【2024年】「システム思考」のおすすめ 本 80選!人気ランキング

この記事では、「システム思考」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. システム思考がモノ・コトづくりを変える デジタルトランスフォーメーションを成功に導く思考法
  2. 世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方
  3. 90日で成果をだす DX(デジタルトランスフォーメーション)入門
  4. 企画立案からシステム開発まで 本当に使えるDXプロジェクトの教科書
  5. DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる
  6. 集中講義デジタル戦略 テクノロジーバトルのフレームワーク
  7. 1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
  8. もっと使いこなす! 「システム思考」教本
  9. DX経営図鑑
  10. 入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法
他70件
No.3
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
64

知識ゼロからのDX入門

株式会社エル・ティー・エス
幻冬舎
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
64
みんなのレビュー
ソフトウェアを起点にビジネスを考えなくてはいけない現代に重要なソフトウェアファーストの考え方をインストールできる書籍。DXが遅れている企業ではどうしても業務フローに合わせた非効率なソフトウェア開発が進んでいる。それよりも現代は既存のソフトウェアに業務フローをなるべく合わせて改善していくべき!
No.23
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
64

対デジタル・ディスラプター戦略: 既存企業の戦い方

マイケル ウェイド
日経BPマーケティング(日本経済新聞出版
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
63

JAL、アスクル、三井住友カード、アドビ……、業界を問わず各社が取り組むデジタルトランスフォーメーションとはなにか? 「従来のビジネスモデルには、必ず“機会損失”がひそんでいる。 顧客の価値を最も高めるものはなにか? デジタルトランスフォーメーションこそが、それを再考する絶好の機会になる」──アドビ最高経営責任者 シャンタヌ・ナラヤン 「フォトショップ(Photoshop)」や「イラストレーター(Illustrator)」はなぜ、サブスクリプション制に移行したのか? それが促した企業変革=デジタルトランスフォーメーションとは? JAL、アスクル、三井住友カード、アドビ……。 話題のDX=デジタルトランスフォーメーションの本質が、詳細な事例で知識ゼロから理解できる! 〈おもな内容〉 第1章 「ビジネスの方向性」はデータが決める──顧客は「なにを」「どう」求めているか 「デジタルな顧客接点」とはなにか?/「世界観」を語れ!/顧客体験価値を最大化させる「データ」活用/コンバージョンレートは重視するな/企業向けEコマースと個人向けEコマースの違い/「扱っていないのに検索されている商品」に注目せよ/Eコマースで「独自色を出す」とはどういうことか 第2章 デジタルトランスフォーメーションとはなにか──「なにを」「どう」デジタル化するか 「サブスクリプション」モデルの選択/技術革新のスピードにビジネスモデルが合わなくなった/既存ビジネスにひそむ「機会損失」/「第二の創業」/「デジタルな会社」とはなにか? 第3章 「流通のデジタル化」が加速した経営改革──「なにが」「どう」変わったのか 「最初の30日」で「1年後の顧客」が見える/ユーザーの属性を仕分けせよ/数億円単位で利益を左右する画面構成/社内全体が「同じものさしで状況判断できる」強み/改善サイクルは「3日間」/データサイエンティストを大量雇用する理由 第4章 「顧客の望むこと」はすべて、データが教えてくれる──「なにを」「どう」活用すべきなのか 「見せるべき情報」を「見せるべき人」に/追いかけすぎると顧客は逃げる/その施策はどんな顧客価値を生み出すか/「検証迷子」というリスク/解約時でも「顧客満足度を上げるべし」 第5章 デジタルトランスフォーメーションが生み出す「新しい価値」──それはアナログなビジネスでも活かされる システム=コスト部門の間違い/「短期的な成果」は期待しない/「簡素な接客」、「濃密な接客」/マス広告の価値が見直されている/日本企業に共通する「ある誤解」/「数字を読み取る文化」を定着させよ/「変化しながら先を見据える」ビジネス感覚を磨け 第1章 「ビジネスの方向性」はデータが決める──顧客は「なにを」「どう」求めているか 「デジタルな顧客接点」とはなにか?/「世界観」を語れ!/顧客体験価値を最大化させる「データ」活用/コンバージョンレートは重視するな/企業向けEコマースと個人向けEコマースの違い/「扱っていないのに検索されている商品」に注目せよ/Eコマースで「独自色を出す」とはどういうことか 第2章 デジタルトランスフォーメーションとはなにか──「なにを」「どう」デジタル化するか 「サブスクリプション」モデルの選択/技術革新のスピードにビジネスモデルが合わなくなった/既存ビジネスにひそむ「機会損失」/「第二の創業」/「デジタルな会社」とはなにか? 第3章 「流通のデジタル化」が加速した経営改革──「なにが」「どう」変わったのか 「最初の30日」で「1年後の顧客」が見える/ユーザーの属性を仕分けせよ/数億円単位で利益を左右する画面構成/社内全体が「同じものさしで状況判断できる」強み/改善サイクルは「3日間」/データサイエンティストを大量雇用する理由 第4章 「顧客の望むこと」はすべて、データが教えてくれる──「なにを」「どう」活用すべきなのか 「見せるべき情報」を「見せるべき人」に/追いかけすぎると顧客は逃げる/その施策はどんな顧客価値を生み出すか/「検証迷子」というリスク/解約時でも「顧客満足度を上げるべし」 第5章 デジタルトランスフォーメーションが生み出す「新しい価値」──それはアナログなビジネスでも活かされる システム=コスト部門の間違い/「短期的な成果」は期待しない/「簡素な接客」、「濃密な接客」/マス広告の価値が見直されている/日本企業に共通する「ある誤解」/「数字を読み取る文化」を定着させよ/「変化しながら先を見据える」ビジネス感覚を磨け

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
63

IDEOデザイン・シンキング IDEO流 創造性を取り戻す4つの方法 IDEO流 実行する組織のつくり方 デザイン思考で創造的解決を導く方法 リーダーはデザイン思考をどう活かすべきか Jobs to Be Done:顧客のニーズを見極めよ リバース・イノベーション 失敗に学ぶ経営 イノベーション・カタリスト ペプシコ:戦略にユーザー体験を

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
63

IDGs 変容する組織

新井範子
経済法令研究会
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
63

「考える」「書く」「話す」が一瞬でまとまる。もっと伝わる。あなたの頭の回転数を上げるノウハウ。 第1章 ロジカルシンキングってどんなもの? 第2章 具体的にどうすれば身につくの? 第3章 これだけは押さえたい論理思考の基本スキル 第4章 論理的に考えるための5つの習慣 第5章 ロジカルシンキングの身近な実践法1 個人編 第6章 ロジカルシンキングの身近な実践法2 プレゼン編 第7章 ロジカルシンキングの身近な実践法3 交渉編 第8章 ロジカルシンキングの身近な実践法4 問題解決編 第9章 思考力やヒラメキにあふれた毎日を送るために

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
63

戦略論とDXの交点: DXの核心を経営理論から読み解く

ベイカレント・コンサルティング
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
63

デジタルシフトに取り組む企業の現場を追った5本の挑戦ドラマ。AI、RPAの企画、導入、開発に役立つ実践的な指南書。 デジタル先進企業の現場で一体何が起きたのか? 七転八起のノンフィクション挑戦ドラマ! 他では読めないデジタルシフト成功の極意が満載! デジタルシフトを進める際の課題は数知れず。何を準備すべきか、どこから手を付けるか、現場にどう根付かせるか、組織体制はどうあるべきか、担当者はどう行動すべきか--。 実践現場やマネジメント層、さらには経営層が抱えるこうした悩みについて、抽象的な教科書や成功をアピールしがちな導入事例本からは答えは得られない。 本書は実在の先進企業、三井住友ファイナンス&リースが数年間にわたって現場とデジタルシフトに取り組んだ挑戦のストーリーをまとめたものである。 AIやRPAの実践エッセンスを、関係者が取るべき具体的なアクションレベルにまでかみ砕いた指南書に仕上げた。 「頼むから、今のやり方、変えんといて」 「使いものになってないよ!いったい何のためのロボットなんだ」 現場は日々忙しい。 その意識を変え、既存の業務プロセスを改め、ついには現場に歓迎され、新ビジネス創出につなげようと苦心する担当者たちを追いかけた5本のストーリー。 そこには共感するだけでなく、彼らが一貫して顧客を向き、ビジネスを起点にテクノロジーを活用していく態度に目を見張るはずである。 同時に現場や担当者を支援し、やる気を引き出す全社的な組織体制づくりはどの企業にも役に立つ極意と言える。 そして、米GEの流れをくむ改善のカルチャーや、先端技術活用に際して内製にこだわる姿勢には多くのヒントを読み取ることができるはずだ。 ■目次 プロローグ Story0 デジタルで勝つ企業への道筋とは Story1 たった一人からのデジタルシフト  解説コラム:デジタルシフトの始動と開発体制 Stroy2 GE流プロセス改善のカルチャーを生かす  解説コラム:プロセス改善を続けるカルチャー Story3 現場を変え人もつくった驚きのRPA導入  解説コラム:RPA導入の極意 Story4 内製で乗り越えたAI開発の壁  解説コラム:AIへの期待と現実 Stroy5 デジタル化の先に新しい価値創出を  解説コラム:デジタルシフトがもたらすもの エピローグ デジタルシフトに取り組む企業の現場を追った5本の挑戦ドラマ。AI、RPAの企画、導入、開発に役立つ実践的な指南書。 プロローグ AIがビジネスの現場をがらりと変えた オペレーター一人ひとりの思いを盛り込む 10年前の悪夢から 【Story0】デジタルで勝つ企業への道筋とは どう改善すればその時間を短くできるのか 計測なくして改善なし 「画像データ、あるやないか!」 顧客に価値をしっかり提供できるよう テクノロジーの内製化と業務の効率化 【Story1】たった一人からのデジタルシフト ブラックボックスをこじ開けろ 「フルスタックエンジニア」の登場 きっかけは「ハッカソン」 ビジネスに寄り添った開発 社内ベンダーにはなりたくない [Story1解説]デジタルシフトの始動と開発体制 【Story2】GE流プロセス改善のカルチャーを生かす 業務の標準化とムダの削減 心を揺さぶったデジタルの威力 顧客にどのような価値が生まれるのか オピニオン・サーベイで改善を後押し 現場目線のアプローチ「デザイン・シンキング」 「ゲリラ戦だな、デジタルは」 [Story2解説]プロセス改善を続けるカルチャー 【Story3】現場を変え人もつくった驚きのRPA導入 変革へのトリガーという予感 やる気を生かす推進体制づくり 「オレたちと、どう連携してくれるの?」 「それがね、視野が広がったというんだよ」 普段は知る機会のない発見 「もう! 面倒くさいなあ!」 8割をカバーできれば十分 自動化前後のプロセス改善も経験 仕事を楽しめる環境づくりへ 「何のためのロボットなんだ!」 「それだけのリソース割く価値、あるの?」 アンバサダーを一人にしない 要件定義書が裏目に出る 幹のエラーと枝葉のエラー 要件定義はプロセス改善だった [Story3解説]RPA導入の極意 【Story4】内製で乗り越えたAI開発の壁 入社後2週間でAI開発進言 「工場みたい!」 10文字のうち9文字で精度9割 AIのエキスパート、社内から登場! 「この転移学習は、使える!」 教師データに思わぬミス ビデオが捉えた現場の笑顔 [Story4解説]AIへの期待と現実 【Story5】デジタル化の先に新しい価値創出を 「エクセルを極めよう!」 「あいつが、なんで!」 顧客にRPAのノウハウ伝授 「このセンサー、何か使えへんかなあ?」 思うように取れないデータ IoTビジネスへの参入を見据える [Story5解説]デジタルシフトがもたらすもの エピローグ 経営層にはモノで伝える 日本企業の強みを生かす 社員共通の価値観 あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
63

UXと自由

みんなのレビュー
アフターデジタルが出版されてからコロナ禍に突入し、消費行動はデジタルに一気に偏った。そんな中続編として出版されたアフターデジタル2。前作と同じく非常に学びになるので1,2併せて読んでおきたい。
No.50
63

序章 テクノロジー思考とは 第1章 テクノロジー産業の現在 第2章 イノベーション至上主義と、スタートアップ全盛時代 第3章 次なるフロンティアはどこにあるのか 第4章 データ資本主義社会 第5章 欧州という現代のデータ十字軍 VS データ中央集権企業群 第6章 インド - 復権するテクノロジー大国 - 第7章 中国テクノロジーの正体 第8章 米中テクノロジー冷戦とは結局のところ何か 終章 テクノロジー思考の実践に向けて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
62

超実践編 : 世界のトップが絶賛した即座に考えが"まとまる""伝わる"すごい技術

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
62
みんなのレビュー
ロジカルシンキングの定番本と言えばこれ!学生のころ読んで感動した。MECEに考えるということはどういうことかが分かりやすく書いてある。就活対策としても使えるので学生にも是非読んで欲しいし、全てのビジネスパーソン必読の本でもある。少し古めの本であるが色あせない良本。
No.78
62

問題を解きながら論理的思考を鍛えよう!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search