【2024年】「思考実験」のおすすめ 本 29選!人気ランキング

この記事では、「思考実験」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 史上最強の哲学入門 (河出文庫)
  2. 超 発想力~思いつきをカタチにして人生を変える29の方法
  3. 哲学と宗教全史
  4. 「0から1」の発想術
  5. マンガ 考える力を鍛える思考実験
  6. 「クリエイティブ」の練習帳ーー発想力をとことん鍛える100の難問
  7. 14歳からの哲学 考えるための教科書
  8. 発想力を鍛える 33の思考実験
  9. 大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる (角川文庫)
  10. これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
他19件
No.2
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
81

この時代に流通する貨幣は、お金でもデータでも 注意力でも時間でもない。アイデアだ! テクノロジー、時間、身体、 パワー、そして未来… 10のテーマから現代の文化を探求し、 アイデアを形にするための実践ワークブック 世界的アーティストを多数輩出する名門芸術大学、セントラル・セント・マーティンズ(CSM)。本書は、ここで長年クリエイティブな思考法について教える著者が、生徒の潜在能力を高めるために出題した「難問」を100個にまとめた1冊です。 前作 『「クリエイティブ」の処方箋』は世界の10言語以上で翻訳されたアイデアのヒント集ですが、今作はそのアイデアを実践するために、手を動かすワークブック形式。 過激で破天荒すぎるとも思える問題をこなしていくことで、アスリートが走りこみ、ウェイトを持ち上げるように、あなたの頭を鍛え、豊かな想像力と、概念を生み出す力を身につけられるように設計されています。 日々新しいアイデアを求められるクリエイターや企画力が問われるビジネスマンにも、使い倒してほしいアイデアの「練習帳」です。 ☆発想力をとことん鍛える難問(一例)☆ ・人類が退化する過程を描いてください ・異星人を地球に来させないポスターをデザインしてください ・新しい貨幣をデザインしてください ・過激なハムスターを創造してください ・平和主義者の髪型をデザインしてください ・現代を表すエジプト風宗教画を完成させてください ・誘惑たっぷりな貯金箱をデザインしてください ・アルファベットに新しい文字を加えてください ……etc ===== アートで世界を転覆 ハックさせよ! デザイン思考が定着した今、 さらに足を踏み出すべきはアートだ。 そしてアートの本質は、その問題提起にある。 イギリスの名門芸術大学の講座で投げかけられた非現実的な問いの数々。 これらを解くうちに、世界がガラリと違って見えてくるはずだ。 これは、世界を転覆 ハックさせるための 絶好の指南書である。 ──小山龍介(コンセプトクリエイター) ===== イントロダクション 第1章 テクノロジーと身体 第2章 時間 第3章 過激・過剰 第4章 権力と自由 第5章 未来・過去 第6章 自分 第7章 本物・偽物 第8章 価値 第9章 混乱・混沌 第10章 言葉 エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80

14歳からの「考える」のための教科書。「自分とは何か」「死」「家族」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」など30のテーマ。 今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」の為の教科書。「言葉」「自分とは何か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマ。  人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。  言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。 Ⅰ 14歳からの哲学[A] 1 考える[1] 2 考える[2] 3 考える[3] 4 言葉[1] 5 言葉[2] 6 自分とは誰か 7 死をどう考えるか 8 体の見方 9 心はどこにある 10 他人とは何か Ⅱ 14歳からの哲学[B] 11 家族 12 社会 13 規則 14 理想と現実 15 友情と愛情 16 恋愛と性 17 仕事と生活 18 品格と名誉 19 本物と偽物 20 メディアと書物 Ⅲ 17歳からの哲学 21 宇宙と科学 22 歴史と人類 23 善悪[1] 24 善悪[2] 25 自由 26 宗教 27 人生の意味[1] 28 人生の意味[2] 29 存在の謎[1] 30 存在の謎[2]

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
80

あなたの価値観を揺さぶる33の思考実験 あなたの価値観を揺さぶる33の思考実験

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
77

「どうして勉強しなければいけないの?」「どうしていじめはなくならないの?」「生きている意味はあるの?」 学校の… 「どうして勉強しなければいけないの?」 「どうしていじめはなくならないの?」 「生きている意味はあるの?」 学校の先生や親がなかなか答えられない、子どもが抱えるリアルな悩みや疑問を、哲学者の言葉をヒントに解決。 哲学を通して子どもの考える力を育てる、必読の一冊。 古代ギリシャから近代、現代の有名な哲学者の解説も。 ■第1章 自分について考える Q 運動が苦手 Q 勉強ができない Q 自分の言葉で上手く話せない Q 綺麗になりたい Q 自分のいいところがわからない Q 「自分らしさ」って何? ■第2章 友達について考える Q 友達ができない Q 友達が他の子と仲よくしているとムカムカしてしまう Q 友達グループの中で仲間外れにする子がいる Q ケンカをした友達に「ごめんなさい」が言えない Q 人を好きになるってどういうこと? ■第3章 悪について考える Q どうしてルールを守らなくちゃいけないの? Q 人にやさしくしなきゃいけないのはなぜ? Q どうしていじめはなくならないの? Q 悪いことをしている人には注意した方がいい? ■第4章 生き方について考える Q どうして勉強しなければいけないの? Q 苦手なことはあきらめちゃダメ? Q 「本をたくさん読みなさい」って言われたけどなぜ? Q 自分の夢を反対される Q 生きている意味はあるの? Q 幸せって何? ■第5章 命について考える Q 心はどこにあるの? Q 花や木に命はある? Q 死ぬのが怖い Q 人は死んだあとどうなるの? Q 人はどうして人を殺すの? ■岩村先生の哲学講座 人間の祖先「ホモ・サピエンス」が生き残れたわけ 物事の原因はすべて「目に見えない」 「ふたつの時間」を生きる 愛は「心を受ける」こと

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
77

新実存主義 (岩波新書)

マルクス・ガブリエル
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
76

指針なき現代にこそ響く最強の古典!資本主義の本質を見抜き、日本実業界の礎となった渋沢栄一が、生涯を通じて貫いた経営哲学とは。 1番読みやすい現代語訳! 60万部突破!! いまこそ全ての日本人必読! 最強の古典 2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公! 新1万円札の顔に決定! 指針なき現代においてわたしたちは「どう働き」「どう生きる」べきか? 迷ったとき、いつでも立ち返りたい原点がここにある!! 各界のトップ経営者も推薦! 岩瀬大輔氏 「あなたの仕事観を変える本。東洋の叡智がここにある! 」 佐々木常夫氏 「資本主義に対する彼の思想は、時代や国境を越えている」 新浪剛史氏 「“道徳に基づいた経営"という発想には学ぶべきことが多い」 資本主義の本質を見抜き、日本実業界の礎となった渋沢栄一。 「論語」とは道徳、「算盤」とは利益を追求する経済活動のことを指します。 『論語と算盤』は渋沢栄一の「利潤と道徳を調和させる」という経営哲学のエッセンスが詰まった一冊です。 明治期に資本主義の本質を見抜き、約480社もの会社設立・運営に関わった彼の言葉は、ビジネスに限らず、未来を生きる知恵に満ちています。 第1章:処世と信条 第2章:立志と学問 第3章:常識と習慣 第4章:仁義と富貴 第5章:理想と迷信 第6章:人格と修養 第7章:算盤と権利 第8章:実業と士道 第9章:教育と情誼 第10章:成敗と運命 なぜいま『論語と算盤』か(本書「はじめに」より抜粋) ここで現代に視点を移して、昨今の日本を考えてみると、その「働き方」や「経営に対する考え方」は、グローバル化の影響もあって実に多様化している。「金で買えないモノはない」「利益至上主義」から「企業の社会的責任を重視せよ」「持続可能性」までさまざまな価値観が錯綜し、マスコミから経営者、一般社員からアルバイトまでその軋轢の中で右往左往せざるを得ない状況がある。そんななかで、われわれ日本人が、「渋沢栄一」という原点に帰ることは、今、大きな意味があると筆者は信じている。この百年間、日本は少なくとも実業という面において世界に恥じない実績を上げ続けてきた。その基盤となった思想を知ることが、先の見えない時代に確かな指針を与えてくれるはずだからだ。 第1章:処世と信条 第2章:立志と学問 第3章:常識と習慣 第4章:仁義と富貴 第5章:理想と迷信 第6章:人格と修養 第7章:算盤と権利 第8章:実業と士道 第9章:教育と情誼 第10章:成敗と運命 十の格言 渋沢栄一小伝 『論語と算盤』注 参考図書

みんなのレビュー
多くの経営者がバイブルとして挙げることの多い「論語と算盤」。明治維新後多くの企業を立ち上げて日本国を強くしてきた渋沢栄一の経営哲学が学べる。論語と算盤、すなわち今で言うとアートとサイエンス。この2つの両輪なくして経営は成り立たないしインパクトのある仕事はできない。常に渋沢栄一の経営哲学を頭に入れて日々過ごしていきたい。
No.18
76
みんなのレビュー
人生において重要なことを教えてくれる書籍。漫画なので非常に読みやすくサクサク読める。子供に読んで欲しい。
No.19
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
76

生の短さについて 心の平静について 幸福な生について 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
76

スピノザ よく生きるための哲学

フレデリック・ルノワール
ポプラ社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search