【2023年】「sf」のおすすめ 本 100選!人気ランキング

この記事では、「sf」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫 JA イ 7-7)
  2. アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
  3. 華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-7)
  4. 一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
  5. 星を継ぐもの (創元SF文庫) (創元推理文庫 663ー1)
  6. ソラリス (ハヤカワ文庫SF)
  7. ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
  8. 復活の日 (角川文庫)
  9. タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF ウ 4-22)
  10. 地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)
他90件
No.1
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.3
92
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
91
みんなのレビュー
SF小説の金字塔。激しい戦いなどが繰り広げられるわけではなく謎の生命体の発見からはじまる人類の謎の解明。こういうSFを読むと自分の固定観念をぶち壊されるので定期的にSFを読むのは良い。ただ個人的にはもっとミステリアスで伏線がガンガン回収されてく感がある方が好き。ワクワク感ドキドキ感はなかった。
No.6
89

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

スタニスワフ・レム
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
80

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ウィリアム・ギブスン
早川書房

ケイスは、コンピュータ・カウボーイ能力を奪われた飢えた狼。だが、その能力を再生させる代償に、ヤバイ仕事をやらないかという話が舞いこんできた。きな臭さをかぎとりながらも、仕事を引き受けたケイスは、テクノロジーとバイオレンスの支配する世界へと否応なく引きずりこまれてゆく。話題のサイバーパンクSF登場!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
79

人類の滅亡と復活を描いた、傑作SF小説! 吹雪のアルプス山中で遭難機が発見された。傍には引き裂かれたジェラルミン製トランクの破片。中には、感染後70時間以内に生体の70%に急性心筋梗塞を引き起こし、残りも全身マヒで死に至らしめるMM菌があった。春になり雪が解け始めると、ヨーロッパを走行中の俳優が心臓麻痺で突然死するなど、各地で奇妙な死亡事故が報告され始める――。人類滅亡の日を目前に、残された人間が選択する道とは。著者渾身のSF長編。 生物化学兵器を積んだ小型機が、真冬のアルプス山中に墜落。感染後5時間でハツカネズミの98%を死滅させる新種の細菌は、雪解けと共に各地で猛威を振るう。世界人口はわずか1万人にまで減ってしまい――

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
78

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF ウ 4-22)

カート・ヴォネガット・ジュニア
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
75

地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)

ブライアン W.オールディス
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
75

虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)

アルフレッド・ベスター
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
73

ユ-ビック (ハヤカワ文庫 SF 314)

フィリップ・K・ディック
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
71

ロビイ 堂々めぐり われ思う、ゆえに… 野うさぎを追って うそつき 迷子のロボット 逃避 証拠 災厄のとき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
70
みんなのレビュー
星新一の大好きなショートショートシリーズ。小さい頃に読み漁ったなぁ・・・
No.17
70

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF 341)

アーサー C.クラーク
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
70
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
69

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

レイ ブラッドベリ
早川書房

火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へと押し寄せた。やがて火星には地球人の町がつぎつぎに建設され、いっぽう火星人は…幻想の魔術師が、火星を舞台にオムニバス短篇で抒情豊かに謳いあげたSF史上に燦然と輝く永遠の記念碑。著者の序文と2短篇を新たに加えた新版登場。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
69

時をかける少女 悪夢の真相 果てしなき多元宇宙

みんなのレビュー
これは、王道すぎる!!少女の思いを正確に描写していて、話に引き込まれます。
No.21
69

たったひとつの冴えたやりかた.グッドナイト、スイートハーツ.衝突

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
69

月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748)

ロバート・A. ハインライン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
69

エンダーのゲーム〔新訳版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

オースン・スコット・カード
早川書房
みんなのレビュー
マーク・ザッカーバーグがオススメしているので読んでみた。分かりやすいストーリー構成で鉄板SFという感じ。シンプルに楽しめる。
No.24
69

鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)

アイザック アシモフ
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
69
みんなのレビュー
SF小説として話題になっていたので期待大で読んだが、それほどハマらなかった。話の展開が遅くドキドキハラハラ感などはあまりない。次巻から面白くなるかもしれないが1巻は思ったよりも期待外れだった。
No.27
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
65

老人と宇宙(そら) (ハヤカワ文庫SF)

ジョン スコルジー
早川書房

ジョン・ペリーは75歳の誕生日にいまは亡き妻の墓参りをしてから軍隊に入った。しかも、地球には二度と戻れないという条件で、75歳以上の男女の入隊しか認めないコロニー防衛軍に。銀河の各惑星に植民をはじめた人類を守るためにコロニー防衛軍は、姿形も考え方も全く異質なエイリアンたちと熾烈な戦争を続けている。老人ばかりを入隊させる防衛軍でのジョンの波瀾万丈の冒険を描いた『宇宙の戦士』の21世紀版登場!2006年ジョン・W・キャンベル賞受賞作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
65

地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とはなにか?異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
64

バビロンの塔 理解 ゼロで割る あなたの人生の物語 七十二文字 人類科学の進化 地獄とは神の不在なり 顔の美醜について 作品覚え書き

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
64

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

ロバート・A. ハインライン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
64

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

森見 登美彦
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
64

スローターハウス5 (ハヤカワ文庫 SF 302)

カート・ヴォネガット・ジュニア
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
64

所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)

アーシュラ・K・ル・グィン
早川書房

恒星タウ・セティをめぐる二重惑星アナレスとウラス-だが、この姉妹星には共通点はほとんどない。ウラスが長い歴史を誇り生命にあふれた豊かな世界なら、アナレスは2世紀たらず前に植民されたばかりの荒涼とした惑星であった。オドー主義者と称する政治亡命者たちがウラスを離れ、アナレスを切り開いたのだ。そしていま、一人の男がアナレスを離れウラスへと旅立とうとしていた。やがて全宇宙をつなぐ架け橋となる一般時間理論を完成するために、そして、ウラスとアナレスの間に存在する壁をうちこわすために…。ヒューゴー賞ネビュラ賞両賞受賞の栄誉に輝く傑作巨篇。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
64

システムの危殆 人工的なあり方

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
64

盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)

ジャック・フィニイ
早川書房

アメリカ西海岸沿いの小都市サンタ・マイラで、奇妙な現象が蔓延しつつあった。夫が妻を妻でないといい、子が親を、友人が友人を偽物だと思いはじめる。はじめ心理学者は、時おり発生するマス・ヒステリー現象と考えていた。だがある日、開業医のマイルズは友人の家で奇怪な物体を見せられた。それは人間そっくりに変貌しつつある謎の生命体-宇宙からの侵略者の姿だったのだ!奇才フィニィが放つ侵略テーマSFの名作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
62

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)

マイクル・コーニイ
河出書房新社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
61

気ままな連中が”昨日”を改変。世界の存続と、恋の行方は!? 水没したクーラーのリモコンを求めて昨日へGO! タイムトラベラーの自覚に欠ける悪友が勝手に過去を改変して世界は消滅の危機を迎える。そして、ひそかに想いを寄せる彼女がひた隠しにする秘密……。 森見登美彦の初期代表作のひとつでアニメ版にもファンが多い『四畳半神話大系』。ヨーロッパ企画の代表であり、アニメ版『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』の脚本を担当した上田誠の舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』。互いに信頼をよせる盟友たちの代表作がひとつになった、熱いコラボレーションが実現! 水没したクーラーのリモコンを求めて昨日へGO! タイムトラベラーの自覚に欠ける悪友が勝手に過去を改変して世界は消滅の危機を迎える……。『四畳半神話大系』と『サマータイムマシン・ブルース』が悪魔合体?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
61

1945年の東京。空襲のさなか、浜田少年は息絶えようとする隣人の「先生」から奇妙な頼まれごとをする。18年後の今日、ここに来てほしい、というのだ。そして約束の日、約束の場所で彼が目にした不思議な機械-それは「先生」が密かに開発したタイムマシンだった。時を超え「昭和」の東京を旅する浜田が見たものは?失われた風景が鮮やかに甦る、早世の天才が遺したタイムトラベル小説の金字塔。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
60

深宇宙より太陽系に飛来した謎の巨大物体。その内部で探査隊が見た、驚異の数々とは!?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
60

ディアスポラ (ハヤカワ文庫 SF)

グレッグ・イーガン
早川書房

30世紀、人類のほとんどは肉体を捨て、人格や記憶をソフトウェア化して、ポリスと呼ばれるコンピュータ内の仮想現実都市で暮らしていた。ごく少数の人間だけが、ソフトウェア化を拒み、肉体人として地球上で暮らしている。"コニシ"ポリスでソフトウェアから生まれた孤児ヤチマの驚くべき冒険譚をはじめ、人類を襲う未曾有の危機や、人類がくわだてる壮大な宇宙進出計画"ディアスポラ"などを描いた、究極のハードSF。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
60

地には豊穣 allo,toi,toi Hollow Vision 父たちの時間

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
60

新発明のマクラ 試作品 薬のききめ 悪魔 災難 九官鳥作戦 きまぐれロボット 博士とロボット 便利な草花 夜の事件 地球のみなさん ラッパの音 おみやげ 夢のお告げ 失敗 目薬 リオン ボウシ 金色の海草 盗んだ書類 薬と夢 なぞのロボット へんな薬 サーカスの秘密 鳥の歌 火の用心 スピード時代 キツツキ計画 ユキコちゃんのしかえし ふしぎな放送 ネコ 花とひみつ とりひき へんな怪獣 鏡のなかの犬 あーん。あーん

みんなのレビュー
星新一のショートショートはどれも外さない。星新一の物語を読むことは自分のクリエイティビティを育むことにつながると思っているので若い子たちに是非読んで欲しい!
No.50
60

月世界へ行く (新装版) (創元SF文庫)

ジュール・ヴェルヌ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.51
60

みどりの星へ ぶっそうなやつら おそるべき坊や 電獣ヴァヴェリ ノック ユーディの原理 シリウス・ゼロ 町を求む 帽子の手品 不死鳥への手紙 沈黙と叫び さあ、気ちがいになりなさい

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
60
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
60

プロジェクト・ヘイル・メアリー 上

アンディ・ウィアー
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
59

空の中 (角川文庫 あ 48-1)

有川 浩
角川グループパブリッシング
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
59

西暦248年、不気味な物の怪に襲われた耶馬台国の女王・卑弥呼を救った"使いの王"は、彼女の想像を絶する物語を語る。2300年後の未来において、謎の増殖型戦闘機械群により地球は壊滅、さらに人類の完全殱滅を狙う機械群を追って、彼ら人型人工知性体たちは絶望的な時間遡行戦を開始した。そして3世紀の耶馬台国こそが、全人類史の存亡を懸けた最終防衛線であると-。期待の作家が満を持して挑む、初の時間SF長篇。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.59
59

霧につつまれたコスタリカの孤島で、極秘のうちに建設が進められているアミューズメント・パーク-それが、バイオテクノロジーで現代によみがえった恐竜たちがのし歩く、驚異のワンダーランドだ。オープンをひかえ、視察のための顧問団が島に向かって出発した。だがその前途には、人類がいまだかつて体験したことのない恐怖が待ちかまえていた。スピルバーグ大型映画化の夢の恐竜サスペンス。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.60
59

闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF 252)

アーシュラ・K・ル・グィン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
59

日本の次期月探査計画に関わっていた大学院生・蓮見省一の夢は、彗星が月面に衝突した瞬間に潰え恋人の奈美までが彼のもとを去った。省一はただ、奈美への愛をボーカロイドの小隅レイに歌わせ、ピアピア動画にアップロードするしかなかった。しかし、月からの放出物が地球に双極ジェットを形成することが判明、ピアピア技術部による"宇宙男プロジェクト"が開始される-ネットと宇宙開発の未来を描く4篇収録の連作集。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
59

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
59

インターステラー (竹書房文庫)

グレッグ・キイズ
竹書房

地球の寿命が尽きかけていることを知った人類は、存亡を懸けて、新天地を探すことを決意する。新たに発見されたワームホールを利用し、宇宙旅行の限界を超えて、惑星間の旅を成し遂げようというのだ。生きて帰れるかもわからない、重大な使命を担った宇宙への旅に選ばれたのは、まだ幼い子供をもつ父親だった…。果たしてその先に待つものとは?そして地球の運命と人類の未来とは…?『ダークナイト』三部作、『インセプション』で世界的に評価の高い映画監督クリストファー・ノーラン監督最新作、小説版。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.64
59

永遠の名作『銀河英雄伝説』を愛してやまぬ作家陣が、正伝・外伝では語られなかったエピソードを紡ぎ出す。ラインハルトの新婚旅行で起きた椿事、ヤン・ウェンリーの青春時代の思い出、安楽椅子探偵オーベルシュタインの名推理……。新しい『銀河英雄伝説』の世界へようこそ。公式トリビュート第1弾。序文=田中芳樹/収録作家=石持浅海・太田忠司・小川一水・小前亮・高島雄哉・藤井太洋

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
59

この「18きっぷ」で、人類を<横浜駅>の支配から解放してほしい。 日本は自己増殖する<横浜駅>に支配されていた。脳に埋め込んだSuikaで管理されるエキナカ社会。その外で廃棄物を頼りに暮らすヒロトは、エキナカを追放されたある男から人類の未来を担う“使命”を課され…… 日本は自己増殖する<横浜駅>に支配されていた。脳に埋め込んだSuikaで管理されるエキナカ社会。その外で廃棄物を頼りに暮らすヒロトは、エキナカを追放されたある男から人類の未来を担う“使命”を課され……

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.66
59

現代最高のエンターテインメント巨篇、文庫化第35回日本SF大賞受賞作 2020年、〈メテオ・ニュース〉の木村和海が衛星軌道上で発見したデブリの不審な動きは前代未聞のスペース・テロの始まりだった。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
59

皆勤の徒 (創元日本SF叢書)

酉島 伝法
東京創元社

異形の天才、降臨。第2回創元SF短編賞受賞作にはじまる幻惑世界全4編。奇怪な造語に彩られた、誰も見たことのない世界を構築する卓越したSFセンス! 堀晃、大森望、日下三蔵推薦。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
59

息吹

テッド・チャン
早川書房

商人と錬金術師の門 息吹 予期される未来 ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル デイシー式全自動ナニー 偽りのない事実、偽りのない気持ち 大いなる沈黙 オムファロス 不安は自由のめまい

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
59

2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫 SF ク 1-19)

アーサー・C. クラーク
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
59

愛はさだめ、さだめは死 (ハヤカワ文庫SF)

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
早川書房

自然と本能のまえにとまどう異星生物のライフサイクルを、斬新なスタイルで描き、1973年度ネビュラ賞に輝く表題作ほか、コンピュータによって他人の肉体とつながれた女の悲劇を通して、熾烈な未来社会をかいま見せ、1974年度ヒューゴー賞を獲得したサイバーパンクSFの先駆的作品「接続された女」、ユカタン半島に不時着した飛行機の乗客が体験した意外な事件を軸に、男女の性の落差を鋭くえぐった問題作「男たちの知らない女」など、つねにアメリカSF界の話題を独占し、注目をあつめつづけたティプトリーが、現代SFの頂点をきわめた華麗なる傑作中短篇全12篇を結集!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
59

1 TT(時間旅行者) 2 一週間後 3 未来の白いスフィンクス 4 西暦八十万二千七百一年の世界 5 未来世界の謎 6 エロイとモーロック 7 恐ろしい結論 8 サウス・ケンジントン博物館 9 森での戦い 10 タイムマシン脱出 11 さらに未来へ 12 作り話? エピローグ ウィーナの花 訳者あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.74
59

時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)

ロバート・チャールズ ウィルスン
東京創元社

ある夜、空から星々が消え、月も消えた。翌朝、太陽は昇ったが、それは贋物だった…。周回軌道上にいた宇宙船が帰還し、乗組員は証言した。地球が一瞬にして暗黒の界面に包まれたあと、彼らは1週間すごしたのだ、と。だがその宇宙船が再突入したのは異変発生の直後だった-地球の時間だけが1億分の1の速度になっていたのだ!ヒューゴー賞受賞、ゼロ年代最高の本格SF。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.75
59

輝石の空 (創元SF文庫)

N・K・ジェミシン
東京創元社

古代絶滅文明の巨大な力を求め 最後の闘いがはじまる 『第五の季節』三部作堂々完結! 3年連続ヒューゴー賞受賞&ネビュラ賞・ローカス賞受賞 古代絶滅文明が遺した巨大な力を用い、数百年ごとに文明を滅ぼしてきた〈第五の季節〉を永久に終わらせ世界を救おうとする母。同じ力を用いて、憎しみに満ちた世界を破壊しようとする娘。地球の裏側にある古代文明の遺跡都市をめぐり、それぞれの最後の旅がはじまる。前人未踏、3年連続ヒューゴー賞長編部門受賞の三部作完結編! ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞受賞作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.76
59

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

ダグラス・アダムス
河出書房新社
みんなのレビュー
世界中のテック起業家がオススメする書籍なので読んでみたが、正直陳腐なSFという印象を受けてしまった。邦訳に違和感を感じることが多いので、ネイティブが原作のまま読めばまた違うのかもしれない。
No.77
59
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.78
59

ジャックポット

筒井 康隆
新潮社

コロナ禍、戦争、ジャズ、映画、文学、反=現代、そして息子の死――。「筒井康隆の成り立ち方」を明かす最前衛の超弩級〈私小説〉集 嗤え、歌え、踊れ、狂え。今日も世界中が〈大当たり〉! 読者の度肝を抜く超=私小説的短篇集。コロナ禍、 戦争、 ジャズ、 映画、 文学、嫌=民主主義、 そして息子の死――。かつてなく「筒井康隆の成り立ち方」を明かす最前衛にして超弩級の〈私小説〉爆誕! 亡き息子との〈再会〉を描いた感動の話題作「川のほとり」収録。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.79
57
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.80
57

夏への扉[新訳版]

ロバート・A・ハインライン
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.81
57

潜水艦ノーチラス号と、謎の男ネモ艦長の名を知らない子どもはいないでしょう。原書の精緻な木版画を完全復刻して、驚異と神秘に満ちた海底世界の旅へと、読者を導きます。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
56

残月記

小田 雅久仁
双葉社

世を震撼させている感染症「月昂」に侵された男の宿命と、その傍らでひっそりと生きる女との一途な愛を描いた表題作ほか、二作収録。 近未来の日本、悪名高き独裁政治下。世を震撼させている感染症「月昂」に冒された男の宿命と、その傍らでひっそりと生きる女との一途な愛を描ききった表題作ほか、二作収録。「月」をモチーフに、著者の底知れぬ想像力が構築した異世界。足を踏み入れたら最後、イメージの渦に吞み込まれ、もう現実には戻れない――。最も新刊が待たれた作家、飛躍の一作!

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.83
56

ミッキー7 (ハヤカワ文庫SF)

エドワード・アシュトン
早川書房

宇宙開発で危険な仕事をこなすために生み出された【使い捨て人間/エクスペンダブル】ミッキー。すでに六度の死を経験した彼の身に思いがけないことが!?

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.84
56

地底旅行 (創元SF文庫) (創元推理文庫 606-2)

ジュール・ヴェルヌ
東京創元社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.85
56
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
56

トータル・リコール (ディック短篇傑作選)

フィリップ・K・ディック
早川書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.87
56

「レオノーラ」「虎は暗闇より…」「エスパーお蘭」などの傑作短篇、黒人警官の苦悩を描く『サイボーグ・ブルース』全篇収録

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.88
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.90
55

セラエノ星系の人類が新たな文明を模索する一方、工作艦明石の椎名ラパーナは知性体イビスとのファーストコンタクトを展開する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
55

銀河おさわがせ中隊 (ハヤカワ文庫SF)

ロバート アスプリン
早川書房

銀河最大の兵器会社の御曹司で億万長者、そのうえ宇宙軍中尉のウィラード・フール。そのフールはとんでもないドジをふみ、罰として辺境惑星に駐留するオメガ中隊指揮官に任ぜられてしまった。オメガ中隊-それは宇宙軍の落ちこぼれの吹きだまり。このはみだし連中を立派な兵士にしてやる。思いたったが百年め。鋭い頭脳と豊富な財力にモノをいわせたフールの大活躍が始まった…。爆笑の痛快ユーモア・ミリタリーSF。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
55

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
55

地底旅行 (岩波文庫 赤 569-2)

ヴェルヌ,J.(ジュール)
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.94
55

情報工学の天才、島津圭助は花崗岩石室に刻まれた謎の"古代文字"を調査中に落盤事故にあう。古代文字の解明に没頭した圭助は、それが人間には理解不能な構造を持つことをつきとめた。この言語を操るもの-それは神なのか。では、その意志とは?やがて、人間の営為を覆う神の悪意に気づいた圭助は、人類の未来をかけた壮大な戦いの渦にまきこまれてゆくのだった。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
55

蘇りし銃 (創元SF文庫)

ユーン・ハ・リー
東京創元社

蘇ったジェダオと潜行するチェリス 銀河の運命を賭けた戦いの結末は? 『ナインフォックスの覚醒』三部作完結編 ヒューゴー賞・クラーク賞候補作 暦法改新から9年。ジェダオは自らの不死を維持しようとするクジェンの手によって蘇り、彼のもとで艦隊を率いる。一方、チェリスは姿をくらまし、六連合(ろくれんごう)の復活を阻止しクジェンの野望を挫くべく、独自の動きを見せていた。銀河の運命を賭けた最終決戦がいよいよ迫る……ローカス賞受賞『ナインフォックスの覚醒』に始まる三部作完結編。2019年ヒューゴー賞、クラーク賞候補作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.96
55

オルタード・カーボン(上)

リチャード・モーガン
アスペクト
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.97
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
55

レムがまだ20歳代だった1940年代から1950年にかけて書かれた、いずれも本邦初訳となる初期作品6編を収録。 第二次世界大戦でドイツが降伏した頃、アメリカのノースダコタ州とサウスダコタ州の境に隕石らしきものが落下する。しかしそれはただの隕石ではなく、火星から飛来したロケットであった。その中に乗り込んでいた奇妙な「火星からの人」がニューヨーク郊外の研究所に運び込まれ、科学者や技師などからなるチームが極秘のうちに、この火星人とのコミュニケーションを試みるが……『金星応答なし』に5年ほど先立つ、レムの本当のデビュー作とも言うべき本格的SF中篇『火星からの来訪者』、若き医師ステファン・チシニェツキは、町を歩いているときにユダヤ人と取り違えられて捕まり、他の無数のユダヤ人とともに貨車に押し込められ収容所に送られてしまう。ユダヤ人移送の決定的瞬間を描いた「ラインハルト作戦」、広島への原爆投下を主題にした、世界でもっとも早い文学作品の一つであり、SF的想像力を駆使して爆発の光景が創り出された「ヒロシマの男」など、レムがまだ20歳代だった1940年代から1950年にかけて書かれた、いずれも本邦初訳となる初期作品を収録。《星をちりばめた闇に茫然と言葉を失う者は/とても孤独で詩人に近い。》 【目 次】 火星からの来訪者 ラインハルト作戦 異質 ヒロシマの男 ドクトル・チシニェツキの当直 青春詩集 解説 レムは最初からレムだった――最初期レムのSF、非SF小説、そして詩(沼野充義) 火星からの来訪者 ラインハルト作戦 異質 ヒロシマの男 ドクトル・チシニェツキの当直 青春詩集 解説 レムは最初からレムだった――最初期レムのSF、非SF小説、そして詩(沼野充義)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.99
55
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
55

R帝国 (中公文庫)

中村 文則
中央公論新社

「朝、目が覚めると戦争が始まっていた」 キノベス!2018第1位、アメトーーク!「読書芸人」で紹介 読売新聞、毎日新聞など各紙誌で賞賛の声! 全体主義の恐怖を描く傑作、待望の文庫化。 近未来の島国・R帝国。人々は人工知能搭載型携帯電話・HP(ヒューマン・フォン)の画面を常に見ながら生活している。ある日、矢崎はR帝国が隣国と戦争を始めたことを知る。だが何かがおかしい。国家を支配する絶対的な存在”党”と、謎の組織「L」。この国の運命の先にあるのは、幸福か絶望か。やがて物語は世界の「真実」にたどり着く。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search