【2023年】「有名人」のおすすめ 本 79選!人気ランキング

この記事では、「有名人」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)
  2. 葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
  3. 天才はあきらめた (朝日文庫)
  4. OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝
  5. THE やんごとなき雑談
  6. そして生活はつづく (文春文庫)
  7. 火花
  8. その日のまえに (文春文庫)
  9. もの食う人びと (角川文庫)
  10. 青の炎 (角川文庫)
他69件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
72

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

アンドレ アガシ
ベースボールマガジン社

20ヶ国語に翻訳され、全世界で注目された衝撃作!カツラ、禁止薬物使用、虚偽報告、女優との結婚生活…グランドスラムを制覇したテニス界のスターの衝撃的告白。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
70

火花

又吉 直樹
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
70

ひこうき雲 朝日のあたる家 潮騒 ヒア・カムズ・ザ・サン その日のまえに その日 その日のあとで

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
63

人生エロエロ (文春文庫)

じゅん, みうら
文藝春秋

“人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた”でおなじみ、「週刊文春」人気連載が文庫化。阿川佐和子とのスペシャル対談も収録! 初めてコンドームを買ってじっくり観察したあの日、大量のエロ本を抱えたまま交通事故に遭った恐怖、70万円もするラブドールを購入して居酒屋に同伴……。“人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた”のフレーズでおなじみ、グッときてプッと笑える「週刊文春」の人気連載を文庫化。「男ってバカねえ♥」と女性にも大好評、思わず吹き出すエロエロエッセイ80連発!阿川佐和子さんとのスペシャル対談も収録!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
63

ニベア ファミリーセンター おしまい予言 強運の持ち主

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
63

我は求め訴えたり

デーモン小暮
ネスコ
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
63

エセー〈1〉

Montaigne,Michel de
白水社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
62

なまけ者のさとり方 PHP文庫

タデウス・ゴラス
PHP研究所
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
62

はじめての旅行記、書きました。行ってないけど。--- 世界遺産に詳しいことでも知られる俳優・鈴木亮平が、熱い想いをめぐらせながら自ら絵・挿絵を描き下ろし、妄想爆発で文章も全て書き下ろした前代未聞の<旅行記>が完成!この本を見て読むだけで、世界遺産を旅した気分になれる夢のような1冊。これを機会に、いままで知らなかった<人類共通の宝物>の数々を、鈴木亮平とともに味わってみませんか? 圧巻の絵とオリジナル紀行文が、あなたを未知なる世界遺産旅へと導いてくれます。雑誌『プラスアクト』での連載に新たな挿絵や記述等も加え、計288ページにも及ぶ大ボリュームで堂々完成!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
62

50篇のエッセイ、故郷・鹿児島ルポ、初の掌編小説、豊富な撮り下ろし写真。等身大の上白石萌音があふれた文筆処女作、完成! たおやかでまっすぐな言葉が紡ぐ、ありのままの本音。 等身大の上白石萌音があふれた文筆処女作となるエッセイ集、完成! 何気ない日常の断片や去来する思い、情景などを綴った50篇におよぶエッセイ、大切な家族との再会や、ゆかりの地を巡った故郷・鹿児島ルポ、初の創作となる掌編小説、思い出の写真とともに振り返るバイオグラフィ、本人撮影によるフィルムカメラスナップ……。 これまでブログやSNS、メディア取材などでは語られなかった気持ちや、家族・友人への思いなど、過去を振り返りながら足もとを見つめ直し、そして未来へ思いを馳せるように、ありのままに瑞々しくも至妙に綴られた文章はすべて書き下ろし。何気なくてあたたかな数々の“記憶”をあざやかな“叙述”として編み上げました。 豊富に収載する写真は全点初公開。文章と写真によって、俳優、歌手、ナレーターなど幅広い活躍でいま最注目の上白石萌音さんの多彩な魅力をあらゆる角度から描き出し、知られざる素顔と胸の内を知ることができる、ファンならずとも必携の一冊です! 【上白石萌音さんよりタイトルの決定に寄せて】 お芝居も、歌も、声の仕事も、はては現場の雰囲気に対しても、これまでの仕事の根底において大事にしてきたのは、自我を消して「求められる色に染まること」であった、と。そして、ありとあらゆる色と出逢う、貴重な経験をさせていただいてきたのだ、と。 そのように見つめ直してエッセイを綴っていると、たくさんの楽しいこと、嬉しいこと、つらいことなど、本当に「人生いろいろだな」と言えるような経験を次々と思い出しました。現時点でのそれら全部を、大きな意味で込められるものにできたらと考え、『いろいろ』と名づけました。 ――上白石萌音 ■目次 *はじめに *エッセイ 「踊る」「視る」「懐かしむ」「読みこむ」「採る」「完パケる」「灯す」「駆られる」「決まる」「学ぶ」「読み上げる」「歩く」「断ち切る」「揃える」「降る」「鳴らす」「交わす」「合わせる」「駄弁る」「歌う」「食べる」「挟む」「ふやける」「減らす」「愚痴る」「叩く」「赴く」「住む」「生きる」「立ち返る」「めくる」「失くす」「写る」「違える」「オフる」「入る」「観る」「並べる」「参る」「宿る」「始める」「料る」「走る」「応える」「おます」「触れる」「褒められる」「演じる」「撮る」「終わる」  《全50篇》 *わたしの〝萌音さんの色〟 *掌編小説 *わたしがいた風景~鹿児島小旅行リポート~ *足あと、いろいろ *『いろいろ』ができるまで *あとがきにかえて *はじめに *エッセイ 「踊る」「視る」「懐かしむ」「読みこむ」「採る」「完パケる」「灯す」「駆られる」「決まる」「学ぶ」「読み上げる」「歩く」「断ち切る」「揃える」「降る」「鳴らす」「交わす」「合わせる」「駄弁る」「歌う」「食べる」「挟む」「ふやける」「減らす」「愚痴る」「叩く」「赴く」「住む」「生きる」「立ち返る」「めくる」「失くす」「写る」「違える」「オフる」「入る」「観る」「並べる」「参る」「宿る」「始める」「料る」「走る」「応える」「おます」「触れる」「褒められる」「演じる」「撮る」「終わる」 *わたしの〝萌音さんの色〟 *掌編小説 *わたしがいた風景~鹿児島小旅行リポート~ *足あと、いろいろ *『いろいろ』ができるまで *あとがきにかえて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
61

爆弾テロ事件の容疑者となったバーテンダーが、過去と対峙しながら事件の真相に迫る。逢坂剛・黒川博行両氏による追悼対談を収録。 乱歩賞&直木賞ダブル受賞、不朽の傑作ミステリ! 爆弾テロ事件の容疑者となったバーテンダーが、過去と対峙しながら事件の真相に迫る。逢坂剛・黒川博行両氏による追悼対談を収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
61

イノなき

井ノ原 快彦
角川書店

V6・井ノ原快彦が1000日書き続けたリアルな日記。 イノなき(2003年06月〜08月 絵文字乱用期 09月〜12月 2004年01月〜03月 うっすらアイドル期 04月〜06月 07月〜09月 10月〜12月 2005年01月〜03月 おっさんアイドル期 04月〜06月 07月〜09月 10月〜12月 2006年01月〜02月 イノな期) 666回記念!お面&イノなき学級新聞 注釈コーナー

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
61

「みんなの心がけ」では解決しないゴミ問題 努力・忍耐ではない地球温暖化防止を 輸出されるリサイクル品 援助の前に、同じ人間として見ること 金融機関の「社会的責任」とは 羊とペンギンの島の戦争利益 オール電化は環境にいい? 農業は「農」の「産業化」? 「働くことが社会を良くする」? 科学技術の発展で問題は解決する? 「電気をたいせつにね!」 ダムは水よりカネを貯める 国内で植林するより、まず使おう 「地球にやさしい」油やし? やめられないクルマ依存

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
61

このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない――不穏な文章から始まる手記が導く先は、狂気か救済か。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
61

優柔不断で脆弱な哲学青年――近年定着したこのハムレット像を気鋭の英文学者が根底から覆し、闇に包まれた謎の数々に新たな光のもと迫った名著。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
61

ひみつのたべもの

松井玲奈
マガジンハウス

\独り占めしたくなるほど美味しくて尊い!/ 「推しに捧げる手作りプリン」「食欲おばけの日」 「これっくらいのお弁当箱」「ああ、愛しの台湾」など 読めばお腹が空く、松井玲奈 初のエッセイ集。 彼女のプライベートの食にまつわる話を 「anan」連載25回分に、書き下ろし25作品を加え、 たっぷり50編を収録。 レストランで出会う特別な一皿から 深夜に衝動的にすすりたくなるカップ麺、 旅先の記憶、実家の忘れられない味まで、 繊細な観察眼で多様な”たべもの”を描きます。 <表紙と口絵撮影・川島小鳥> ★初回限定特典:ひみつのレシピカード 全国書店、インターネット書店にて、 本書を予約・早期購入いただいた読者の初回限定特典として、 松井さんによる「ひみつのレシピカード」が ランダムで1枚封入されます(2種のうち1種のみ)。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
61

2012年版「このミス」1位! 超弩級エンタテインメント!! イラクで戦うアメリカ人傭兵と日本で薬学を専攻する大学院生。二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。一気読み必至の超弩級エンタメ! イラクで戦うアメリカ人傭兵と日本で薬学を専攻する大学院生。二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。一気読み必至の超弩級エンタメ!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
61

豊臣秀吉の弟秀長は常に脇役に徹したまれにみる有能な補佐役であった。激動の戦国時代にあって天下人にのし上がる秀吉を支えた男の生涯を描いた異色の歴史長篇。(小林陽太郎) 豊臣秀吉の弟秀長は常に脇役に徹したまれにみる有能な補佐役であった。激動の戦国時代にあって天下人にのし上がる秀吉を支えた男の生涯を描いた異色の歴史長篇。(小林陽太郎)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
61

世界規模で展開する、現代エンタメの到達点! 研人に託された研究には、想像を絶する遠大な狙いが秘められていた。戦地からの脱出に転じたイエーガーを待ち受けるのは、人間という生き物が作り出した〈地獄〉だった--。現代エンタテインメント小説の最高峰。 研人に託された研究には、想像を絶する遠大な狙いが秘められていた。戦地からの脱出に転じたイエーガーを待ち受けるのは、人間という生き物が作り出した〈地獄〉だった--。現代エンタテインメント小説の最高峰。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
61

50歳になりまして

光浦 靖子
文藝春秋
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
61

オリジナル!! お客さんは無限にいる。要はいかに他店より売るかだ!! 石油も自動車も抜いた売上高世界第1位の小売業ウォルマート。創業者が説く売る哲学、金銭感覚、出店のノウハウ、人事の秘策とは。無敵腐敗の商いのコツ!! 創業以来わずか40年で売上高世界第1位に急成長した、小売業チェーンのウォルマート。創業者サム・ウォルトン亡き後も、その経営哲学・ビジネス戦略は受け継がれ、ついに世界を席巻した。田舎町の商人から巨大企業へと導いたサムの起業理念、不屈のケチ精神、比類なきアイディア、お客や従業員への思い、家族への愛など、身近な人々のエピソードで綴った自伝。ビジネス成功への鍵はここにある!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
61

はたして、有吉は本当に性格が悪いのだろうか?己のアイデンティティを懸けて有吉が無実を訴える、入魂エッセイ。 早すぎる有吉自叙伝 有吉マンガ道場 有吉写真館&エッセイ 巻末特別対談 上島竜兵VS有吉弘行「僕、性格悪くないですよね?」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
61

物質の過剰に陶酔している現代社会で、それと同調して市民的に生きることのできない放浪者ハリー・ハラーを"荒野のおおかみ"に擬し、自己の内部と、自己と世界との間の二重の分裂に苦悩するアウトサイダーの魂の苦しみを描く。本書は、同時に機械文明の発達に幻惑されて無反省に惰性的に生きている同時代に対する痛烈な文明批判を試みた、詩人五十歳の記念的作品である。 ハリー・ハラーの手記 荒野のおおかみについての論文 ハリー・ハラーの手記、続き

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
61

2006-2011(はじめのほう) あの幻の作品が書籍となって帰ってきた! M-1&R-1を制覇したマヂカルラブリー・野田クリスタルの知られざる原点がココに!! 2021年3月23日(火)2冊同時発売! 破天荒芸人・野田クリスタルが見る日常は、こんなにも笑いと悲哀に満ちていた! ピース又吉直樹 推薦! みじめで、アホで、天才でした。 笑いながら読みましたが、たまに心配にもなりました。でも結局笑いました。 東野幸治 推薦! 私の中で野田クリスタルは謎だらけ。 この本には野田クリスタルのことが赤裸々に描かれているに違いない! 頼む、本当のお前を教えてくれ! きわめて真摯に笑いに向き合うごく普通の20代の青年は、 実は、独自の感性で淡々とした日常の中に狂気を見出し、翻弄され、 そして周囲を翻弄する、破天荒芸人だった! 2020年、個人でR-1ぐらんぷり、コンビとしてM-1グランプリの2冠を達成した野田クリスタルが2006年より書き続け、 2015年にはグッズとして限定発売していた「野田の日記」を大幅に加筆修正して書籍化。 さらにM-1&R-1優勝時の書き下ろし日記、野田がこよなく愛するはむはむの成長日記も収録。 コンビ結成と解散を繰り返しピン芸人を経てたどり着いた破天荒芸人の原点。 発行:ヨシモトブックス 発売:ワニブックス

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
61

愛憎のイナズマ 「早稲田文学」のこと 母親の顔 今までも、これからも もうひとつの『あかね空』 残したい情景、残したくない自分 人には〈幸福とは呼べぬ幸せ〉を選ぶ自由がある 一九九六年四月、牡羊座の運勢は 恋愛は無敵だと書きたい私としては やっぱり、日本的なものが好きなんです 十年経って言うのもなんだが わがままであまのじゃく 書くこと、旅すること あのカバンの意味を探して 楽しいゲームでした。みなさんに感謝! 父に捧ぐ 生きるとは、本を読むこと 「受付の人」が引っ込んでから 絶望が花よ ずっといる 思い起こすままに 本のある家 どこ行くの 卵の殻のむけるまで 何もかも全部、小説のせい いつでもどこでも書いていた いい気になるな 小さなノートといっしょに失くしたもの 田舎育ちの乱歩好き少年 青春という闇の匂い 十七歳のサイン会 ルーレットの目 道中四景 愚かで愛しい時間 毛玉たちへ 原稿用紙に書く前

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
61

音楽シーンのトップを走り続ける桑田佳祐が「週刊文春」連載エッセイで初めて明かした自身の原点、憧れの音楽家、バンドへの情熱。 曲が書けないほど 全力で書いちゃったよ……(涙)。 マイクをペンに持ちかえて、不埒に、真面目に、時に感傷的に。 時は図らずもコロナ禍という非常事態、 「週刊文春」というステージで綴られた全66篇 〝魂〟のエッセイ!! サザンオールスターズのリーダーにして日本の音楽シーンの先頭を走り続ける桑田佳祐が、「頭もアソコも元気なうちに、言いたいことを言っておきたい!」という想いを出発点に、「週刊文春」で2020年1月から2021年4月にかけて連載したエッセイを一冊に結集! これまで音楽のこと以外はほとんど語ってこなかった桑田が初めて明かす、自身の原点や現代の世相への思い。そこには故郷・茅ヶ崎での少年時代や家族との絆、サザンが結成された青山学院時代の思い出、プロレスやボウリングへの愛、さらに「自主規制」がはびこる日本の現状への憂いや、60代となってからの「人生の目標」などが率直に綴られています。 もちろん音楽についても、自身のサウンドに大きな影響を与えたザ・ビートルズやエリック・クラプトン、ボブ・ディランらへの畏敬の念や、佐野元春や内田裕也、沢田研二、尾崎紀世彦など敬愛する日本のミュージシャンたちへの賛歌、サザンのメンバーやサポートスタッフへの感謝の想い、そしてコロナ下で行った無観客ライブの裏話など、桑田、サザンファンならずとも興味深い話題が満載です。 書籍化にあたって大幅な加筆&推敲を施し、さらに秘蔵カットも掲載! 〝ポップス歌手〟桑田佳祐が「言葉」として残しておきたかったテーマを全身全霊、縦横無尽、天衣無縫に書き尽くした全432ページ、永久保存版の一冊です!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
61
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
61

デラックスじゃない

マツコ デラックス
双葉社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
61

棚からつぶ貝

アヤコ, イモト
文藝春秋

旅で出会った人、芸能界の友人、大好きな家族--世界中を飛び回りながら、著者が出会った大切な人たちを綴った、初のエッセイ集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
61
みんなのレビュー
西野亮廣氏の書籍はどれも素晴らしい。自己啓発書でありがちなモチベーションが上がって終わりみたいなことがなく、具体的な事例をもとに自分の打ち手の引き出しを増やすことができる。
No.54
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
60

自分を磨く方法

アレクサンダー・ロックハート
ディスカヴァー・トゥエンティワン
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
60

今の私は

後藤 真希
小学館

デビュー、卒業、結婚、出産…後藤真希の今 今年20周年を迎える モーニング娘・歴代メンバーの中でも 唯一無二のエースであり、 現在もママとして 同世代女性から カリスマ的人気を誇る後藤真希、 初の語り下ろしエッセイ。 そんな彼女の幼少時代、 芸能界に入るまで、 日本中が衝撃を受けた卒業、 空白の休業期間、 突然の結婚、 そして… 今だからこそ語れる あのころの「後藤真希」について、 自らの言葉で語り下ろします。 ベビーグッズの プロデュースも手掛けるなど、 ママ世代にも 非常に人気のある彼女の、 今もっとも知りたいといわれている 「変わらない美しさを保つために 普段やっていること」 「子供との接し方」など、 実用的なママ目線でも 共感できる内容も充実の内容です。 地元にて撮り下ろした写真も 約30ページ掲載。 ※告知した内容は変更になる場合があります。 ※画像はイメージです。 【編集担当からのおすすめ情報】 2018年、4年ぶりのテレビ出演で果たした後藤真希さん。 「変わらない」「現役の頃よりキレイ」とSNSで瞬く間に トレンドキーワード入りなど、 今でも変わらぬカリスマ的な存在感を放っています。 ミステリアスで、どこかベールに包まれた彼女ですが、 実は不思議なギャップの持ち主。 女性としてはもちろん、母としての魅力にあふれた人。 そんな彼女の魅力を、彼女の言葉で閉じ込めた初のエッセイです。 今年20周年のモーニング娘・歴代メンバーの中でも唯一無二の存在であり、現在もカリスマ的人気を誇る後藤真希さん。13歳での鮮烈デビュー、卒業、結婚、出産から美容までを語ります。撮りおろし写真も多数収録。 はじめに ふつうの幸せ 第一章 モーニング娘。として 第二章 ひとりの女性として 第三章 下町暮らし 第四章 いまの私をつくるもの

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
60

「自分を好きになるなんて難しい。できることは自分を甘やかしてあげること」──。息苦しさを感じる心がふっと軽くなる、りゅうちぇる初の著書。「多様性」や「自分らしさ」「子どもへの教育」「家族愛」など、いま思うことをつづる。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
60

自己の生涯を極限までに作品に昇華させた太宰文学の代表作 無頼の生活に明け暮れた太宰自身の苦悩を描く内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」と、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の由来にもなった「桜桃」を収録。 無頼の生活に明け暮れた太宰自身の苦悩を描く内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」と、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の由来にもなった「桜桃」を収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
60

パパが貴族

山田ルイ53世
双葉社

漫才コンビ、髭男爵の山田ルイ53世の、芸人と父親の狭間で揺れ動く、一人のパパの愛すべき日常。 『一発屋芸人列伝』『ヒキコモリ漂流記 完全版』など“書き手”としても、 いま大注目のお笑い芸人・山田ルイ53世の最新エッセー! お笑い芸人で、貴族(?)で、一人のパパである山田ルイ53世の、 穏やかで、時にほっこりとして、ちょっとだけスリリングな日々。 なぜなら、娘には絶対に知られてはならない「ヒミツ」があったから──。 「パパがしごとにいくと、なんでシルクハットがなくなるの?」 「パパ、『ルネサーン』なんでしょ?」 愛する娘“もーちゃん”にパパが芸人と知られてしまったら……、 ましてや近所の悪ガキに知られ、「お前の父ちゃん一発屋ぁ~」などと、 もーちゃんがイジられるなんて……そんなモヤモヤを抱え、 日々、鋭くなる一方の彼女の「推理」を交わしつつ、 精一杯「フツーのお父さん」であろうとする悪戦苦闘の毎日。 そんな愛すべき日常を綴った珠玉のエッセー、ぜひご一読を!!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
60

魔性ですか?

高岡 早紀
KADOKAWA

人気女優・高岡早紀、初めてのエッセイ集。 「なんで私、いつも魔性の女って呼ばれるんだろう。 そんなことないのに……」 アイドル、歌手としてデビューしてから来年で35年。 結婚、離婚、女優という仕事への目覚め。 正直に、そして、ユーモアと毒をちょっぴり含んだ、人気女優、初めての本音エッセイ。 家族や大切な人への思い、犬との暮らし、私生活、いままでの恋愛についても綴りました。 私に毒なんてあるかしら。いや、毒しか出なかったらどうしよう!? 仕事のこと、私生活のこと、初めてここまで書きました。 頑固者/自信が強み/「女優女優している」ふうに見えます?/アメとムチ/結婚、そして離婚について/初めての女の子/お兄ちゃん、自宅出産に立ち会う/「うちはお金持ちなの?」の答え/息子のカノジョ/「ママ友」ふたつのタイプ/私が一個500円のカリフラワーを買わないワケ/「こだわり過ぎない」というこだわり/「オバサン」になっても「オジサン」にはなるべからず/習い事マニア/年齢と私とファッションと/いつもだいたい平和な私のメンタル/「妻」と「母」のバランスについて考えてみた/天狗になりそうな(?)鼻をへし折る息子くん/過去のひとり旅と未来の女子旅/火事場のバカぢから/「可能性に賭けろ」とママは言う/ゴシップと私と家族と友達と/シングルマザーの恋愛事情/「女優」でも「母」でもない私は何者か/オトコの条件/オトコトモダチ……

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
60

自分が自分を好きでなかったら、誰が自分を好きになるんだ!? いま伸び盛りのバービー処女作、自分の言葉で本音を書きました。 「おっぱいがくっついている私」を、“人”として認めてほしいだけなんだ。 「最も信頼が置ける言葉をもつ芸人」のひとり、フォーリンラブのバービー処女作。 一言一句、自分の筆で、自分の言葉で、あふれる本音を書き、FRaU webで280万PV突破の人気連載を単行本化! 11月4日放送の日本テレビ系「news zero」でも話題! バービーが生み出された思い出の料理コラムにレシピ、読者からのお悩みに本気で答えるお悩み相談も収録! ジェンダーによるギャップ。 自分のカラダなのに女の部分に馴染めない気持ち。 料理することへの他人からの目線。 キャラ設定にもがき苦しむ日々。 体毛をなくすことへの執着。 親子の関係。 いじりと自虐。 東京と地方。 女子が共感せずにいられない文章の数々。 「えっ! バービーって、こんなこと考えてるんだ」という驚きと感動が満載です! 【本音の置き場所 コンテンツ】 はじめに 第一章 料理は好き。でも「男の胃袋」を掴んでたまるか 第二章 お笑い偏差値コンプレックス 第三章 ノーブラで街を歩きたいと思った理由  第四章 脱毛に失敗した切ない思い出 第五章 勝手にマリッジブルー 第六章 セックスには契約書が必要か  第七章 バラエティといじりの関係性  第八章 「期待されずに育った」事に感謝する理由 第九章 東京に出たがったバービーが「地方創生」を願う理由  第十章 「酒に飲まれていたころ」から夢を実現するまで コラム バービーの思い出レシピ 「本音」で答える バービーお悩み相談  本人に作ってもらいました! バービーを生み出した思い出レシピ 【著者プロフィール】 バービー(フォーリンラブ) 1984年北海道生まれ。2007年、お笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成。男女の恋愛模様をネタにした「イエス、フォーリンラブ!」の決め台詞で人気を得る。FRaU webにてエッセイの執筆、TBS『ひるおび!』のコメンテーターとしても活躍。2020年7月からはTBSラジオ『週末ノオト』パーソナリティを務める。また、同年2月にバービーのプロデュースで話題を呼んだピーチ・ジョンコラボ下着が好評につき第2弾決定。2019年末開設したYouTube「バービーちゃんねる」では1ヵ月で280万視聴回数を超える動画もある。 はじめに 第一章 料理は好き。でも「男の胃袋」を掴んでたまるか 第二章 お笑い偏差値コンプレックス 第三章 ノーブラで街を歩きたいと思った理由  第四章 脱毛に失敗した切ない思い出 第五章 勝手にマリッジブルー 第六章 セックスには契約書が必要か  第七章 バラエティといじりの関係性  第八章 「期待されずに育った」事に感謝する理由 第九章 東京に出たがったバービーが「地方創生」を願う理由  第十章 「酒に飲まれていたころ」から夢を実現するまで コラム バービーの思い出レシピ 「本音」で答える バービーお悩み相談  本人に作ってもらいました! バービーを生み出した思い出レシピ おわりに

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
60

百年法 (上) (角川文庫)

山田 宗樹
KADOKAWA/角川書店

衝撃の第66回日本推理作家協会賞受賞作! 不老不死が実現した日本。しかし、法律により百年後に死ななければならない――西暦2048年。百年の生と引き替えに、不老処置を受けた人々の100年目の死の強制が目前に迫っていた。その時人々の選択は――!? 不老不死が実現した日本。しかし、法律により百年後に死ななければならない――西暦2048年。百年の生と引き替えに、不老処置を受けた人々の100年目の死の強制が目前に迫っていた。その時人々の選択は――!?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
60

幸せの握力

アン ミカ
双葉社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
60

もう「忙しい」を口癖にするのはやめよう。 「自分の時間」を生きるためには、会社に属さなければいい。 体調が悪くても会社に出ている、メールで済むことをわざわざ電話する、 毎週の会議がただただ常態化している、社内の派閥争いで足の引っ張り合いをする…… 日本の会社にはいくつものムダがあると感じませんか? その上、毎日残業、有給もなく、会社に言われるがまま仕事をして「忙しい」と感じる毎日。 そんな「苦しい忙しさ」を「楽しい忙しさ」に変えるためのヒントは、会社に縛られないこと。 「自分の時間」を生きることで幸せになる、ホリエモン的生き方・働き方とは? 第1章 日本の会社はおかしいと思わないか? 第2章 仕事のない時代がやってくる 第3章 だから「遊び」を仕事にすればいい 第4章 会社ではない新しい組織のカタチ 第5章 会社に属しているあなたへ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
60

大家さんと僕

矢部 太郎
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
60

夢追い日記(著者 浜辺美波)

浜辺 美波
北國新聞社出版局
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
60

1918年夏、焼け爛れた戦場には砲弾、毒ガス、戦車、疾病がたけり狂い、苦熱にうめく兵士が全戦場を埋め尽す中にあって、冷然たる軍司令部の報告はただ「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」。自己の体験をもとに第一次大戦における一兵士ボイメルとその戦友たちの愛と死を描いた本書は、人類がはじめて直面した大量殺戮の前で戦慄する様を、リアルに文学にとどめたものとして、世界的反響を呼び起こした。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
60
みんなのレビュー
映画を見て面白かったから買ってみたらやっぱり面白かった。
No.75
60

思わず考えちゃう

ヨシタケシンスケ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search