【2024年】「アメリカ史」のおすすめ 本 56選!人気ランキング

この記事では、「アメリカ史」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. 300点の写真とイラストで大図解 世界史
  2. アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書: EJ対訳
  3. 一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた
  4. 教養としての「世界史」の読み方
  5. ポー傑作選2 怪奇ミステリー編 モルグ街の殺人 (角川文庫)
  6. 今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
  7. 物語ラテン・アメリカの歴史: 未来の大陸 (中公新書 1437)
  8. アメリカ憲法史
  9. 東大教授がおしえる やばい日本史
  10. 概説ラテンアメリカ史
他46件
No.1
100

300点の写真とイラストで大図解 世界史

ジェレミー・ブラック
ニュートンプレス
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.2
98
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.4
86
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.5
78

モルグ街の殺人 ベレニス 告げ口心臓 鐘の音 おまえが犯人だ 黄金郷 黄金虫 詐欺-精密科学としての考察 楕円形の肖像画 アナベル・リー 盗まれた手紙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.7
78
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
78

アメリカ憲法史

マイケル・レス ベネディクト
北海道大学出版会

20年を越える北海道の自然保護運動の光と影,そこに浮かび上がる自然の実態.21世紀にむけ, 環境破壊の巨大プロジェクトを如何に阻止するか. この道こそ, 地球を守る道に通じよう. Think globally, Act locally! 長年運動に携わってきた著者による北海道自然保護問題史. 第 1章  北の自然を守る—北海道自然保護協会30年の歩み 第 2章  自然を切り裂く日高横断道路 第 3章  知床の森林伐採を考える     1  知床森林をめぐる攻防     2  国有林をいかに再生するか 第 4章  千歳川放水路はいらない     1  千歳川放水路計画     2  放水路計画の問題点     3  自然環境と産業におよぼす放水路の影響     4  北海道の対応     5  ラムサール条約釧路会議でのウトナイ湖論議     6  水害防止のための総合的提案     7  開発局が放水路に固執する背景 第 5章  あり得ぬ幌延の核廃棄物施設 第 6章  誰のための「リゾート」開発か     1  富良野・大雪リゾート地域の開発構想     2  北海道におけるリゾート開発の問題点     3  ユウパリコザクラの会創立五周年を祝って     4  美しい八甲田山は守られた 第 7章  士幌高原道路は白紙撤回を 第 8章  オリンピックと自然保護—長野五輪をめぐる諸問題 第 9章  環境問題は国境を越える     1  地球サミットの成果と展望     2  ラムサール条約釧路会議     3  日本人の環境保全意識 第10章  北海道の環境行政

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.10
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.12
71
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.15
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
68

白鯨 上 (岩波文庫)

ハーマン・メルヴィル
岩波書店
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
67

詳説世界史研究

木村 靖二
山川出版社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
67

新装版 新訳 アンクル・トムの小屋

ハリエット・ビーチャー・ストウ
明石書店

1852年にアメリカで出版された『アンクル・トムの小屋』として知られている作品全編の翻訳。思想・文化の面から解説・資料を加えた本書は、アメリカ研究という側面からも貴重な1冊。1998年に刊行された『新訳 アンクル・トムの小屋』の新装版。  序 第1巻 第1章 ここで読者は人間味あふれる一人の男に引き合される 第2章 母 第3章 夫であり父であること 第4章 アンクル・トムの小屋のある夕べ 第5章 所有者が変わったときの生きた売り物の気持ち 第6章 発見 第7章 母の闘い 第8章 エライザの逃亡 第9章 ここで上院議員も一人の人間だということが見えてくる 第10章 売り物として連れ去られる 第11章 ここで売り物があるまじき精神状態に陥る 第12章 合法的な取り引きが招いた事例 第13章 クエーカー教徒の集落 第14章 エヴァンジェリン 第15章 トムの新しい主人と、他の諸々のことについて 第16章 トムの女主人と彼女の考え方 第17章 自由人の防衛 第18章 オフィーリア嬢の経験と考え方 第19章 オフィーリア嬢の経験と考え方(続き) 第20章 トプシー 第21章 ケンタッキー 第22章 「草は枯れ、花はしぼむ」 第23章 ヘンリック 第24章 不吉な前兆 第25章 小さな福音伝道者(エヴァンジェリスト) 第26章 死 第27章 「これがこの世での終わりだ」(ジョン・クウィンシー・アダムズ) 第28章 再会 第29章 寄る辺なき人々 第30章 奴隷倉庫 第31章 中間航路 第2巻 第32章 暗い隅々 第33章 キャシー 第34章 白人の血が混ざった女の物語 第35章 形見の品々 第36章 エメリンとキャシー 第37章 自由 第38章 勝利 第39章 計略 第40章 殉教者 第41章 若主人 第42章 本当の幽霊話 第43章 結末 第44章 奴隷を解放する者 第45章 締め括りの所見  注 解説・資料 解説  『アンクル・トムの小屋』の再評価と位置付け[小林憲二]  父権の喪失――ハリエット・ビーチャー・ストウとその家族[佐藤宏子]  訳者あとがき 資料  合衆国黒人文化・社会史年表  参考文献一覧  歴史地図  図版出典一覧

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
67
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
67

マーク・トウェインのあの名作を 何度でも読み直しませんか? 生き生きした、新しい訳で! おとなになっても止まらない ワクワクドキドキを再発見! マーク・トウェインのあの名作を 何度でも読み直しませんか? 生き生きした、新しい訳で! おとなになっても止まらない ワクワクドキドキを再発見! マーク・トウェインのあの名作を 何度でも読み直しませんか? 生き生きした、新しい訳で! ================= 「著者マーク・トウェインが「はじめに」で、本作は少年少女を対象にしているが、大人たちにも読んで欲しい、と述べている。実際、この「はじめに」の文章にも、子どもが読むと「そうなの」と思うだけだが、大人が読めばなるほど「うまい」と感心する、著者の博識ぶりを示す箇所がさりげなく織り込まれている。つまり子どもが読んでも十分面白いが、大人が読めばこの本の神髄がわかる、よってこの本は重層的に書かれていて、各知識レベルでそれぞれ楽しめるように仕組んだ、と言っているようだ。」 (「訳者あとがき」より) 第1章  どーこーなーのートム/ポリーおばさんの決心      /トム 口笛を練習する/お前は誰だ/こっそり帰る 第2章  たまらない誘惑/下心いっぱいの行動/だまされた素直な人たち 第3章  将軍トム・ソーヤー/勝利と戦利品/惨めな幸せ      /やってもダメ、やらなくてもダメ 第4章  頭の体操/日曜学校へ行く/教会長/パフォーマンス      /トム、大いに褒められる 第5章  評判の牧師さん/教会にて/最高の山場 第6章  自己点検/歯医者さん/真夜中のおまじない/魔女と悪魔      /押したり引いたり/至福のとき 第7章  条約は締結された/おませな練習/うっかりミス 第8章  トム、決心する/名場面を演じる 第9章  恐ろしい状況/重大事件発生/インジャン・ジョーの説明  第10章  厳粛な誓い/間違って悔い改め/ムシはムチより辛し 第11章  マフ・ポッター現われる/うずくトムの良心 第12章  トム、慈しみの心を示す/ポリーおばさん降参する 第13章  若き海賊たち/集合場所へ/キャンプ/たき火を囲んで 第14章  隠れ家の生活/思わぬ展開/トム、隠れ家から抜け出す 第15章  トム聞き耳を立てる/騒ぎを知る/海賊仲間への報告 第16章  海賊、楽しみが一杯/トム、秘密を明かす/海賊痛い目に遭う      /真夜中の急襲/インディアンの戦い 第17章  今は亡き英雄たちの思い出/トムの秘密はこのため 第18章  トムの本音が探られる/素晴らしい夢/ベッキー・サッチャーなんてなんでもない      /トム、嫉妬に燃える/どす黒い復讐  第19章  トム、真相を語る 第20章  ベッキーの迷い/トムの騎士道精神  第21章  若者らしい語り/うら若い乙女のエッセ      /長ったらしい幻影/少年たちの復讐達成 第22章  裏切られたトムの信念/天罰を観念 第23章  マフ・ポッターの友達/法廷のマフ・ポッタ/マフ・ポッター助かる 第24章  トム、村の英雄/栄光の日々と夜な夜なの恐怖      /インジャン・ジョーを追え 第25章  王様とダイヤモンド/財宝探し/死人と幽霊 第26章  幽霊屋敷/眠たがりの幽霊/箱一杯の黄金/ツキがなかった 第27章  夢かうつつか/ふたりの若き探偵 第28章  2号はここか/ハック見張りをする 第29章  ピクニック/ハック、インジャン・ジョーを追跡      /「復讐」のやり方/未亡人を守れ 第30章  ウエールズ人の報告/ハックしどろもどろ/広まる話      /大問題発生/潰え去る希望 第31章  探検/恐怖の始まり/洞窟に迷い込む/真っ暗闇/ぬか喜び  第32章  トム、脱出行を語る/トムの敵、もう手出しできない 第33章  インジャン・ジョーの運命/ハックとトム、話を付き合わせる/洞窟へ      /幽霊から身を守る/ダグラス未亡人邸での歓迎会 第34章  ネタばらし/不発に終わったジョーンズさんのサプライズ 第35章  新生活の始まり/可哀想なハック/次なる冒険へ       訳者あとがき

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.25
67

ラテンアメリカの歴史: 史料から読み解く植民地時代

大阪外国語大学ラテンアメリカ史研究会
世界思想社教学社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
66

自然、民族、歴史と、現在の政治・外交、経済・産業、日本との関係などを詳述。ラテンアメリカ全体を概観する「総論」。資料編は「各国便覧」「年表」「文献案内」「関連サイト案内」「世界遺産」。項目数1236項、図版205点、索引付き。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.27
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.29
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.30
66

世界の合言葉は森.アオサギの眼

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.38
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.40
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
65

北米インディアンの神話文化

フランツ・ボアズ
中央公論新社

地理学の研究 民族学の目的 人類学における比較参照的方法の限界設定 民族学の方法 進化か伝播か 人類学研究の目的 民話と神話のジャンル的展開 インディアン神話の生成 未開の文芸ジャンルにおける様式的側面 未開の諸部族における来世観 クワキウトル族の社会組織 北米インディアンの神話と民話 アメリカ先住民言語の分類 北米インディアン諸語の分類 北米インディアンの装飾芸術 アラスカで造られる針入れの装飾的意匠

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.45
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
65

神話と意味【新装版】

クロード・レヴィ=ストロース
みすず書房
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
65

Among histories Indigenous articulations Varieties of indigenous experience Ishi's story Hau'ofa's hope Looking several ways Second life : the return of the masks Epilogue

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
65

文化概念の再考を迫る名著、待望の邦訳。著者インタヴューと解説「批判人類学の系譜」(太田好信)を収録。 純粋なものが、狂ってゆく 第1部 言説(民族誌的権威について 民族誌における権力と対話-マルセル・グリオールのイニシエーション ほか) 第2部 転置(民族誌的シュルレアリスムについて 転置の詩学-ヴィクトル・セガレン ほか) 第3部 収集(部族的なものと近代的なものの歴史 芸術と文化の収集について) 第4部 歴史(『オリエンタリズム』について マシュピーにおけるアイデンティティ)

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
65

ルーツ: 20世紀後期の旅と翻訳

ジェイムズ クリフォード
月曜社
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
65

二一世紀における政治的アイデンティティの概念化 政治的アンデンティティとは何か? キベラ・レッスン 国家のなかで民族を生きる 博物館と政治的アイデンティティ ジェンダー・エスニシティ・宗教との交渉 国際法から「先住の民、先住民」への呼びかけ カラハリ先住民の静かな戦い ナシオン・プレペチャの試み ジェノサイドと排除 国家と民族に背いて

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.55
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
search