【2024年】「死について」のおすすめ 本 112選!人気ランキング

この記事では、「死について」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 魔女と過ごした七日間
  2. 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版
  3. 安楽死・尊厳死を語る前に知っておきたいこと (岩波ブックレット)
  4. 死について考える本
  5. わたしが死について語るなら
  6. ほろづき: 月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん 7)
  7. 最後の授業 DVD付き版 ぼくの命があるうちに
  8. 14歳の水平線
  9. ひとを<嫌う>ということ (角川文庫 な 35-2)
  10. 葉っぱのフレディ: いのちの旅
他102件
No.4
100

死について考える本

Wilcox,Merrie‐Ellen
あかね書房

取次広報誌 掲載不要 どうしてわたしたちは死ぬのか? 死んだらどうなるのか? 子どもたちのだれもが抱くであろう「死」にたいする疑問。本書はその問いに正面からむきあった画期的な一冊だ。自然科学の面から、また世界各地の文化と宗教の面から死をみつめ、生と死についての考えを深めることができる。一般に話すことがさけられがちな「死」だが、そのセンシティブなテーマを、豊富な写真とともにさまざまな角度からとりあげた意欲作。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
100

死の問題を考えつづけることは、生きることの意味、命の大切さを知ることです。宗教学者が死と生について若者にやさしく語る。 第1章 私が実感した「死」(第二次世界大戦で遭遇した死 祖父の死、母の死 ほか) 第2章 日本人の心の底に流れる「無常観」(人間はいちど死んだら、肉体は生ゴミになってしまう 人はひとりで死ぬ運命 ほか) 第3章 文学に描かれた「死」(父を失ったとき心に浮かんだのは、子守唄 宮沢賢治の死生観-「雨ニモマケズ」に込めたもの ほか) 第4章 子どもたちを苦しめる「平等」と「個性」(人生は平等ではない 理不尽な不平等感に悩む ほか) 第5章 日本には「無常」の風が吹いていた(古典のもつ強さ 『万葉集』を読む ほか)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
100

最後の授業 DVD付き版 ぼくの命があるうちに

ランディ パウシュ
武田ランダムハウスジャパン

今日の次には明日が来て、その先にも新しい日が待っている。そうやって、当たり前のように人生はつづいていく。しかし、これから先もずっとつづくと思っていたその人生に「終わりの時」があると知ったとき、あなたは何を考えるでしょうか?ランディ・パウシュの最後の講義に耳を傾けながら、心の中で問いかけてください。あなたにとって、大切な人はだれですか?その人に今いちばん伝えたいのはどんなメッセージですか。 第1章 最後の講義 第2章 僕はこうして夢をかなえてきた 第3章 僕を導いてくれた人たち 第4章 夢をかなえようとしているきみたちへ 第5章 人生をどう生きるか 第6章 最後に

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
100

14歳の水平線

椰月 美智子
双葉社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
100
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
88
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
83

その青年は、神か悪魔か? 無垢な祈りは世界を覆う呪いになる――。 病院に忽然と現われ、子どもたちの願いを叶える謎めいた黒服の青年。難病も嘘のように完治するが、子どもたちの態度が豹変し異様な言動をするという。心霊案件を扱う佐々木事務所に相次いで同様の相談が舞い込んだ。原因を探るるみは、土地にまつわる月と観音信仰が鍵だと掴むが、怪異は治まらない。孤独な闘いの中、彼女はある恐ろしい疑惑に捕らわれる――願いは代償を要求し、祈りは呪いに変貌する。底なしの悪夢に引きずりこむ民俗学カルトホラー! 子どもの前にだけ現われ、その願いを叶えて回る神様。だが、その後子どもたちは意味不明の言葉で祈り、おかしくなるという――。青山が不在の佐々木事務所に依頼が持ち込まれ、るみは調査に乗り出すが……。 第一章 晦 第二章 三日月 第三章 半月 第四章 十三夜 第五章 待宵 終章 満月

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.16
83

死神の精度 死神と藤田 吹雪に死神 恋愛で死神 旅路を死神 死神対老女

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.19
83

冷蔵庫のうえの人生

アリス カイパース
文藝春秋

時に傷つけあい、時に支えあう。少女から大人へと脱皮する娘と、一人で娘を育ててきた強い母。母の死までの一年をメモだけで綴る

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
83
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
81
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
80
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
79

双子の星.よだかの星.カイロ団長.黄いろのトマト.ひのきとひなげし.シグナルとシグナレス.マリヴロンと少女.オツベルと象.猫の事務所.北守将軍と三人兄弟の医者.銀河鉄道の夜.セロ弾きのゴーシュ.饑餓陣営.ビジテリアン大祭. 年譜:p351~357

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
79

安楽死を願った二人の若者と過ごし、そして別れたある夏に何が起こったか――。緩和ケア医が全身で患者と向き合った「生命」の記録。 オンライン投稿サイト「note」にて、20万PV突破!!! 注目のノンフィクション・ノベル! 僕は医師として、安楽死を世界から無くしたいと思っていた。 安楽死を願った二人の若き患者と過ごし、そして別れたある夏に 何が起こったか――。オランダ、ベルギーを筆頭に世界中で議論 が巻き上がっている「安楽死制度」。その実態とは。 緩和ケア医が全身で患者と向き合い、懸命に言葉を交し合った 「生命(いのち)」の記録。 オランダでは年間七〇〇〇人が安楽死を迎え、日本の世論でも 国民の七割が賛成を表する「安楽死制度」。 スイスに行く手続きを進めながら、それが叶わないなら緩和ケア病棟で 薬を使って眠りたいと望んだ三〇代の女性。そして看護師になることを夢 に、子供たちとの関わりの中で静かに死に向かっていった二〇代の男性。 二人と過ごした日々を通して見えてきたものとは。 写真家で多発性骨髄腫をかかえる幡野広志氏、 世界中の安楽死の事例を取材して紹介した宮下洋一氏、 そして精神科医の松本俊彦氏と、 在宅で緩和ケアを行っている新城拓也氏との対談も収録。 【目次】 プロローグ  ・吉田ユカからの電話 1:止まってしまった心――吉田ユカの場合 2:もう一人の安楽死――Yくんの場合 3:暮らしの保健室   ・看護という力   ・死の色と雨 4:スイスに行けない 5:安楽死に対峙する、緩和ケアへの信頼と不信――幡野広志と会う   ・幡野広志と吉田ユカ   ・緩和ケアを信頼できない理由   ・耐え難い苦痛とは何か 6:安楽死の議論はやめたほうがいい――宮下洋一に会う   ・パンクするスイスの現場   ・流れ作業化する安楽死   ・海外の安楽死システムは完全か 7:命ではなく、希望を守りたい   ・Yくんの右腕 8:安心して死にたいと言える社会――松本俊彦に会う   ・安楽死をしたい人に、安楽死で応えるべきなのか 9:もし未来がわかったなら 10:少し先の未来がつなぐもの   ・緩和ケア病棟にて 11:欲望を換金する――新城拓也に会う   ・二極化する中での個人責任論   ・鎮静についての考え方と予防的鎮静   ・ノックされたら開けてしまう 12:一〇日間の涙   ・月曜日の憂鬱   ・カンファレンスにて   ・ラインを引く   ・一〇日間 エピローグ   ・釧路の海に あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
79
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
79
みんなのレビュー
子供向けの物語かと思いきや、大人が読んでも深く人生について考えさせられる本。大切なものは目に見えないんだというセリフが好き。
No.32
78
みんなのレビュー
この本は博士の人生についてすごく考えさせられます。おすすめします;
No.33
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
77
みんなのレビュー
怒涛の展開が…という小説ではないですが、生きる意味について考えさせられます。すこし思想が強い気もしますが、私にはそのくらいがちょうどいいです。初見で読みましたがとても印象に残りました。
No.39
77

曹洞宗大教師が語る人生の意味。長らく復刻を望まれていた名著がオリジナルのままに復刊。 曹洞宗大教師が語る人生の意味。 長らく復刻を望まれていた名著がオリジナルのままに復刊。 書店「読書のすすめ」店長・清水克衛氏、実業家で歌人として著作多数の執行草舟氏が推薦。 執行草舟氏の愛読書であり座右の書、本人曰く「俺は、この本が死ぬほど好きなんだ!」

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
77

NEO HUMAN ネオ・ヒューマン: 究極の自由を得る未来

ピーター・スコット-モーガン
東洋経済新報社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
77

世界の幽霊出現録

ブライアン・インズ
日経ナショナル ジオグラフィック
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
77

時をかける少女 悪夢の真相 果てしなき多元宇宙

みんなのレビュー
これは、王道すぎる!!少女の思いを正確に描写していて、話に引き込まれます。
No.43
77
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
77

不老不死ビジネス 神への挑戦 シリコンバレーの静かなる熱狂

チップ・ウォルター
日経ナショナル ジオグラフィック
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
76
みんなのレビュー
懐かしいー!小学生の時に、何回も読んでいました。本に関する規制が厳しくなった日本で、本を守るために戦う人たちの話です。臨場感あふれる描写のバトルファンタジーですが、恋愛風味もあり、2人の絶妙な距離感を味わいながら、楽しく読めます!
No.53
76
みんなのレビュー
植物を通して、だんだん近づいていく2人を描いた本です。植物についての豆知識もあちこちに散りばめられていて、面白いです。
No.56
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
76
みんなのレビュー
どこか不思議な、それでいて深い話です。
No.58
76

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)

姫野 カオルコ
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
76

百瀬、こっちを向いて。 なみうちぎわ キャベツ畑に彼の声 小梅が通る 解説

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
76

あなたといたい、とひとりで平気、をいったりきたり。 悪い女ほど、清楚な服がよく似合う。 可愛くなりたいって思うのは、ひとりぼっちじゃないってこと。 ドレスコードは、花嫁未満の、わき役以上で。 好きは、片思い。似合うは、両思い。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
76
みんなのレビュー
本当に、記憶を消して読み直したいくらい面白い本です。トリックがもう、天才!!(語彙力)ミステリーの基礎の基礎です。絶対読んでください。
No.67
76
みんなのレビュー
映画化もされた「湊 かなえ」の代表作。あまり小説を読む方ではないが、この小説には惹き込まれた。
KokUHAKU
No.68
76

プロローグ 泣き女の殺人 インタールード. 1 水鏡荘の殺人 インタールード. 2 女子高生連続絞殺事件 インタールード. 3 VSエリミネーター エピローグ

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
76

ボヘミアの醜聞 赤髪組合 花婿失踪事件 ボスコム谷の惨劇 オレンジの種五つ 唇の捩れた男 青いガーネット まだらの紐 花嫁失踪事件 椈屋敷

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
76
みんなのレビュー
実際にはこんな高校生はいないだろうとは思いつつ、殺人・密室のイメージのある「ミステリ」を青春の日常に落とし込めるのはすごいし、面白い
No.74
76
みんなのレビュー
本格ミステリの原点。すべては、ここから始まった。ミステリー作家の誰にも聞いても、尊敬する作家さんには、島田荘司が入ってると思います。
No.75
76

八つ墓村 (角川文庫)

横溝 正史
角川書店(角川グループパブリッシング)
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.77
76

殺人現場では靴をお脱ぎください 殺しのワインはいかがでしょう 綺麗な薔薇には殺意がございます 花嫁は密室の中でございます 二股にはお気をつけください 死者からの伝言をどうぞ 宝生家の異常な愛情

みんなのレビュー
「ミステリー=堅苦しい」っていうイメージをひっくり返した作品。お嬢様があの職業なのも、面白いし、(てか、普通働くのか?)執事に見下されてる感じも、最高!!(※Sではありません)読んだらわかるので、ぜひ読んでください。
No.79
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.82
76
みんなのレビュー
🎉祝🎉映画化🎊マジで、面白い。あの動画が、本になるとは思いもしなかった。頭いい人しかわからない、秀才による、秀才のためのミステリー開幕!!
No.85
75

夜市 風の古道

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.86
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.89
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.91
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.92
75

ぼっけえ、きょうてえ 密告函 あまぞわい 依って件の如し

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.93
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.95
75

ロビイ 堂々めぐり われ思う、ゆえに… 野うさぎを追って うそつき 迷子のロボット 逃避 証拠 災厄のとき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.98
75
みんなのレビュー
SF小説として話題になっていたので期待大で読んだが、それほどハマらなかった。話の展開が遅くドキドキハラハラ感などはあまりない。次巻から面白くなるかもしれないが1巻は思ったよりも期待外れだった。
No.99
75

夏と花火と私の死体 優子

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.100
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.102
75
みんなのレビュー
星新一の大好きなショートショートシリーズ。小さい頃に読み漁ったなぁ・・・
No.103
75
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.105
75
みんなのレビュー
SF小説の金字塔。激しい戦いなどが繰り広げられるわけではなく謎の生命体の発見からはじまる人類の謎の解明。こういうSFを読むと自分の固定観念をぶち壊されるので定期的にSFを読むのは良い。ただ個人的にはもっとミステリアスで伏線がガンガン回収されてく感がある方が好き。ワクワク感ドキドキ感はなかった。
No.107
75

見知らぬあなた ささやく鏡 茉莉花 時を重ねて ハーフ・アンド・ハーフ 双頭の影 家に着くまで 夢の中へ… 穴二つ 遠い窓 生まれ変わり よもつひらさか

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search