信表明演説以降、注目されている「リスキリング」について、日本の第一人者が教えるリスキリングの実践書。 岸田総理の所信表明演説以降、日本でリスキリング導入への取り組みや具体的な導入への流れが始まっています。本書は、注目されている「リスキリング」について、日本の第一人者が教えるリスキリングの実践書です。 リスキリングとは「新しいことを学び、新しいスキルを身につけ実践し、そして新しい業務や職業に就くこと」であり、重要性が叫ばれつつあったが、岸田総理の所信表明演説以降、国や自治体、企業などで具体的なリスキリングの流れや取り組みが始まっている。こうした背景のなかで注目されているのが「個人のリスキリング」だ。リスキリングは、本来は企業などが従業員(個人)に対して提供するものであるが、現実的にこれに対応できる企業は少ない一方で、労働移動はまったなしの状況になっている。本書は、現在注目されている「リスキリング」が実践できるようになる一冊。これからリスキリングを実践しようとしている人だけでなく、リスキリングの意味やこれからのビジネストレンドを知りたい人にも役立つ一冊です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
62

20歳の自分に教えたいお金のきほん (SB新書)

池上彰+「池上彰のニュースそうだったのか!!」スタッフ
SBクリエイティブ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
61
みんなのレビュー
実務レベルでマーケティングについて深く学べる書籍。当たり障りのない抽象論でもなく、小手先のテクニックでもなく、マーケティングの本質がしっかり学べる。デジタルマーケティング職に配属された新卒はとりあえずこれを読んでおけば大丈夫といっても過言ではないくらい良い書籍。何度も読み直したい。
No.63
61

図解 90分でわかる経済のしくみ

長瀬 勝彦
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
64

コーヒーの絵本

庄野 雄治
millebooks
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
64

対デジタル・ディスラプター戦略: 既存企業の戦い方

マイケル ウェイド
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
63
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.83
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
60
みんなのレビュー
数学的にマーケティングを学ぶのであれば絶対にこれ。というかこれくらいしか数学的観点でここまで詳しくマーケティングについて学べる書籍はない。森岡さんがどうやってUSJを立て直したのかが数学的な観点から学べる。「USJを変えたたった1つのこと」と合わせて読むことでマーケティングのいろはが身につくはず。
No.87
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
60
みんなのレビュー
学生の時に読んでよく分からなかったが社会人になって読んでめちゃくちゃ腹落ちした書籍。何度も何度も読み返すことで多くを学べる。社会人で日々の仕事に忙殺されて大変な人には是非読んで欲しい書籍。
No.89
63

JAL、アスクル、三井住友カード、アドビ……、業界を問わず各社が取り組むデジタルトランスフォーメーションとはなにか? 「従来のビジネスモデルには、必ず“機会損失”がひそんでいる。 顧客の価値を最も高めるものはなにか? デジタルトランスフォーメーションこそが、それを再考する絶好の機会になる」──アドビ最高経営責任者 シャンタヌ・ナラヤン 「フォトショップ(Photoshop)」や「イラストレーター(Illustrator)」はなぜ、サブスクリプション制に移行したのか? それが促した企業変革=デジタルトランスフォーメーションとは? JAL、アスクル、三井住友カード、アドビ……。 話題のDX=デジタルトランスフォーメーションの本質が、詳細な事例で知識ゼロから理解できる! 〈おもな内容〉 第1章 「ビジネスの方向性」はデータが決める──顧客は「なにを」「どう」求めているか 「デジタルな顧客接点」とはなにか?/「世界観」を語れ!/顧客体験価値を最大化させる「データ」活用/コンバージョンレートは重視するな/企業向けEコマースと個人向けEコマースの違い/「扱っていないのに検索されている商品」に注目せよ/Eコマースで「独自色を出す」とはどういうことか 第2章 デジタルトランスフォーメーションとはなにか──「なにを」「どう」デジタル化するか 「サブスクリプション」モデルの選択/技術革新のスピードにビジネスモデルが合わなくなった/既存ビジネスにひそむ「機会損失」/「第二の創業」/「デジタルな会社」とはなにか? 第3章 「流通のデジタル化」が加速した経営改革──「なにが」「どう」変わったのか 「最初の30日」で「1年後の顧客」が見える/ユーザーの属性を仕分けせよ/数億円単位で利益を左右する画面構成/社内全体が「同じものさしで状況判断できる」強み/改善サイクルは「3日間」/データサイエンティストを大量雇用する理由 第4章 「顧客の望むこと」はすべて、データが教えてくれる──「なにを」「どう」活用すべきなのか 「見せるべき情報」を「見せるべき人」に/追いかけすぎると顧客は逃げる/その施策はどんな顧客価値を生み出すか/「検証迷子」というリスク/解約時でも「顧客満足度を上げるべし」 第5章 デジタルトランスフォーメーションが生み出す「新しい価値」──それはアナログなビジネスでも活かされる システム=コスト部門の間違い/「短期的な成果」は期待しない/「簡素な接客」、「濃密な接客」/マス広告の価値が見直されている/日本企業に共通する「ある誤解」/「数字を読み取る文化」を定着させよ/「変化しながら先を見据える」ビジネス感覚を磨け 第1章 「ビジネスの方向性」はデータが決める──顧客は「なにを」「どう」求めているか 「デジタルな顧客接点」とはなにか?/「世界観」を語れ!/顧客体験価値を最大化させる「データ」活用/コンバージョンレートは重視するな/企業向けEコマースと個人向けEコマースの違い/「扱っていないのに検索されている商品」に注目せよ/Eコマースで「独自色を出す」とはどういうことか 第2章 デジタルトランスフォーメーションとはなにか──「なにを」「どう」デジタル化するか 「サブスクリプション」モデルの選択/技術革新のスピードにビジネスモデルが合わなくなった/既存ビジネスにひそむ「機会損失」/「第二の創業」/「デジタルな会社」とはなにか? 第3章 「流通のデジタル化」が加速した経営改革──「なにが」「どう」変わったのか 「最初の30日」で「1年後の顧客」が見える/ユーザーの属性を仕分けせよ/数億円単位で利益を左右する画面構成/社内全体が「同じものさしで状況判断できる」強み/改善サイクルは「3日間」/データサイエンティストを大量雇用する理由 第4章 「顧客の望むこと」はすべて、データが教えてくれる──「なにを」「どう」活用すべきなのか 「見せるべき情報」を「見せるべき人」に/追いかけすぎると顧客は逃げる/その施策はどんな顧客価値を生み出すか/「検証迷子」というリスク/解約時でも「顧客満足度を上げるべし」 第5章 デジタルトランスフォーメーションが生み出す「新しい価値」──それはアナログなビジネスでも活かされる システム=コスト部門の間違い/「短期的な成果」は期待しない/「簡素な接客」、「濃密な接客」/マス広告の価値が見直されている/日本企業に共通する「ある誤解」/「数字を読み取る文化」を定着させよ/「変化しながら先を見据える」ビジネス感覚を磨け

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
60

論理と言語

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
63
みんなのレビュー
漫画で分かりやすく読めるお金にまつわる話。現代にも通用するお金に関する根本的な考え方が学べる。将来のお金に不安がある人は、まずこの書籍から読んでみると良いと思う。
No.92
60

戦略読書 増補版

三谷 宏治
日経BP日本経済新聞出版本部
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
60
みんなのレビュー
起業をするためのノウハウがギュッと詰まっている。かなり分厚くてボリュームのある書籍なので一通り大枠を理解した後は重要な部分をピックアップして読むのがオススメ。
No.96
63
みんなのレビュー
本多静六氏の書籍を読んで実践することでどんな人でもそれなりの富を築くことができるはず。誘惑に負けず愚直に貯めて投資をしよう。本多静六氏の書籍はどれも良作であり長年経っても決して色あせない重要なエッセンスが詰まっている。
No.105
63
みんなのレビュー
人に何かを伝える方法の勉強にはなるが伝え方が本当に9割なのかは疑問。〇〇が9割シリーズが流行っているので結局シーンによってどこに重点を置くかは変わる。読んで損はない。
No.107
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.110
60
みんなのレビュー
この本を読んで山口周さんのファンになった。なぜ今の時代にロジック一辺倒では駄目なのかが非常に分かりやすく学べる。これまで課題が多くある時代において答えを見つける能力が求められていて、それを追い求めてコンサルが様々なフレームワークを開発してきたが多くの人がその武器を手に入れた今もはや課題そのものはほとんど解決し尽くされてしまった。今は課題を見つける力自体が求められている。
No.111
60

文庫版 バビロンの大富豪

ジョージ・S・クレイソン
グスコー出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.114
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.115
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.116
63

《いしいしんじさん 推薦》 夏休みのスイカ割り、9回裏のサヨナラ勝ち、ひと目ぼれの瞬間にこそ、「哲学」はひらく。 「わからない」豊かさにかこまれて、ぼくは、あなたは、ひとつきりの生を生きてゆく。 ---------------------- 人間、時間、「わたし」体と心、死って、いったい何?  哲学の大切な問いを深める旅へ出かけよう。 ソクラテスから、デカルト、ニーチェ、フッサール、メルロ=ポンティ、そしてハイデガーまで。 「わからない」を切り口に、西洋哲学を一緒に歩く。 問いを立てるための思考のレッスン。 ---------------------- あなたは、わたしは、世界は、 なぜ、かけがえがないのか? わからない。──それでも、世界は美しい。 ■はじめに ■序……わからなさのはじまり──「人間とは何なのか」という問い Ⅰ 人間とは何なのかよくわからない ■第1話……人間とは何か、その答えはどこにある?──デカルトからニーチェへ ■第2話……ちっぽけな理性と大いなる理性──ニーチェからデカルトへ Ⅱ 人間と動物や機械はどうちがうのかよくわからない ■第3話……考えている私は存在するのか──デカルト ■第4話……人間のする計算とは何なのか──フッサール ■第5話……人間はどこから人間になったのか──ケーラーからメルロ=ポンティへ Ⅲ 身体は私のものなのかどうかよくわからない ■第6話……身体こそがここにいる?──デカルトの向こうへ ■第7話……身体である私はどこにいるのか──メルロ=ポンティ Ⅳ 時は流れるのかどうかよくわからない ■第8話……時計の時間は時間ではない?──アリストテレスからアウグスティヌスへ ■第9話……時は重なり、空間に広がる──フッサールからメルロ=ポンティへ Ⅴ 人はどう死ぬのかよくわからない ■第10話……死とはどういう出来事なのか──ソクラテスからショーペンハウアーまで ■第11話……失われることに人は何を思うのか──エピクロスからハイデガーへ ■第12話……人は死ぬことができるのか──ハイデガー 結び 哲学のはじまり──わからなさをわかること ■あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.117
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.119
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.120
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.121
60

あなたのスキルの賞味期限は4年!生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイド あなたのスキルの賞味期限は4年!生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイド あなたのスキルの賞味期限は4年!生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイドChatGPTでリスキリングを成功に導く「LEARN+Aステップ」公開ChatGPTをはじめとする生成AIの登場が、ビジネスパーソンの働き方、キャリア形成において大きなインパクトを与えています。これに対して日本では「ChatGPTに仕事を奪われる」という前提で話が進むことがほとんどです。しかし、今までもパソコンやインターネット、スマートフォンの登場といったパラダイムシフトは突然やって来ました。実は生成AIもそうした現象の1つにすぎません。ただ確実に言えるのは、変革のサイクルが極めて速くなっているということ。そんな現代を生き抜くためには、私たちは常に学び続けなくてはなりません。つまり「継続的なリスキリング」が求められているのです。ここ数年リスキリングの必要性が叫ばれ、次々新しいことを習得しなくては仕事に支障を来しかねない今日、これまで培ったビジネススキルの通用する期間が短くなっているのに気付いている人が増えています。米国シリコンバレーでAIビジネスの最前線に立つ本書の著者は、「大学で4年学んだスキルで40年働ける『4 to 40』の時代は終わった。今や4年学んで4年働く『4 to 4』の時代」と言い切ります。もはや「あなたのスキルの賞味期限はわずか4年」なのです。さらに著者は、継続的なリスキリングによって新たなスキルを獲得し続ける「π(パイ)型人材2.0」こそが、進化の著しいAI時代に求められる最強の人材だと明言します。本書ではまず、"賞味期限"が短くなるAI時代おけるスキルの考え方と、その背景を説明します。それを踏まえ、今後求められる「π型人材2.0」の定義と、そうした人材になるために編み出した、効率的なリスキリングのためのプロセス「LEARN+Aステップ」について事例を交えながら詳しく解説します。自分が強みとする専門的なスキルの棚卸しを行い、リスキリングによって相乗効果が期待できる新たなスキルの発掘と成長パターンを分析します。その手法として積極的にChatGPTを活用しているのも特徴です。リスキリングにAIの力を借りることで、自分が思いもよらなかったスキルの発見もあり得るでしょう。これからもビジネスシーンの第一線で活躍し続けるため、キャリアアップに向けたリスキリングの成功をより確実なものとしたい方へお薦めしたい1冊です。 はじめに 第1章 チャットGPT時代のリスキリング チャットGPTに仕事を奪われる? 「リスキリングしないと生き残れない」は当たり前 「4 to 40」から「4 to 4」の時代へ 学び続けることが働き続けることにつながる リスキリングの機会がない会社は危ない? なぜ「リスキリング」が人ごとになってしまうのか? リスキリングにはさまざまなレベルがある 「学びのプロ」になる 第2章 今求められる「π(パイ)型人材2.0」 これまで求められた人材像とこれから求められる人材像 π型人材を構成する3つのスキル π型人材からπ型人材2.0に進化する リスキリングのための「LEARN(ラーン)+Aステップ」 第3章 リスキリングステップ1 『L』(Let go) 前提条件を手放す なぜ「手放す」ことがリスキリングの第1ステップなのか ダボス会議でも議論されたリスキリング 「現場力」とリスキリングの掛け合わせ サンクコストに縛られない リスキリングが必要な人たちとは? プライドを手放す 「自分なんか」を手放す 認知バイアスを手放す 第4章 リスキリングステップ2 『E』(Evaluate) ドメインスキルを評価する リスキリング迷子にならないために 自分のスキルを可視化する「スキルセットツリーマップ」 チャットGPTを利用して「スキルセットツリーマップ」を作る 営業職から事業開発職に転職したAさんの場合 IT部門で働きフリーとして独立したBさんの場合 工場勤務一筋25年のベテランCさんの場合 第5章 リスキリングステップ3 『A』(Analyze) スパイクスキルを何にすべきか分析する スパイクスキルは相乗効果を考える どのドメインスキルとスパイクスキルを組み合わせるか 4つの成長パターン1 ドメイン強化型 4つの成長パターン2 管理職キャリアアップ型 4つの成長パターン3 ドメイン・スパイク共存型 4つの成長パターン4 ドメイン・スパイクシナジー型 営業職から事業開発職に転職したAさんのスパイクスキル IT部門で働きフリーとして独立したBさんのスパイクスキル 工場勤務一筋25年のベテランCさんのスパイクスキル 第6章 リスキリングステップ4 『R』(Roll out) リスキリングを実行する リスキリングを実行する上で気を付ける6つの勘違い リスキリングを実行する際に必要な3条件 1 時間の捻出 時間をかけない汎用的なスキル取得なら「教養系リスキリング」 短期間で具体的なスキルを得るなら「ツール系リスキリング」 時間をかけ具体的スキルを得る「ブートキャンプ系リスキリング」 時間をかけ汎用的スキルを得るなら「大学院系リスキリング」 時間を確保するための交渉 「ワークライフインテグレーション」を考える リスキリングを実行する際に必要な3条件 2 持続力の捻出 「20倍界王拳」で有効な時間帯をうまく使う リスキリングを実行する際に必要な3条件 3 費用の捻出 第7章 リスキリングステップ5 『N』(Negotiate) 条件を交渉する リスキリングを始める前の交渉 リスキリング中には何をすべきか リスキリング後の交渉 交渉をうまく進めるために リスキリングは交渉の大義名分になる 第8章 リスキリングステップ6 『+A』(Associative Thinking) ドメインとスパイクを統合する 異なるスキルの統合に必要なイノベーターの「5大スキル」 マスタースキルを養う1 今までと全く違う何かで「連想力」を磨く マスタースキルを養う2 「質問力」は本質を見抜く力に他ならない マスタースキルを養う3 「観察力」でビジネスニーズをつかむ マスタースキルを養う4 「ネットワーク力」で広げる知識の幅 マスタースキルを養う5 「実験力」で自分に新たな体験を促す 「いろんな色の帽子」をかぶる 「越境」でマスタースキルを手に入れる 学びを自分の言葉で語る おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.122
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.123
59

中国・日本・英米〈分析哲学〉編

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.124
63

ふるさと納税は地方の味方か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。 地方の味方は誰か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。ふるさと納税にふるさとへの思いはあるか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。 地方の味方は誰か。どうすれば地域産品を開発、ブランド化できるのか。ふるさと納税にふるさとへの思いはあるか。マーケティングの視点から立ち上がる秘策とは。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.126
63

空中ブランコ ハリネズミ 義父のヅラ ホットコーナー 女流作家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.128
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.129
59
みんなのレビュー
ソフトウェアを起点にビジネスを考えなくてはいけない現代に重要なソフトウェアファーストの考え方をインストールできる書籍。DXが遅れている企業ではどうしても業務フローに合わせた非効率なソフトウェア開発が進んでいる。それよりも現代は既存のソフトウェアに業務フローをなるべく合わせて改善していくべき!
No.134
59
みんなのレビュー
伝説の経営者稲盛和夫氏の考え方にふれることができる。経営やビジネスの考え方というよりも哲学・道徳観点の話が多い書籍。なにかテクニック的なことを学ぶことはできないが人生を生き抜く上での指針になる。ぜひ読んで欲しい名著
No.136
59

AIやロボットは人間の「労働」を奪うのか?仮想通貨は「国家」をどう変えるのか?ブロックチェーンがもたらす「金融・経済」への影響は?世界大学ランキング6年連続1位(英クアクアレリ・シモンズによる)の米国マサチューセッツ工科大学(MIT)でメディアラボ所長を務める伊藤穰一が「経済」「社会」「日本」の3つの視点で未来を見抜く。 第1章 「AI」は「労働」をどう変えるのか? 第2章 「仮想通貨」は「国家」をどう変えるのか? 第3章 「ブロックチェーン」は「資本主義」をどう変えるのか? 第4章 「人間」はどう変わるか? 第5章 「教育」はどう変わるか? 第6章 「日本人」はどう変わるべきか? 第7章 「日本」はムーブメントを起こせるのか?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.137
63

DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる

マイケル・ウェイド
日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.139
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.140
59

成約率9割!誰でも売れるセールスメソッド。元野村證券で、成績ビリの支店を次々トップにのし上げた伝説の営業マンが2万人に伝授! 第1章 「準備編」-ビリ支店のビリ新人を全社トップにした小さな習慣(アポが1ヵ月先まで入っていれば3ヵ月後成果あり 『200件飛び込み40枚名刺集め』が教えること ほか) 第2章 「実践編」-なぜ会ってすぐ10億の契約が取れるのか?(受付で50回相手にもされなかった私が社長に会えた理由 3ヵ月に1回の顧客リスト更新が、新提案の機会に ほか) 第3章 「アフターケア&接待編」-1億の契約が取れる「究極のおもてなし」(年収1億円の人の心をつかむ宴会術とは お客様をその気にさせるお店選びの極意 ほか) 第4章 「マネジメント編」-どうやって最下位支店を日本一にのし上げたのか(部下が100名いたら全員と面談せよ 評価基軸をはっきり伝えれば組織が動き出す ほか) 第5章 「ラックマネジメント編」-最後に勝つのは、「運」をコントロールできる人(「棚ボタ」で成功した人は必ず脱落する 悪いことが起こったら神社を訪れる ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search