【2024年】「コピーライティング」のおすすめ 本 72選!人気ランキング

この記事では、「コピーライティング」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000
  2. ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
  3. 10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方
  4. 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
  5. ポチらせる文章術
  6. 禁断のセールスコピーライティング
  7. セールスコピー大全:見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方
  8. 全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
  9. 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
  10. 人を操る禁断の文章術
他62件
No.1
100
みんなのレビュー
天才マーケター神田昌典氏のセールスに必要なコピーライティングが学べる書籍。辞書的に使うと良い。
No.12
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
63
みんなのレビュー
沈黙のWebマーケティングに続いて2作目となる本書。1作目を読んでハマった方はぜひこちらの2作目も読んでみて欲しい。ストーリ形式で分かりやすくSEOライティングについて学べる
No.19
62
みんなのレビュー
超有名なブロガー2人が運営するブログサロンの内容を元にWebライティングについて分かりやすくまとめてくれている書籍。これ1冊読んでおけばWebライティングに関しては全く問題ないと思う!手元においておきたい1冊。
No.27
58
みんなのレビュー
学生の頃に読んで衝撃を受けた森岡さんの書籍。マーケティング職について間もない人に是非読んで欲しい。徹底した消費者視点というマーケティングの本質が詰まっている。これを読んで消費者視点のマーケティングについて学んだ後は数学的マーケティングとして確率思考の戦略論も合わせて読んで欲しい。人生で読んだ中でトップ10に入る名著。
No.32
58

ひんぱんにSNSやWebサイトに記事を書かなければいけない時代。「ネタがない!」とお悩みの方に贈るヒント! 今日は何を書こう…… 「ネタがない!」とお悩みのアナタに贈る、文章の「ひきだし」がどんどん増える本です。 企業がFacebookやTwitter、自社サイトで情報発信するのは当たり前の時代ですが、常につきまとう問題が「何をどうやって書くか」ということです。しかもライティングするのはプロではなく、普通の企業のWeb担当者や、たまたま指名された社員である場合がほとんどです。特に最近は「頻繁に記事を更新してアクセス数を積み上げる」という手法が主流になっています。しかし個人のSNSと違い、企業で発信する場合には微妙な配慮が必要で、すらすらライティングするのは非常に難しいものです。 本書は、そんな「書くネタがない」「どうやって書いたらいいかわからない」という悩みを解消します。イラストから想像してライティングしたり、架空のニュースを書き換えたりしながら、Webライティングの「ひきだし」をどんどん増やしていくことを目標にしています。Webで何かを発信している人なら、職種や業種は問いません。「今日も何か書かなきゃ……」というプレッシャーから解放され、より高品質なコンテンツを作るために時間を割けるようになるので、好循環が生まれます。 【本書のポイント】 ●ネタに詰まったときのヒントが満載 ●ターゲットが読みたい文章になる ●ケーススタディもいっぱいで、自分で手を動かせる ●アイデアが湧きやすいノート風の誌面やイラスト 【自分で書いてみるお題(お手本つき)】 ●難解な文章を噛み砕いてみよう ●日常風景からキーワードを探してみよう ●恋愛ネタで「共感型」と「問題解決型」を書き分けよう ●経済ニュースをリズミカルにリライトしてみよう ●文章の中に自分を登場させよう ●カタログ情報を「共感型」の紹介文にしてみよう ●カタログ情報を「問題解決型」の紹介文にしてみよう INTRODUCTION: Webコンテンツを運用するにあたって STEP UP1: Webコンテンツの特性を理解する CHAPTER1: コンテンツ作成のためのネタの探し方 STEP UP2: ネタ探しのフレームワーク CHAPTER3: Webライティングの流れに沿って発想する STEP UP3: 見た目の読みやすさを工夫する CHAPTER3: コンテンツの位置づけからアイデアを固める STEP UP4: ガイドラインの作り方 CHAPTER4: SNSライティングの基本 STEP UP5: メルマガ/Web広告の基本 CHAPTER5: さらに質を上げるための分析・改善方法

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
57

ビジネスからSNSまで、あらゆる文章を「うまく」「はやく」書ける、文章本の新しい定番書です。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
55
みんなのレビュー
沈黙のWebマーケティングに続いて2作目となる本書。1作目を読んでハマった方はぜひこちらの2作目も読んでみて欲しい。ストーリ形式で分かりやすくSEOライティングについて学べる
No.45
55

この本で手に入るのは100の売れる言葉ではありません。それを無限に生み出す方法です。‶レスポンスアップの鬼″にして「売れる言葉づくりの専門家」がゼロから指南!――すぐに使えて技術として身につく――   コピーライティング本の決定版本書にある100の言い換え表現から、売れる言葉の考え方やアイデアを学んだら、あなたはどうなるでしょうか? テンプレートやフレーズ集を、毎回チェックすることなく、もっと早く、売れる言葉を量産できます。しかも、あなたらしい表現で!   結果が伴ったならば、あなたは、もっと書くのが楽しくなるでしょう。周りから「言葉の達人」と呼ばれる日も遠くありません。                  (――著者より)<目次>第1章 結果・効果を2倍伝える 第2章 お得感を強くする 第3章 説得力を高める 第4章 差別化する 第5章 商品特徴を、もっと魅力的に伝える 第6章 急いで買ってもらう 第7章 「何かすごそう!」ワクワク感でつかむ 第8章 安心してもらう 第9章 人気の高さを伝える 第10章 ターゲットを狙い撃つ 第11章 続きが気になる表現 第12章 不安や恐怖を突き刺す

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
55
みんなのレビュー
初学者向けのマーケティングの書籍として非常にオススメ。顧客が欲しいのはドリルではなくて穴。マーケティングにおいて重要な顧客の課題にフォーカスした考え方を学べる。マーケティングを学び始めたばかりの人はこの書籍をぜひ手にとって欲しい。
No.52
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
54
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search