【2024年】「マリーアントワネット」のおすすめ 本 73選!人気ランキング

この記事では、「マリーアントワネット」のおすすめ 本 をランキング形式で紹介していきます。インターネット上の口コミや評判をベースに集計し独自のスコアでランク付けしています。
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
目次
  1. マリー・アントワネット 上 (角川文庫)
  2. 小説フランス革命 1 革命のライオン (集英社文庫)
  3. マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃 (中公新書 2286)
  4. 死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)
  5. フランス革命の女たち〈新版〉 激動の時代を生きた11人の物語
  6. フランス革命史 上 (中公文庫 ミ 1-3)
  7. 名画の中で働く人々 ───「仕事」で学ぶ西洋史
  8. マリー・アントワネットは何を食べていたのか
  9. 鍵のない夢を見る (文春文庫 つ 18-3)
  10. マリー・アントワネットの日記 Rose (新潮文庫nex)
他63件
No.2
92

1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を召集する。貴族でありながら民衆から絶大な支持を得たミラボーは、平民代表として議会に乗り込むが、想像もしない難題が待ち受けていた-。男たちの理想が、野望が、歴史を変える!一大巨編、ここに開幕。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.6
76
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.8
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.9
74

仁志野町の泥棒 石蕗南地区の放火 美弥谷団地の逃亡者 芹葉大学の夢と殺人 君本家の誘拐

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.11
74
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.13
68
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.14
66
みんなのレビュー
とてもおもしろい。
読んでみたら泣けた!1人だけが主人公ではなく、登場人物みんなが主人公でいいお話!オオカミ様が実際に誰なのかははっきりにないけど、とても優しくていい人!読むと勇気をもらえるし、不登校の気持ちがはっきりわかってくる!
No.16
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.17
66
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.18
65
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.20
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.21
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.22
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.23
64
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.26
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.28
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.31
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.32
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.33
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.34
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.35
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.36
63

一貫して革命の表舞台に立ち続けたE. J=シィエスの視点から激動の10年間を描き、大革命の全体像とその成果をとらえる まったく新しい革命史パンフレット『第三身分とは何か』で革命を引き起こし、ナポレオンを引き込んで革命に終止符を打つまで一貫して革命の表舞台に立ち続けたE. J=シィエスの視点から激動の10年間を描き、大革命の全体像とその成果をとらえる(仮)序章 革命の論じ方第1章 アンシアン・レジームとは何か――「特権による自由」と初期シィエスの思想第2章 1789年=シィエスの年第3章 慧眼の理論家から自然法主義者へ ――「議会の誤り」をどう防ぐか第4章 「革命のモグラ」――いかに恐怖政治を乗り切るか 第5章 立法府より執行府を――1795年憲法の新しさ第6章 ナポレオンとの同床異夢終章 過激中道派の先駆者 (仮) 序章 革命の論じ方 第1章 アンシアン・レジームとは何か――「特権による自由」と初期シィエスの思想 第2章 1789年=シィエスの年 第3章 慧眼の理論家から自然法主義者へ ――「議会の誤り」をどう防ぐか 第4章 「革命のモグラ」――いかに恐怖政治を乗り切るか 第5章 立法府より執行府を――1795年憲法の新しさ 第6章 ナポレオンとの同床異夢 終章 過激中道派の先駆者

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.37
63
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.39
63

まるで劇を観るような感覚で世界史を楽しく学べる好評シリーズ第7弾 まるで劇を観るような感覚で世界史を楽しく学べる好評シリーズ第7弾。フランス革命は「自由」「平等」「友愛」という現代の市民社会の土台となる原理が掲げられた代表的な市民革命です。この近現代に大きな影響を与えたフランス革命の実態を、豊富なイラストと臨場感あふれる解説で描いていきます。なぜフランス革命が起こったのか? そしてどのように展開していったのか? フランス革命前夜からジャコバン独裁を経て、テルミドール9日のクーデタまでをくわしく、ワクワクしながら一気に学ぶことができます。『ベルサイユのばら』で興味を持たれた方にもおススメの劇場型ノンフィクション! 第1章 革命前夜 第2章 革命勃発 第3章 フィヤン政府 第4章 ジロンド政府 第5章 ジャコバン独裁

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.41
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.42
62

スタール夫人はなぜ、ナポレオンの怒りを買ったのか 社会革命の一画期、巨人の時代としてのフランス革命 光と影のあざやかな演出 今こそ、人道主義 ドレフュス派作家の反革命小説か? フランス革命の一大叙事詩劇 マリー=アントワネット像と歴史小説の魅力 「フランス革命と文学」瞥見

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.43
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.44
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.46
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.47
62

フランス革命固有の成果は、レトリックやシンボルによる政治言語と文化の創造であった。政治文化とそれを生み出した人々の社会的出自を考察する。 フランス革命固有の成果は、レトリックやシンボルによる政治言語と文化の創造であった。政治文化とそれを生み出した人々の社会的出自を考察する。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.48
62

女性たちのフランス革命

クリスティーヌ・ル・ボゼック
慶應義塾大学出版会

政治に覚醒した市井の女性たちの「リアル」を明らかにする 「自由・平等・友愛」の社会を目指したフランス革命は女性たちにとって何を意味したのか。政治に覚醒した市井の女性たちの「リアル」を明らかにする パンと武器のために立ち上がれ! 「自由・平等・友愛」の社会を目指したフランス革命は女性たちにとって何を意味したのか。 政治に覚醒した市井の女性たちの「リアル」を明らかにする フランス革命期の女性といえば、マリー・アントワネット、オランプ・ド・グージュ、ロラン夫人、テロワーニュ・ド・メリクールなどがよく知られている。しかし本書の主役は、これまで注目されていなかった、多様な職業(教師、芸術家、企業経営者……)を営む民衆層の女性たちである。 彼女たちの多くが革命運動の中に引き込まれていくことで、女性の社会的・政治的解放に向けてのかつてない議論を呼び起こした。市井の女性たちが積極的に政治参加していく契機となった「女性運動としてのフランス革命史」を描きだす。 はじめに  第Ⅰ部 フランス革命前夜の女性たち 第1章 女性とサロン  サロンの精神/伝統の継承者たち/権威か、社交界の慣例か 第2章 女性の権利と従属  妄想にすぎなかった一八世紀の女性の権利/フェミニズムの先駆者/女  子教育 第3章 自立へのほんのわずかな可能性  女性画家/一八世紀の女性作家/女優、ダンサー、歌手/大勢の家庭教  師と教師/華々しく成功した二人の女性経営者/限界/女性たちの両義  的な反応/反乱の先頭に立つ女性たち  第Ⅱ部 革命期の女性たち 第4章 革命の舞台に飛び込む女性たち  一七八九年以来の革命への参加/女性たちが表舞台に立った一七八九年  一〇月五日と六日/様々な運動形態/連携した集団行動へ/喜ばれるも  不十分な成果/女性たちのほど遠い一体性 第5章 一七九三年春と夏に絶頂を迎える急進的運動  女性革命運動の組織化と急進化/女性運動の現場/一七九三年九月の動  揺/不安視されるアンラジェ 第6章 一七九三年秋、反撃される女性たち  最前線/ジャン= ピエール= アンドレ・アマールの演説/当座の措  置/軍隊からも排除される女性たち/女性から取り上げられた芸術/  職業からの排除の典型例/逆説的で曖昧な態度をとる当局/問題の裏  側/革命の道徳厳格主義的ブルジョワ化 第7章 闘い続ける女性活動家  一七九三年一一月から一七九四年七月二七日まで、たえず要求し続ける  女性たち/女性たちと徒党の闘争/いらだちと失望/テルミドール派国  民公会と共和暦三年の冬/一七九五年冬/一七九五年四月から五月にか  けての事件/フロレアルの危機で先頭に立つ女性たち/共和暦三年プレ  リアル一日(一七九五年五月二〇日)事件の首謀者たる女性たち  第Ⅲ部 公共生活から排除される女性たち 第8章 暗い未来  鎮圧/あらゆる分野での後退/女性教師の例外/総裁政府期に戻ってき  た「きらびやかな」女性たち/総裁政府期の「サロンの女主人」 第9章 問題の両義性  進展と行き詰まり/弱い動員力にもかかわらず、不安を喚起し、動揺さ  せた理由/教育の闘い/オランプ、たえず、依然として/古くから続く  抑圧/革命に対する女性たちの激しい抵抗/突然の停止の衝撃 第10章 停滞と後退の三〇年  一七九九~一八三〇年  ボナパルトと民法典/法律で定められた不平等/妻と母親/存続するも  厳しく監視されたいくつかのサロン/女性たちと復古王政/復古王政期  に活躍した女性たち/七月革命前夜の変化   おわりに 註 訳者あとがき 文献案内 フランス革命関連年表

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.49
62

革命夜話 鬼才ボーマルシェ 敗北者の運命

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.50
62

序論 アベ・コワイエ ルイ=アントワーヌ・カラッシオリ ル・プレヴォ・ド・ボーモン ダンジヴィレ伯爵 エマニュエル=ジョゼフ・シィエス カミーユ・デムーラン ピエール・ニコラ・ドフォントネ シャルル・フーリエ アルフレッド=モーリス・ピカール 結論

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.52
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.53
62

フランス革命と産業革命

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.54
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.56
62

革命政府に対するヴァンデ地方の民衆蜂起は、大量殺戮をもって弾圧された。彼らは何を目的に行動したか。凄惨な内戦の実態を克明に描く。解説 福井憲彦 革命政府に対するヴァンデ地方の民衆蜂起は、大量殺戮をもって弾圧された。彼らは何を目的に行動したか。凄惨な内戦の実態を克明に描く。解説 福井憲彦 === 「自由・平等・友愛」を掲げて行われたフランス革命。その革命政府によって課された重税、徴兵令や、カトリック教会への抑圧などに反発して起こったフランス西部・ヴァンデ地方の民衆蜂起は、「カトリック王党軍」という反乱軍を組織して、共和軍との数年に及ぶ内戦へと突入した。革命政府は、ヴァンデ地方での無差別の大量殺戮をもってこれを弾圧し、1793年から96年にかけて革命の名の下に数十万の民衆が犠牲となる。ヴァンデの人々はフランス革命をどう捉え、何を目的に行動したか。史料に基づいて、「後進地域の狂信的民衆による反革命蜂起」とみなされてきた戦争の実態を克明に描く。   解説 福井憲彦 === 「自由・平等・友愛」の名の下に、 数十万の民衆が犠牲となった―― 苛烈な〈内戦〉の実態 === 【目次】 Ⅰ つくられたイメージ Ⅱ 革命への期待と願望 Ⅲ 急旋回――抵抗の原因をめぐって Ⅳ 怒濤のごとく Ⅴ 連戦連勝 Ⅵ 民衆の組織・論理と感性 Ⅶ 防衛戦への転化 Ⅷ 西北西の風に抗して Ⅸ 処刑と虐殺 Ⅹ その後のヴァンデ おわりに   文庫版解説 地を這うように歴史を見つめ、今とこれからを考えたい(福井憲彦) 参考文献   ヴァンデ戦争史年表   人名・地名索引 Ⅰ つくられたイメージ Ⅱ 革命への期待と願望 Ⅲ 急旋回――抵抗の原因をめぐって Ⅳ 怒濤のごとく Ⅴ 連戦連勝 Ⅵ 民衆の組織・論理と感性 Ⅶ 防衛戦への転化 Ⅷ 西北西の風に抗して Ⅸ 処刑と虐殺 Ⅹ その後のヴァンデ おわりに   文庫版解説 地を這うように歴史を見つめ、今とこれからを考えたい(福井憲彦) 参考文献   ヴァンデ戦争史年表   人名・地名索引 

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.57
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.58
62

マルクスの思想に影響を与えたフランス革命。その関連を問う。

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.61
62

戦後日本におけるフランス革命史研究 「近代性」への不可逆的な歴史的移行を支える推進力としての革命 本性的社会性の肯定から政府批判へ 代表制政体を民主化する? ルイ一六世裁判再考 空間の革命 一八〇六年-革命の終わり、またはナポレオン統治システムの転換- 二月革命後のアンティル諸島における普通選挙

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.62
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.63
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.65
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.67
62

革命勃発時のパリに生き,スタール男爵の妻となったジェルメーヌ——彼女は並々ならぬ情熱で革命に参画し,卓越した政治論を残した.独裁に抗いながら個人の自由を求めつづけたスタール夫人の知的営みとその生涯を,著作の綿密な分析を通して跡づける「知性の評伝」.「近代ヨーロッパ」を問い直す,比類なき挑戦の書. はじめに 第1章 生い立ち——ルイ16世の大臣ネッケルの娘(1766〜89年) 第2章 革命とサロンのユートピア(1789〜95年) 第3章 政治の季節(1795〜1800年) 第4章 文学と自由主義(1800〜10年) 第5章 反ナポレオンと諸国民のヨーロッパ(1810〜17年) あとがき 注 年譜 図版出典一覧 人名索引 Madame de Stael et la modernite en Europe Yoko KUDO

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.68
62
みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.69
62

「民衆(農民)運動と革命的独裁の矛盾が,ロシア革命の中に再生産され,さらに現代世界にまで影をおとしている」ことの意味を,ドリヴィエとロベスピエールの生涯の軌跡と彼らの理論と理想を追究することを通して再検討する.新しいフランス革命史研究の成果. 序 章 ドリヴィエとロベスピエールの出会い 第1章 エタムプ一揆 第2章 ドリヴィエと農民革命 第3章 ロベスピエールの思想と行動 第4章 民衆運動と革命的独裁 終 章 フランス革命の世界史的位置

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.70
62

フランス革命は固有の構造と歴史的条件をもつ地域社会と革命との無数の出会いの総体に他ならない.一地域社会であるとともに首都であり,その民衆運動が革命全体の進行に大きな影響を及ぼしたパリの,革命初期の民衆世界の変容を,社会=政治史的に分析する.

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.71
62

歴史家

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.72
62

フランス革命における「生存権」の性格をめぐって アンシャン・レジームにおける救貧制度 フランス革命と法の変容 革命の扶助構想 公的扶助制度の形成 テルミドール後の政策転換 終章

みんなのレビュー
まだレビューはありません
No.73
62

革命下の女たち

みんなのレビュー
まだレビューはありません
search