【2023年】「輪廻転生」のおすすめ 本 84選!人気ランキング

この記事では、「輪廻転生」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)
  2. カラフル (文春文庫)
  3. きみの友だち (新潮文庫)
  4. 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  5. くちびるに歌を (小学館文庫)
  6. レベル7(セブン) (新潮文庫)
  7. 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
  8. アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
  9. そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  10. あと少し、もう少し (新潮文庫)
他74件
No.2
94
みんなのレビュー
怒涛の展開が…という小説ではないですが、生きる意味について考えさせられます。すこし思想が強い気もしますが、私にはそのくらいがちょうどいいです。初見で読みましたがとても印象に残りました。
None
No.3
89

あいあい傘 ねじれの位置 ふらふら ぐりこ にゃんこの目 別れの曲 千羽鶴 かげふみ 花いちもんめ きみの友だち

みんなのレビュー
主人公が変わる(人)本は嫌いですがこの本は面白かったです。一番好きなのが千羽鶴です
まつばつえ!?
No.5
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
85
みんなのレビュー
レベル7・・・なな!?
No.7
85
みんなのレビュー
面白いかも
あまり、おすすめはしません。正直面白くないです。
No.11
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
83

輪廻転生・生まれ変わりって? 意外に皆が信じているこの思想について、歴史をさかのぼり、世界を見わたして考える画期的な入門書。 日本人の4割以上が「生まれ変わりはある」と思っている――世界中の人々が、少なくとも2500年以上も前から様々な形で信じてきた「生まれ変わり」の思想について、正面から考えた類を見ない入門書が登場。新進気鋭の研究者が、輪廻転生の観念を、「再生型」「輪廻型」「リインカネーション型」の3つに分けて、丹念にわかりやすくひもとく。  「輪廻転生」、「生まれ変わり」を、あなたは信じますか?  NHK放送文化研究所による調査では、4割以上の日本人が「生まれ変わりはある」と答えています。本書は、「輪廻転生」の思想について、「再生型」、「輪廻型」、「リインカーネーション型」という3種類に分け、それらがどんな思想を含み、日本や世界各地どんな発展・変貌を遂げてきたのかをやさしく語る、画期的な新書です。  その過程では、愛する故人を自分の子どもとして再生させようとする風習、霊との対話でつくられた書物、前世の記憶を語る子どもたちの具体的事例、前世の記憶を検証する大学の研究所と、それに巨額の私財を投じた世界的発明家・・・・・・など、驚きの事実が次々出てくるでしょう。 <本書の内容>  プロローグ 世界中に広がる「輪廻転生」  第1章 再生型――自然のなかを循環する人間  第2章 輪廻型――古代インド起源の流転の思想  第3章 リインカネーション型――近代版生まれ変わり思想  第4章 前世を記憶している子どもたち  第5章 日本における生まれ変わり  エピローグ 輪廻転生とスピリチュアリティ文化のゆくえ <著者プロフィール> たけくら・ふみと/1976年、東京生まれ。東京大学文学部思想文化学科を卒業後、予備校講師などを経て、東京工業大学大学院修士課程に入学。現在、同大学院社会理工学研究科博士課程に在籍中。専門は宗教人類学。日本社会を中心に現代宗教やスピリチュアリティについて考察。とりわけ「輪廻転生」と呼ばれる死生観に注目している。 <著者からのメッセージ>  人は死んだらどうなるのか。なぜわれわれは死ななければならないのか。こうした問いはつねに人類とともにありました。本書は「輪廻転生」というテーマを切り口に、これまで人類がどのように「死」と向き合い、受容してきたかについてご紹介します。そこには「死と再生」をめぐる、じつに多彩な生まれ変わりの物語が展開しています。  とりわけ興味深いのは、そうした物語が単なる「空想」や「慰め」ではなく、それどころかある種の〈現実〉とよびうる次元を形成し、それが人類に少なからぬ影響を与え続けてきたという歴史的事実です。ここに「輪廻転生」のスリリングな魅力があるのだと思っています。 はじめに プロローグ 世界中に広がる「輪廻転生」 第1章 再生型──自然のなかを循環する人間 第2章 輪廻型──古代インド起源の流転の思想 第3章 リインカネーション型──近代版生まれ変わり思想 第4章 前世を記憶している子どもたち 第5章 日本における生まれ変わり エピローグ 輪廻転生とスピリチュアリティ文化のゆくえ おわりに  「看取り大国ニッポン」に寄せて 主な参考文献

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
75

大蔵省エリートから翻訳家に転身。僕の人生を変えた精霊との出会い! 世界銀行の要職として米国にいた僕は、ある日一冊の本に衝撃を受ける。『アウト・オン・ア・リム』――僕がこの本に出会うことは“決められていた”!? スピリチュアル書の翻訳を始める原点となった人生の転機! 世界銀行の要職として米国にいた僕は、ある日一冊の本に衝撃を受ける。『アウト・オン・ア・リム』――僕がこの本に出会うことは“決められていた”!? スピリチュアル書の翻訳を始める原点となった人生の転機!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
72
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
72
みんなのレビュー
KokUHAKU
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
No.20
71
みんなのレビュー
None
二人の恋にとても感動しました!
No.21
71

時空を超えた愛のファンタジー、ついに登場! はるか昔のゴビ砂漠、南太平洋に浮かぶ島、アリゾナの地底湖……男女の愛の邂逅を描く、3つの壮大な物語。時空を超えたファンタジーノベル大賞優秀賞にして鈴木光司衝撃のデビュー作。 はるか昔のゴビ砂漠、南太平洋に浮かぶ島、アリゾナの地底湖……男女の愛の邂逅を描く、3つの壮大な物語。時空を超えたファンタジーノベル大賞優秀賞にして鈴木光司衝撃のデビュー作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
70

右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。三つの品をもって生まれてきたカリュドウ。女を殺して魔法の力を奪う呪われた大魔道師アンジストに目の前で育ての親を殺されたことで、彼の人生は一変する。宿敵を滅ぼすべく、カリュドウは魔法ならざる魔法を操る〈夜の写本師〉としての修業をつむ。〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ。日本ファンタジーの歴史を塗り替え、読書界にセンセーションを起こした著者のデビュー作待望の文庫化。解説=井辻朱美

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
69

わたしたちは結ばれることなく死んでいった恋人たちの生まれかわりよ。十五世紀のフィレンツェで巡りあったジュリアーノとシモネッタは悲恋に終わり、西原牧湖だった二十二年前のわたしは、平吹貢一郎だったあなたを殺してしまったの。今度こそ幸せになりましょう…。初対面のはずが深いところで響き合う真一と麻芸。前世をたどる二人が解き明かしていく秘められた事実とは。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.24
69

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
69
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
68
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.29
68

ぬり絵をやめさせる 悪魔との約束 ちごうた計算 πレーツ・オブ・サガミワン 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
68
みんなのレビュー
星新一の大好きなショートショートシリーズ。小さい頃に読み漁ったなぁ・・・
No.33
68
みんなのレビュー
とてもおもしろい。
映画見てみ飛ぶぞ
No.34
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
68
みんなのレビュー
実際にはこんな高校生はいないだろうとは思いつつ、殺人・密室のイメージのある「ミステリ」を青春の日常に落とし込めるのはすごいし、面白い
No.36
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
67

殺人現場では靴をお脱ぎください 殺しのワインはいかがでしょう 綺麗な薔薇には殺意がございます 花嫁は密室の中でございます 二股にはお気をつけください 死者からの伝言をどうぞ 宝生家の異常な愛情

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
67
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.41
67
みんなのレビュー
None
好きかも
No.42
67

プロローグ 泣き女の殺人 インタールード. 1 水鏡荘の殺人 インタールード. 2 女子高生連続絞殺事件 インタールード. 3 VSエリミネーター エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
67
みんなのレビュー
芸人ちゃうから
No.49
67

前宙返り三回半抱え型 スワンダイブ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
67
みんなのレビュー
小学生の頃に読んでめちゃくちゃおもしろかった記憶がある。ワクワクが止まらない。
No.54
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
67

夏と花火と私の死体 優子

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
67

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
67

夜市 風の古道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
67
みんなのレビュー
新選組の土方歳三の視点で、幕末を描いた小説。新選組の存在や土方歳三の存在はもちろん知っていたが、具体的にどんな人だったのか?は知らなかった。 燃えよ剣を読んで強い組織の作り方や時流に乗る大切さや信念を貫き通すかっこよさなどを学べた。歴史が好きならぜひ読むべき1冊。
No.67
67
みんなのレビュー
坂本龍馬の半生を綴った物語。坂本龍馬に対して歴史の教科書で学ぶくらいの知識しかなかったが、これを読むことで幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬という男に対する理解が深まる。激動の時代を生き抜く今の日本を形作った男の生き様を知ることで勇気をもらえる。
No.69
67

変身 (新潮文庫)

フランツ・カフカ
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
67

飛ぶ教室 (新潮文庫)

エーリヒ ケストナー
新潮社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
67

よみがえった良心 警官と賛美歌 株式仲買人のロマンス 犠牲打 二十年後 伯爵と結婚式の客 ジェフ・ピーターズの話 一千ドル 都会の敗北 金の神と恋の使者 緑のドア 回転木馬のような人生 賢者の贈り物 最後のひと葉

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
67

狐のご祝儀 八朔の雪 初星 夜半の梅

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
67

十二番目の天使

オグ マンディーノ
求龍堂
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
67

新装版 レモンをお金にかえる法

ルイズ・アームストロング
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
67
みんなのレビュー
野球の青春を思い出してくれる小説。学生の頃にこの小説を読んで野球部を志した記憶がある。激しいスポ根野球ストーリーではないが、非常に読みやすく心温まるほっこりする物語
search